的中無料公開中

※この記事は、2018/1/21 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね16 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』1月21日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

01/21(日)
中山11R
アメリカジョッキーC(G2)
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 7 ダンビュライト 2:13.3
2 3 3 ミッキースワロー
3 7 9 マイネルミラノ 1/2
払戻金
単勝 7 390円 2番人気
複勝 7
3
9
140円
120円
680円
2番人気
1番人気
9番人気
枠連 3-6 450円 1番人気
馬連 3-7 460円 1番人気
ワイド 3-7
7-9
3-9
220円
2,060円
1,730円
1番人気
19番人気
16番人気
馬単 7-3 1,120円 3番人気
3連複 3-7-9 6,440円 17番人気
3連単 7-3-9 24,620円 78番人気
WIN5 566,080円 2番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
7着 1 1 レジェンドセラー 7.0 4 55.0 牡4 C.ルメール 美浦木村哲也 542.0
2着 3 3 ミッキースワロー 2.1 1 56.0 牡4 横山典弘 美浦菊沢隆徳 484.0
1着 6 7 ダンビュライト 3.9 2 55.0 牡4 M.デムーロ 栗東音無秀孝 474.0

予想買い目の収支
3連単
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:6点
購入金額:3,000円
払戻金 :0円
収支  :-3,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:6組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:7,000円
払戻金 :16,100円
収支  :+9,100円
回収率 :230.0%
馬/組番:3ー**
合計購入金額:10,000円   払戻金:16,100円  
収支:+6,100円   回収率:161.0%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【中山11R】AJCC G2(芝2200m外)
仮柵:Cコース3週目(野芝約6ー8cm、洋芝10cmー14cm)

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:マイネルミラノ
 想定番手馬:トミケンスラーヴァ


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
○01 レジェンドセラー  S S 7  11 7  5
 02 トミケンスラーヴァ D D 11 5  8  10
◎03 ミッキースワロー  A B 6  10 10 6
 04 シホウ       B D 10 9  4  7
△05 ゴールドアクター  S C 1  4  1  1
 06 ディサイファ    B F 8  1  2  9
▲07 ダンビュライト   S S 4  6  11 3
△08 ショウナンバッハ  S C 3  7  9  11
 09 マイネルミラノ   C B 5  2  6  2
 10 マイネルディーン  B B 9  8  5  4
 11 トーセンビクトリー A S 2  3  3  8


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[AJCC レースLAP傾向]中山芝2200m

平均勝ちタイム 2.13.21
レース1F平均 12.11


前半36.64ー中盤60.89ー上がり35.68
前半1000m:61.20ー後半1000m:59.78(前後半差:1.42秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――――〓〓〓〓 12.51 ―――――――――― 2200m
            ↓
―――――――――― 11.40 〓〓〓〓〓〓〓――― 2000m
            ↓
――――〓〓〓〓〓〓 12.73 ―――――――――― 1800m
            ↓
――――――――〓〓 12.29 ―――――――――― 1600m
            ↓
――――――――〓〓 12.27 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――〓 12.23 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 12.06 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 12.04 〓―――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.83 〓〓〓―――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.59 〓〓〓〓〓―――――  400m
            ↓
――――――――〓〓 12.26 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃3ー先14ー差10ー追0

   1着:逃1ー先6ー差2ー追0
   2着:逃2ー先5ー差2ー追0
   3着:逃0ー先3ー差6ー追0


[レースのポイント]
 →→ 中山外回りコースらしく2コーナー過ぎの中盤から持続ラップが続く
 →→ 上がりの2Fは瞬発力優勢、しかしラストの坂で失速するのでスタミナが必要


+++++++++++++++


中山芝外回りコースをぐるりと1周するコースで行われるAJCC。
オールカマーと同じコース設定ですが、野芝だけの開催で速いタイムが出る時期のオールカマーに比べて、冬場の傷んだ馬場で行われるこのレースは、過去の平均勝ちタイムも2.13.21と遅くなっています。
過去10年の良馬場時平均ラップは前半36.64ー中盤60.89ー上がり35.68。
ラップのバランスは、坂の頂点となる外回り2コーナー過ぎの中盤区間から1ハロン12秒前後の持続ラップが続き、レースの後半はほぼ緩みのない持続ロングスパート戦。
残り600mから上がりの2ハロンで多少の瞬発力は必要となりますが、中盤から速いラップで追走してもバテない持続力が最大の武器となるレースです。


◎ミッキースワロー
昨年のセントライト記念勝ちを含め中山芝2200mでは2戦2勝。
そのセントライト記念では後半1000m58.1秒というラップを乗り切り、レースの上がり3ハロン(11.7ー11.3ー11.0)という中山では珍しい加速したままのラップを、皐月賞馬相手に豪快に差し切りました。
続く菊花賞では、道悪馬場に泣いたというよりはスロー過ぎて1周目のゴール前で首を上げて折り合いを欠いてしまったのが主な敗因。
それでいながらラストの直線では一瞬先頭に立ちかけていたように、能力もすでにG1で通用するレベルにあるとみています。
相当にスタミナに溢れていて、中山芝2200mというコースが得意なタイプで、今回も期待できると思います。


◯レジェンドセラー
昇級初戦が初の重賞挑戦でG2ということで一見するとハードルは高いですが。
スタミナに溢れ、レース後半の持続ラップで頭角を表してきた馬です。
函館の2600mで勝つようなタイプなので、冬場の中山芝という馬場設定もプラスだと思います。


▲ダンビュライト
かつてから「この馬はステイヤー」と評価して菊花賞で狙ったように、将来的には3000mを超える距離の重賞で活躍すると見ている馬です。
正直言って2200mという距離はこの馬にとって短いと思いますので勝ち切るまでは行かないとみていますが、持続上がりでキレが問われない舞台というのはプラス。
前走より距離がわずかでも伸びるというのも、距離延長が得意なタイプだけに楽しみです。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《2点》
◎3 ー ◯1(35%)
◎3 ー ▲7(35%)


【3連単】
フォーメーション《6点》
◎3 → ◯1,▲7 → ◯1,▲7,△5,8(30%)


*****************************



【中京11R】東海S G2(ダ1800m)

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:サルサディオーネ
 想定番手馬:テイエムジンソク


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 ローズプリンスダム D E 11 4  3  1
 02 シャイニービーム  C E 14 8  6  3
▲03 モルトベーネ    C C 3  3  2  2
 04 サルサディオーネ  C D 16 5  10 16
 05 サンマルデューク  D F 13 16 16 5
 06 コスモカナディアン C B 8  6  11 6
 07 タガノエスプレッソ A B 5  12 14 10
◎08 テイエムジンソク  B C 1  15 13 12
△09 ディアデルレイ   C C 2  11 7  8
 10 オールマンリバー  B B 10 13 12 11
 11 アスカノロマン   C C 4  7  5  14
○12 ドラゴンバローズ  A E 9  2  1  4
 13 サングラス     C D 12 9  4  7
 14 ゴールデンバローズ B S 7  14 8  13
△15 クインズサターン  A B 6  1  9  15
 16 ショウナンアポロン C F 15 10 15 9


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[東海S レースLAP傾向]中京ダ1800m

平均勝ちタイム 1.51.48
レース1F平均 12.39

前半36.96ー中盤37.02ー上がり37.50
前半800m:49.44ー後半800m:49.76(前後半差:0.32秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――――〓〓〓〓 12.80 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.28 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1600m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.88 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――〓 12.48 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 12.28 〓――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 12.26 〓―――――――――  800m
            ↓
――――――――〓〓 12.60 ――――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 12.08 〓〓〓―――――――  400m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.82 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先6ー差7ー追1

   1着:逃0ー先3ー差2ー追0
   2着:逃1ー先2ー差2ー追0
   3着:逃0ー先1ー差3ー追1


[レースのポイント]
 →→ ラップの起伏こそあるが全体で見ると持続ラップのハイレベル持久戦になりやすい
 →→ 上がりはなだれ込むようなラップになりやすいコースで、4角では前に取り付ける先行型が有利


+++++++++++++++


◎テイエムジンソク
東海Sが行われる中京ダ1800mは、暮れに行われるG1のチャンピオンズCと同じ舞台。
そのチャンピオンズCはスローになり、上がりのキレに勝るゴールドドリームが勝ちましたが、仕掛けるタイミングを待ち過ぎなければテイエムジンソクが十分に押し切ってしまえていた流れでした。
復調したコパノリッキーを封じ込めることが出来たように、元々卓越していた持続力がさらに強化されているのは明らかで、一気の相手弱化でさすがに今回は押し切れるとみます。


◯ドラゴンバローズ
これまでにも何度も予想で書いて来ましたが、中京ダ1800mはコースの高低差のクセが強くて、スペシャリストが何度も好走しやすいコースです。
この馬は中京ダートが(2−3−0−1)で最も負けたレースが500万下クラス時代の0.4秒差4着。
中京ダ1800mの持ち時計も1.51.2と速く、テイエムジンソク以外の馬相手なら最上位評価もできる好素材。
このコースでの積極策が得意な和田騎手騎乗も面白い思います。


▲モルトベーネ
締め切り時間の速い某紙コラムではこの馬を取り上げていますが、土曜日の馬場を見て評価を下げました。
昨年、このレースで2着した時のようにインに潜り込んで脚を矯めるだけ矯めれば穴で面白いと思ったのですが、案外馬群の中団を回してくる馬がスムーズに伸びてくるレースが多く、インでじっとしていると出し抜けを喰らうか詰まってしまう可能性が高そうです。
前走はG1だったとは言えスローでも早々にバテてしまったように、現状やや調子も良くないようにも思いますし、上手く乗ってどこまで?という感じです。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《5点》
◎8 ー ◯12(20%)
◎8 ー ▲3(15%)
◎8 ー △1(10%)
◎8 ー △9(40%)
◎8 ー △15(15%)


*****************************


1月21日(日)

WIN5
(3×4×1×4×1=48点)


【京都10R】山科S
2,4,10
寸評:強い相手と戦ってきた4、前走のタイムが秀逸な10


【中山10R】頌春賞
3,5,11,12
寸評:オーバーペース濃厚、届かなかった差し勢を見直し


【中京11R】東海S
8
寸評:抜けた存在


【京都11R】石清水S
3,7,9,11
寸評:前有利、切れる脚を持つ馬が届かない馬場


【中山11R】AJCC
3
寸評:コース巧者で能力上位


*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2018/1/21 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ