的中無料公開中

※この記事は、2017/11/19 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね14 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』11月19日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

11/19(日)
東京9R
赤松賞
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 9 マウレア 1:37.1
2 4 4 ミュージアムヒル クビ
3 1 1 ナラトゥリス クビ
払戻金
単勝 9 210円 1番人気
複勝 9
4
1
110円
140円
210円
1番人気
3番人気
5番人気
枠連 4-8 530円 2番人気
馬連 4-9 590円 2番人気
ワイド 4-9
1-9
1-4
220円
430円
560円
2番人気
6番人気
9番人気
馬単 9-4 860円 3番人気
3連複 1-4-9 1,490円 6番人気
3連単 9-4-1 4,250円 11番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
2着 4 4 ミュージアムヒル 5.9 3 54.0 牝2 北村宏司 美浦古賀慎明 462.0
6着 5 5 ノーブルアース 9.3 4 54.0 牝2 蛯名正義 栗東牧浦充徳 468.0
1着 8 9 マウレア 2.1 1 54.0 牝2 戸崎圭太 美浦手塚貴久 450.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:500円
払戻金 :0円
収支  :-500円
回収率 :0.0%
馬/組番:4ー5ー9
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:3,500円
払戻金 :7,450円
収支  :+3,950円
回収率 :212.9%
馬/組番:7組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:3,000円
払戻金 :8,850円
収支  :+5,850円
回収率 :295.0%
馬/組番:9ー**
合計購入金額:7,000円   払戻金:16,300円  
収支:+9,300円   回収率:232.9%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************



【京都11R】マイルチャンピオンシップ G1(芝1600m外)
仮柵:Cコース1週目(野芝約10ー12cm、洋芝12cmー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:マルターズアポジー
 想定番手馬:ウインガニオン


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 ブラックムーン   A E 13 16 12 14
 02 アメリカズカップ  C A 15 15 18 17
△03 ヤングマンパワー  A B 5  6  7  12
 04 サングレーザー   S A 8  12 4  7
△05 サトノアラジン   S S 1  18 17 18
△06 ダノンメジャー   A E 14 8  10 4
○07 レッドファルクス  A C 4  2  3  13
△08 マルターズアポジー E F 17 1  2  16
 09 レーヌミノル    A B 16 7  9  15
 10 クルーガー     B B 9  14 14 6
△11 エアスピネル    A D 3  9  13 9
◎12 イスラボニータ   S C 2  4  5  5
 13 グランシルク    A C 7  11 6  10
 14 ガリバルディ    S S 6  17 8  3
 15 ムーンクレスト   B B 12 3  11 2
△16 ウインガニオン   C C 11 5  1  1
 17 ジョーストリクトリ A B 18 10 15 11
▲18 ペルシアンナイト  S S 10 13 16 8


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[マイルCS レースLAP傾向]京都芝1600m外

平均勝ちタイム 1.32.69
レース1F平均 11.59


前半34.45ー中盤23.51ー上がり34.73
前半800m:46.41ー後半800m:46.28(前後半差:0.13秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――〓〓〓〓〓〓〓〓 12.36 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 10.80 〓〓〓〓〓〓〓〓―― 1400m
            ↓
―――――――――― 11.29 〓〓〓――――――― 1200m
            ↓
――――――〓〓〓〓 11.96 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.55 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.40 〓〓――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.49 〓―――――――――  400m
            ↓
――――――――〓〓 11.84 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃2ー先6ー差16ー追6

   1着:逃1ー先2ー差6ー追1
   2着:逃1ー先2ー差5ー追2
   3着:逃0ー先2ー差5ー追3


[レースのポイント]
 →→ 前後半差の小さい平均ラップ、良馬場なら勝ち時計も速い高速決着
 →→ 上がりの速さよりスピードの持続力が重要、前走上がり6位以下が過去10年で9連対


+++++++++++++++


JRAで行われている古馬マイルG1は安田記念とマイルCSの2つ。
同じ1600mという距離でありながら、東京と京都という別の競馬場で行われるため、かつてはこの両マイルG1の関係性が薄かった時期が続いていました。
実際に1999年までは安田記念とマイルCSを連覇する馬が結構いましたが、それは現在のように距離カテゴリー別の路線が確立されていなかったことの影響が大きい。
2000年以降で連覇した馬はアグネスデジタルとダイワメジャーだけで、基本的にこの両マイルG1は距離こそ同じながら全く別の適性が求められるレースでした。

昨年の予想でもこのレースのポイントとして取り上げましたが、5年前の2012年から両G1のラップバランスが酷似するようになり、2015年にモーリスが春秋のマイルG1を連覇。
理由はおそらく芝の改良と馬場管理技術の向上だと考えられますが、特にレース後半の800mにわたってのラップがほぼピタリと一致。
このことにより、マイルCSの上位好走馬に大きな変化が起こりました。
2011年以前では当年の安田記念からマイルCSへ参戦してくる馬は例年5頭前後で、そのうち1頭がマイルCSで3着内に好走するといったパターンが多く起こっていましたが、2012年以降では一変し、当年安田記念からの出走が10頭前後に急増。
そしてマイルCSにおいて3着内を独占するという傾向が続いています。


◎イスラボニータ
今年も安田記念上位馬中心のレースと考えられますが、1着から9着までが0.4秒差という大接戦だったなか、8着(0.4秒差)だったのがこの馬。
この馬はマイル重賞を8戦走ったうち6度も3着内に入っているマイル巧者。
であるにも関わらず、安田記念は2回出走し5、8着と苦手としています。
逆に言うと安田記念以外のマイル重賞では複勝率100%で、過去2回のマイルCSでは3、2着。
安田記念の0.4秒の着差は挽回可能と見てまずはこの馬から狙います。


◯レッドファルクス
相手も、もちろん安田記念上位馬から。
なかでも前が壁になり追い出しが遅れたこの馬は、ラスト100mの伸びは勝ち馬(サトノアラジン)を凌ぐ勢いで、1600mまでなら距離不安はありません。
1200mのG1での活躍が目立ちますが、ラップバランスからは1200mは明らかに距離が短く、スプリント戦線のレベルの低さを絶対能力の違いで圧倒しているというのが僕のこの馬に対する評価です。


▲ペルシアンナイト
3歳馬の斤量が古馬と1kg差になった2001年以降は、(0-1-3-41)と勝ち馬はゼロ。
古馬との斤量差が2kgあった2000年以前は(3-5-5-39)とかなり3着以内に好走していたので、これは明らかに斤量規定の変更が3歳馬を苦しめているのは明らか。
ただ、クラシックで連対するレベルの馬ならダンスインザムードが3歳時に2着に来ていて、さらに条件戦からいきなり3着に来たゴールスキーは、このペルシアンナイトの近親。
高速決着の皐月賞2着と、後続をぶっちぎったアーリントンCの内容から、マイルなら3歳馬の斤量の問題を突破する可能性ありとみて、今年は狙ってみたいと思います。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《2点》
◎12 ー ◯7(12%)
◎12 ー △11(18%)


【ワイド】《1点》
◎12 ー ◯7(34%)


【3連複】
フォーメーション《18点》
◎12 ー ◯7,▲18,△11 ー ▲18,△11,3,5,6,8,16(36%)


*****************************



【東京9R】赤松賞(芝1600m)
仮柵:Cコース1週目(野芝約10ー12cm、洋芝12cmー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+バラ+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:タイドオーバー
 想定番手馬:ミュージアムヒル


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 ナラトゥリス    C C 6  6  5  6
 02 コンダクトレス   B C 9  8  9  9
 03 バトルガラクシア  C B 8  3  6  5
○04 ミュージアムヒル  C C 4  1  2  3
▲05 ノーブルアース   C A 2  4  1  2
 06 タイドオーバー   C E 7  2  3  1
△07 レッドサクヤ    A S 1  5  8  8
△08 ウラヌスチャーム  B B 5  9  4  7
◎09 マウレア      S B 3  7  7  4


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


2歳牝馬のクラシックへの登竜門。
今年は9頭と少頭数で、逃げて勝ってきている馬もいないので、まず間違いなくスローからの上がり勝負。
土曜日の古馬牝馬限定戦でも、上がりの速い馬に逃げた馬が1頭粘って馬券に絡むという決着だったように、前で残る馬1頭は要注意です。


◎マウレア
スローだったため、全体の走破タイムは平凡でしたが、レースの上がり3ハロン(11.7ー11.3ー11.5)は優秀。
父ディープインパクトにストームキャットという、いわゆる東京のスロー向きの成功配合で、まずここは順当に勝ち負けになるとみています。


◯ミュージアムヒル
押し出されるようにタイドオーバーかこの馬が逃げる形が濃厚ですが。
この馬は前半区間のラップの速さで逃げたとしても、3戦連続で上がり1、2位をマークしているように、きっちり速い上がりにも対応出来るタイプ。
ただ上がり順位自体は上位のラップをマークするものの、瞬発力で一気に加速するというよりジリジリと伸びるタイプで、本質的には前へ行って早めにスピードを上げていくレースが合っているタイプなのでしょう。
中山マイルのフェアリーSを好走しそうなタイプです。


▲ノーブルアース
新馬戦は道悪の新潟芝1600m外で、レース上がり(11.8ー11.1ー11.7)を楽に抜け出して楽勝。
道悪が巧そうな血統背景なので、前走よりはパフォーマンスを落とす可能性はありますが、それでも上がりの瞬発力はこの相手でも上位という評価なので、勝ち負けに加わる可能性は十分です。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《2点》
◎9 ー ◯4(15%)
◎9 ー ▲5(15%)


【3連複】
フォーメーション《7点》
◎9 ー ◯4,▲5 ー ▲5,△1,7,8(35%)

《1点》
◎9 ー ◯4 ー ▲5(5%)


*****************************



【東京11R】霜月S(ダ1400m)

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:テイエムヒッタマゲ
 想定番手馬:ダノンフェイス


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 キクノストーム   C C 8  8  14 10
 02 ゴーインググレート C C 5  10 4  14
 03 エイシンバランサー C C 9  6  2  5
○04 ダノンフェイス   A B 3  9  5  4
 05 ドリームドルチェ  C F 12 3  9  13
 06 サノイチ      C F 14 13 10 8
▲07 サトノファンタシー S A 2  5  1  3
 08 テイエムヒッタマゲ E D 16 2  16 16
 09 サウンドスカイ   C B 13 15 12 15
 10 キョウエイアシュラ D F 15 11 6  12
 11 シンゼンレンジャー D B 10 16 15 9
△12 イーデンホール   C S 4  14 13 7
△13 シュテルングランツ C A 7  7  7  11
△14 ポイントブランク  C F 11 4  3  6
◎15 コロマンデル    B B 6  12 8  1
△16 サウススターマン  B C 1  1  11 2


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


想定ペースをミドルにしましたが、先行勢が強力なため案外前有利の流れになる可能性が高いレース。
オープン特別とは言ってもハンデ戦のため、バリバリの重賞級のオープン馬の参戦は無し。
これならば、将来的に重賞で上位争いする昇級初戦組に勝機ありとみて、そこを狙ってみたいと思います。


◎コロマンデル
前半を35秒台で先行して、上がりでも36秒台前半から35秒台で上がれる、ダノンフェイス、サトノファンタシーという強力な先行勢はやはり主力視せざるを得ませんが。
そもそもこのコースのラップ的な特徴は、速い上がりが活きやすいというもの。
特に他のコースで上がり上位の脚を使いながらも差し届かなかった馬が届くコースである、というのがポイントです。
この馬は先行有利の中京で上がり2位の脚を使い2着した4走前の内容を高評価。
2走前に、ダノンフェイスに0.8秒差と完敗していますが、好位から上がりを武器にする馬が少ない今回のレースでは一発が期待できます。
ムーア→戸崎→ルメールからの大野騎手なので、過小評価されているという局面も、馬券的に面白いタイミングです。


◯ダノンフェイス
砂からスタートするダートでの抜群の安定感と持ち時計から、まず崩れずに3着以内に走ってくるのはこの馬でしょう。


▲サトノファンタシー
デビューからまだ3着を外したことのない超堅実派で、持ち時計のレベルからもオープン即通用の力はあります。
ただ、自身の上がりが36秒台ということが多い馬で、オープンまで来るとこのコースより他場の1400mの方が向いているタイプでしょう。
スタートからスピードで圧倒できるコース向きなので、上がりの脚比べになるとやや劣る可能性ありとみています。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《2点》
◎15 ー ◯4(10%)
◯4 ー ▲7(26%)


【ワイド】《2点》
◎15 ー ◯4(35%)
◎15 ー △1(5%)


【3連複】
フォーメーション《24点》
◎15,◯4 ー ◯4,▲7,△1 ー ▲7,△1,12,13,14,16(24%)


*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2017/11/19 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ