的中無料公開中

※この記事は、2017/11/5 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね14 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』11月5日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

11/05(日)
京都11R
みやこステークス(GIII)
ワイド
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 16 テイエムジンソク 1:50.1
2 5 10 ルールソヴァール 2 1/2
3 6 12 キングズガード 1 1/4
払戻金
単勝 16 310円 2番人気
複勝 16
10
12
150円
860円
230円
2番人気
10番人気
3番人気
枠連 5-8 2,660円 12番人気
馬連 10-16 9,480円 25番人気
ワイド 10-16
12-16
10-12
2,570円
410円
4,020円
26番人気
2番人気
35番人気
馬単 16-10 13,360円 39番人気
3連複 10-12-16 13,500円 42番人気
3連単 16-10-12 68,120円 199番人気
WIN5 91,710円 2番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
11着 3 6 タガノディグオ 28.1 8 56.0 牡3 藤岡康太 栗東宮徹 530.0
3着 6 12 キングズガード 7.3 3 57.0 牡6 藤岡佑介 栗東寺島良 470.0

予想買い目の収支
ワイド
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:1,200円
払戻金 :0円
収支  :-1,200円
回収率 :0.0%
馬/組番:12ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:2,000円
払戻金 :8,200円
収支  :+6,200円
回収率 :410.0%
馬/組番:12ー16
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:6点
購入金額:600円
払戻金 :0円
収支  :-600円
回収率 :0.0%
馬/組番:6組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:600円
払戻金 :0円
収支  :-600円
回収率 :0.0%
馬/組番:12ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:600円
払戻金 :0円
収支  :-600円
回収率 :0.0%
馬/組番:12ー16
合計購入金額:5,000円   払戻金:8,200円  
収支:+3,200円   回収率:164.0%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【京都11R】みやこS G3(ダ1800m)

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:サルサディオーネ
 想定番手馬:テイエムジンソク


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 モルトベーネ    C B 3  13 10 2
 02 サルサディオーネ  C F 16 7  12 14
△03 タガノヴェリテ   C B 9  14 5  6
▲04 トップディーヴォ  B C 6  10 4  3
 05 アスカノロマン   A C 2  9  3  10
○06 タガノディグオ   B C 14 16 11 12
 07 リーゼントロック  C C 7  4  7  8
 08 モンドクラッセ   B F 12 3  6  7
 09 シャイニービーム  C D 13 15 9  9
 10 ルールソヴァール  C S 10 5  1  5
 11 ローズプリンスダム C E 15 12 14 13
◎12 キングズガード   B C 1  2  16 15
 13 マイネルクロップ  S E 11 11 13 16
 14 タムロミラクル   S B 5  6  8  11
 15 エピカリス     S B 8  8  15 4
△16 テイエムジンソク  B E 4  1  2  1


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[みやこS レースLAP傾向]京都ダ1800m

平均勝ちタイム 1.49.55
レース1F平均 12.17


前半35.70ー中盤36.97ー上がり36.88
前半800m:48.00ー後半800m:49.22(前後半差:1.22秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――――――― 12.10 〓――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.07 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1600m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.53 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――〓 12.30 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――〓 12.33 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――〓 12.33 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 12.12 〓―――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 12.22 ――――――――――  400m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.55 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃2ー先8ー差8ー追0

   1着:逃1ー先3ー差2ー追0
   2着:逃1ー先2ー差3ー追0
   3着:逃0ー先3ー差3ー追0


[レースのポイント]
 →→ 前半が1.22秒も速い前傾ラップの高速戦
 →→ ダートながら上がり順位が重要、上がり4位以内の複勝率54.8%、複回収率149%


+++++++++++++++


平坦な京都ダ1800mで行われることもあって、スピード優先のラップバランスのレース。
過去10年の良馬場時平均レースラップが、前半35.70ー中盤36.97ー上がり36.88。
前後半差で見ると、前半800m48.00ー後半800m49.22で、前半が1.22秒も速い前傾ラップの高速戦。
前半が速いということもあり、ダートながら上がり順位が重要。上がり4位以内馬の複勝率54.8%、複回収率149%。


◎キングズガード
今回が2度目の1800m戦への出走。
主に1400mで差しや追い込むレースをしていたイメージが強いですが、短距離しか走れないタイプではなく、1600mだった前走のように距離が伸びれば自然と前目の位置取りで流れに乗れる馬。
これまでに3着以内に好走した際のほとんどが、自身上がり1位か2位の脚を使っていて、今回もまず上がり上位の脚を使ってくる可能性が高い。


◯タガノディグオ
上がり上位の脚をマークした回数の多さからはこの馬も注目株。
中盤ないしは上がりのトップスピードがダート馬としてはかなり速い馬で、いわゆるズブズブの持続戦になるダートではなく、スピード優先の高速ダートに適性のある馬。
そういう意味では地方交流などを使われている近走は、この馬に適した条件のレースを走っていないわけで、今回は大幅なパフォーマンスアップが期待できる。


▲トップディーヴォ
この馬はムラがあるものの、好成績時は速い上がりでキレる脚を使っています。
京都ダ1800m実績も豊富で、ベストは直線が平坦な新潟、京都のダ1800m。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《4点》
◎12 ー ◯6(3%)
◎12 ー ▲4(3%)
◎12 ー △16(6%)
◎12 ー △1(3%)


【ワイド】《4点》
◎12 ー ◯6(6%)
◎12 ー ▲4(8%)
◎12 ー △16(20%)
◎12 ー △1(6%)


【3連複】
フォーメーション《10点》
◎12 ー ◯6,▲4,△1,16 ー ▲4,△1,3,16(10%)


*****************************



【東京11R】アルゼンチン共和国杯 G2(芝2500m)
仮柵:Bコース2週目(野芝約10ー12cm、洋芝12cmー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:カレンミロティック
 想定番手馬:プレストウィック


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 セダブリランテス  S B 9  6  7  15
 02 マイネルサージュ  C C 8  9  6  14
△03 デニムアンドルビー A S 1  12 16 10
◎04 スワーヴリチャード S C 6  5  4  12
 05 トウシンモンステラ B F 16 13 3  7
△06 プレストウィック  C E 12 16 15 11
 07 ソールインパクト  S C 7  2  13 5
△08 カレンミロティック A C 3  1  2  8
△09 シホウ       A C 11 11 9  13
 10 サラトガスピリット A S 10 14 8  6
○11 アルバート     E S 2  15 14 9
 12 トルークマクト   E D 14 8  12 2
△13 ハッピーモーメント C S 5  3  1  4
 14 レコンダイト    A A 4  4  5  3
 15 ヒットザターゲット B F 13 7  11 1
 16 カムフィー     B F 15 10 10 16


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[アルゼンチン共和国杯 レースLAP傾向]東京芝2500m

平均勝ちタイム 2.30.98
レース1F平均 12.08


前半36.11ー中盤79.75ー上がり35.12
前半1000m:60.63ー後半1000m:59.59(前後半差:1.04秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――――――――  7.24 ―――――――――― 2500m
            ↓
―――――――――― 11.31 〓〓〓〓〓〓〓〓―― 2400m
            ↓
―――――――――― 11.49 〓〓〓〓〓〓―――― 2200m
            ↓
―――――――――〓 12.16 ―――――――――― 2000m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.36 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――〓 12.17 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.38 ―――――――――― 1400m
            ↓
――――――――〓〓 12.29 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――〓 12.22 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――〓 12.24 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.53 〓〓〓〓〓〓――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.56 〓〓〓〓〓―――――  400m
            ↓
―――――――――― 12.03 〓―――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先7ー差17ー追2

   1着:逃1ー先3ー差5ー追0
   2着:逃0ー先2ー差7ー追0
   3着:逃0ー先2ー差5ー追2


[レースのポイント]
 →→ やや緩む区間が続くものの、全体のバランスで見ると平均ラップからの上がり2ハロン勝負
 →→ 差し優勢だが後方すぎると届かない、残り600m通過時の先頭との差0.9秒以内→複勝率20.3%、1.0秒以上→9.1%


+++++++++++++++


東京芝2500mはステイヤーの領域。
昨年の1、2着がシュヴァルグラン、アルバートで、どちらも3000m超えの重賞勝ち馬だったことも記憶に新しいところ。
今年もそのアルバートが出走してきましたが、昨年より1.5kg増のハンデ58.5kgはやはり有利とはいえない斤量なのが気になるところ。
このレースのラップバランスは、道中で大きく緩む区間が無いものの(そのため持続力のあるステイヤー向きのレースになりやすい)上がりの2ハロンだけ急加速して11秒台前半のラップが要求されるというところが特徴的です。


◎スワーヴリチャード
今年の日本ダービーをレイデオロに食い下がる形で2着しましたが、そのダービーのラップが例年のアルゼンチン共和国杯のラップに酷似していました。
特に直線を向いてからの2ハロンで11.5ー10.9と急加速したところでレイデオロに並んで先頭争いに躍り出たレース内容は負けて強しの評価で、初の古馬対戦になりますががここは勝ち負けに持ち込めるとみました。


◯アルバート
昨年の当レース2着馬で、3000m超の重賞実績もNo.1。
前述のとおりハンデが重いという点だけが懸念材料ですが、58kgまではこなしている馬。
多少ハンデのせいでパフォーマンスを下げたとしても、馬券圏内には留まれると思います。


以下▲は無しで△が横一線。
そんななか注目しているのは、プレストウィック。
単騎逃げが想定されるカレンミロティックの直後(番手)を取る馬にアドバンテージが生じるレースになりそうなので、前付けの意識が高いシュミノー騎手への期待をしてみたいと思います。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《1点》
◎4 ー ◯11(35%)


【ワイド】《3点》
◯11 ー △6(15%)
◯11 ー △3(15%)
△3 ー △6(5%)


【3連複】
2頭軸流し《5点》
◎4,◯11(軸)ー △3,6,8,9,13(10%)

フォーメーション《10点》
◎4,◯11 ー ◯11,△6 ー △3,6,8,9(20%)


*****************************



【東京12R】3歳上1000万下(ダ1400m)

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:ホノカ
 想定番手馬:メイショウブレナム


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
▲01 ダブルコーク    B C 3  2  15 12
 02 ホノカ       A E 14 11 12 14
○03 メイプルキング   S C 1  5  5  2
 04 フクノクオリア   C F 16 8  14 13
△05 ラバニーユ     S E 5  9  9  10
 06 タニセンジャッキー C F 13 13 6  11
◎07 セネッティ     A A 2  7  3  8
 08 ヤマトワイルド   C C 10 16 13 15
 09 スプリングフット  D F 15 14 16 16
△10 スレッジハンマー  A D 9  12 7  6
 11 アイアムナチュラル B E 7  1  2  7
△12 ロードヴォルケーノ E C 8  10 11 5
 13 ヤマニンシャンデル D D 6  3  1  3
 14 メイショウブレナム A B 4  6  4  4
 15 マーブルケーキ   C B 11 15 10 9
 16 ツウローゼズ    C C 12 4  8  1


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


前走が今回と同じ東京ダ1400mという馬が大多数。
先週までの道悪ダートで持ち味を殺された馬、逆に道悪で大きくパフォーマンスを上げた馬を見極めて、馬場変化による印の上げ下げで人気の盲点をつきたいレース。


◎セネッティ
前走は道悪ダート+スロー前残りで、二重に走れない条件が揃ってしまっていました。
4走前にも重馬場でこのコースの現級戦を3着に負けていますが、この馬は乾いたダートでこそ末脚が活きるタイプ。
現級をいつでも突破できるだけの能力はすでに示しているので、馬場条件が好転する今回は勝ち上がりのチャンス。


◯メイプルキング
前走は◎と同じレースで、こちらも道悪ダート+スロー前残りに泣いたパターン。
前走を除けばこのコースで2戦2勝、どちらも上がり36秒台の脚をマークと、まず崩れないだろうというのが僕のジャッジです。


▲ダブルコーク
ダート転向後1、2、2着とまだ底を見せていません。
ダート初戦は1200mで勝ちましたが、もともと芝でも上がり最速をマークしていたように末脚が武器のタイプなので、ダートなら東京ダ1400mという条件がベストの可能性が高いといえます。
近2走連続2着で、どうしても人気になってしまいますが、その人気に応えるだけの能力と適性を兼ね備えています。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《3点》
◎7 ー ◯3(15%)
◎7 ー ▲1(15%)
◯3 ー ▲1(20%)


【3連複】
フォーメーション《10点》
◎7,◯3,▲1 ー ◯3,▲1 ー ▲1,△5,10,12(40%)

《1点》
◎7 ー ◯3 ー ▲1(10%)


*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2017/11/5 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、ご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ