的中無料公開中

※この記事は、2017/10/14 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね14 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』10月14日(土)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

10/14(土)
東京11R
アイルランド府中牝馬(G2)
ワイド 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 11 クロコスミア 1:48.1
2 1 1 ヴィブロス クビ
3 5 7 アドマイヤリード 1 1/4
払戻金
単勝 11 1,040円 5番人気
複勝 11
1
7
250円
150円
140円
6番人気
2番人気
1番人気
枠連 1-7 940円 3番人気
馬連 1-11 2,190円 8番人気
ワイド 1-11
7-11
1-7
890円
690円
300円
9番人気
6番人気
1番人気
馬単 11-1 5,020円 18番人気
3連複 1-7-11 2,440円 4番人気
3連単 11-1-7 19,390円 38番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
2着 1 1 ヴィブロス 3.2 1 56.0 牝4 C.ルメール 栗東友道康夫 434.0
3着 5 7 アドマイヤリード 3.6 2 56.0 牝4 戸崎圭太 栗東須貝尚介 428.0
1着 7 11 クロコスミア 10.4 5 54.0 牝4 岩田康誠 栗東西浦勝一 424.0

予想買い目の収支
ワイド
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:2,000円
払戻金 :17,800円
収支  :+15,800円
回収率 :890.0%
馬/組番:1ー11
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,000円
払戻金 :0円
収支  :-1,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー9
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,500円
払戻金 :0円
収支  :-1,500円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー3
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:2,000円
払戻金 :0円
収支  :-2,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー7
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,000円
払戻金 :21,900円
収支  :+20,900円
回収率 :2,190.0%
馬/組番:1ー11
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,500円
払戻金 :0円
収支  :-1,500円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー4
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,000円
払戻金 :0円
収支  :-1,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー12
合計購入金額:10,000円   払戻金:39,700円  
収支:+29,700円   回収率:397.0%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【東京11R】府中牝馬S G2(芝1800m)
仮柵:Aコース2週目(野芝約10ー12cm、洋芝12cmー16cm)


《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:クロコスミア
 想定番手馬:トーセンビクトリー


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
◎01 ヴィブロス     S S 2  7  3  4
 02 ハッピーユニバンス C C 12 12 13 10
△03 デンコウアンジュ  B C 6  5  9  8
△04 クイーンズリング  S C 3  3  1  3
 05 トーセンビクトリー S S 4  4  7  12
 06 ゲッカコウ     B F 14 6  6  14
○07 アドマイヤリード  S S 1  9  11 5
 08 ロッカフラベイビー B C 11 8  8  7
△09 キンショーユキヒメ A F 13 14 5  2
 10 クインズミラーグロ A F 10 11 10 11
▲11 クロコスミア    S E 8  1  12 13
△12 ワンブレスアウェイ A B 5  13 2  1
 13 アスカビレン    C C 7  2  14 9
 14 バンゴール     C E 9  10 4  6


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[府中牝馬S レースLAP傾向]東京芝1800m


平均勝ちタイム 1.46.16
レース1F平均 11.80


前半35.50ー中盤36.51ー上がり34.15
前半800m:47.78ー後半800m:46.16(前後半差:1.62秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―〓〓〓〓〓〓〓〓〓 12.66 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.17 〓〓〓〓〓〓―――― 1600m
            ↓
―――――――――― 11.67 〓――――――――― 1400m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.28 ―――――――――― 1200m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.22 ―――――――――― 1000m
            ↓
――――――――〓〓 12.01 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.23 〓〓〓〓〓〓――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.22 〓〓〓〓〓〓――――  400m
            ↓
―――――――――― 11.70 〓―――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先12ー差8ー追9

   1着:逃1ー先3ー差3ー追3
   2着:逃0ー先6ー差1ー追3
   3着:逃0ー先3ー差4ー追3


[レースのポイント]
 →→ 中盤がしっかり緩み、牝馬限定の前哨戦らしい中だるみラップ
 →→ 実質的に上がりの2ハロンの瞬発力勝負で、上がり1ー3位が複勝率45.5%、4位以下が12.0%と差がある


+++++++++++++++


結局金曜の降雨量は5mmで、雨が降ったとは言え想定よりかなり少ない雨でした。
土曜も1日中降り続く雨ではなく、インの水はけの良さが活きる馬場になる見込みが高くなってきました。
このレースはメンバー問わずスローの上がり勝負になりやすいレースで、上がり3位以内の脚をマークできる馬が有利なレース。
クロコスミアの逃げでスローが想定されるだけに、前残りに意識を置きつつ、上がり上位の脚を使える馬を中心に。


◎ヴィヴロス
前走ドバイでG1を勝ちましたが、相手関係が楽な組み合わせであったので過大評価は禁物。
それよりも、2走前の中山記念0.3秒差5着を評価するべきで、牝馬ながらスロー寄りの上がり勝負なら牡馬G1クラスの馬と互角にやれるということが証明されたのは大きかったと思います。
昨年秋には紫苑S、秋華賞で、牝馬同士の中距離のスピード決着なら抜けた実力があることも証明済み。
先週のリアルスティールの推奨理由にも挙げさせてもらいましたが、「1800重賞は1800m実績を重視」にも当てはまる馬。
この秋は、今回と次のエリザベス女王杯に全力投球とのことで、夏場の休養明け以降の調整過程にも問題がない以上は、いきなり初戦からやれるとみています。


◯アドマイヤリード
今回のレースで上がり最速をマークしてくるのはおそらくこの馬。
春に勝ったヴィクトリアマイルも、スローからの上がり勝負でしたが、今回も多少は馬場が渋り、似たようなラップが想定されるレースです。
差し追込のスタイルながら、馬の間を抜けるように馬群の中に入れるという強みのある馬。
前走は直線が短くコーナーが長いという、この馬の適性とは真逆のコースだったので、コース替わりは大幅プラスです。


▲クロコスミア
今回は単騎で逃げられる組み合わせ。
やや渋った馬場を自分のペースで逃げればG1級相手でも粘れるというのは、昨年のローズSと同じパターン。
そしてこの馬も1800m巧者、2走前のクイーンSはもう少し内枠なら2、3着が狙えた内容だったので、形の上では昇級初戦になりますが、格で劣るということはないように思います。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《4点》
◎1 ー ◯7(20%)
◎1 ー ▲11(10%)
◎1 ー △4(15%)
◎1 ー △12(10%)


【ワイド】《3点》
◎1 ー ▲11(20%)
◎1 ー △9(10%)
◎1 ー △3(15%)


*****************************



【京都10R】三年坂特別(芝1600m外)
仮柵:Aコース2週目(野芝約10ー12cm、洋芝12cmー16cm)


《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:カイザーバル
 想定番手馬:ベルカプリ


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 インクレディブル  C F 9  9  9  7
 02 ユウチェンジ    C C 6  4  3  3
△03 チトニア      C S 3  3  1  1
 04 ビナイーグル    A F 4  5  6  5
◎05 ベルカプリ     A E 7  2  5  9
 06 バルベーラ     C C 5  7  2  2
▲07 レオナルド     S S 2  6  4  4
 08 ウイングタイガー  D F 8  1  8  6
○09 カイザーバル    A S 1  8  7  8


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


少頭数で実質的に牝馬限定戦のような出走メンバー。
カイザーバルが逃げる流れならどう転んでもスロー。
前有利の決着が濃厚で、前走からの変わり身を見込める馬を穴狙い。


◎ベルカプリ
直近3走すべてが2桁着順で、さすがに人気が無さそうな今回。
その2桁着順のうち2回は重賞で牝馬クラシックの路線。
そして前走はそもそも距離が長いレースで後方待機という、全く力を出せない形のレース運び。
今回は実績のあるマイル戦で、前へ行ける組み合わせ。
このコースで前に行けば、デイリー杯2歳S(0.2秒差5着)くらいは走れるわけで、1000万下で頭打ちというのは考えにくい馬です。


◯カイザーバル
もともとかなり掛かりやすかった馬ですが、マイルで逃げ先行というスタイルを定着させ、ようやく軌道に乗ってきた感があります。
昨年秋はローズS、秋華賞で連続3着しているように能力上位。
今回は楽に逃げられる組み合わせですから、さすがに勝ち負け必至でしょう。


▲レオナルド
京都のマイル戦は、シンザン記念5着を含めても複勝率75%の得意条件。
速い上がりで一気に前を飲み込むというスタイルなだけに、馬場が渋りそうなのはややマイナス。
それでも少頭数のこの相手なら、脚を余して後方のままというのは考えにくく、馬券圏内に届くくらいの走りは見せられると思います。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《1点》
◎5 ー ◯9(15%)


【ワイド】《3点》
◎5 ー ◯9(40%)
◎5 ー ▲7(30%)
◎5 ー △3(15%)


*****************************



【新潟12R】稲光特別(芝1000m直)
仮柵:Aコース1週目(野芝約12ー14cm)

《このレースで求められる適性:速力+機動》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:ガーシュウィン
 想定番手馬:ミルトドリーム


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 フレンドゴーゴー  C F 18 18 18 16
△02 フェザリータッチ  A C 1  3  1  5
 03 ウインベントゥーラ C C 2  16 10 3
★04 チェルカトーレ   A D 4  1  3  8
 05 タイセイプロスパー C A 17 15 17 18
 06 ケイビイノキセキ  C F 11 14 2  1
△07 ジェスロ      C C 3  13 12 11
 08 ポルボローネ    D F 9  10 4  2
▲09 ガーシュウィン   C D 13 2  13 14
△10 ファイブフォース  C E 14 10 14 13
 11 ニシノアンジュ   C F 10 5  11 12
 12 メイショウワカアユ C D 15 17 15 15
 13 アッパレドンキ   E F 16 9  9  6
△14 フェアラフィネ   C E 12 6  7  7
○15 マッタナシ     C C 6  7  8  9
△16 ピナクルズ     C C 8  12 16 17
◎17 ミルトドリーム   B C 5  4  5  10
△18 ラブローレル    C E 7  8  6  4


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


◎ミルトドリーム
秋開催の新潟は開幕週とは言っても馬場がやや傷んだ状態からスタートするので、ここはセオリー通り外枠で先行できる馬狙い。
ダッシュ力だけで見るとガーシュウィンが1番速いのですが、この馬はそれに次ぐスピード。
枠の差で並走か外2番手の位置は取れるはずですから、そのままのなだれ込みを期待。


◯マッタナシ
夏の開催で、千直を2回連続好走して未勝利を勝ち上がりました。
ダッシュ力で押し切ったというより、後半まで大きくバテない脚で好走したタイプなので、開催後半の馬場向きだとは思いますが、前述のとおり秋の開催は開幕からキレイな高速馬場ではないので、この枠からならチャンスは十分だと思います。


▲ガーシュウィン
初の千直出走ですが、洋芝の1200mを前半33秒台で逃げるスピードがあるので、このクラスの千直なら通用して不思議ない馬です。
デビュー勝ちが函館の芝1000mだったのですが、1000mだとラスト1ハロンまで大きな失速なく走れていたので、1200mからの距離短縮はかなりプラスではないかとみています。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《1点》
◎17 ー ◯15(10%)


【ワイド】《3点》
◎17 ー ◯15(30%)
◎17 ー ▲9(10%)
◯15 ー ▲9(5%)


【3連複】
フォーメーション《34点》
◎17,◯15 ー ◯15,▲9,★4 ー ▲9,★4,△2,7,10,14,16,18(34%)


*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2017/10/14 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ