的中無料公開中

※この記事は、2017/8/20 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね14 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』8月20日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

08/20(日)
札幌11R
札幌記念(GII)
ワイド
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 サクラアンプルール 2:00.4
2 2 2 ナリタハリケーン クビ
3 3 3 ヤマカツエース 1 1/2
払戻金
単勝 1 1,990円 6番人気
複勝 1
2
3
430円
1,080円
140円
7番人気
12番人気
1番人気
枠連 1-2 22,390円 31番人気
馬連 1-2 37,670円 56番人気
ワイド 1-2
1-3
2-3
8,230円
800円
2,520円
57番人気
7番人気
26番人気
馬単 1-2 69,510円 104番人気
3連複 1-2-3 26,730円 78番人気
3連単 1-2-3 201,410円 486番人気
WIN5 6,384,380円 6番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 3 3 ヤマカツエース 2.7 1 57.0 牡5 池添謙一 栗東池添兼雄 508.0
6着 4 4 ロードヴァンドール 15.4 5 57.0 牡4 太宰啓介 栗東昆貢 482.0
5着 8 13 エアスピネル 3.9 2 57.0 牡4 C.ルメール 栗東笹田和秀 480.0

予想買い目の収支
ワイド
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:3,000円
払戻金 :0円
収支  :-3,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:3ー4
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:2,000円
払戻金 :16,000円
収支  :+14,000円
回収率 :800.0%
馬/組番:1ー3
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:3,000円
払戻金 :0円
収支  :-3,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:3ー13
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:2,000円
払戻金 :0円
収支  :-2,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:3ー7
合計購入金額:10,000円   払戻金:16,000円  
収支:+6,000円   回収率:160.0%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【札幌11R】札幌記念 G2(芝2000m)
仮柵:Cコース1週目(洋芝約12ー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:ロードヴァンドール
 想定番手馬:マイネルミラノ


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 サクラアンプルール C S 9  9  8  7
 02 ナリタハリケーン  C C 11 12 4  9
◎03 ヤマカツエース   A A 1  11 7  11
▲04 ロードヴァンドール D B 10 4  2  4
 05 マウントロブソン  S A 4  6  1  8
 06 タマモベストプレイ A B 8  8  12 10
△07 サウンズオブアース B A 2  13 9  3
 08 ツクバアズマオー  B F 12 10 5  1
 09 ディサイファ    B E 5  1  13 5
 10 サングラス     B F 13 5  3  6
 11 アングライフェン  S B 6  7  11 12
 12 マイネルミラノ   C B 7  2  6  2
○13 エアスピネル    S C 3  3  10 13


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[札幌記念 レースLAP傾向]札幌芝2000m

平均勝ちタイム 1.59.41
レース1F平均 11.94(追走区間1F平均 11.86)


前半35.11ー中盤48.59ー上がり35.71
前半1000m:59.30ー後半1000m:60.11(前後半差:0.81秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――〓〓〓〓〓〓〓 12.56 ―――――――――― 2000m
            ↓
―――――――――― 10.90 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1800m
            ↓
―――――――――― 11.66 〓〓―――――――― 1600m
            ↓
――――――――〓〓 12.06 ―――――――――― 1400m
            ↓
――――――――〓〓 12.13 ―――――――――― 1200m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.30 ―――――――――― 1000m
            ↓
――――――――〓〓 12.10 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――〓 12.04 ――――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.70 〓〓――――――――  400m
            ↓
―――――――――〓 11.97 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃0ー先13ー差7ー追1

   1着:逃0ー先5ー差2ー追0
   2着:逃0ー先5ー差1ー追1
   3着:逃0ー先3ー差4ー追0


[レースのポイント]
 →→ レース全体を通じて12秒前後のラップが続く平均ラップ戦
 →→ 直線短いが平坦のため速い上がりが重要
 →→ 上がり1ー3位馬の複勝率66.7%、4位以下7.1%


+++++++++++++++


過去10年の平均レースラップが、前半100m59.30秒ー後半1000m60.11秒で、0.81秒のやや前傾ラップ。
レース全体を通じて1ハロン12秒前後のラップが続く平均ラップ戦。
札幌芝2000mは直線が短いですが、コーナー半径が大きくコーナーでも追い上げて行きやすいコースで、坂のない平坦コースのため速い上がりが重要。
過去10年、このレースでの上がり1ー3位馬の複勝率66.7%、4位以下7.1%と圧倒的な差があります。


◎ヤマカツエース
今回で3年連続の札幌記念出走。
過去2回は上がり4、5位で着順も4、5着。
この結果を踏まえると今年も足りない…ように見えますが、昨年の札幌記念の後に出走した12月の金鯱賞では上がり3位の33.1秒で1着。
G1に昇格した大阪杯では上がり2位の33.8秒で3着と、確実に上がりの脚が進化しています。
3歳時にいきなり4着したように、このレース(コース)の適性は間違いなく高いわけで、例年のようにG1馬の出走がない今年のレベルなら、勝てる可能性は高いとみています。


◯エアスピネル
今回から武豊→ルメールと鞍上がチェンジしましたが、その大きな理由は前走の安田記念のレース内容でしょう。
4コーナーから直線を向いて手応え十分で差せる位置にいましたが、前が壁になり追い出しが完全に遅れて、外から伸びた馬に抜け出しを喰らうかたちでの不完全燃焼な負け方。
残り400mあたりの手応えから見ると、スムーズに追い出していれば勝ち負けになった内容で、ラスト100から50mの伸びは完全に脚を余していました。
ただ、中距離でも問題ないタイプですが、4戦続けてマイル戦を走ったことで馬が前向きになりすぎている可能性はやや不安。
天才的な折り合いを見せるルメールにスイッチしてきたのも、そのあたりを見越してのことかもしれませんね。


▲ロードヴァンドール
G2で2着の実績がありますが、G1馬不在の今年のメンバーに入ってもまだ格下感は否めないところ。
ただこのレースは仮柵がA→Cへと動く週に行われていて、展開に恵まれれば前も残るレース。
過去10年で、逃げて3着以内に粘った馬はゼロですが、今年のメンバーレベルと展開にかなり恵まれそうという点から、この馬の逃げ粘りにも期待したいと思います。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《2点》
◎3 ー ◯13(30%)
◎3 ー △7(20%)


【ワイド】《2点》
◎3 ー ▲4(30%)
◎3 ー △1(20%)


*****************************



【小倉11R】北九州記念 G3(芝1200m)
仮柵:Aコース4週目(野芝約12ー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+機動》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:アクティブミノル
 想定番手馬:オウノミチ


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 ラヴァーズポイント C E 11 9  11 12
▲02 アクティブミノル  C C 5  1  2  14
 03 トウカイセンス   C D 16 16 13 12
 04 オウノミチ     B C 17 4  5  10
△05 エイシンブルズアイ C D 3  11 8  6
 06 ナガラオリオン   C B 6  18 17 2
 07 アルティマブラッド C B 10 8  9  11
 08 ファインニードル  S F 13 5  4  9
△09 ダイアナヘイロー  A C 9  2  1  5
 10 ダイシンサンダー  E S 14 10 7  3
 11 ポメグラネイト   C E 18 13 18 18
 12 ナリタスターワン  B B 8  3  3  7
◎13 キングハート    C D 1  14 14 16
○14 ツィンクルソード  B C 7  15 12 3
 15 ミッキーラブソング A D 12 17 15 7
 16 バクシンテイオー  A A 2  11 6  1
 17 プレイズエターナル A B 4  7  16 17
 18 ラインスピリット  E C 15 6  10 15


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[北九州記念 レースLAP傾向]小倉芝1200m

平均勝ちタイム 1.07.39
レース1F平均 11.23(追走区間1F平均 10.72)


前半32.61ー上がり34.78(前後半差:2.17秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――〓〓〓〓〓 11.70 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 10.21 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1000m
            ↓
―――――――――― 10.70 〓〓〓〓〓―――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.24 ――――――――――  600m
            ↓
―――――――〓〓〓 11.50 ――――――――――  400m
            ↓
――〓〓〓〓〓〓〓〓 12.04 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃0ー先12ー差14ー追4

   1着:逃0ー先4ー差5ー追1
   2着:逃0ー先4ー差5ー追1
   3着:逃0ー先4ー差4ー追2


[レースのポイント]
 →→ JRA屈指の超ハイペース差し勝負重賞だったが、3年前から比較的スローの傾向に
 →→ スローと言っても前後半差が1秒以上ある前傾ラップで、前傾でも脚が止まらないタイプ有利


+++++++++++++++


かつては超ハイペースの差し決着がお決まりパターンだったレースですが、3年前から開催前に馬場を解す作業(エアレーション)が施されるようになり、タイムが遅くなってからは傾向が一変。
2014年以降の3年間のレース平均ラップは前半33.13ー後半34.63で、前後半差は1.5秒の前傾。
それ以前は、前後半差が2秒台後半から3秒超えの極端な前傾ラップだったことを考えると、以前よりはスローで前が残る傾向が強くなったといえます。


◎キングハート
2、3走前にややスローの芝1200mで連続連対し、前走は初の古馬重賞で連対と充実期。
小倉芝1200mも3戦3連対と得意コースで、鞍上ともども初重賞制覇のチャンス。


◯ツィンクルソード
1400m向きながらも、前後半差の小さいラップが得意なこの馬。
かつての差し天国の北九州記念なら自信の本命でしたが…。
休み明け以外の距離短縮ローテでは、着順を上げてくるというこの馬のこれまでのパターンから考えても、前走より流れが速くなるというケースが合っている馬だとみています。


▲アクティブミノル
前走のアイビスサマーダッシュは、大外枠でブリンカー装着と完全に勝ちに来たレースでしたが、初千直のこの馬が逃げきるには速すぎるラップになりゴール前で失速。
2走前にコーナーのある1200mで速いラップを逃げ粘っているように、距離延長となる今回は前走ほど前半から厳しすぎるラップになる可能性は低く、粘りが増す可能性は高いといえます。
2走前から据え置きのハンデ56kgに収まったので、この斤量なら。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《2点》
◎13 ー ◯14(5%)
◎13 ー ▲2(19%)


【ワイド】《3点》
◎13 ー ◯14(15%)
◎13 ー ▲2(30%)
◯14 ー ▲2(10%)


【3連複】
フォーメーション《7点》
◎13,◯14,▲2 ー ◯14,▲2 ー ▲2,△5,9(21%)


*****************************



【新潟12R】3歳上500万下・牝(芝1000m直)
仮柵:Aコース4週目(野芝約12ー14cm)

《このレースで求められる適性:速力+機動》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:ソレイユフルール
 想定番手馬:ウーマッハ


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 チェルカトーレ   C E 3  6  9  8
 02 ショコラーチ    C B 2  17 14 11
 03 アッパレドンキ   C F 11 10 11 12
△04 ジェルミナーレ   C F 6  4  6  5
△05 ラピッドライズ   A B 4  16 15 15
◎06 シンラバンショウ  D D 8  3  5  5
 07 ペイルブルードット C D 14 14 16 16
△08 グリーンバシリスク D D 7  9  13 14
▲09 ダノンアイリス   C C 1  7  1  1
△10 タニマサガール   D B 5  5  7  7
 11 スノードーナツ   C F 10 8  2  3
 12 シングンガガ    A C 9  11 17 17
 13 キャラメルフレンチ D F 15 2  10 13
 14 スミレタンポポ   E F 13 12 4  2
 15 リトルスマイル   E F 18 13 8  4
○16 ソレイユフルール  B F 12 1  3  9
△17 ウーマッハ     C E 16 15 12 10
 18 ミスユー      C C 17 18 18 18


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


強力なダッシュ力や先行力を持つ馬が少ない牝馬限定戦。
中団待機の馬も追走でひと息入れて脚をためることが可能なレースになりそうで、過去に千直で良い差し脚を見せていた馬に要注意。


◎シンラバンショウ
前走の千直が13着と大きく負けていますが、残り300mあたりから2度3度と前が塞がったり接触しそうになったりと、鞍上が超絶ヘタに乗ったレースでした。(鞍上の名前を見れば想像つくと思いますが…)
まともに追えていればあと0.5秒から0.7秒くらいはタイムが詰められた内容で、実際の結果が0.9秒差負けだったことを考えると、十分に巻き返しは可能。
前半から前に行けるタイプではないので、先行勢が止まらないレースなら厳しいところでしたが、今回はタメが効く差し勝負になる可能性十分で、差せる西田騎手に替われば一変も。
ちなみに差して4着(0.2秒差)だった3走前も西田騎手でした。


◯ソレイユフルール
牝馬限定のこの相手なら、まず外ラチ沿いで逃げが可能。
後半の粘りが課題ですが、今回は強力先行勢がいないので、前走よりはかなりプレッシャーも少ない楽な逃げを打てる公算大。
後続も脚をタメる流れになりそうなので、差されないように早めに引き離したいところで、鞍上の手腕が問われるところです。


▲ダノンアイリス
千直の1000万下クラスで3着した実績を持つ、格上降級馬ですが、実はダッシュ力が遅いというのがネック。
いわゆる「展開待ちのタイプ」ですが、今回は差し馬にも出番がありそうなスロー寄りの流れが濃厚。
上がりはいつも速いので、先行勢が大した事ない今回は差し届くチャンス。
ちなみに、前走は出遅れが敗因なので度外視してOK。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【単勝】《1点》
◎6(10%)


【馬連】《3点》
◎6 ー ◯16(5%)
◎6 ー ▲9(5%)
◯16 ー ▲9(10%)


【ワイド】《4点》
◎6 ー ◯16(15%)
◎6 ー ▲9(15%)
◎6 ー △4(5%)
◯16 ー △4(5%)


【3連複】
フォーメーション《29点》
◎6,◯16 ー ◯16,▲9,△4 ー ▲9,△1,4,5,8,10,17(29%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2017/8/20 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ