的中無料公開中

※この記事は、2017/7/30 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね14 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 7月30日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

07/30(日)
新潟11R
アイビスサマーダッシュ(GIII)
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 15 ラインミーティア 0:54.2
2 5 10 フィドゥーシア クビ
3 7 14 レジーナフォルテ 1 1/2
払戻金
単勝 15 3,870円 8番人気
複勝 15
10
14
560円
150円
220円
9番人気
1番人気
4番人気
枠連 5-8 390円 1番人気
馬連 10-15 4,300円 14番人気
ワイド 10-15
14-15
10-14
1,420円
2,440円
410円
14番人気
26番人気
2番人気
馬単 15-10 15,050円 45番人気
3連複 10-14-15 7,210円 21番人気
3連単 15-10-14 67,380円 211番人気
WIN5 2,543,730円 8番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
2着 5 10 フィドゥーシア 2.8 1 54.0 牝5 石橋脩 栗東松元茂樹 478.0
3着 7 14 レジーナフォルテ 6.7 4 51.0 牝3 杉原誠人 美浦佐藤吉勝 490.0
4着 8 16 アクティブミノル 3.4 2 56.0 牡5 酒井学 栗東北出成人 488.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:30点
購入金額:3,000円
払戻金 :7,210円
収支  :+4,210円
回収率 :240.3%
馬/組番:30組
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:4点
購入金額:4,000円
払戻金 :0円
収支  :-4,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:4組
買い方 :軸2頭ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:1,000円
払戻金 :0円
収支  :-1,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:10ー16ー**
合計購入金額:8,000円   払戻金:7,210円  
収支:-790円   回収率:90.1%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【新潟11R】アイビスサマーダッシュ G3(芝1000m直)
仮柵:Aコース1週目(野芝約12ー14cm)

《このレースで求められる適性:速力+機動》

 想定ペース:平均
 想定逃げ馬:アクティブミノル
 想定番手馬:イオラニ


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 ナリタスターワン  C B 7  9  13 14
 02 ブライトチェリー  B E 13 8  10 9
 03 プレイズエターナル A B 5  9  5  3
△04 ラインスピリット  A C 3  13 12 12
△05 アースエンジェル  A C 12 4  5  6
 06 イオラニ      C B 10 2  4  7
△07 シンボリディスコ  E B 8  6  2  4
 08 ダンシングワンダー B S 9  1  1  1
 09 ネロ        S B 1  5  7  8
○10 フィドゥーシア   A B 2  9  8  5
 11 レヴァンテライオン A C 11 15 16 16
△12 レッドラウダ    B S 6  3  9  10
 13 キープレイヤー   E F 16 16 15 15
◎14 レジーナフォルテ  D F 15 14 14 13
△15 ラインミーティア  E E 14 9  3  2
▲16 アクティブミノル  C C 4  7  11 11


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[アイビスサマーダッシュ レースLAP傾向]新潟芝1000m直

平均勝ちタイム 54.10
レース1F平均 10.82(追走区間1F平均 10.25)


前半21.85ー上がり32.25(前後半差:0.09秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 11.80 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 10.05 〓〓〓〓〓〓〓―――  800m
            ↓
―――――――――― 10.49 〓〓〓―――――――  600m
            ↓
―――――――――― 10.23 〓〓〓〓〓〓――――  400m
            ↓
―――〓〓〓〓〓〓〓 11.54 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃5ー先8ー差9ー追2

   1着:逃2ー先3ー差3ー追0
   2着:逃3ー先3ー差1ー追1
   3着:逃0ー先2ー差5ー追1


[レースのポイント]
 →→ ダッシュ力が重要。目安は前半2ハロンを22秒台で通過出来るかどうか
 →→ オーバーペースでも差しは不利で3着まで。連対は逃げ先行勢


+++++++++++++++


過去10年の良馬場平均勝ちタイムが54.10秒。
過去10年(良)の3着内馬の上がりラップの平均は32.09秒。
すなわち平均でも(54秒10ー32秒09=22秒01)最初の2ハロンをこのラップで通過するダッシュ力がないと、物理的に勝ち負けするのは難しくなるレースです。
ちなみに過去10年で最速の上がりラップをマークしたのは、昨年7着だったブライトチェリーの31.5秒。
これだけの物理的限界ともいえる上がりをマークしても、前半の2ハロンが23.3と遅くレースの流れに乗れなかったために後方から差を詰めただけで終わっています。


◎レジーナフォルテ
千直の未勝利戦を2歳レコードで勝った馬。
2歳の時点で55.0秒をマークしたことももちろん優秀ですが、そのレースでの前半2ハロン通過22.0が相当に優秀。
もちろんこの前半2ハロンラップは過去の2歳戦で例のない最速ラップで、このラップで前半を通過しながら上がりも33.0秒としっかりと走りレコードタイムにつなげた点は高く評価できます。
前走の福島芝1200mでも前半2ハロン通過は22.4秒と快速ぶりを発揮。
3歳牝馬のため軽量51kgが持ち前のスピードにさらに磨きをかける可能性は高く、逃げ馬のすぐ後ろのポジションが取れれば勝つチャンスも十分にあります。


◯フィドゥーシア
初千直だった前走で、54.3秒の好タイム勝ち。
千直を経験する以前にも、小倉や中山の芝1200mで前半22秒台のラップをマークしていたというのは、近年の好走馬と共通するポイント。
レース間隔が空くと勝ちきれなくなるレースなので、5月以来という点がどうか…というところですが。
春開催の馬場(タイム)より夏開催は0.5秒ほど速く走れるというのが通常なので、53秒台決着の可能性も高い今年は、とりあえず時計対応が出来るという可能性を示している部分では評価しておきたいと思います。


▲アクティブミノル
今回が初の千直ですが、この馬はまず間違いなく千直適性が相当に高いタイプです。
昨年2着だったネロもそうですが、栗東坂路で速いタイムを連発できる馬は基本的に千直向き。
その上で、レースでラスト1ハロンが大きく失速するレースで上位着順に粘るレースを見せていれば、千直経験が無くてもまず千直巧者とみてOKです。
この馬はブリンカー装着で速い流れを3着に粘った前走だけを見ても「今の状態で千直を使えばまず好走するだろう」と考えられる馬です。
ベタに外枠を引いたので、配当面での妙味はほぼありませんが、ゲートで遅れない限りはまず馬券圏内には走ってくるとみています。


昨年のこのレースで◎を打ったネロですが、今年は消し評価にしました。
まず休養明けが走れないレースであることと、斤量の58kgがどうしても千直では大幅マイナス要素です。
2001年のコース創設以降で、千直で斤量58kg以上を背負った馬は(0−0−1−8)と全滅。
カルストンライトオ、シンボリグラン、パドトロワ、セイコーライコウと、アイビスサマーダッシュで連対実績のある馬でも斤量が58kgを超えると全く走れなかったくらいなので、ネロもおそらく同じ道を辿る可能性が高いでしょう。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【3連複】
フォーメーション《30点》
◎14,▲16 ー ◯10,▲16,△4,12 ー ◯10,△4,5,7,12,15(30%)

フォーメーション《4点》
◎14,▲16 ー ◯10,▲16,△12 ー ◯10,△12(40%)

2頭軸流し《2点》
◯10,▲16(軸)ー ◎14,△12(10%)


*****************************


【札幌11R】クイーンS G3(牝・芝1800m)
仮柵:Aコース1週目(洋芝約12ー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+バラ+変速》

 想定ペース:平均速め
 想定逃げ馬:ノットフォーマル
 想定番手馬:クロコスミア


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 トーセンビクトリー S S 2  7  2  4
△02 アエロリット    A C 5  2  9  7
○03 シャルール     B E 6  11 10 6
△04 クインズミラーグロ C F 9  9  3  1
 05 ハツガツオ     B F 13 13 4  10
 06 マキシマムドパリ  A B 3  12 8  8
 07 ヤマカツグレース  A A 12 6  1  2
△08 クロコスミア    B B 7  3  5  5
 09 ラインハート    C C 10 5  13 12
◎10 パールコード    S S 4  8  11 9
 11 ノットフォーマル  E E 11 4  12 11
△12 アドマイヤリード  S A 1  10 7  13
 13 エテルナミノル   C C 8  1  6  3


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[クイーンS レースLAP傾向]札幌芝1800m


平均勝ちタイム 1.46.98
レース1F平均 11.89(追走区間1F平均 11.85)


前半35.70ー中盤35.91ー上がり35.37(前後半差:0.53秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――〓〓〓〓〓 12.37 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.40 〓〓〓〓〓――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 11.93 ―――――――――― 1400m
            ↓
――――――――〓〓 12.08 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――〓 11.95 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.88 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.77 〓―――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.68 〓〓――――――――  400m
            ↓
―――――――――― 11.92 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃0ー先8ー差8ー追2

   1着:逃0ー先4ー差1ー追1
   2着:逃0ー先3ー差2ー追1
   3着:逃0ー先1ー差5ー追0


[レースのポイント]
 →→ 前半3ハロンがかなり遅いスローで、先行が圧倒的に有利
 →→ 持続型ジリ脚タイプが連対に多く、差しは間に合わず3着になりやすい


+++++++++++++++


札幌芝1800mは、スタートから最初のコーナーまでの距離が近く、前半3ハロンがかなり遅いスローになりやすいレースで、先行が圧倒的に有利。
そしてコーナー半径が大きく緩やかなカーブが続き、楕円形より真円形に近いコース形状のため、後方や外を回って追いかける馬は距離ロスが生じやすく不利です。
レースラップも11秒台後半の区間が続く持続ラップになりやすく、ジリ脚先行型のなだれ込みが穴になりやすいレース。


◎パールコード
このレースは上記ラップ傾向図でも明らかな通り、極端な加減速の区間がない完全なる平均ラップが特徴的。
この馬は極端に速い先行力があるわけでもなく、鋭い決め脚を持つわけでもないという、突出した特徴に欠ける馬。
いわゆるレースの流れに乗って、それなりに速い脚を使うというタイプの馬で、どうしても勝ち味に遅いが、そういうタイプの馬に向いたレースがこのレース。
デビューからこれまで掲示板を外していない安定感に加え、G1で2、4着の実績馬がこの人気なら積極的に買いたいところ。


◯シャルール
昨年のこのレースを2着した以降は、大敗続きで全くいいところがないレースが続いています。
がしかしそれは昨年のこのレース前も同じで、ヴィクトリアマイル18着から一気に巻き返したのがこのレースでした。
札幌芝が4戦4連対であることからも明らかなように、この馬は古馬重賞戦線では洋芝コースじゃないと通用しない馬なのでは?
とりあえず古馬の重賞では、コーナー4つの1800mでだけ着順が良く、それ以外のコースでは1秒差以上の大敗を繰り返していることからも、このレースで一気に巻き返す可能性は十分。
ただ昨年よりは格段に今年の出走馬のレベルが高いので、昨年と同じだけ走っても足りない危険性は少し考えておきたいところです。


人気のG1馬2頭はどちらも△評価ですが、イメージほど後方一気型じゃない(中盤ラップも速いタイプで、コーナリングで動ける)アドマイヤリードの方が優勢ではないかとみています。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《4点》
◎10 ー ◯3(3%)
◎10 ー △12(10%)
◎10 ー △2(10%)
◎10 ー △1(3%)


【ワイド】《4点》
◎10 ー ◯3(7%)
◎10 ー △8(7%)
◎10 ー △1(5%)
◎10 ー △4(5%)


*****************************


【札幌12R】道新スポーツ賞(芝1500m)
仮柵:Aコース1週目(洋芝約12ー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:平均
 想定逃げ馬:ツーエムマイスター
 想定番手馬:ジェイラー


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
○01 ヒルノマゼラン   B B 2  3  2  4
◎02 サングレーザー   S C 4  7  10 6
△03 レッドルモンド   C B 7  4  7  3
 04 メローブリーズ   C F 11 9  9  8
△05 ユメノマイホーム  C F 6  1  1  7
▲06 テラノヴァ     S A 1  2  4  9
 07 パラダイスガーデン B F 5  5  3  11
 08 ツーエムマイスター A C 3  11 6  10
 09 ジェイラー     C E 10 10 5  2
△10 スズカゼ      A F 9  6  11 5
△11 スマートプラネット C F 8  8  8  1


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


中山芝1600mに似た形状の札幌芝1500mは内枠断然有利のコース。
土曜日の芝1500m戦でも、逃げた馬と内枠だけで上位が決まるという極端な結果に。
そしてレコードタイムが飛び出したように、やたらと速いタイムが出る馬場というのも近年の特徴です。


◎サングレーザー
2歳時には重賞好走歴もある馬で、自己条件の500万下を圧倒的な上がりの差で勝ち上がった前走はある意味当然の結果。
先行して好位で立ち回る競馬ができる馬で今回の内枠は絶好の条件。
札幌の馬場は、昨年夏に後のG1馬サトノアレスを負かした舞台。
洋芝適性も十分でここは連勝に期待。
また、鞍上の福永騎手は、道新スポーツ賞が1500m戦になった2015年から2連勝中の「ミスター・道新スポーツ」。
土曜日に2鞍行われた1500m戦でも、2、3着に入っていて、とにかくこのコースが得意な騎手です。


◯ヒルノマゼラン
4歳降級組で、近走は先行して上がり34秒台で抜け出すというレースが定着している馬。
1400mでも走れるくらいの持続寄りのラップ適性が活きる舞台なので、1400mで現級を勝ち上がっているというのはプラス材料。


▲テラノヴァ
こちらも4歳降級組。
札幌芝1500mでの連対経験があり、近走ではひとクラス上の1400mでも2度連対実績があるのは強調ポイント。
ただ前半はタメて中盤以降にスピードを上げるというスタイルなので、先行有利のコース形状を考えると取りこぼす可能性のあるタイプでもあります。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《2点》
◎2 ー ○1(16%)
◎2 ー ▲6(20%)


【3連複】
フォーメーション《9点》
◎2 ー ◯1,▲6 ー ▲6,△3,5,10,11(36%)


【3連単】
1頭軸流しマルチ《18点》
◎2(軸)→ ◯1,▲6,△10(18%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2017/7/30 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ