的中無料公開中

※この記事は、2017/6/11 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね14 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』6月11日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

06/11(日)
阪神11R
マーメイドステークス(G3)
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 10 マキシマムドパリ 1:59.5
2 4 4 クインズミラーグロ 3/4
3 1 1 アースライズ ハナ
払戻金
単勝 10 570円 3番人気
複勝 10
4
1
190円
160円
250円
3番人気
1番人気
6番人気
枠連 4-7 1,200円 3番人気
馬連 4-10 1,270円 2番人気
ワイド 4-10
1-10
1-4
450円
790円
600円
1番人気
9番人気
5番人気
馬単 10-4 2,600円 5番人気
3連複 1-4-10 2,870円 3番人気
3連単 10-4-1 14,720円 15番人気
WIN5 1,329,610円 3番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 1 1 アースライズ 8.2 6 54.0 牝5 中谷雄太 栗東矢作芳人 462.0
2着 4 4 クインズミラーグロ 4.9 2 54.0 牝5 幸英明 美浦和田正道 460.0
1着 7 10 マキシマムドパリ 5.7 3 55.0 牝5 藤岡佑介 栗東松元茂樹 462.0

予想買い目の収支
単勝
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:3,000円
払戻金 :0円
収支  :-3,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:4
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:2,000円
払戻金 :0円
収支  :-2,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:4ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:500円
払戻金 :0円
収支  :-500円
回収率 :0.0%
馬/組番:3ー4
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:2,000円
払戻金 :0円
収支  :-2,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:4ー5
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:2,500円
払戻金 :31,750円
収支  :+29,250円
回収率 :1,270.0%
馬/組番:4ー10
合計購入金額:10,000円   払戻金:31,750円  
収支:+21,750円   回収率:317.5%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【阪神11R】マーメイドS G3(芝2000m)
仮柵:Aコース2週目(野芝約10ー12cm、洋芝14ー18cm)


《このレースで求められる適性:速力+バラ+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:プリメラアスール
 想定番手馬:リーサルウェポン


印   馬名        騎 調 速力
▲01 アースライズ    C B 7
△02 バンゴール     A C 5
△03 プリメラアスール  C B 4
◎04 クインズミラーグロ B E 6
△05 トーセンビクトリー S S 2
 06 キンショーユキヒメ A F 10
 07 リーサルウェポン  C C 9
 08 ローズウィスパー  A C 8
 09 ハツガツオ     D F 12
○10 マキシマムドパリ  B B 1
 11 ビッシュ      S C 3
 12 ショウナンバーキン B F 11


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[マーメイドS レースLAP傾向]阪神芝2000m


平均勝ちタイム 1.59.67
レース1F平均 11.97(追走区間1F平均 11.97)


前半35.73ー中盤48.44ー上がり35.50(前後半差:0.58秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――――〓〓〓〓 12.36 ―――――――――― 2000m
            ↓
―――――――――― 10.94 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1800m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.43 ―――――――――― 1600m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.38 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――― 12.01 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――〓 12.11 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.93 〓―――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.73 〓〓〓―――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.64 〓〓〓〓――――――  400m
            ↓
―――――――――〓 12.12 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃3ー先5ー差11ー追8《前半ややスロー後半ロングスパートラップ:持続型差し追込有利》

   1着:逃1ー先2ー差4ー追2
   2着:逃2ー先2ー差3ー追2
   3着:逃0ー先1ー差4ー追4


[レースのポイント]
 →→ 前半はややスローで、残り1000mから持続ラップになるロングスパート戦
 →→ 持続ラップに強い差し追込向きだが、勝つには多少キレも必要。キレのないタイプは3着が多い


+++++++++++++++


このレースは過去10年の良馬場平均ラップが、前半3ハロン35.73秒、上がり3ハロン35.50とほぼ同じで、平均ラップのレース。
牝馬限定重賞の多くが前半や中盤がかなり遅く、速い上がりのレースになることを思えば、このレースはレース全体を通じての持続力に適性が振れている馬に適したレースということがいえます。
特にレース後半の1000mでは、過去平均でも59.53秒と速めで、コーナリングでもスピードを大きく落とさずに走りきることのできる、小回りコースの適性も求められることになるレースです。


◎クインズミラーグロ
近3走すべて牝馬限定重賞で3着と好走中で、その3走ともが小回りコースの中距離戦。
そしてこの3走の後半1000mレースラップが、59.8、59.2、59.9で、今回のレースの過去平均とかなり似ている。
すなわち、後半1000mが持続的に速いラップかつ小回りというコース形態に適性がある馬で、今回も好走必至。
前走はスタートで挟まれて、終始馬群の後方と外を回るロスの多い競馬だったことを考えると、3着とはいえ内容は勝ちに等しいものだった。

そして見逃せないのがハンデ差。
2、3走前がハンデ重賞で、今回出走しているマキシマムドパリ、トーセンビクトリーに先着されていますが、対マキシマムドパリで同斤量→1kg差、対トーセンビクトリーで1kg差→2kg差とハンデ差が開く今回はかなり有利。

ちなみに今回はハンデ上位馬のハンデがかなり不可解なレースで、「横一線でゴールする」というハンデ戦の前提に立ってハンデを考えると

トーセンビクトリー 55.5kg
マキシマムドパリ  55.5kg
ビッシュ      54kg
クインズミラーグロ 54kg
アースライズ    53kg

これが僕の思う適性ハンデです。


◯マキシマムドパリ
ハンデがやや恵まれたと考えているもう1頭がこの馬。
阪神芝2000mでは3戦して2連対、重賞を勝った愛知杯も小回りコースの2000mで得意条件。
前走は外回りの超瞬発力勝負で、この馬がかなり苦手とする条件だったので負けて当然のレース、と今回は巻き返す理由がたくさんあります。
マクリが打てるタイプなので、4コーナーで先頭集団に接近する位置まで上がっていれば好勝負になるでしょう。


▲アースライズ
前走が1000万下勝ちで、格上挑戦という形にはなりますが。
そもそもオープンや重賞の出走歴が豊富にある馬で、オープンからの2段階降級で1000万下を勝って、このレースまで待機して軽ハンデを狙っていたのでは?というようなローテです。(この厩舎はそういう戦略がうまいですし)
2年前の3歳時にこのレースに出走して3番人気9着でしたが、当時は桜花賞→オークスで4着と大目標を走った後のいわゆる出涸らし状態。
このレースを狙って待機していた今回とは雲泥の差でしょうから、勝ち鞍のあるこのコースで見直しが必要だと思います。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【単勝】《1点》
◎4(30%)


【馬連】《5点》
◎4 ー ◯10(25%)
◎4 ー ▲1(10%)
◎4 ー △5(20%)
◎4 ー △2(10%)
◎4 ー △3(5%)


*****************************

【東京11R】エプソムC G3(芝1800m)
仮柵:Cコース3週目(野芝約10ー12cm、洋芝12cmー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:平均
 想定逃げ馬:マイネルミラノ
 想定番手馬:マイネルハニー


印   馬名        騎 調 速力
 01 マイネルミラノ   C C 12
 02 フルーキー     B S 2
 03 バーディーイーグル C S 17
△04 ヒストリカル    A A 3
 05 カムフィー     B F 18
◎06 デンコウアンジュ  C C 13
△07 マイネルハニー   B B 11
 08 トーセンレーヴ   C S 8
 09 クラリティスカイ  A C 5
 10 アストラエンブレム S D 7
 11 ベルーフ      B S 4
▲12 ダッシングブレイズ A B 6
 13 クラリティシチー  S C 10
○14 タイセイサミット  S B 9
△15 パドルウィール   A C 14
 16 メドウラーク    C B 16
 17 レッドレイヴン   A A 1
 18 ナスノセイカン   C C 15


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[エプソムC レースLAP傾向]東京芝1800m


平均勝ちタイム 1.46.11
レース1F平均 11.79(追走区間1F平均 11.71)


前半35.41ー中盤35.87ー上がり34.83(前後半差:0.67秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―〓〓〓〓〓〓〓〓〓 12.73 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.04 〓〓〓〓〓〓〓〓―― 1600m
            ↓
―――――――――― 11.63 〓〓―――――――― 1400m
            ↓
――――――――〓〓 12.00 ―――――――――― 1200m
            ↓
――――――――〓〓 11.96 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――〓 11.91 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.37 〓〓〓〓――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.36 〓〓〓〓――――――  400m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.11 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃3ー先10ー差11ー追3《中盤がやや緩むが前後半平均ラップ:持続ラップで追走できる好位差し有利》

   1着:逃1ー先3ー差5ー追0
   2着:逃1ー先4ー差2ー追2
   3着:逃1ー先3ー差4ー追1


[レースのポイント]
 →→ 前半と上がりがほぼ同じという平均ラップだが、中盤は12秒前後までやや緩む
 →→ 持続ラップで追走区間を走れる馬で、上がりの瞬発力勝負に対応出来るタイプ向き


+++++++++++++++


このレースは、前週の安田記念では距離が足りず、かといって2週後の宝塚記念では相手が強すぎるか、距離が長過ぎるといった馬が集結するレースで、結果的に1800mのスペシャリストが近年では好走しやすいレース。
レースラップの前半と後半にほとんど差がないという傾向のレースで、平均的なラップで追走区間を走り、上がりでもうひと脚使えるというタイプが有利になりやすくなっています。
今年の出走メンバーでは、マイネルの2頭が逃げと番手になりそうで、同馬主ですから競り合ってまで超ハイペースになる可能性は低いでしょう。
かといって、どちらもスローで逃げても上がりの速さで他馬に劣るのは明らかなので、ある程度後続にも脚を使わせるようなペースで逃げると考えられます。


◎デンコウアンジュ
前半1000m通過が58.9秒と速い流れだった福島牝馬Sで、向正面マクリをみせたように、前走の好走もフロックとはいえない持続力の下地がありました。
2歳時に重賞を勝ったアルテミスSでも、メジャーエンブレムが淀み無く逃げた流れを外から差し切ったもの。
今の東京の馬場は当時と同じく、インが荒れていて外を伸びてくる馬が有利という似た状況です。
スローだと切れ負けする馬なので、牝馬限定のマーメイドSではなく、牡馬相手のコチラに出走してきたことで、流れが速くなって持ち味がより生きるという点ではプラスです。


◯タイセイサミット
この馬も2、3歳時は重賞を走っていた馬で、やや速い流れを好むという点では◎と同じ。
ここ2戦は自身の上がり33秒台で勝っていますが、本来は34、35秒くらいの上がりになる平均ペースのレースに適性のある馬。
4歳馬なので本来なら降級を狙うこともできたはずですが、そんなことお構いなしに、ここ4戦のうち3勝で条件戦をどんどん勝ち上がって来ているように、陣営の目標はもっと高いところにあるのでしょう。


▲ダッシングブレイズ
デンコウアンジュ同様に、登録していた安田記念を使わずにこのレースへ出走してきました。
1400、1600mばかりを使われていたので、1800mは初出走。(2000mは出走経験があります)
ただスローの1600m以下だと、加速するまでに時間がかかるという個性が逆に脚を引っ張っている状況だったので、距離延長で直線の長いコース+前が平均ペースで流れる組み合わせ、というのは大幅条件好転。
あとは、昨年秋と今年初めの件で、ほぼ干されている浜中騎手の関東遠征、という点だけが気になる点ですね。
目に見えない不利や圧を受けなければいいですが…。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬単】
通常表裏《2点》
◎6 ⇔ ◯14(8%)

フォーメーション《6点》
◎6,◯14 → ▲12,△4,7(12%)


【ワイド】《9点》
◎6 ー ◯14(18%)
◎6 ー ▲12(7%)
◎6 ー △4(10%)
◎6 ー △7(6%)
◎6 ー △15(3%)
◯14 ー ▲12(12%)
◯14 ー △4(10%)
◯14 ー △7(10%)
◯14 ー △15(4%)


*****************************


【東京9R】小金井特別(ダ1400m)★勝負レース★

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:平均
 想定逃げ馬:ウェイトアンドシー
 想定番手馬:チュラカーギー


印   馬名        騎 調 速力
 01 レザンドゥオール  C F 13
 02 ウェイトアンドシー B C 10
△03 ダウトレス     D F 14
★04 ワンボーイ     C C 7
 05 メイショウグジョウ C C 9
△06 リスペクトアース  A D 4
◎07 ダノンフェイス   A A 1
△08 タケルラグーン   A B 6
▲09 インフェルノ    A B 5
 10 ダブルコーク    C C 11
 11 ポムフィリア    B D 8
 12 チュラカーギー   S C 2
○13 オホーツク     A A 3
 14 エメラルエナジー  C C 12
△15 ポッドガイ     C C 16
 16 フクノグリュック  C F 15


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


人気を背負う4歳降級のチュラカーギーが、初の東京コース、距離実績のない1400mへの距離延長で大きくパフォーマンスを下げるとみて、かなり軽視した狙いで攻めたいレース。


◎ダノンフェイス
逃げが想定されるウェイトアンドシー、チュラカーギー、インフェルノは、それぞれが競り合わなくても前半を34秒台後半から35秒台フラットくらいで入るスピードのある馬たち。
全体の走破タイムが1分24秒を切ってくることが想定されるため、上がりは36秒台前後の争いに。
そうなると、1400mでの実績にに加えて持ち時計や前後半のラップバランスから、頭ひとつ抜けた存在なのがこの馬。
3歳春に中京ダ1400mで1.24.4をマークした脚力は、1400mのスペシャリストであるが故と思わせる内容で、降級する今回はいきなり勝ち負け濃厚。


◯オホーツク
1.23.6とタイムの速かった前走の3着(タイム差なし)は価値ある内容。
過去にもこのコースで1分23秒台をマークしたこともあり、今回の相手関係ではかなり上位評価。
もともとこのクラスを勝ち上がって降級してきた馬でもあり、能力自体も上。


▲インフェルノ
屈腱炎と去勢による長期休養があり、まだ未知の存在的要素の強い馬。
ただ能力はこのクラスでも即通用のレベルで、持ち時計も1.24.1、1.23.9なら、この相手関係に入っても上位。
下級条件の実績しかないぶん、上がりで36秒台をマークしたことがないので、今回いきなりそのレベルの脚を使えるかどうかが注目ポイントです。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《3点》
◎7 ー ◯13(10%)
◎7 ー ▲9(15%)
◎7 ー △6(10%)


【ワイド】《3点》
◎7 ー ★4(11%)
◎7 ー △3(4%)
◎7 ー △15(2%)


【3連複】
フォーメーション《15点》
◎7 ー ◯13,▲9,★4 ー ▲9,★4,△3,6,8,15(30%)


【3連単】
フォーメーション《18点》
◎7,◯13,▲9 → ◎7,◯13,▲9,★4 → ◎7,◯13,▲9,★4(18%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2017/6/11 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ