的中無料公開中

※この記事は、2017/6/4 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね14 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』6月4日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

06/04(日)
東京12R
三浦特別
3連単 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 14 シュナウザー 1:37.4
2 5 10 アメリカンストーム
3 6 12 ラバニーユ 3/4
払戻金
単勝 14 140円 1番人気
複勝 14
10
12
110円
160円
170円
1番人気
2番人気
4番人気
枠連 5-7 460円 2番人気
馬連 10-14 510円 1番人気
ワイド 10-14
12-14
10-12
240円
250円
740円
1番人気
2番人気
7番人気
馬単 14-10 620円 1番人気
3連複 10-12-14 1,050円 1番人気
3連単 14-10-12 2,480円 3番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
13着 4 7 エターナルヒーロー 79.3 13 57.0 せん7 江田照男 美浦栗田博憲 472.0
2着 5 10 アメリカンストーム 10.9 4 57.0 牡5 内田博幸 美浦相沢郁 556.0
1着 7 14 シュナウザー 1.4 1 57.0 牡4 田辺裕信 美浦久保田貴士 476.0

予想買い目の収支
馬単
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,000円
払戻金 :0円
収支  :-1,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:10→14
3連複
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:600円
払戻金 :0円
収支  :-600円
回収率 :0.0%
馬/組番:7ー10ー14
3連単
買い方 :3着ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:400円
払戻金 :0円
収支  :-400円
回収率 :0.0%
馬/組番:**→**→7
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:800円
払戻金 :19,840円
収支  :+19,040円
回収率 :2,480.0%
馬/組番:14→10→12
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:200円
払戻金 :0円
収支  :-200円
回収率 :0.0%
馬/組番:14→10→9
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:10点
購入金額:2,000円
払戻金 :4,960円
収支  :+2,960円
回収率 :248.0%
馬/組番:10組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:5,000円
払戻金 :25,500円
収支  :+20,500円
回収率 :510.0%
馬/組番:10ー14
合計購入金額:10,000円   払戻金:50,300円  
収支:+40,300円   回収率:503.0%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【東京11R】安田記念 G1(芝1600m)
仮柵:Cコース2週目(野芝約10ー12cm、洋芝12cmー16cm)


《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:平均
 想定逃げ馬:ロゴタイプ
 想定番手馬:トーキングドラム


印   馬名        騎 調 速力
 01 トーキングドラム  C C 17
 02 ディサイファ    A F 16
△03 サンライズメジャー B C 15
 04 アンビシャス    A A 3
△05 コンテントメント  S ― 10
 06 レッドファルクス  S B 8
 07 グレーターロンドン S C 11
 08 エアスピネル    S C 7
 09 ロンギングダンサー D D 18
 10 クラレント     A C 14
 11 ブラックスピネル  B A 13
○12 ビューティーオンリ S ― 5
△13 ロジチャリス    A S 9
▲14 サトノアラジン   S S 4
◎15 イスラボニータ   S B 2
 16 ロゴタイプ     A C 6
 17 ヤングマンパワー  C A 12
△18 ステファノス    S S 1


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[安田記念 レースLAP傾向]東京芝1600m


平均勝ちタイム 1.32.22
レース1F平均 11.53(追走区間1F平均 11.28)


前半34.07ー中盤23.24ー上がり34.91(前後半差:0.93秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――〓〓〓〓〓〓〓 12.18 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 10.78 〓〓〓〓〓〓〓――― 1400m
            ↓
―――――――――― 11.11 〓〓〓〓―――――― 1200m
            ↓
―――――――――〓 11.58 ―――――――――― 1000m
            ↓
――――――――〓〓 11.67 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.40 〓―――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.46 ――――――――――  400m
            ↓
――――〓〓〓〓〓〓 12.06 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃2ー先8ー差11ー追6《前傾ラップでラスト1Fは大きく失速:位置取りが重要》

   1着:逃1ー先4ー差4ー追0
   2着:逃1ー先2ー差4ー追2
   3着:逃0ー先2ー差3ー追4


[レースのポイント]
 →→ 約1秒の前傾ラップで、上がりのラスト1Fは大きく失速
 →→ 位置取りが前にいるほど上位着順になりやすく、後方からだと3着が多い


+++++++++++++++


昨年は、前半800m通過が47.0秒で、過去10年の良馬場時平均と比較すると約1.5秒も遅い超スローで逃げたロゴタイプが、モーリス以下を封じ込める形で逃げ切り勝ち。
そのモーリスが近年のマイル路線の中心にいたわけですが、今年の安田記念はこれまでの対戦歴で見せたモーリスとの着差と、レースでのペースに着目してみました。
モーリスが走ったレースのうち、レースの前後半差が2秒以上あり後半が速かったのは、16年チャンピオンズマイル、16年天皇賞秋、16年香港カップ。
基本的に超スローでは着差が開きにくい特徴がありますが、これらのレースでモーリスに0.4秒差以上の決定的な差をつけられたステファノス、アンビシャス、コンテントメントらは割り引いて考えたいところ。

次にレースの前後半差が1秒以内で後半が速かった、いわゆる「ややスロー」のレースは、15年マイルCS、15年香港マイル、16年安田記念。
このなかで対モーリスとの着差が小さかったのは、15年マイルCSで3、4着のイスラボニータ、サトノアラジン(ともに0.2秒差)。
この2頭は昨年の安田記念でも対モーリスで、タイム差なし(4着サトノアラジン)、0.1秒差(5着イスラボニータ)と僅差の接戦に持ち込めていました。

今年の安田記念はロゴタイプ、クラレントと昨年と似た先行勢の顔ぶれでスローも想定されますが、内枠に入ったサンライズメジャー、トーキングドラムらの動きひとつでは平均以上の速い流れもありえる組み合わせ。
元々このレースの傾向は、約1秒の前傾ラップで、11秒台のラップが道中から続くという特徴があります。
そうなると超スローよりは平均に近い流れで対モーリスとの着差が小さい走りを見せていたイスラボニータ、サトノアラジンにチャンスが生まれる可能性は十分です。

この2頭は近走で、平均ペース以上の1400m重賞でも連対しているという共通点がありますが、より速いラップで1400mに対応したイスラボニータを◎、後方一気で馬群の外に出したいサトノアラジンは▲評価という印にしました。

そしてもうひとつ今年の注目は香港勢。
スローに強い馬が多い香港馬ながら、香港のレースとしては速いペースとなった昨年の香港マイルで、コンテントメント、ロゴタイプ、サトノアラジンらを差し切ったビューティーオンリー。
この馬の末脚とスピードは、東京の速い馬場でさらに活きるはずで、外から差せる枠に入った以上は強気に◯評価で行きたいと思います。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《2点》
◎15 ー ◯12(20%)
◎15 ー ▲14(20%)


【ワイド】《1点》
◯12 ー ▲14(9%)


【3連複】
フォーメーション《13点》
◎15,◯12 ー ◯12,▲14 ー ▲14,△3,5,13,18(39%)


【3連単】
ボックス《6点》
◎15,◯12,▲14(12%)


*****************************


【東京6R】3歳未勝利(ダ1400m)


《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:ライバーバード
 想定番手馬:プレシャスジュエル


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 ダークガーランド  E F 11 11 12 14
 02 ヤンチャボウズ   E C 10 12 11 8
 03 ランボシ      D C 9  13 13 12
△04 ライバーバード   C A 2  4  6  6
△05 サンマルアルティマ E F 8  5  3  4
◎06 データヴァリュー  S B 1  2  4  3
 07 ヒロミノテソーロ  B B 13 8  8  10
△08 プレシャスジュエル C C 6  7  5  7
▲09 デザートトリップ  D E 5  1  2  2
 10 コウギョウスター  B F 12 14 10 13
△11 マッジョネラ    D C 4  10 9  9
 12 サクラレガーロ   B E 16 6  7  5
 13 カミノオウジャ   E F 15 ―  ―  ―
◯14 マーブルフラッシュ B E 7  9  1  1
 15 コーリンマカロン  B F 14 ―  ―  ―
★16 リモンディ     C C 3  3  14 11


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


今週から2歳新馬戦も始まりまして、これよりあとの3歳未勝利戦は、単に弱いか、体質などに問題があって順調に使えなかった馬が中心のレースになっていきます。

このレースは、前走このコースで2着の◎データヴァリューが断然の存在。
3着以下を引き離しての2着だったように、1分25秒台のタイム、前半36秒、上がり37秒というラップも未勝利クラスでは抜けた数字です。

というわけで相手探しのレースですが、ラップバランスがピッタリで1分26秒台の持ち時計がある◯マーブルフラッシュで2着もほぼ濃厚という読みです。
脚をタメて上がり37秒台前半で上がれる馬なので、展開がハマらなくてもこの相手関係なら上位に来る脚力があります。

3番手は▲デザートトリップ。
まだキャリア2戦ですが、このコースで1.27.2→1.26.3と持ち時計を詰めてきたのは能力の証。
ポジショニングはこの2戦で真逆ですが、自身のラップは前半36秒と同じで、データヴァリューに近いスピードでは走っているので、後半の我慢が効けば好勝負になってもおかしくない存在です。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《1点》
◎6 ー ◯14(13%)


【3連複】
フォーメーション《15点》
◎6 ー ◯14,▲9,★16 ー ▲9,★16,△4,5,8,11(30%)


【3連単】
フォーメーション《8点》
◎6,◯14 → ◎6,◯14 → ▲9,★16,△5,11(24%)

フォーメーション《8点》
◎6 → ▲9,★16 → ◯14,▲9,★16,△5,11(8%)


*****************************


【東京12R】三浦特別(ダ1600m)


《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:シュナウザー
 想定番手馬:タッチシタイ


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 ブルーボサノヴァ  B F 15 16 11 2
 02 アドマイヤピンク  S B 8  13 6  5
 03 イダクァイマ    C E 14 5  8  13
 04 ハヤブサライデン  C C 12 10 16 16
 05 ジェイケイライアン S E 11 14 12 14
 06 ヴァッハウ     B D 13 9  7  9
▲07 エターナルヒーロー D B 9  15 10 3
△08 アルファアリエス  B C 5  12 9  1
△09 ロゼッタストーン  B B 7  4  14 11
◎10 アメリカンストーム A B 2  7  2  6
 11 シーリーヴェール  A C 6  8  4  12
△12 ラバニーユ     S B 3  2  15 10
 13 タッチシタイ    S A 4  1  13 8
○14 シュナウザー    A B 1  3  1  7
 15 ダイチヴュルデ   C F 16 6  5  15
 16 ゴールドリーガル  C E 10 11 3  4


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


前走このコースで1.35.9という破格のタイムをマークし、しかも「勝って同条件」の降級馬となるシュナイザーが断然人気を集めるレース。
相手関係にも恵まれ、前走で負かした相手が当面の相手候補となるわけで、前売りでもダントツの単勝1倍台に支持されているのも仕方ないところではあります。
ただ不安点を挙げておくと、勝ち上がったのはシーズン末期(競馬はダービーで年度が事実上替わるので、5月が各条件クラスとも最もレベルが低い)で、タイムが速かった近2戦はいずれも雨の影響があった超高速馬場だったこと。
シュナウザー自身はいずれオープンクラスで重賞を走るレベルの馬だと見ていますから、条件クラスでは連勝で勝ち上がっていっても不思議ないのですが、今回のレースで単勝1倍台ほど抜けた存在か?というと「そうとも言えない」というのが僕の狙いです。


◎アメリカンストーム
前走はシュナウザーから0.9秒差離された3着で、見た目的には完敗の内容。
ただこの馬は休養前の三峰山特別の内容がかなりハイレベルで、自身のラップで見ても前半35.9ー中盤24.2ー上がり36.3と、馬場差を考慮すれば前走のシュナウザー以上のラップ。
また三峰山特別は出走メンバーのレベルも高く、勝ったクインズサターンはもちろんのこと、5着までのオールマンリバー、ピットボス、タガノヴェリテと、いずれも現オープン、1600万下クラス在籍馬。
シュナウザーと互角に勝負になっておかしくない要素を持っていながら、人気(オッズ)では大きく差が開いている今回は、こちらから狙って勝負に妙味ありです。


◯シュナウザー
推奨理由は前出のとおりです


▲エターナルヒーロー
この馬も前走でシュナウザーに完敗(1.0秒差5着)していますが、中盤でメンバー中最速ラップを踏み、上がりは3位。
水が浮く超高速馬場の前残りレースで、後方から差してきた馬では最先着で、馬場が一気に替わる今回は見逃せない存在です。
このクラスではまだ馬券対象着順に入ったことはないですが、中盤と上がりで速いラップを踏めるというのが特徴的な馬。
今回のレースは逃げて速い上がりで突き放すシュナウザー中心のレースになるので、3着にはこの馬のような後方からグングン加速していくタイプの持続系追い込み馬にチャンスがあります。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《1点》
◎10 ー ◯14(50%)


【馬単】《1点》
◎10 → ◯14(10%)


【3連複】《1点》
◎10 ー ◯14 ー ▲7(6%)


【3連単】
フォーメーション《10点》
◎10,◯14 → ◎10,◯14 → ▲7,△1,8,9,12(20%)

《4点》
◎10 → ◯14 → ▲7(2%)
◯14 → ◎10 → ▲7(2%)
◯14 → ◎10 → △9(2%)
◯14 → ◎10 → △12(8%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2017/6/4 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ