的中無料公開中

※この記事は、2017/2/19 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね14 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』2月19日(日)の予想と買い目

いいね1

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

02/19(日)
京都9R
つばき賞
3連複 3連単
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 7 ファンディーナ 1:50.6
2 8 9 タガノアスワド 1 3/4
3 5 5 インウィスパーズ
払戻金
単勝 7 130円 1番人気
複勝 7
9
5
100円
140円
120円
1番人気
3番人気
2番人気
枠連 7-8 400円 2番人気
馬連 7-9 350円 2番人気
ワイド 7-9
5-7
5-9
160円
150円
310円
2番人気
1番人気
5番人気
馬単 7-9 360円 1番人気
3連複 5-7-9 420円 1番人気
3連単 7-9-5 980円 2番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
4着 1 1 エスピリトゥオーゾ 17.0 5 56.0 牡3 坂井瑠星 栗東木原一良 456.0
3着 5 5 インウィスパーズ 5.8 2 56.0 牡3 四位洋文 栗東音無秀孝 438.0
1着 7 7 ファンディーナ 1.3 1 54.0 牝3 川田将雅 栗東高野友和 512.0
2着 8 9 タガノアスワド 8.4 3 54.0 牝3 国分恭介 栗東五十嵐忠男 504.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :軸1頭ながし
指定方式:馬番
組合わせ:3点
購入金額:5,400円
払戻金 :7,560円
収支  :+2,160円
回収率 :140.0%
馬/組番:7ー**ー**
3連単
買い方 :1着ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:400円
払戻金 :1,960円
収支  :+1,560円
回収率 :490.0%
馬/組番:7→**→**
買い方 :1着ながし
指定方式:馬番
組合わせ:6点
購入金額:4,200円
払戻金 :6,860円
収支  :+2,660円
回収率 :163.3%
馬/組番:7→**→**
合計購入金額:10,000円   払戻金:16,380円  
収支:+6,380円   回収率:163.8%
02/19(日)
東京11R
フェブラリーステークス(G1)
単勝 ワイド
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 2 3 ゴールドドリーム 1:35.1
2 5 9 ベストウォーリア クビ
3 5 10 カフジテイク 3/4
払戻金
単勝 3 500円 2番人気
複勝 3
9
10
180円
180円
150円
3番人気
2番人気
1番人気
枠連 2-5 470円 1番人気
馬連 3-9 1,470円 4番人気
ワイド 3-9
3-10
9-10
550円
530円
430円
3番人気
2番人気
1番人気
馬単 3-9 2,520円 3番人気
3連複 3-9-10 2,140円 1番人気
3連単 3-9-10 9,240円 2番人気
WIN5 3,986,970円 2番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 2 3 ゴールドドリーム 5.0 2 57.0 牡4 M.デムーロ 栗東平田修 520.0
3着 5 10 カフジテイク 4.5 1 57.0 牡5 津村明秀 栗東湯窪幸雄 486.0

予想買い目の収支
単勝
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:4,000円
払戻金 :20,000円
収支  :+16,000円
回収率 :500.0%
馬/組番:3
ワイド
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:4,000円
払戻金 :21,200円
収支  :+17,200円
回収率 :530.0%
馬/組番:3ー10
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:2,000円
払戻金 :0円
収支  :-2,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:3ー10
合計購入金額:10,000円   払戻金:41,200円  
収支:+31,200円   回収率:412.0%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。


※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【東京11R】フェブラリーS G1(ダ1600m)


《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:コパノリッキー
 想定番手馬:アスカノロマン


印   馬名        騎 調 速力
 01 サウンドトゥルー  C C 4
 02 ホワイトフーガ   C C 14
◎03 ゴールドドリーム  S C 8
 04 コパノリッキー   S E 9
 05 アスカノロマン   A C 3
△06 モーニン      S B 6
 07 ブライトライン   C B 15
 08 デニムアンドルビー B S 7
 09 ベストウォーリア  S B 1
○10 カフジテイク    B C 5
△11 ノンコノユメ    S B 2
△12 ニシケンモノノフ  B C 12
△13 エイシンバッケン  B C 11
△14 キングズガード   B E 13
△15 ケイティブレイブ  A C 10
 16 インカンテーション B F 16


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[フェブラリーS レースLAP傾向]東京ダ1600m


平均勝ちタイム 1.35.50
レース1F平均 11.94(追走区間1F平均 11.76)


前半34.94ー中盤24.45ー上がり36.11(前後半差:1.35秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――〓〓〓〓〓 12.36 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 10.90 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1400m
            ↓
―――――――――― 11.68 〓〓―――――――― 1200m
            ↓
――――――――〓〓 12.14 ―――――――――― 1000m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.31 ――――――――――  800m
            ↓
――――――――〓〓 12.09 ――――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.79 〓―――――――――  400m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.24 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先11ー差8ー追4《前傾ラップ後半やや失速ラップ:持続力あるスピード先行型有利》

   1着:逃1ー先5ー差1ー追1
   2着:逃0ー先4ー差2ー追2
   3着:逃0ー先2ー差5ー追1


[レースのポイント]
 →→ 芝スタートの影響もあり前半3ハロンがかなり速い前傾ラップ
 →→ 中盤以降はジリジリと失速していくが、スピードのある先行好位差しが有利


+++++++++++++++


JRAで唯一の芝スタートのダートマイル戦というこのレース。
他に同じ条件のレースが少ないだけに、コース実績がダイレクトに結果につながることが多いレースです。
2コーナーの芝コース上からスタートし、実質的には(芝150m+ダート1450m)というコース。
しかも枠順の内外で、芝コース上を走る距離も違ってくるため、ダートの適性が高い馬でも、芝ではスピードに乗りにくいタイプでは大幅なマイナスです。

注目のサウンドトゥルーは芝スタートがかなり苦手。
条件クラスまでは能力差でカバーできましたが、このコースのオープン特別を1番人気で2度負けているように、とにかく芝ではスピードが乗らず大きく後方に置かれてしまいます。
スタートから向正面へ合流する地点の内ラチに角度がついている関係で、1枠の枠順別成績がかなり悪いコースでもあり、今回は消して勝負が賢明と判断しました。


◎ゴールドドリーム
◯カフジテイク
この2頭が2、3着だった昨年の武蔵野Sは、東京ダ1600mのコースレコードを更新するタイムで決着。
タイム自体が速かったことは水分を含んだ高速馬場が要因のため多少割り引いて考えたいところですが、ラップの速さとその内容がたいへん素晴らしかった。
フェブラリーSのラップで特徴的なのは、ダートのレースにしては前後半のラップの差が小さいという点が挙げられます。
通常ダートのレースでは、前半より後半のほうが2秒以上遅くなることが多いですが、G1であるこのレースは「スピードの持続力比べ」となり、過去10年の平均でもラップの前後半差が1.35秒とかなり小さいのが特徴です。
昨年の武蔵野Sは前半800m通過が46.6秒で、フェブラリーSの過去平均47.08秒を約0.5秒上回っていました。
そして武蔵野Sのラップ前後半差は0.6秒。
いくら高速馬場とはいえ、これだけのスピードの持続性で前が止まらない馬場だと、差しや追い込みは相当に苦しかったはずです。
そんな流れのレースを、上がり1、2位の脚を繰り出し2、3着したゴールドドリームとカフジテイク。
乾いた良馬場で前半800mで47秒以上は要する可能性が高い今回は、追走で武蔵野S以上に脚を使わされることもなく、スピードの持続性を存分に活かした走りで、ワンツーを決める可能性が高いと考えられます。

3着候補として可能性がある馬に印を打っていますが、馬券は◎◯に絞った1点勝負がおすすめ。
位置取りが前になるぶん、◎ゴールドドリームに分があると思いますので、単系馬券で攻めたい方は◎をアタマにするのも手でしょうね。

==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【単勝】《1点》
◎3(40%)


【馬連】《1点》
◎3 ー ◯10(20%)


【ワイド】《1点》
◎3 ー ◯10(40%)


*****************************


【京都9R】つばき賞(芝1800m外)
仮柵:Bコース4週目(野芝約6ー8cm、洋芝10cmー14cm)


《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:ファンディーナ
 想定番手馬:タガノアスワド


印   馬名        騎 調 速力
○01 エスピリトゥオーゾ C C 2
 02 ダノンロッソ    C B 5
 03 アルジャントゥイユ C C 6
 04 アンティクイーン  ― ― 9
▲05 インウィスパーズ  A B 4
 06 アートオブダムール C C 7
◎07 ファンディーナ   S C 1
 08 ハリアー      ― ― 8
△09 タガノアスワド   C B 3


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


少頭数の3歳500万下クラス、そのうち2頭が地方所属馬で、実質的に勝負になる馬はは限られるレース。
京都外回りの1800mですから、どう考えても超スロー。
同じコース・距離の新馬戦を大圧勝劇で勝ち上がった注目馬の2戦目です。


◎ファンディーナ
新馬戦では中盤に13秒台の区間が入るスローで、全体の走破タイム自体は標準レベルでしたが。
前半の入りが36.8秒、そして上がりが34.3秒と、自らラップの緩急をコントロールしながら逃げ切ったという操縦性の高さは武器です。
そしていくらスローだったとは言え、上がりのラスト2ハロン(11.0ー11.4)というラップを大楽勝したという事実。
今年の3歳馬は牝馬が圧倒的に強く、すでに桜花賞、オークスで上位に好走できるレベルの馬が絞れていますが、そこに加わってくる可能性を感じています。
勝ちっぷりに注目したいレースです。


◯エスピリトゥオーゾ
未勝利を勝ち上がるまでに、デビューから8戦を要しましたが、この馬も自在に動けるという点が強み。
前走はいきなり重賞挑戦だったことに加え、サトノアーサーの脚が止まってしまうほどの道悪馬場が合わなかった模様。
現在の京都芝コースはかなり荒れていますが、土曜日のレースを見る限りでは、前週ほどの重たい馬場というわけではありません。


▲インウィスパーズ
新馬戦で見せた、番手から瞬発力で抜け出すというレースぶりからは、オープンでも通用するレベルの馬だと見ているのですが…。
距離を伸ばした前走が、掛かり加減のレースで、距離のせいなのか、コーナー4つという窮屈なレースが合わないのか、現状では判断が難しいところ。
今回は距離こそ1800mに短縮して短くなりますが、道中の流れはかなり遅くなりそうなだけに、折り合い面が不安ではあります。
上がりの瞬発力では、ファンディーナと互角に渡り合えるラップをクリアしてきているだけに、食い下がって欲しいところではあります。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【3連複】
1頭軸流し《3点》
◎7(軸)ー ◯1,▲5,△9(54%)


【3連単】
1着1頭軸流し《6点》
◎7(軸)→ ◯1,▲5,△9(42%)

1着1頭軸流し《2点》
◎7(軸)→ ▲5,△9(4%)


*****************************


【小倉11R】小倉大賞典 G3(芝1800m)
仮柵:Aコース2週目(野芝約6ー8cm、洋芝約12ー16cm)


《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:平均速め
 想定逃げ馬:マルターズアポジー
 想定番手馬:ダノンメジャー


印   馬名        騎 調 速力
 01 レッドソロモン   C C 14
△02 ストロングタイタン A S 7
 03 ダノンメジャー   C C 13
 04 コスモソーンパーク C C 10
 05 クランモンタナ   C B 12
○06 マイネルハニー   C S 4
 07 マルターズアポジー E C 15
◎08 ベルーフ      A S 2
△09 パドルウィール   C C 11
▲10 ケイティープライド C C 9
△11 クラリティスカイ  A C 3
 12 フルーキー     A S 1
 13 スピリッツミノル  A C 8
△14 ヒストリカル    D B 5
 15 ダコール      C C 6
 16 ロードヴァンドール C B 16


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[小倉大賞典 レースLAP傾向]小倉芝1800m


平均勝ちタイム 1.46.18
レース1F平均 11.78(追走区間1F平均 11.69)


前半35.61ー中盤35.19ー上がり35.38(前後半差:0.44秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――〓〓〓〓〓〓 12.38 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.19 〓〓〓〓〓〓―――― 1600m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.05 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――〓 11.86 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 11.66 〓――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.66 〓―――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.69 〓―――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.73 〓―――――――――  400m
            ↓
――――――――〓〓 11.96 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先9ー差10ー追4《中盤以降起伏のない平均ラップ:脚質問わず持続型有利》

   1着:逃1ー先2ー差2ー追3
   2着:逃0ー先3ー差4ー追1
   3着:逃0ー先4ー差4ー追0


[レースのポイント]
 →→ 2コーナー通過以降、ゴールまで平均ラップが延々続く持続戦
 →→ 脚質を問わず持続タイプが有利だが、逃げ馬だけは流れが厳しすぎて不利


+++++++++++++++


このレースでまず驚いたのは、福島記念を勝ったとは言えマルターズアポジーのハンデが2kg増の56kgだったこと。
これはどう考えても重いハンデで、ただでさえ逃げ馬には厳しい流れのレースである今回は粘れないはず。
そして2番手グループも、ダノンメジャー、コスモソーンパーク、マイネルハニーと持続ラップ系の先行勢が揃いました。
レースの傾向自体が平均ラップの持続戦ですが、今年はそれ以上のハイペースで、まくり差しの勝負になる可能性も十分です。


◎ベルーフ
小倉記念を2度連対、昨年のこのレースも6着ながら0.2秒差と、適性はドンピシャ。
その昨年は1枠のゾロ目で決着したレースで、この馬は大外16番枠からの出遅れ。
馬群に揉まれこむような混戦向きの馬で、枠順、レースの流れともに今年のほうが向いています。
勝負どころで、外をまくるような形になるとベストで、厩舎2頭出しの作戦にも注目しています。


◯マイネルハニー
1800mベストの持続系先行馬。
さすがに京都のマイルは距離も短すぎて、また上がりの脚もないので、あれが限界。
とは言っても0.4秒差5着というのが、この馬の地力の高さを物語っていると言えます。
今回は前を引っ張る馬たちも揃い、マイペースで持続ラップの2番手グループに収まりそう。
そうなるとかなりシブトイので、早めにまくってくる差しにだけ気をつけておければ、3着以内確保の可能性は高そうです。


▲ケイティープライド
この馬は好走する時はいつも人気がないのですが、今回もまたいい感じに人気薄。
昨年のこのレースで0.1秒差の4着だったように、ローカルで直線が平坦、そして小回りで上がりの切れ味が問われないという条件はピッタリ。
ハンデも52kgなら当然一発大駆けがある斤量で、なぜ人気にならないのかが不思議なくらいです。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《3点》
◎8 ー ◯6(20%)
◎8 ー ▲10(6%)
◯6 ー ▲10(4%)


【ワイド】《2点》
◎8 ー ▲10(16%)
◯6 ー ▲10(16%)


【3連複】
フォーメーション《19点》
◎8,◯6 ー ◯6,▲10,△11 ー ▲10,△2,9,11,14(38%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2017/2/19 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ