的中無料公開中

※この記事は、2017/1/22 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

お礼14 コメント1
詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2017年2月25日 〜 2017年3月26日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2017年3月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2017年2月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2017年1月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 年別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2017年 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
NEW新機能搭載で様々な角度から抽出、検証できるようになりました! 本当に欲しい予想が簡単に見つかります!
「券種」「的中率」「回収率」「期間(カレンダー指定)」「1Rあたりの投資金額」「商品種別」など、複合的に掛け合わせてランキング形式で表示できるようになりました。長期的に安定している商品や、ある券種にフォーカスして的中率と回収率の2軸で探すなど、それぞれのニーズに合った選りすぐりのすごい予想がすぐに見つけられるようになりました。
例えば、「2016年10月1日から2017年3月20日の期間における三連複の予想で、的中率が50%以上で、1Rあたりの投資金額が1万円以下の予想商品を回収率順にランキングで表示する」といったことが可能です。
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』1月22日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

01/22(日)
京都9R
睦月賞
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 4 ショパン 2:30.2
2 8 10 ヤマカツポセイドン 1 1/4
3 7 7 ステイザコース 1/2
払戻金
単勝 4 140円 1番人気
複勝 4
10
7
110円
340円
400円
1番人気
6番人気
7番人気
枠連 4-8 1,240円 5番人気
馬単 4-10 1,740円 7番人気
馬連 4-10 1,440円 6番人気
ワイド 4-10
4-7
7-10
540円
600円
2,860円
5番人気
6番人気
24番人気
WIN5
3連複 4-7-10 4,950円 19番人気
3連単 4-10-7 15,590円 54番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
5着 2 2 タイセイアプローズ 7.8 3 57.0 牡5 松山弘平 栗東宮本博 482.0
1着 4 4 ショパン 1.4 1 55.0 牡4 M.デムーロ 栗東角居勝彦 464.0
3着 7 7 ステイザコース 28.0 7 54.0 せん7 S.フォーリー 栗東西浦勝一 476.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:9点
購入金額:5,400円
払戻金 :29,700円
収支  :+24,300円
回収率 :550.0%
馬/組番:9組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,200円
払戻金 :0円
収支  :-1,200円
回収率 :0.0%
馬/組番:4ー7
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:3,400円
払戻金 :0円
収支  :-3,400円
回収率 :0.0%
馬/組番:2ー4
合計購入金額:10,000円   払戻金:29,700円  
収支:+19,700円   回収率:297.0%
01/22(日)
中山11R
アメリカジョッキーC (G2)
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 8 タンタアレグリア 2:11.9
2 5 10 ゼーヴィント 1/2
3 1 1 ミライヘノツバサ 1 1/4
払戻金
単勝 8 1,470円 7番人気
複勝 8
10
1
340円
130円
210円
6番人気
1番人気
3番人気
枠連 4-5 960円 3番人気
馬単 8-10 5,470円 21番人気
馬連 8-10 1,930円 6番人気
ワイド 8-10
1-8
1-10
760円
1,580円
440円
7番人気
21番人気
2番人気
WIN5 26,771,430円 7番人気
3連複 1-8-10 3,970円 9番人気
3連単 8-10-1 28,980円 81番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 1 1 ミライヘノツバサ 7.1 3 55.0 牡4 内田博幸 美浦伊藤大士 498.0
4着 3 6 ルミナスウォリアー 10.5 5 56.0 牡6 柴山雄一 美浦和田正一郎 482.0
2着 5 10 ゼーヴィント 2.8 1 55.0 牡4 戸崎圭太 美浦木村哲也 492.0

予想買い目の収支
単勝
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,500円
払戻金 :0円
収支  :-1,500円
回収率 :0.0%
馬/組番:6
ワイド
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,000円
払戻金 :0円
収支  :-1,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:6ー7
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,800円
払戻金 :0円
収支  :-1,800円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー6
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:19点
購入金額:5,700円
払戻金 :11,910円
収支  :+6,210円
回収率 :208.9%
馬/組番:19組
合計購入金額:10,000円   払戻金:11,910円  
収支:+1,910円   回収率:119.1%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。


※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【中山11R】AJCC G2(芝2200m)
仮柵:Cコース3週目(野芝約6ー8cm、洋芝約10cmー14cm)


《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:クリールカイザー
 想定番手馬:クラリティスカイ


印   馬名        騎 調 速力
▲01 ミライヘノツバサ  B D 13
 02 クラリティスカイ  A B 5
 03 マイネルメダリスト A C 14
△04 シングウィズジョイ S S 1
 05 ホッコーブレーヴ  C E 12
◎06 ルミナスウォリアー C C 10
△07 ワンアンドオンリー S D 4
△08 タンタアレグリア  C C 2
 09 シルクドリーマー  C E 16
○10 ゼーヴィント    S S 3
 11 ナスノセイカン   C E 15
 12 ショウナンバッハ  C B 11
△13 リアファル     B C 7
 14 マイネルフロスト  C C 9
 15 ヤマニンボワラクテ C A 8
 16 サイモントルナーレ C C 17
 17 クリールカイザー  C C 6


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[AJCC レースLAP傾向]中山芝2200m


平均勝ちタイム 2.13.31
レース1F平均 12.12(追走区間1F平均 12.14)


前半36.73ー中盤60.82ー上がり35.76(前後半差:1.39秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――〓〓〓〓〓 12.56 ―――――――――― 2200m
            ↓
―――――――――― 11.46 〓〓〓〓〓〓―――― 2000m
            ↓
――――〓〓〓〓〓〓 12.72 ―――――――――― 1800m
            ↓
――――――――〓〓 12.29 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――――〓 12.24 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――〓 12.17 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 12.06 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 12.07 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.81 〓〓〓―――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.61 〓〓〓〓〓―――――  400m
            ↓
――――――――〓〓 12.33 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃3ー先12ー差11ー追1《中盤以降平均持続ラップ:ラスト1F失速型》

   1着:逃1ー先6ー差2ー追0
   2着:逃2ー先4ー差2ー追1
   3着:逃0ー先2ー差7ー追0


[レースのポイント]
 →→ 中山外回りコースらしく2コーナー過ぎの中盤から持続ラップが続く
 →→ 上がりの2Fは瞬発力優勢、しかしラストの坂で失速するのでスタミナが必要


+++++++++++++++


中山芝外回りコースをぐるりと1周するコースで行われるレース。
オールカマーと同じコース設定ですが、野芝だけの開催で速いタイムが出るオールカマーに比べて、冬場の傷んだ馬場で行われるこのレースは、過去の平均勝ちタイムも2.13.31と遅くなっています。
ラップのバランスは、坂の頂点となる外回り2コーナー過ぎの中盤区間から、1ハロン12秒前後の持続ラップが続き、レースの後半はほぼ緩みのない持続ロングスパート戦。
残り600mから上がりの2ハロンで多少の瞬発力は必要となりますが、中盤から速いラップで追走してもバテない持続力が最大の武器となるレースです。


◎ルミナスウォーリア
昨年夏の初めての重賞挑戦で8、5着と結果が出ませんでしたが、重賞クラスの2000m戦では追走区間のスピードが速すぎてついて行けない感があり、距離が短すぎた印象でした。
条件戦時代も2200、2400mで安定して走っていたように、今回の距離は見直したい材料。
中盤から速くなるラップは大得意で、ロングスパートからそのまま上がり34秒台の脚を使えるだけの「スタミナのある末脚」を持っている馬です。


◯ゼーヴィント
昨年秋のセントライト記念は近年の中では最もタイム、ラップともに価値のある決着でした。
中山、福島の方がパフォーマンスが高く、東京ではやや落ちるので、今回はコース適性の面でもプラス。
結構気が難しいところのある馬で、大幅なスローになった際の折り合いがどうかという不安はありますが、「末脚のスタミナ」が要求される流れというのはかなり得意なはず。
セントライト記念で一緒に馬券になったディーマジェスティ(血統構成自体が似ていますが)と近いタイプ、というイメージで狙うといいと思います。


▲ミライヘノツバサ
3歳時の昨年は、重賞ではまだまだ厳しいなという走りでしたが。
年明けの前走、迎春S(中山芝2200m)は、かなり評価のできる内容でした。
引き離して逃げたロングシャドウが前半1000mを59.7秒で通過する流れを2番手で追走。
そのまま3コーナーから早めに前を捉えに出て、4コーナー先頭から後続に影を踏ませず押し切るという、かなり強い勝ち方を見せました。
冬場の開催で馬場が違うとはいえ、前走のタイムとラップなら例年のセントライト記念を勝ち負けできるレベルで、この馬自身がかなり成長していると考えるべきでしょう。
今回は強い相手とのレースになりますが、昨年夏の時点でゼーヴィントと0.5秒差だった差が、どこまで詰まるか期待してみたいと思います。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【単勝】《1点》
◎6(15%)


【ワイド】《2点》
◎6 ー ▲1(18%)
◎6 ー △7(10%)


【3連複】
フォーメーション《19点》
◎6,◯10 ー ◯10,▲1,△7 ー ▲1,△4,7,8,13(57%)


*****************************


【中京11R】東海S G2(ダ1800m)


《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:平均
 想定逃げ馬:アスカノロマン
 想定番手馬:マイネルクロップ


印   馬名        騎 調 速力
▲01 アスカノロマン   A C 1
△02 モズライジン    C B 9
 03 トウショウフリーク C C 12
 04 モルトベーネ    C C 15
△05 インカンテーション A F 7
 06 ラストインパクト  B S 5
 07 ショウナンアポロン B E 13
◎08 グレンツェント   B B 3
○09 ピオネロ      S A 4
△10 リッカルド     B E 8
 11 カラクプア     C B 16
△12 マイネルクロップ  C B 11
 13 ロンドンタウン   C C 14
 14 メイショウウタゲ  A C 10
 15 カゼノコ      C C 6
△16 ロワジャルダン   A C 2


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[東海S レースLAP傾向]中京ダ1800m


平均勝ちタイム 1.51.05
レース1F平均 12.34(追走区間1F平均 12.14)


前半36.68ー中盤36.77ー上がり37.60(前後半差:0.82秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――〓〓〓〓〓 12.75 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.23 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1600m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.70 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――― 12.33 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 12.23 〓――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 12.23 〓―――――――――  800m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.65 ――――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 12.10 〓〓――――――――  400m
            ↓
――――〓〓〓〓〓〓 12.85 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先5ー差5ー追1《全体的に持続ラップ持久戦:上がりなだれ込みで先行有利》

   1着:逃0ー先3ー差1ー追0
   2着:逃1ー先1ー差2ー追0
   3着:逃0ー先1ー差2ー追1


[レースのポイント]
 →→ ラップの起伏こそあるが全体で見ると持続ラップのハイレベル持久戦になりやすい
 →→ 上がりはなだれ込むようなラップになりやすいコースで、4角では前に取り付く先行有利


+++++++++++++++


東海Sが行われる中京ダ1800mは、暮れに行われるG1のチャンピオンズCと同じ舞台。
そのチャンピオンズCでも本命を打った昨年のこのレースの覇者アスカノロマンが、今回もスピードの持続力を武器に先行からの粘り込みを見せる可能性は高いのですが…。
今回のレースでは、マイネルクロップ、ショウナンアポロンと、アスカノロマンを楽に逃げさせると勝たれてしまうのが分かっている逃げ先行勢が結構厳しいラップを形成するのでは?と想定。
それでも速い流れに対応した持続力が武器のアスカノロマンが粘りこむ可能性は高いのですが、◎◯にはスピード勝負のダートでさらに上が目指せそうな新星を狙ってみたいと思います。


◎グレンツェント
東海Sは過去の平均勝ちタイムが1.51.05。
レースラップの平均が前半36.68ー中盤36.77ー上がり37.60で、レース全般でのスピードの持続力が要求され、なおかつ前半から速いラップで追走できるという先行力が必要。
この馬は中京ダート初出走ですが、近4走すべてが緩みない平均ラップで、同世代間の重賞勝ちを含め、古馬相手にも崩れなく通用してきている点を評価したいと思います。
また1800mでも1分50秒台のタイムをすでに2度マークしているようにスピード勝負にも強い点も魅力で、明け4歳馬なので斤量55kgというのも有利。


◯ピオネロ
ダートに転向してからは高いレベルで3戦3連対とまだ底を見せていません。
松永幹夫厩舎はアウォーディーもそうですが、芝→ダートという転換が巧い厩舎。
このコースで3走前に1.50.4という走破タイムがあり、今回の出走メンバーのレベルの高さなら1分51秒を切る決着も十分見込めるので、スピード勝負になっても対応できる下地がある点は評価しておきたいところです。


▲アスカノロマン
昨年のこのレースの覇者で、昨年暮れにはG1でも穴を開けたように、このコースなら多少厳しい流れでも踏ん張れるコース適性の高さがあります。
ただ前述のように、今回のレースでは執拗なマークを受けそうで、そうなるとゴール前のラスト200mでは何かに差されるというシーンも。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【3連複】
フォーメーション《16点》
◎8,▲1 ー ◯9,▲1 ー ▲1,△2,5,10,12,16(48%)

《1点》
◎8 ー ◯9 ー ▲1(32%)


【3連単】
フォーメーション《4点》
◎8,◯9 → ◎8,◯9,▲1 → ◎8,◯9,▲1(20%)


*****************************


【京都11R】睦月賞(芝2400m外)
仮柵:Aコース3週目(野芝約6ー8cm、洋芝10cmー14cm)


《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:ダンディーズムーン
 想定番手馬:デルマオギン


    馬名        騎 調 速力
△01 アドマイヤツヨシ  C C 4
▲02 タイセイアプローズ C B 2
△03 デルマオギン    C C 7
◎04 ショパン      S S 1
 05 イイデフューチャー C F 9
 06 ダンディーズムーン B E 8
○07 ステイザコース   C S 3
△08 メゾンリー     B B 5
 09 ヘイローフォンテン A F 10
△10 ヤマカツポセイドン D C 6


+++++++++++++++


先週行われた日経新春杯と同じ外回り2400mです。
このコースは、引き離して逃げる馬がいてもラップバランスはスロー。
3コーナー坂の下りからラップが速くなる、ロングスパート上がりにどれだけ対応できるかが勝負の分かれ目です。


◎ショパン
母エアグルーヴの良血馬で、過剰人気になりがちな馬ですが、さすがに今回のレースは対戦相手のレベルにも恵まれたという組み合わせ。
2走前がこのコースで500万下クラスをロングスパートラップできっちり勝ち上がり。
前走は雨の影響で上がりのかかる持続ラップを、早めに抜け出したもののソラをつかってしまい内から差されて2着。
3着以下との差が1秒近く開いてしまっていたように、馬群が完全にバラけてしまったのも影響したようでした。
今回はダンディーズムーンあるいはデルマオギンが逃げる流れを、2番手グループでこの馬とタイセイアプローズがマークするような展開が濃厚。
能力上位馬が前で逃げ馬を射程圏に入れながらレースをするとなると、能力上位馬同士の上がりの速さ比べで決着する可能性は高いと思います。


◯ステイザコース
若干キレが鈍いタイプのステイゴールド産駒で、例えば秋の京都のような上がり33秒台が普通に出る馬場ではマイナスというタイプ。
これまでは2200mが最長距離で、2400mというのは今回が初出走。
キレ勝負より持続勝負というタイプなので2200mを上手く走るということだと思いますが、今の京都の傷んだ馬場ならちょうどいいのではないかとみて、この印に抜擢しました。


▲タイセイアプローズ
このクラスでは能力上位、コース実績も(0−1−1−0)で順当ならこの馬が◎の相手かと。
ただしこの馬は出走メンバー中上位の上がりラップを踏むことが少ないタイプで、仕掛け遅れると間違いなくスピード負けして3、4着あたりの微妙な着順になる危険性は持っています。
いわゆるジリジリと伸びるタイプなので、この馬の騎乗経験豊富な松山騎手の仕掛けるタイミング次第といったところでしょうか。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《2点》
◎4 ー ◯7(12%)
◎4 ー ▲2(34%)


【3連複】
フォーメーション《9点》
◎4 ー ◯7,▲2 ー ▲2,△1,3,8,10(54%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2017/1/22 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ