的中無料公開中

※この記事は、2017/1/4 22:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

お礼14 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』1月5日(木)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

01/05(木)
中山11R
日刊スポ賞中山金杯 (G3)
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 3 ツクバアズマオー 2:00.6
2 2 2 クラリティスカイ 3/4
3 1 1 シャイニープリンス 2 1/2
払戻金
単勝 3 280円 1番人気
複勝 3
2
1
120円
260円
220円
1番人気
5番人気
3番人気
枠連 2-3 1,930円 7番人気
馬連 2-3 1,760円 7番人気
ワイド 2-3
1-3
1-2
550円
370円
1,030円
5番人気
2番人気
12番人気
馬単 3-2 2,690円 10番人気
3連複 1-2-3 2,360円 5番人気
3連単 3-2-1 10,430円 24番人気
WIN5 23,510円 1番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 1 1 シャイニープリンス 8.1 4 56.5 牡7 江田照男 美浦栗田博憲 496.0
1着 3 3 ツクバアズマオー 2.8 1 56.5 牡6 吉田豊 美浦尾形充弘 480.0
9着 7 10 ストロングタイタン 3.2 2 54.0 牡4 川田将雅 栗東池江泰寿 524.0

予想買い目の収支
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:2,400円
払戻金 :0円
収支  :-2,400円
回収率 :0.0%
馬/組番:3ー10
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,600円
払戻金 :0円
収支  :-1,600円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー10
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,200円
払戻金 :0円
収支  :-1,200円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー3
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:3,200円
払戻金 :28,160円
収支  :+24,960円
回収率 :880.0%
馬/組番:3ー**
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:1,600円
払戻金 :0円
収支  :-1,600円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー**
合計購入金額:10,000円   払戻金:28,160円  
収支:+18,160円   回収率:281.6%
みなさん明けましておめでとうございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。


 ★平日の開催なので、当日では馬券購入できない方もいらっしゃる、ということで、前日夜の配信とさせていただきました


※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【京都11R】京都金杯 G3(芝1600m外)
仮柵:Aコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝10cmー14cm)


《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:平均速め
 想定逃げ馬:ペイシャフェリス
 想定番手馬:マイネルハニー


印   馬名        騎 調 速力
△01 ブラックスピネル  S C 6
 02 ケントオー     A F 14
 03 アルマディヴァン  A E 17
▲04 ブラックムーン   S A 2
○05 フィエロ      B A 1
△06 エアスピネル    A C 4
 07 テイエムタイホー  B B 8
 08 ペイシャフェリス  C C 15
 09 ダイシンサンダー  A S 7
 10 テイエムイナズマ  C C 13
 11 ダンツプリウス   C C 16
△12 ミッキージョイ   C A 11
 13 ピークトラム    B C 12
△14 アストラエンブレム S A 9
△15 マイネルハニー   B S 5
 16 サクラアドニス   C F 18
 17 ムーンクレスト   B D 10
◎18 ガリバルディ    S A 3


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[京都金杯 レースLAP傾向]京都芝1600m外


平均勝ちタイム 1.33.26
レース1F平均 11.66(追走区間1F平均 11.53)


前半34.86ー中盤23.62ー上がり34.78(前後半差:0.56秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――〓〓〓〓〓〓〓 12.37 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 11.01 〓〓〓〓〓〓〓――― 1400m
            ↓
―――――――――― 11.48 〓〓―――――――― 1200m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.05 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.57 〓―――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.49 〓〓――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.37 〓〓〓―――――――  400m
            ↓
――――――――〓〓 11.92 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃4ー先9ー差9ー追8《後傾早めスパートなだれ込みラップ:イン有利》

   1着:逃3ー先3ー差3ー追1
   2着:逃0ー先2ー差3ー追5
   3着:逃1ー先4ー差3ー追2


[レースのポイント]
 →→ もはやおなじみの「イン有利馬場」が定着したレース
 →→ 勝ち馬は馬場を味方につけた馬、2着に馬場が合わず外から伸びる馬という決着が多い


+++++++++++++++


年明け開催の京都は、毎年おなじみのイン有利馬場というのがもはや定着していますが、今年は昨年秋の開催で仮柵Aコース時に雨の影響を2度受けていることと、Cコースではありましたが開催最終週最終日に大雨のなか重馬場でレースを行ったことの影響が残るとみています。
すなわち近年の傾向ほどイン有利馬場ではない可能性があり、また関東からペイシャフェリス、マイネルハニーとスローでは逃げないタイプの先行型が2頭遠征してきたことで、スローの前有利という流れになる可能性も低いと思います。
ここ数年の傾向が偏り過ぎていた分、今年も「内枠」「先行前残り」という馬が人気を背負うと思いますので、その逆を狙う予想で攻めてみます。


◎ガリバルディ
言うまでもなく、京都金杯はマイルCSと同じコース、距離のレース。
昨年秋のマイルCSは、例のミッキーアイル事件があったレースで、着順をそのまま評価できないレースです。
ガリバルディは不利に巻き込まれたわけではありませんでしたが、17番枠から終始外々を回って上がり最速で伸びて0.3秒差7着。
外を回った馬は全滅という日の馬場で最先着という脚をG1でみせたという点は評価していい材料です。
もともと京都コースも得意で、重賞制覇した中京記念のように外を一気に伸びる形になればこの相手なら十分に勝ち負けのレベル。
例年通りの「内しか来ない馬場」ならノーチャンスですが、前述のように今年は馬場、展開ともに「差せるレース」になると読んでいますので、この馬から狙いたいと思います。


◯フィエロ
G1で3度3着以内という実績を持ちながら、ついに重賞未勝利のまま8歳を迎えてしまいました。
昨年秋のマイルCSを見ても、もうさすがにG1では厳しいだろうという衰えが見えます。
藤原英厩舎がこれまでにほとんど実行してこなかった「オープン馬の連闘」をここで仕掛けてきたのは、なりふり構わずに重賞勝ちのタイトルだけを獲りに来たのか、もしくは得意舞台のここで勝負にならなかったら「もう馬主さんに諦めてもらう=引退」ということだと思います。
正直言ってハンデ57.5kgというのは、僕が想定したより1kg軽く、JRAも「勝っていいですよ」と言っているハンデのようにも見えますが…。


▲ブラックムーン
「差せるレース」前提で考えると、この馬が3番手評価。
まだ重賞実績はないですが、京都コースが得意で、流れ問わず自身の上がり33秒台という脚を繰り出せる馬です。
前走のキャピタルSはさすがに相手関係が弱すぎたので特に評価していませんが、2走前の超スロー決着だった富士Sで、ガリバルディと上がりで0.3秒差、着差は0.1秒差だったことを考えると、今回は十分通用していいという計算です。


人気を背負うエアスピネルは、マイルから2000mあたりの距離が向いているとは思いますが、京都金杯ではなく中山金杯への出走プランも検討されていたように、自信を持ってマイル路線へというローテではないところがどうも気になります。
厩舎の悪口を言いたいわけではないですが、どうもこの厩舎は(他の馬でも)レース選択がおかしいところがあって、今回の件も中距離路線では今後、マカヒキ、サトノダイヤモンドには勝てないという理由から、どちらの金杯を使うかを迷っていたフシがあります。
昨年の3歳世代のレベルを考えると、いきなり通用してもおかしくないですが、今年の京都金杯は結構メンバーレベルが高いですから人気ほどの信頼は置けないという評価です。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《9点》
◎18 ー ◯5(15%)
◎18 ー ▲4(10%)
◎18 ー △6(20%)
◎18 ー △12(5%)
◎18 ー △14(5%)
◯5 ー ▲4(15%)
◯5 ー △6(20%)
◯5 ー △12(5%)
◯5 ー △14(5%)


*****************************


【中山11R】中山金杯 G3(芝2000m)
仮柵:Cコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝約10cmー14cm)


《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:平均
 想定逃げ馬:ダノンメジャー
 想定番手馬:マイネルフロスト


印   馬名        騎 調 速力
◎01 シャイニープリンス E S 2
△02 クラリティスカイ  A C 5
○03 ツクバアズマオー  C B 1
 04 ライズトゥフェイム C B 8
△05 ロンギングダンサー C C 4
 06 ダノンメジャー   C C 9
△07 ドレッドノータス  S B 11
 08 マイネルフロスト  C C 6
 09 カムフィー     C F 10
▲10 ストロングタイタン S S 3
 11 トミケンスラーヴァ C F 13
 12 シャドウパーティー B S 7
△13 マイネグレヴィル  C F 12


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[中山金杯 レースLAP傾向]中山芝2000m


平均勝ちタイム 1.59.76
レース1F平均 11.98(追走区間1F平均 12.04)


前半36.32ー中盤48.26ー上がり35.18(前後半差:1.93秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――――〓〓〓〓 12.37 ―――――――――― 2000m
            ↓
―――――――――― 11.00 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1800m
            ↓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 12.96 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 12.03 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.49 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 11.92 〓――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.81 〓〓――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.69 〓〓〓―――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.43 〓〓〓〓〓〓――――  400m
            ↓
―――――――――〓 12.06 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃3ー先11ー差11ー追2《後半ロングスパート勝負:持続型先行有利》

   1着:逃0ー先6ー差3ー追0
   2着:逃1ー先3ー差4ー追1
   3着:逃2ー先2ー差4ー追1


[レースのポイント]
 →→ 前半は緩急差の激しい落ち着かないラップ
 →→ 後半1000mから徐々に加速していく持続型ラップで、1着は先行有利


+++++++++++++++


後半1000mから徐々に加速していくロングスパートラップになりやすいレースで、前半より後半のほうが速くなることの多い「後傾ラップ」のレース。
今年はオープン特別でもレベルが下、と言っていいほどの空き巣状態のメンバーしか揃わなかったレースになり、かなりレベルの低い
決着のレースになりそうです。
とは言っても、いちおう、ダノンメジャー、マイネルフロスト、マイネグレヴィルと持続ラップ系の先行タイプが揃い、昨年のような超スローの前残りになる可能性は小さいでしょう。
注意しておきたいのは、このレースに出走登録していたマイネルハニーがわざわざ1600m戦(京都金杯)へ遠征し、コチラを回避してきたこと。
マイネル2騎の出方だけでなく、マイネルハニーと同厩舎のシャイニープリンスの動向にも注目。


◎シャイニープリンス
同日開催の京都ほどではないですが、年末の開催の仮柵AからCへと替わる中山も内枠に注目。
前走は同じコース、同じ距離のディセンバーSでしたが、斤量差2kgでツクバアズマオーと0.1秒差の3着。
今回はハンデ戦で同斤量になるうえに、前走の後半1000mラップ59.4秒は、例年の中山金杯より少し遅い程度。
前走がディセンバーSという組はあまりいい結果が出ていないローテですが、昨年よりディセンバーSは距離が2000mに変更(以前は中山芝1800m)。
同コースとなってから、上位好走馬が中山金杯に出走してくるのは初なので、安易に過去のデータを丸飲みするのは愚策かと思います。


◯ツクバアズマオー
中山実績、2000m実績ともに優秀で、3着までに入る可能性という意味での軸馬ならかなりオススメ。
ただそれは、誰が見ても分かる実績なので、実体以上に過剰に人気になることを思うと、◎は別の馬に打ったほうが配当面ではお得と考えています。
コーナーでの加減速が自在なタイプで、重賞を勝つなら中山か福島というタイプでしょう。
AJCCに直行する(オールカマー3着ですからね)というプランもあったようなので、年末年始を挟んだ調整で手抜きがなければ、まず馬券にはなるでしょう。
ただ、今回勝てなくても次のAJCCで勝負という使い方かも知れませんから、この馬と心中という買い方は避けたいところです。


▲ストロングタイタン
1日の乗鞍を制限する川田騎手がわざわざ中山遠征ということで、勝負がかりのようには見えますが…。
小回り向きのロングスパートラップで結果を残してきてはいますが、坂の影響の小さいコースばかりというのは気になるところ。
血統背景からは、かなりパワータイプでもおかしくなく、馬体も520kgクラスなので坂も平気でこなす可能性は十分ありますが、実績がないということで3番手評価としました。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《7点》
◎1 ー ◯3(12%)
◎1 ー ▲10(16%)
◎1 ー △2(8%)
◎1 ー △7(8%)
◯3 ー ▲10(24%)
◯3 ー △2(16%)
◯3 ー △7(16%)


*****************************


【中山7R】4歳上500万下(芝2200m)
仮柵:Cコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝約10cmー14cm)


《このレースで求められる適性:速力+バラ+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:ウインシンフォニア
 想定番手馬:キーフォーサクセス


印   馬名        騎 調 速力
▲01 アクート      B E 13
 02 ウインブルースカイ D F 15
△03 キュリオスティー  C C 3
△04 レジェ       S B 2
 05 アートフェスタ   B F 9
 06 バレエダンサー   C C 12
 07 サンアンダーソン  C F 16
 08 ウインブルーローズ C D 8
◎09 マイネルフレスコ  C D 6
 10 メルドオール    C D 11
△11 キーフォーサクセス A C 5
 12 ウインシンフォニア C F 14
○13 イチダイ      B B 1
 14 アイノカケハシ   C E 7
 15 クラウンジーニアス D B 10
△16 マイネルシュバリエ C F 4


+++++++++++++++


◎マイネルフレスコ
下級条件戦の中山2200mだと、まずスローのロングスパート上がりの流れで、切れより持続力重視というレースが濃厚。
なおかつ関東の500万下クラスはレベルが低いので、上がりで大きくタイムを要する決着になる可能性が高く、通常の上がり勝負のレースではスピードが足りないスタミナタイプが逆転できる条件です。
この馬は、このクラスでも勝ち味に遅く、5着以内に来るのは2200m以上の上がりがかかるレースだけ。
そんななか前走は走破タイムも速く、現級突破が見えてきた内容だったので、冬場の重たい芝の間に勝ち上がると見て狙いたいと思います。


◯イチダイ
コースを問わず2、3着を繰り返している馬で、これまではあえて勝ち上がらないように乗られているフシのある馬でした。
(勝ち上がって上のクラスで勝負にならないよりは、下のクラスで2、3着を繰り返したほうが陣営への賞金額は積み重なっていく)
しかし今回はテン乗りとなるウチパク騎手へとスイッチ。
2000mの上がり勝負でも2、3着に走っているように、本気で追えばいつでもこのクラスは勝てる馬ですから、変に上がりがズブズブになるスタミナ勝負を待たずに自分で動いたほうが良いと思います。


▲アクート
前走、中山芝2000mで未勝利を勝ち上がりましたが、向正面からの早めスパート大まくりで押し切ったように、切れよりロングスパートのタイプです。
昇級初戦ですが、相手関係は楽な組み合わせなので、いきなりから通用すると見てこの評価で。
前走の上がり3ハロン(11.7ー11.7ー11.7)という持続ラップは魅力的です。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【3連複】
1頭軸流し《15点》
◎9(軸)ー ◯13,▲1,△3,4,11,16(30%)

1頭軸流し《15点》
◯13(軸)ー ◎9,▲1,△3,4,11,16(60%)

2頭軸流し《5点》
◎9,◯13(軸)ー ▲1,△3,4,11,16(10%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2017/1/4 22:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ