的中無料公開中

※この記事は、2016/10/9 10:30 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

お礼12 コメント1
詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月9日 〜 2016年12月8日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』10月9日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

10/09(日)
東京11R
毎日王冠
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 10 ルージュバック 1:46.6
2 6 7 アンビシャス クビ
3 1 1 ヒストリカル
払戻金
単勝 10 330円 1番人気
複勝 10
7
1
160円
180円
1,250円
1番人気
3番人気
11番人気
枠連 6-7 480円 1番人気
馬単 10-7 1,440円 1番人気
馬連 7-10 800円 1番人気
ワイド 7-10
1-10
1-7
400円
4,060円
4,860円
2番人気
39番人気
43番人気
WIN5 64,602,470円 1番人気
3連複 1-7-10 18,540円 59番人気
3連単 10-7-1 61,710円 209番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
5着 2 2 ステファノス 4.2 2 56.0 牡5 川田将雅 栗東藤原英昭 486.0
2着 6 7 アンビシャス 4.5 3 57.0 牡4 C.ルメール 栗東音無秀孝 474.0
1着 7 10 ルージュバック 3.3 1 54.0 牝4 戸崎圭太 美浦大竹正博 454.0

予想買い目の収支
馬連
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:4点
購入金額:4,000円
払戻金 :0円
収支  :-4,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:4組
買い方 :ボックス
指定方式:馬番
組合わせ:3点
購入金額:6,000円
払戻金 :16,000円
収支  :+10,000円
回収率 :266.7%
馬/組番:3組
合計購入金額:10,000円   払戻金:16,000円  
収支:+6,000円   回収率:160.0%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【東京11R】毎日王冠 G2(芝1800m)
仮柵:Aコース1週目(野芝約10ー12cm、洋芝12cmー16cm)


《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:平均
 想定逃げ馬:マイネルミラノ
 想定番手馬:ウインフルブルーム


印   馬名        騎 調 速力
 01 ヒストリカル    C C 8
◯02 ステファノス    S S 1
 03 クラレント     C B 10
 04 ロンギングダンサー A F 12
△05 ディサイファ    A C 4
 06 マイネルミラノ   C D 11
◎07 アンビシャス    S C 2
 08 ダノンシャーク   A C 7
 09 ロゴタイプ     S C 6
▲10 ルージュバック   S B 3
△11 ウインフルブルーム B C 9
 12 ロサギガンティア  A S 5


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[毎日王冠 レースLAP傾向]東京芝1800m

平均勝ちタイム 1.45.52
レース1F平均 11.72(追走区間1F平均 11.68)


前半35.36ー中盤35.87ー上がり34.29(前後半差:1.12秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 12.84 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.10 〓〓〓〓〓〓―――― 1600m
            ↓
―――――――――― 11.42 〓〓〓――――――― 1400m
            ↓
―――――――〓〓〓 11.96 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.00 ―――――――――― 1000m
            ↓
――――――――〓〓 11.91 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.09 〓〓〓〓〓〓――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.34 〓〓〓〓――――――  400m
            ↓
――――――――〓〓 11.86 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃5ー先8ー差14ー追3《ややスロー瞬発ラップ:好位差し有利》

   1着:逃1ー先3ー差5ー追1
   2着:逃3ー先3ー差3ー追1
   3着:逃1ー先2ー差6ー追1


[レースのポイント]
 →→ 中盤が12秒前後まで緩み、上がり2ハロンの瞬発力勝負
 →→ 開幕週でもあり1着馬は先行好位、2着に逃げ粘りなど前残り注意


+++++++++++++++


天皇賞秋、マイルCSを目指す馬たちがここから始動というレース。
出走12頭中10頭が古馬重賞勝ちの実績を持つ、レベルの高い一戦となりそうなメンバーが揃いました。

このレースのラップ傾向は、レースの前後半差で見ると1.12秒、後半のほうが速い上がり勝負寄りのラップバランスですが、3区間のバランスで見ると前半35.36ー中盤35.87ー上がり34.29と、前半も中盤もさほど大きく緩むわけではなく、平均ラップで追走してからの上がり勝負のレースであることが分かります。
ホームストレート距離の長い東京コースなので、上がり重点の差し馬に目が行きがちですが、過去10年の連対数で見ると、逃げ先行と差し追込はともに10連対ずつと互角。
特に近3年は、クラレント、サンレイレーザー、エイシンヒカリと逃げた馬が必ず1頭は3着以内に残っているように、「逃げ先行馬が前で残る」という意識を持って予想を組み立てるレースと言えるでしょう。


◎アンビシャス
前走の宝塚記念で相変わらずの折り合いの難しさと距離の限界を露呈して大敗しましたが、ベスト距離と言える1800mでは超ハイレベル決着になった中山記念2着など、G1級と言ってもいい走りを見せています。
3歳馬の身で挑戦した昨年のこのレースではスタートで大きく出遅れて6着でしたが、中盤、上がりともに出走馬中最速ラップをマークし、負けて強しの内容を見せていました。
産経大阪杯で先行して結果を出しているように、差し一辺倒ではない点もこのレースに関しては魅力です。


◯ステファノス
この秋の目標は、昨年2着だった天皇賞秋と12月の香港であることは明白で、藤原英厩舎の前哨戦仕様であることは間違いないとは思いますが。
1600ー2000mというカテゴリーにおいて、2走前の鳴尾記念のように中盤が緩まない平均ラップになる流れでは、やはりこの馬の持続する末脚は現役トップクラスという評価をせざるを得ないというところです。
だからこそ、ラップが緩みやすい前哨戦より本番でパフォーマンスが上がる事があるタイプなわけで、近年の傾向よりは追走区間のラップが流れると想定される今回は、前哨戦でも上位好走の可能性が高いとみています。


▲ルージュバック
前走のエプソムC勝ちで「復活」という書き方をしているメディアが多々ありましたが、復活でもなんでもなく、この馬は得意条件では牡馬相手でも勝てる強さがあり、得意じゃない条件を使われていただけ、というのが真相です。
得意条件というのは、ホームストレートが長い競馬場で、距離が1800ー2000m、この条件では4戦4勝。
負けているのはすべてこれ以外の条件のレースです。
今回は得意条件のレースになりますから、後は古馬牡馬G1級の馬相手に能力が足りるのかどうかというところだけです。
勝負になるようなら天皇賞秋を勝てる可能性がありますが、僕はこれまでの対戦相手との着差から判断して、天皇賞秋で通用するレベルではないと現時点では考えています。
よって、今回も3番手評価くらいで、あわよくば連対もあるかな(斤量54kgは有利なので)、という評価です。


以下、前残り要員はウインフルブルームを押さえておきます。
今回、クラレント、マイネルミラノ、ウインフルブルームと先手主張型が揃ったので「流れが速くなる」と想定する向きもあるようですが、僕はそうは思いません。
というのも、マイネルとウインは事実上同馬主(業務提携のある関係)。
ウインの鞍上がマイネルの主戦柴田大騎手であることからも、この2頭で隊列を作ってややスローに持ち込む可能性は高いと思います。
そうなると持続力上がりで逃げ込む力のあるウインの粘りにチャンスが出てくる、というわけです。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《7点》
◎7 ー ◯2(20%)
◎7 ー ▲10(20%)
◎7 ー △5(10%)
◎7 ー △11(10%)
◯2 ー ▲10(20%)
◯2 ー △5(10%)
◯2 ー △11(10%)


*****************************


【東京10R】テレビ静岡賞(ダ1400m)


《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:平均
 想定逃げ馬:ヴァーノン
 想定番手馬:プレスティージオ


印   馬名        騎 調 速力
▲01 トウカイビジョン  A C 8
△02 ビッグリバティ   S C 5
△03 メイショウカノン  A C 9
 04 ヴァーノン     A D 13
◎05 ニットウスバル   A D 3
 06 ラストダンサー   S B 11
◯07 アールプロセス   S A 2
△08 イクラトロ     B C 4
△09 サウススターマン  S A 1
 10 ランドマーキュリー C C 12
△11 スウィープアウェイ C B 10
 12 キリシマオジョウ  E F 16
△13 ブラインドサイド  A B 7
 14 ナンヨーマーク   C B 6
 15 プレスティージオ  B E 14
 16 マシェリガール   C E 15


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


東京競馬場は朝のまとまった雨で馬場が悪化。
ダートは不良馬場でのスタートとなりそうです。
たたでさえ上がり重点のダ1400mですが、馬場が渋ったことにより高速決着必至。
さらにヴァーノンという1400mでは距離が長過ぎるタイプの馬が出走していることで、差し追い込み向きの流れを誘発する可能性が高いレースです。
そして中京ダートで速いタイムをマークしてきている馬が人気になっていますが、今年の夏の中京ダートは下級条件でも速いタイムが出ていた特殊馬場。
そのタイムの速さが今日の渋ったダートにはつながらないとみて、人気どおりには決まらない決着を狙います。


◎ニットウスバル
オープンクラス2着の実績があり、今回の出走馬では唯一の降級馬。
それでも穴人気程度のオッズに留まっているのは、1400m実績がないためでしょう。
しかしこの馬は実績のある1200mでも遅れて差してくるタイプで、追走区間のラップだけでみると1400、1600mあたりの流れのほうが合うはず。
今回は同厩舎のヴァーノンが速い流れを演出する可能性が高く、この馬のリズムで追走すれば自ずと末脚炸裂というレース展開を見込めそうです。
重以上のダートも2戦2勝で道悪適性の高さも魅力。


◯アールプロセス
東京ダートを得意としている馬で、現級実績も豊富。
陣営も1400mを使うために東京開催まで待ったとコメントしているように、狙いすましての参戦です。
ただこの馬は1600m以上の距離を長らく使われていたように、決して1400mがピッタリでもないタイプ。
ダート馬にしては上がりの脚が使えるので、1400mで差しに回る形で結果が出ているのだと思います。
大崩れする理由はなさそうですが、不良馬場まで渋った馬場での速い上がり勝負を考えると取りこぼして2、3着という可能性が高そうです。


▲トウカイビジョン
約10カ月の休み明けで現級は2戦目。
東京ダ1400mは(1−2−0−1)と得意としていて、2走前には道悪で1.23.9というタイムをマーク。
上がり34ー36秒台の脚を使えるタイプで、流れ次第ではこのクラスでも通用というレベルの馬です。
今回は都合の良いことに、道悪になりさらにレースの流れ自体もやや速く流れそうな状況。
インで脚をためての一発が期待できそうな穴馬です。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《5点》
◎5 ー ◯7(10%)
◎5 ー ▲1(5%)
◎5 ー △2(5%)
◎5 ー △3(5%)
◎5 ー △9(10%)


【ワイド】《4点》
◎5 ー ◯7(20%)
◎5 ー ▲1(5%)
◎5 ー △2(13%)
◎5 ー △3(5%)


【3連複】
フォーメーション《22点》
◎5 ー ◯7,▲1,△2,3 ー ▲1,△2,3,8,9,11,13(22%)


*****************************

※今週は3日開催なので、日曜日は2レースのみの勝負とさせていただきます。

*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2016/10/9 10:30 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ