的中無料公開中

※この記事は、2016/4/23 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

お礼12 コメント1
詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月11日 〜 2016年12月10日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』#638

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

04/23(土)
東京9R
新緑賞
馬連
04/23(土)
京都10R
橘ステークス
3連複
みなさんおはようございます。
夏目メルマガ『ゴールド』です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【福島11R】福島牝馬S G3(牝・芝1800m)
仮柵:Bコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 厩 速力順位
 01 ディープジュエリー B B 4
△02 フレイムコード   C E 10
◎03 アースライズ    C B 6
△04 アルマディヴァン  A C 8
 05 クインズミラーグロ C F 16
 06 オツウ       C B 7
△07 リーサルウェポン  A C 5
◯08 マコトブリジャール C C 1
△09 ハピネスダンサー  A B 2
 10 キャットコイン   C D 13
 11 ノットフォーマル  C F 15
▲12 メイショウスザンナ B C 3
 13 ウインリバティ   A D 14
 14 ミナレット     D C 9
 15 カレンケカリーナ  C C 11
△16 シャルール     A S 12


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で




[福島牝馬S レースLAP傾向]福島芝1800m

平均勝ちタイム 1.47.08
レース1F平均 11.90(追走区間1F平均 11.84)


前半34.75ー中盤36.38ー上がり35.95(前後半差:0.97秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――〓〓〓〓〓〓 12.48 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 10.81 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1600m
            ↓
―――――――――― 11.46 〓〓〓〓―――――― 1400m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.25 ―――――――――― 1200m
            ↓
――――――――〓〓 12.10 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――〓 12.03 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――〓 12.00 ――――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.71 〓〓――――――――  400m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.24 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先13ー差8ー追2《前傾スローペース:好位差し優勢》

   1着:逃1ー先3ー差4ー追0
   2着:逃0ー先5ー差1ー追2
   3着:逃0ー先5ー差3ー追0



桜花賞、皐月賞と中央主場開催が盛り上がっているうちに、早くも春の福島開催は最終週。
わずか3週だけの開催にも関わらず、今週から仮柵はBコースへと移動(移動幅2.0m)します。
昨年同様の仮柵移動ですが、近年では毎年このような「必要ですか?」と疑念を抱かせる仮柵移動が行われていますが、まぁ馬場保全のために必要なんでしょう。

このレースは、ホームストレッチの坂下からスタートし、最初の1ハロンが上り坂でラップは遅く、その後2ハロンが下りで一気に10秒台で2コーナーへと向かいます。
このため前半3ハロンは落ち着かないラップになることが多く、先行争いは見た目以上に激化しやすくなっています。
向正面で小さな上りを通過した後は、3ー4コーナー中間までが平坦で、4コーナーから直線にかけて再び緩やかな下り勾配があり、最後は高低差1mの上りを駆け上がってゴールを迎えます。
高低差や勾配自体は大したことがありませんが、コースを1周する間にアップダウンを2回繰り返すタフなコースといえます。
ちなみにJRA全競馬場の中で1周距離がもっとも短いので、小回りコースへの適性は重要視すべきポイントなのはいうまでもありません。



◎アースライズ
福島芝コースの高速化が顕著となった2012年以降、このレースの枠番別成績を見てみると、3枠が2勝、2、4枠が1勝ずつと、内枠の馬しか勝てないという傾向がはっきりと出ています。
2、3着に関しては1ー6枠までが均等に走っているので、多少拡大して考える必要がありますが、それでも内枠断然有利という傾向は顕著。

今年からヴィクトリアマイルへ向けての牝馬重賞路線が再整備され、阪神牝馬Sが外回りの1600mへと変更になりました。
従来の内回り1400mに比べると、格段に本番につながりやすい条件へと変更になったことで、普通にG1を狙うような馬は阪神牝馬Sを使うということに。
元々福島芝1800mという、全く本番とはコース設定が違いすぎる条件で行われていたこの重賞は、今まで以上に本番につながらなくなることが濃厚で、また出走馬のレベルも一長一短のかなり低レベルな争いになっていくものと思います。

そんななか注目したのが、明け4歳になっても快進撃を続ける昨年のクラシック世代。
ミッキークイーン、ルージュバック、クイーンズリングと、昨年の牝馬クラシックで馬券圏内に好走した馬が、順当に年明けの牝馬重賞でも結果を出しています。

アースライズはクラシックでは3着以内に走れていませんが、オークス4着、秋華賞5着と、2番手グループと呼んで問題ない実績の持ち主。
すでに古馬重賞でも3着という実績もあり、格段にして関係が楽になる今回は軸としての信頼度は高いと考えて良いでしょう。
枠も絶好枠です。



◯マコトブリジャール
前走の愛知杯は、前半1000m通過59.2秒で逃げ先行勢が全滅したように、数字以上に厳しい流れになったレース。
この馬は外枠から流れに乗りたかったところでしたが、さらに外枠だったオツウが強引にハナに行ったことで、息を入れるタイミングもなくオーバーペースに巻き込まれてしまったという内容でした。

今回もそのオツウが出走していますが、枠順が今回は逆となり外から被せられるようになる可能性は皆無。
となるとコース実績があり、このコースでの持ち時計も1.46.9と、この重賞の過去平均を上回っている点は評価しておきたいところ。

牡馬混合戦でも普通に走れているように、スピードの持続力は高い馬なので、前売り最低人気というのはさすがに人気が無さすぎです。



▲メイショウスザンナ
小回りの1800m巧者なのは前走の大駆けを見ても明らか。
ただこの馬はスローで馬群が凝縮したところを、急加速力で差す形が得意なので、今回は流れが違う可能性があります。

まぁそれでもこの相手関係なら3着くらいには差し届くだろうとみて、この評価にしましたが人気との兼ね合いを考えると若干軽視気味に買っておきたいところです。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【単勝】《1点》
◎3(35%)


【ワイド】《3点》
◎3 ー ◯8(15%)
◯8 ー ▲12(11%)
◯8 ー △9(10%)


【3連複】
フォーメーション《24点》
◎3,◯8 ー ◯8,▲12,△9 ー ▲12,△2,4,7,9,16(24%)


*****************************


【東京9R】新緑賞(芝2300m)
仮柵:Aコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 厩 速力順位
▲01 カフジプリンス   C B 4
 02 レディートゥーゴー C B 9
 03 エミーズレシピ   C S 7
△04 プレイヤーサムソン C C 1
◎05 ステイブラビッシモ A B 3
 06 フレンドミラクル  E F 11
◯07 ラヴィエベール   A A 6
 08 パラノーマル    B E 10
△09 マヤノピナクル   S C 8
 10 ファータグリーン  C C 5
△11 ラグルーラ     S A 2
 12 サンホッブズ    A E 12


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



春の東京開催が今週より開幕。
G1が目白押しの5月へ向けて、競馬のトップシーズンが盛り上がっていきます。

本日予想した新緑賞というレースは、2300mというあまりレースが行われていない珍しい距離のレース。
ダービーやオークスでおなじみの2400mと100mしか違わないため、同じような傾向のレースだろうと思ってしまいがちですが、実は東京芝コースはこの100mの違いが結構大きい。

2400mのスタート地点は、ホームストレートの坂下ですが、2300mになると坂を上りきったところがスタート地点。
そして最初のコーナーまでの距離が近くなるので、2400mのレースほど前半から落ち着いた流れになりにくく、いわゆるディープインパクト産駒に代表されるようなスローの切れ勝負が得意な馬が走りやすい流れになりにくいという特徴があります。



◎ステイブラビッシモ
中山芝2200mで、上がり4ハロン勝負になった前走は崩れましたが、それまでの東京の3戦はいずれも上がり3ハロン勝負で、距離を伸ばしながら着順を上げてきたという、今回の条件がピッタリのタイプ。
上がり1、2位をマークしている馬ではありますが、急加速というよりは長く脚を使うタイプで、その点でも今回の条件への適性は高いと言えるでしょう。

この馬はステイゴールド産駒ですが、ディープインパクトが苦手とする条件はステイゴールドやハーツクライが得意というベタなパターンにも当てはまっています。



◯ラヴィエベール
…と言いつつ、ディープインパクト産駒ですが。
直線で外に振られながらも悠々差しきった新馬戦の内容は単に強かったので、多少コース条件が合わずとも、500万下のレベルなら連勝で突破するくらいの馬だろうという評価をしています。

また、この馬を管理する藤沢和厩舎は、このレースを含め東京開幕週に大攻勢をかけてくる厩舎でもあり、2月の新馬勝ちからあえてレースを使わずにここまで間隔を開けてきたというのも、この厩舎らしい作戦なんだろうとみています。



▲カフジプリンス
未勝利を勝ち上がるまでに、途中ダートを使われながら10戦を要し、結局勝ち上がったのが中京の2200mというかなりズブいタイプの馬。
レースを使われながら馬が出来ていくという、いかにもロベルト系&ハーツクライという晩成型っぽい成長の仕方で、2000mを超える距離のレースが増えてくるこれからが活躍の場となりそうです。

そんなタイプなので、上がり順位上位の脚を使っているレースでもとにかくズブく、長く脚を使うというタイプ。
最内枠で仕掛け遅れて4着…というシーンも頭に浮かびますが、少頭数ですし外に出してしまえばなんとかなるでしょう、とは思いますが。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《3点》
◎5 ー ◯7(15%)
◎5 ー ▲1(15%)
◯7 ー ▲1(20%)


【3連複】
フォーメーション《10点》
◎5,◯7 ー ◯7,▲1 ー ▲1,△4,9,11(50%)


*****************************


【京都10R】橘S(芝1400m外)
仮柵:Cコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝約14ー18cm)


印   馬名        騎 厩 速力順位
 01 オーマイガイ    C B 12
 02 ウインミレーユ   B B 10
△03 スキャットエディ  A B 4
△04 ルグランフリソン  B C 5
 05 メイショウシャチ  C F 11
◎06 フェザリータッチ  S C 2
 07 サイモンゼーレ   B B 8
◯08 キアロスクーロ   S A 1
 09 ラズールリッキー  B C 6
★10 レーヴムーン    B A 9
△11 オデュッセウス   S C 3
▲12 シゲルノコギリザメ C E 7


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



関西圏の競馬も今週からコース替わりで春の京都開催がスタート。
例年(というか近年は特に顕著)の傾向として、この春の京都開催はとにかく超高速馬場。

このレースも一昨年が1.19.6、昨年が1.20.2と、とにかくかなり速いタイムで決着しています。
今年も天候に恵まれた開幕週となったので、昨年に準ずるタイムを想定。
遅くても1分20秒フラットくらいのタイムになると考えています。



◎フェザリータッチ
未勝利勝ち直後のオープンクラス挑戦のわりに、前売りでも3番人気と高評価されているのは、前走のタイムが注目されているからなのでしょう。
前走の未勝利戦でマークした1.21.2は、翌週のオープン特別・マーガレットSより0.1秒速く、ゴール前では流す余裕を見せながらの3馬身差楽勝は、見た目にも強いという印象を抱かせるレース内容でした。

今回はその比較対象となっているマーガレットSの上位組が主力となる相手関係なわけで、阪神から京都へコースが替わるとはいえ、タイム面で上回っていることを考えると好勝負必至。
一定以上の先行力も見せている馬なので、ペース如何によっては逃げ先行有利の馬場を利しての逃げ粘りというシーンまで考えておきたいと思います。



◯キアロスクーロ
直近でも3回続けて結果を出した、阪神芝1400mのほうが適性としては高い馬ではありますが。
1600mでは詰めが甘く、1400mでキッチリと結果を出し続けているように、ワンペースで走れる1400m向きの馬であることは間違いありません。

前走で負けたティソーナは、次走予定のNHKマイルCでも穴人気が想定されるほどの馬。
負けたとはいえ、相手が悪かったというレースですから、1.21.4と速いタイムで走り地力の高さをすでに証明している以上は今回もチャンスありと考えておきたいところです。



▲シゲルノコギリザメ
「地味に強い」この馬は、ハイペースのシンザン記念3着に続き、極悪馬場で全馬バタバタにバテた前走でも3着に踏ん張る奮闘ぶり。
とにかくしぶとい持続力がある馬で、多少厳しい流れになろうとも簡単には大バテしないというタイプの馬です。
この路線のトップクラスの一角トウショウドラフタと、0.9、0.4秒差という実績を考えると、今回の相手なら勝ち負けに持ち込める粘りを見せても驚けないですね。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《5点》
◎6 ー ◯8(16%)
◎6 ー ▲12(10%)
◎6 ー ★10(10%)
◯8 ー ▲12(16%)
◯8 ー ★10(10%)


【3連複】
フォーメーション《19点》
◎6,◯8 ー ◯8,▲12,★10 ー ▲12,★10,△3,4,11(38%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2016/4/23 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ