的中無料公開中

※この記事は、2016/3/27 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

お礼12 コメント1
詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月9日 〜 2016年12月8日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』#631

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

03/27(日)
中山9R
ミモザ賞
3連単 馬連
みなさんおはようございます。
夏目メルマガ『ゴールド』です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【中京11R】高松宮記念 G1(芝1200m)
仮柵:Bコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 調 速力
△01 ブラヴィッシモ   A B 11
 02 ウキヨノカゼ    C C 9
 03 サクラゴスペル   C B 13
◎04 ビッグアーサー   S B 1
 05 スノードラゴン   B B 7
◯06 ミッキーアイル   B S 3
 07 サトノルパン    B D 10
★08 アルビアーノ    S A 2
△09 ティーハーフ    B C 14
 10 アクティブミノル  A E 18
 11 レッツゴードンキ  A B 8
▲12 ウリウリ      S S 4
 13 エイシンブルズアイ C B 5
 14 アースソニック   A C 16
 15 ローレルベローチェ C D 15
 16 スギノエンデバー  A C 12
 17 ヒルノデイバロー  C A 17
 18 ハクサンムーン   C C 6


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



[高松宮記念 レースLAP傾向]中京芝1200m

平均勝ちタイム 1.08.30
レース1F平均 11.38(追走区間1F平均 11.22)


前半34.15ー上がり34.15(前後半差:0.00秒)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――〓〓〓〓〓 11.90 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 10.85 〓〓〓〓〓――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.40 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.40 ――――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.15 〓〓――――――――  400m
            ↓
――――――――〓〓 11.60 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先3ー差2ー追0《前後半イーブンペース:先行持続力勝負》

   1着:逃0ー先1ー差1ー追0
   2着:逃0ー先1ー差1ー追0
   3着:逃1ー先1ー差0ー追0



今年の高松宮記念は「(例年と違い)仮柵Bコース替わりがポイント!」と大々的に書こうと思っていたのですが、土曜日に条件戦でコースレコードが出てしまい、さすがに誰でも気づくという結果に。
というわけで、かなりトーンダウンしてしまいましたが、雨の影響が大きかったり、馬場が傷みすぎて外差しだったりといったこれまでの高松宮記念と今年のレースは別モノだと考えたほうが良いと思います。
簡単に言うと「高速イン決着」。
そして、脚質や位置取りを問わず、かなり速い上がりが要求されるレースになるでしょう。

ちなみに余談なのですが、なぜ今年だけ高松宮記念の週(しかも開催最終週)に仮柵を動かしたのか推測してみたのですが、新コースになってからとにかくキレイな馬場でG1を行えていないので、仮にレース週に雨が降ったとしても仮柵を動かせば多少はキレイな馬場でG1が行えるだろうと、JRAと馬場造園課が考えたのではないでしょうか。
じゃなければ、力の要る馬場で安易に香港勢に勝たせたくないという意図が働いたとか?

まぁとにかく、1分7秒台決着はほぼ確実。
前半33.5秒ー上がり34秒、このくらいのレースラップで勝ち負け出来る馬じゃないと厳しい、といった高松宮記念になると思います。



◎ビッグアーサー
重賞未勝利でこの人気というのは正直言って◎を打つのにふさわしいのかどうか、配当妙味を考えると微妙ではあるのですが。
すでにいろんな方が言ってることなので、改めて言うまでもないですが、昨年の高松宮記念当日の1000万下特別戦で1分08秒6とG1の2着争いに相当するタイムで走っていて能力は当然G1級。

僕はラップ分析が本業なので、もうちょっと突っ込んだ話をしておきますと、昨年の高松宮記念上位2頭(ハクサンムーン、ミッキーアイル)とこのビッグアーサーをそれぞれの個別通過ラップで比較してみると面白いことが分かります。


2015年高松宮記念
ハクサンムーン  12.1ー10.6ー11.3ー11.6ー11.3ー11.7
ミッキーアイル  12.5ー10.3ー11.5ー11.5ー11.4ー11.4

2015年岡崎特別
ビッグアーサー  12.8ー10.9ー11.2ー11.0ー11.2ー11.5


前半がスローだった昨年の高松宮記念、2番手から競馬をしたハクサンムーンは粘って当然のラップを踏んでいたのですが、ラスト1ハロンで失速してしまいミッキーアイルにほとんど差されていたというギリギリの2着。
逆にミッキーアイルは、中団からゴールへ向かって全くバテていない持続ラップを刻み続け、惜しい3着。
着順こそ3着でしたが、どう見ても強い内容なのはミッキーアイルの方で、この持続力があればもっと前で競馬をしても大きくはバテないだろうという仮説を立てることが出来ます。

そして岡崎特別のビッグアーサー。
こちらは前半からレースラップが速めに推移したため、ビッグアーサー自身も残り800mの地点から11秒台前半のラップのまま前を追いかけるという展開に。
条件クラスでこれだけのラップを踏めば、普通はラスト1ハロンで大きく失速してしまうものですが、11.5秒とさほど失速せずにフィニッシュ。
2着ティーハーフはおろか3着以下を大きく引き離す楽勝劇だったのは、この卓越した持続力性能を垣間見せたためです。

昨年の高松宮記念の時点での比較では、ミッキーアイル>ビッグアーサーなのですが、当時のビッグアーサーはまあキャリア3戦目の条件馬。
逆に言うとキャリア3戦の身で、G1級の持続力を見せつけたミッキーアイルに僅か足りないという走りをしていたわけで、1年経ち重賞でもキャリアを積んだ今年なら堂々G1を勝ってしまうだけのパフォーマンスを期待しても良さそうというのが結論です。



◯ミッキーアイル
昨年最も強い内容でこのレースを走っていたのがこの馬ですから、高速イン決着濃厚な今年は再度チャンス十分でしょう。
前走の1.19.9というレコードが余計だったんじゃないかという気はしますが、卓越したスピードとその持続力を評価したいと思います。

その持続力を生かし切るには1200mより1400m以上の距離のほうがいい可能性は残るのですが、速い流れの1600mでもかかっていた馬ですから1200mでもOKという方に今回は賭けます。



▲ウリウリ
追走区間のラップは不安ですが、高速決着で速い上がりが要求される馬場となれば、この馬がおそらく最速上がりをマークする可能性が高いので、やはりこれくらいの印で買っておきたいところです。
中京での実績は道悪だったCBC賞1着しかないのですが、牡馬相手に55.5kgを背負っていたことと自身の前後半ラップがほぼイーブンの持続ラップだったことを考えると、かなりコースの適性も高いと考えて良さそう。

高速決着に強いというのは、京都芝1400m外でレコードをマークしたこともあるように、すでに実証済み。
近2走、重い馬場の1400mで5着に負けているだけと考えれば、昨年からスプリント路線ではほぼ崩れていないという安定味も評価しておきたいところです。

開幕週でスロー前残りだったセントウルSで上がり32.8秒を使って追い込んで来るくらいですからね。
高速決着ならかなりチャンスのあるタイプだと思いますね。



★アルビアーノ
前走不利があっての5着&ルメール騎手ということで、かなり過剰人気になっています。
高速決着の1200mでついていける保証は全く無く、消してもいいかなぁと少し考えましたが…。
結果的に能力の高さが怖いので押さえることにしました。

その能力の高さとは、昨年のマイルCSでの5着。
詳しくは当時のメルマガをご覧頂きたいのですが、3歳馬にとって秋の古馬混合G1は、エリザベス女王杯やジャパンカップでは古馬と斤量差が2kgあるのに、マイルCSは1kg差しかなくそれが理由で3歳馬が苦戦するという実態が続いています。
なので僕も3歳馬であったアルビアーノをマイルCSでは買わなかったのですが、想像を上回る内容で5着に好走され「この馬はかなり強いな」と再認識させられました。
それが今回の1200mと関係があるわけではないのでさすがに◎◯という印は打てませんけど、能力の高さだけで今回も上位に食い込んでくる可能性はあると思います。

本質的には1400mから1800mくらいが適性のピークのタイプだとは思いますが。



穴で1頭かなり人気が無いですが△ティーハーフをオススメしておきます。
展開待ちのタイプですが、前出の岡崎特別でハンデ57.5kgを背負って1.08.9のタイムはなかなかの高評価。
速い上がりが活きるレース向きのタイプというのも、今年の馬場に合っていますし、池添騎手というのも馬のタイプを考えるとかなり不気味ですね。
前売りで15番人気とほぼ無視されているような人気ですが、穴では押さえておきたい馬です。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《4点》
◎4 ー ◯6(4000円)
◎4 ー ▲12(1200円)
◎4 ー ★8(1600円)
◎4 ー △1(500円)


【ワイド】《1点》
◎4 ー △9(500円)


【3連単】
フォーメーション《12点》
◎4,◯6 → ◎4,◯6,▲12,★8 → ◎4,◯6,▲12,★8(500円×12点=6000円)

フォーメーション《12点》
◎4,◯6 → ◎4,◯6,▲12,★8 → △1,9(100円×12点=1200円)


※今週出演した競馬予想TV!で実際に馬券を買っていますので、買い目、金額は番組でオンエアされたとおりのものです
 実際に番組内で自己資金で買っている買い目と資金配分です(詳しくは番組HPで)


*****************************


【中山11R】マーチS G3(ダ1800m)


印   馬名        騎 厩 速力順位
 01 キングヒーロー   D B 11
 02 ヒラボクプリンス  C E 16
◎03 バスタータイプ   A B 1
△04 ショウナンアポロン C D 13
△05 マイネルクロップ  C D 12
 06 グランドシチー   C D 10
▲07 イッシンドウタイ  A C 4
△08 ドコフクカゼ    C S 2
△09 サンマルデューク  B C 3
 10 キープインタッチ  C C 8
 11 キクノソル     C E 14
 12 ソロル       B C 9
△13 モズライジン    B B 5
◯14 クリノスターオー  C C 6
 15 マイネルバウンス  C D 15
 16 トウショウフリーク B C 7


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



[マーチS レースLAP傾向]中山ダ1800m

平均勝ちタイム 1.51.72
レース1F平均 12.41(追走区間1F平均 12.27)


前半36.13ー中盤37.58ー上がり38.01(前後半差:1.53秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――――――― 12.36 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.38 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1600m
            ↓
―――――――――― 12.40 ―――――――――― 1400m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.80 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 12.32 〓――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――〓 12.46 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――〓 12.54 ――――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 12.40 ――――――――――  400m
            ↓
―――〓〓〓〓〓〓〓 13.07 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先11ー差14ー追1《前傾持続ペース:好位中団優勢》

   1着:逃0ー先4ー差4ー追1
   2着:逃1ー先4ー差4ー追0
   3着:逃0ー先3ー差6ー追0



中山ダート1800mで行われるマーチS。
上記過去LAP傾向図を見ても明らかな通り、前半と中盤のラップが速い「ザ・持続力ラップ」のレースです。
しかも中山ダ1800mは、スタート直後とゴール直前に2度急坂を上るので、当該コース実績がないと重賞レベルではまず通用しません。
今年のレースはコース実績のある馬も多く、ハンデの端数(0.5kg)がつけられた馬が4頭もいて、かなりの混戦。
ハンデキャッパーの方も相当頭を悩ませたのだろうと思います。



◎バスタータイプ
オープンクラスに昇級初戦の前走。
1600万勝ちのラップ内容がオープンでも十分に通用するレベルだったので◎評価で狙ってみたところ、外枠も何のそのという強い勝ち方であっさり昇級初戦も突破。
デビュー以来ほとんど崩れていないので、今回も1番人気になると思いますが、前走も1分51秒台で走ってるわけですからまず3着内好走は確定とみて良いのでは。

ただひとつだけ気になる点があるとすれば、ハンデの56kg。
前走がオープン勝ちとはいえ、重賞実績がないことを考えると、55から55.5kgが適正ハンデだと思います。



◯クリノスターオー
過去傾向の3着内脚質にもあるように、前傾持続ペースで、好位中団優勢のレース。
そのうえ、毎年のように外枠の先行馬が馬券に絡むので…と考えると今年面白そうなのが、クリノスターオー。

スローの上がり勝負ではなく、ラップが流れる消耗戦向きですし、揉まれない好位の外というポジションもこの馬にとっては絶好。
主戦の幸騎手がドバイに行っているので、テン乗りの三浦騎手に替わるというのは不安ですが、さすがにこの馬と同じレースに何度も乗ってる騎手なので特徴くらいは理解していると思うのですが。

ハンデ58kgが嫌われて人気を落とすようなら積極的に買いたい穴候補ですね。



▲イッシンドウタイ
コース巧者、昨年のこのレース2着、そして前走では◎バスタータイプの2着と、特に嫌う理由はありませんね。
前半、中盤、上がりの3区間全てを37秒台でまとめることの出来る馬で、軸の相手には最適なんじゃないでしょうか。


以下△は結局人気どころということになってしまうのですが、このレース正直言って絞り切れないあまり(勝負して)いいレースじゃないですね。
ハンデキャッパーの方が迷ったであろうだけのことはあります。
個人的には少額で勝負するだけにとどめておきます。
(今日は他に勝負レースがありますし)


==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《3点》
◎3 ー ◯14(20%)
◎3 ー ▲7(20%)
◎3 ー △5(15%)


【3連複】
フォーメーション《15点》
◎3 ー ◯14,▲7,△5 ー ▲7,△4,5,8,9,13(45%)


*****************************


【中山9R】ミモザ賞(牝・芝2000m)
仮柵:Aコース5週目(野芝約6ー8cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 厩 速力順位
 01 ミスユー      C D 10
▲02 ヨシノザクラ    B S 4
◯03 ジェラシー     A C 3
 04 パラノーマル    C D 9
△05 バレエダンサー   C B 7
△06 シャクンタラー   C C 2
◎07 パールコード    A A 1
 08 カグラグレイス   D C 8
 09 トモジャクール   D C 6
 10 レッドリュンヌ   C C 5


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



3歳500万下の牝馬限定戦。
この頭数ですからまずスローの上がり勝負濃厚な組み合わせ。

先週エンジェルフェイスが勝ったフラワーC(中山芝1800m)は、最近では珍しく12頭もの抽選除外馬が出たのですが、そのなかには出走していれば勝ち負けというレベルの馬が含まれていました。
それらの馬が1週スライドして自己条件に出走してきましたから、そこを狙いたいと思います。



◎パールコード
抜けた1番人気に支持されるでしょうけど、スローの上がり勝負を先行抜け出しという王道の形で好走してきたという実績。
そして前走ではナムラシングン、ミッキーロケットと牡馬クラシックの2番手グループに居る馬たちと好戦できていたように、能力自体も牝馬限定の500万下では断然の存在です。

唯一遠征している関西馬で、距離延長でのパフォーマンスアップの傾向が強いヴィクトワールピサの産駒。
ディープ産駒がいるので、切れ負けして2着かもしれませんが、能力差があるのでまず大丈夫だと思います。



◯ジェラシー
前走は東京芝1600mで勝ち上がりましたが、この馬は1600mでは距離が短いですね。
思ったほど速い上がりで勝ち上がれなかったのは、そのあたりの適性のズレが出ているのだと思います。

中山コースで言うと2走前の芝1800m未勝利戦が、後半1000m60.1秒のロングスパート上がりで優秀。
この馬と同じ上がりで1着だったフロンテアクイーンが、その後重賞のクイーンCでメジャーエンブレムの2着に走ったのは記憶に新しいところ。

新馬戦でも先週の重賞を2着したゲッカコウとタイム差なしの3着という実績があり、能力面でも500万下ならいずれ楽に勝ち上がれる馬です。



▲ヨシノザクラ
スローの上がり勝負で11秒台のラップの切れ味となるとこの馬です。
前走で2着に負かしたブレイクマイハートは、その前走でジェラシーの2着だった馬。
着差もほぼ同じだったので、この2頭の力量差は互角くらいと考えておいていいでしょう。
父ハービンジャー vs ディープインパクトなので、上がり勝負という点ではこちらに分があるとは思いますが。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《1点》
◎7 ー ◯3(40%)


【3連複】《1点》
◎7 ー ◯3 ー ▲2(24%)


【3連単】
フォーメーション《8点》
◎7,◯3 → ◎7,◯3,▲2 → △5,6(16%)

1着1頭軸流し《2点》
◎7(軸)→ ◯3,▲2(20%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2016/3/27 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ