的中無料公開中

※この記事は、2020/4/4 11:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね1
件名:

走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)1580

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

04/04(土)
阪神6R
4歳以上1勝クラス(500万下)
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 2 2 ハイパーノヴァ 1:53.2
2 3 3 スパンキーワールド 3/4
2 6 6 ナイルデルタ 同着
払戻金
単勝 2 300円 2番人気
複勝 2
3
6
110円
110円
110円
2番人気
3番人気
1番人気
枠連 0- 0円 0番人気
馬連 2-3
2-6
290円
160円
3番人気
1番人気
ワイド 2-3
2-6
3-6
200円
140円
150円
3番人気
1番人気
2番人気
馬単 2-3
2-6
580円
280円
6番人気
3番人気
3連複 2-3-6 240円 1番人気
3連単 2-3-6
2-6-3
940円
590円
6番人気
2番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 2 2 ハイパーノヴァ 3.0 2 57.0 せん6 秋山真一郎 栗東大根田裕之 506.0
2着 3 3 スパンキーワールド 4.9 3 57.0 せん4 岩田康誠 栗東新谷功一 502.0
4着 4 4 マンナム 8.7 4 57.0 牡5 国分恭介 栗東西村真幸 514.0
2着 6 6 ナイルデルタ 1.8 1 55.0 牡5 団野大成 栗東松下武士 492.0
6着 7 7 メイショウランセツ 27.0 5 54.0 牡4 亀田温心 栗東池添兼雄 454.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
6点
600円
240円
-360円
40.0%
馬/組番:6組
馬連
ながし
馬番
4点
400円
290円
-110円
72.5%
馬/組番:3ー**
通常
馬番
1点
100円
160円
+60円
160.0%
馬/組番:2ー6
合計購入金額:1,100円   払戻金:690円  
収支:-410円   回収率:62.7%
04/04(土)
中山9R
安房特別
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 8 シークレットラン 2:33.6
2 7 9 ディバインフォース
3 5 5 テーオーフォルテ ハナ
払戻金
単勝 8 230円 1番人気
複勝 8
9
5
110円
170円
170円
1番人気
4番人気
5番人気
枠連 7-7 850円 5番人気
馬連 8-9 840円 4番人気
ワイド 8-9
5-8
5-9
300円
290円
700円
4番人気
3番人気
10番人気
馬単 8-9 1,290円 4番人気
3連複 5-8-9 1,590円 6番人気
3連単 8-9-5 6,180円 13番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
4着 4 4 エフェクトオン 6.3 4 57.0 牡4 大野拓弥 美浦久保田貴士 444.0
3着 5 5 テーオーフォルテ 6.2 3 57.0 牡6 松山弘平 栗東藤岡健一 518.0
8着 6 6 サンシロウ 5.2 2 57.0 牡6 M.デムーロ 美浦柄崎孝 494.0
11着 6 7 シュブリーム 19.5 7 57.0 牡4 柴田善臣 美浦大和田成 466.0
1着 7 8 シークレットラン 2.3 1 57.0 牡4 田辺裕信 美浦田村康仁 502.0
2着 7 9 ディバインフォース 7.2 5 57.0 牡4 横山典弘 栗東寺島良 452.0
9着 8 11 サトノシャーク 16.0 6 57.0 牡6 三浦皇成 美浦田中博康 536.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
19点
1,900円
1,590円
-310円
83.7%
馬/組番:19組
馬連
ながし
馬番
6点
600円
840円
+240円
140.0%
馬/組番:8ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:9ー11
合計購入金額:2,600円   払戻金:2,430円  
収支:-170円   回収率:93.5%
強力情報馬の裏側…これが『特大穴』に緊急入電

5日(日)のオフレコ特別配信にて
全てを明かすのは難しいですが、ごく一部をコッソリと公開いたしましょう!


▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼ ▼ ▼ ▼ ▼


[情報馬の裏側一部公開]
┏━━━━━━━━━┓

「体質が追いつかずにデビューが大幅に遅れ、実績は皆無に等しい」
「ココに来て一気に成長期に突入している。実績はないが素質は断然だと思う。」
「中間の調教でも好時計を連発。感触の良さを前々から聞いている」との報告

「厩舎はまだ未勝利、。つい先日は折角のチャンスだった単勝1倍台を惨敗させている」
「だからこそ気合が入る一戦だし、勝たなければならない」事情が。。。。

馬柱には一般ファンが嫌いやすい要素も記載されるだけに、これは楽しみだとT氏

穴情報勝負で、ドカンと大きく仕留めましょう!

メルマガ会員の方に特別限定
ご希望はここへ 既に中山馬主席S参加の方は申し込み不要

omowaku.keiba@gmail.com 

4日23時締め切り

さて「2020春のG Iシリーズ」2週目を迎える今週末ですが、
本年度が「第64回」目という歴史を誇るも、G Iに昇格してからはまだ4年目という
「春の古馬中距離戦線チャンピオン決定戦」の一つとなる
「第64回大阪杯(G I)」が4月5日(日)に行われます。

一目でお分かりのとおり、出走馬12頭の中で[ノーザンファーム]生産馬が
半数以上の7頭を占めており、[社台ファーム]生産馬2頭と合わせれば、
実に出走馬の4分の3を[社台系生産馬]が占めているという今回の「大阪杯」。
いつもの光景と言われればそれまでなのですが、「フェブラリーS」、
そして先週の「高松宮記念」を
合わせても、[社台系生産馬]の出走は6頭に留まっていたことを考えれば、
まさに満を持しての大攻勢という今回。
当然のことながらその思惑がレースそのものを支配することは言うまでもありません。

では[社台系生産馬]以外の3頭は「切り」かといえば、そこまで単純なものではなく、
「支配する」ことと「求められる結果」は全く別物として考えておかなければなりません。

そもそもこの「大阪杯」。
先ほども申し上げたとおりG I昇格から僅か4年と、その歴史は浅く、
それこそ次週以降に開幕となる「桜花賞」や「皐月賞」などの
3歳クラシック戦線と比較してしまえば、
単純な話、同じG I競走でも、そのタイトルの価値には雲泥の差がある。
特に競馬関係者にとってクラシックは別物。将来的なものや引退後の価値、
経済効果という意味でも比較にならないとはある競馬関係者のお話です。

これだけを聞くと、何か「大阪杯」がかわいそうにも思えてきおますが、
だからこその「役割」「目的」があるという部分に着眼しなければなりません。

圧倒的勢力を持って[社台グループ]が支配する「大阪杯」。
それではその「社台グループ」が『本当に望む結果』とは。。。


━━━━━━━━━━━━━━

◆─────────◆
  本日の予想
◆─────────◆

阪神6R 4歳上1勝 クラス ダート1800

金曜レポートで取り上げたスパンキーワールドに期待の矢

転厩初戦、再ブリンカーの前走で0秒2差3着。
現級で初めての接戦で後続には5馬身という決定的な差をつけてメドを立ててみせた。
手綱を取った岩田康Jも馬が良くなっていたし、やっぱりブリンカーもあった方がいい。
次はもっとやれる手応えを感じたと。叩き2戦目で普通に勝ち負けとN氏

もともとこのクラスでもやれる力は持ってる馬だから、ひと叩きした今回は
メンバー的にもイイトコなんじゃないかと陣営。
何しろこの頭数だけに、相手を4頭に絞り込んで馬券にしたい。


◎3スパンキーワールド

〇6ナイルデルタ

ここまで2着、3着が続いているが、今回こそは決めたいと陣営の力が入っている。
関係者は器用にレースが出来るようになってきた。末脚も確実に使えるようになってきたし、
この条件で大きく崩れる心配はないと、関係者の信頼も厚い。
背中が長い馬でスタミナが豊富。ようやく体も実が詰まってきたし、まだまだやれると、
関係者は本格化したと見ており、ここはキッチリ決めて次の舞台に駒を進めたいところとR氏。

▲2ハイパーノヴァ
29ヶ月ぶりで2着好走も二走ボケで凡走の前回。放牧を経ていい状態と陣営。
強引に前に行くほうがいいタイプで逃げれる今回、地力上位で好勝負とN氏

☆7メイショウランセツ

△4マンナム


三連複◎フォーメーション
馬連
3-6 3-2 2-6

3-7 3-4


中山6R
3歳1勝クラス ダ1800m


期待の矢はフルデプスリーダー


休養前の中山戦でヤウガウ(OP3着)と半馬身差の2着に好走している
フルデプスリーダー。
その後は成長を促すために放牧に出していたが、厩舎サイドが
思った以上に放牧先での回復と仕上がりが順調に進み、予定より早く始動することができたと
語るように、休み明けでも状態はかなり良いとT氏。
前走と同じだけ走れば今の1勝クラスでは優勢だが、休みを挟んでの成長度合いを加味すると
圧勝のシーンまで期待していい。

◎9フルデプスリーダー


〇7ニーズヘッグ
昇級戦だった前走で2着とイキナリからメドを立てている。
今回は5戦連続となる中山ダート1800mへの出走で、パワータイプなので
この舞台だと位置取りに関わらず最後までしっかり伸びてくる。
前走は放牧明けで若干仕上がり途上だったし、今回はさらに期待できると
引き続き勝ち負けを見込んでいる陣営
春の東京開催が始まる前に2勝目を挙げておきたいところだろう。

▲11キタノオクトパス
◎と0.2の競馬。ソエの様子を見ながらの調整も乗り込みは豊富と陣営。
放牧明けになるが、前回、直線で詰まりながらの内容からスムーズなら通用のレベル


☆3ニュートンテソーロ

△6ヴォートルエロー

△1セイユメアカリ

△8ミッキープリンス

△4ヴィクトワールボス

三連複◎〇フォーメーション
馬連
9-7 9-11 11-7

9-3 9-6 9-1 9-8 9-4

阪神7R
4歳上1勝クラス ダ1400m

期待の矢はパーティナシティ

前走、1番人気に推されたが3着。スタート直後に他の馬と接触し、
バランスを崩したし、思ったより位置取りが悪くなってしまった。
デキは変わらず良いので、ポンとスタート切ってハナか2番手からロスなく回ってくれば
巻き返せると思いますと陣営。
今回は川田騎手に乗り替わり鞍上強化、現級卒業は目前だとN氏


◎11パーティナシティ

〇4セカンドエフォート
阪神の1400mでは勝ち切れないけど大崩れせずに堅実は走りを見せて、前走も2着と好走。
どんな流れでも阪神の1400mなら確実に走ります。前走後も引き続き順調なので、
今回も脚の使いどころひとつです。暖かくなり体が絞れてきているのも好材料ですと陣営。
勝って昇級すると厳しいものがあるので、2着が理想の雰囲気もある馬主孝行馬


▲2メイショウロサン
前回押さえで高配当的中に貢献。中1週なので動きは平凡も気配はいいと陣営
再度の減量で展開が向けば上位に

☆3セデックカズマ

△1タガノゴマチャン

△5ノーリミッツ

△8アールジオール

三連複◎〇フォーメーション
馬連
11-4 11-2 2-4

11-3 11-1 11-5 11-8



中山9R 安房特別
4歳上2勝クラス 芝2500m


期待の矢はシークレットラン


2勝クラスで3戦連続2着のシークレットラン。
前走は初めての2500mにも難なく対応し、
このクラスでは地力が上だというところを見せ付けたとT氏
2歳時に中山でレコード勝ちを収め、京成杯でも4着の実績がある馬だけに、
近走の走りは当然とも言える。
今回は中3週での同条件。「走は勝ち馬に上手く内を突かれただけ。
距離にメドは立ったし適度に荒れてきた今の馬場も合うので、
そろそろ勝ちたいと陣営は強気。

◎8シークレットラン

〇9ディバインフォース
菊花賞4着後、自己条件に戻っても同じような惜敗が続いているが
今回は菊花賞以来となる横山典騎手とのコンビに注目だとN氏。
前走後にフレグモーネで少し間隔を空けることになったが、今はもう影響はないし、
長距離戦のココを目標にしっかり乗り込めていると厩舎サイド。
脚質的に展開に左右される面があるのは仕方ないが、
2勝クラスの相手なら突き抜けるだけの力は持っている。
初の中山で変わってほしいと陣営


▲11サトノシャーク
現級の2500以上ではクラス上位。二戦前に◎と1キロ重い中
0.4差で今回は斤量が同じ。気性的に最後まで集中出来れば好勝負と陣営


☆6サンシロウ

△4エフェクトオン

△7シュプリューム

△5テーオーフォルテ

三連複◎〇フォーメーション
馬連
8-9 8-11 11-9

8-6 8-4 8-7 8-5

※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)
※この記事は、2020/4/4 11:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP