的中無料公開中

※この記事は、2019/9/7 11:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね1
件名:

走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)1486

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

09/07(土)
中山6R
3歳以上1勝クラス
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 8 グリニッジシチー 1:53.6
2 5 5 キングスバレイ 21/2
3 4 4 トレイントレイン 11/2
払戻金
単勝 8 420円 2番人気
複勝 8
5
4
150円
110円
250円
3番人気
1番人気
6番人気
枠連 5-8 340円 1番人気
馬連 5-8 320円 1番人気
ワイド 5-8
4-8
4-5
180円
730円
400円
1番人気
11番人気
5番人気
馬単 8-5 830円 3番人気
3連複 4-5-8 1,040円 3番人気
3連単 8-5-4 5,080円 14番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
4着 1 1 ゴールドパッション 13.1 4 57.0 牡4 森泰斗 美浦青木孝文 520.0
9着 2 2 ジュンアサヒダケ 6.4 3 53.0 牡3 武藤雅 美浦高柳瑞樹 500.0
6着 3 3 ローリエテソーロ 17.8 6 51.0 牡3 菅原明良 美浦高木登 512.0
3着 4 4 トレイントレイン 17.3 5 54.0 牡3 西田雄一郎 美浦池上昌和 510.0
2着 5 5 キングスバレイ 1.6 1 54.0 牡3 木幡巧也 美浦斎藤誠 508.0
1着 8 8 グリニッジシチー 4.2 2 54.0 せん3 石川裕紀人 美浦相沢郁 466.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
14点
1,400円
1,040円
-360円
74.3%
馬/組番:14組
馬連
ながし
馬番
5点
500円
320円
-180円
64.0%
馬/組番:5ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:2ー8
合計購入金額:2,000円   払戻金:1,360円  
収支:-640円   回収率:68.0%
09/07(土)
阪神7R
3歳以上1勝クラス
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 6 ダノンスプレンダー 1:54.8
2 2 2 ノイーヴァ 1/2
3 8 8 シュッドヴァデル
払戻金
単勝 6 140円 1番人気
複勝 6
2
8
100円
130円
130円
1番人気
3番人気
2番人気
枠連 2-6 430円 2番人気
馬連 2-6 470円 2番人気
ワイド 2-6
6-8
2-8
200円
190円
380円
2番人気
1番人気
6番人気
馬単 6-2 560円 2番人気
3連複 2-6-8 650円 1番人気
3連単 6-2-8 1,710円 2番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
7着 1 1 ビップデヴィット 26.1 7 57.0 牡4 藤岡康太 栗東清水久詞 466.0
2着 2 2 ノイーヴァ 7.3 3 52.0 牝3 浜中俊 栗東安田翔伍 476.0
6着 4 4 メイショウゴテツ 18.9 6 54.0 牡6 亀田温心 栗東角田晃一 488.0
8着 5 5 カリンカ 12.9 4 55.0 牝4 福永祐一 栗東佐々木晶三 444.0
1着 6 6 ダノンスプレンダー 1.4 1 54.0 牡3 北村友一 栗東安田隆行 506.0
3着 8 8 シュッドヴァデル 6.1 2 54.0 牡3 藤井勘一郎 栗東友道康夫 506.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
14点
1,400円
650円
-750円
46.4%
馬/組番:14組
馬連
ながし
馬番
5点
500円
0円
-500円
0.0%
馬/組番:8ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:5ー6
合計購入金額:2,000円   払戻金:650円  
収支:-1,350円   回収率:32.5%
09/07(土)
中山7R
3歳以上1勝クラス
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 3 エイプリルミスト 2:35.0
2 6 6 ロマンテソーロ 3/4
3 1 1 ピエタフィリアーレ
払戻金
単勝 3 270円 2番人気
複勝 3
6
1
110円
160円
110円
2番人気
4番人気
1番人気
枠連 0- 0円 0番人気
馬連 3-6 1,380円 6番人気
ワイド 3-6
1-3
1-6
340円
140円
390円
4番人気
1番人気
6番人気
馬単 3-6 2,190円 9番人気
3連複 1-3-6 770円 3番人気
3連単 3-6-1 5,250円 18番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 1 1 ピエタフィリアーレ 2.0 1 53.0 牡3 野中悠太郎 美浦菊川正達 466.0
6着 2 2 ファントムグレイ 14.2 5 57.0 牡6 大野拓弥 美浦杉浦宏昭 428.0
1着 3 3 エイプリルミスト 2.7 2 55.0 牝5 C.ルメール 美浦手塚貴久 448.0
8着 5 5 テイエムバリバリ 6.1 3 54.0 牡3 横山典弘 美浦石栗龍彦 462.0
2着 6 6 ロマンテソーロ 12.8 4 55.0 牝4 田辺裕信 美浦金成貴史 446.0
4着 7 7 カマクラ 19.6 6 54.0 牝6 武藤雅 美浦戸田博文 466.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
14点
1,400円
770円
-630円
55.0%
馬/組番:14組
馬連
ながし
馬番
5点
500円
1,380円
+880円
276.0%
馬/組番:3ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:1ー5
合計購入金額:2,000円   払戻金:2,150円  
収支:+150円   回収率:107.5%
現場の諸氏と提携し、陣営・厩舎関係者からホンネ”を聞き出す
「ホンネって何…?」とお考えの方も多いかと思います。

想像してみてください

▼ ▼ ▼
思いっきり買いたい人気馬がいるとします。

スポーツ新聞やブログ、ニュース…どこを見てもイイ話しか書かれていません。

当然です。なぜなら、レース前からネガティブな話は表立って報じられません。


でも…もし実はアブナイ話がコッソリ存在したなら?

「実は調整に失敗してしまって…」
「ココは叩き台。ハッキリ言って仕上がり途上ですよ」
おそらく買うのを躊躇うでしょう。

あるいは
「人気馬を1頭切れるのだから他の馬を買えば儲かる!」と考えるかも知れません。
これが“ホンネ”を馬券に直結させるということです。
言うまでもなく、知っているか知らないかで馬券収支は大きく変わります。

マスコミのだらしなさが明らかになった札幌2歳S
先週土曜の札幌2歳Sは、いかにマスコミの作り上げる虚構の人気馬がアテにならないかが
改めて明白となったレースだった。単勝1.8倍の圧倒的1人気ゴルコンダは6着。

ところが改めて新聞を見ると、どこを見てもゴルゴンダを推す声ばかり。
圧勝以外はありえないとでも言いたげな勇ましい文言が並んでおり、
思わず洗脳されてしまいそうだ。

某大手専門紙に掲載されたレース前の公式コメントや寸評
前走が圧巻のレコード勝ち。札幌は合うと再実感。
ルメールもこの馬は走りますヨと断言してるし、追いきりも抜群の動き。重賞でも期待しています。

ところがゴルコンダの鞍上ルメールはレース終了後、事も無げにこう言ってのけた
放牧明けでプラス6キロで重かった。勝負どころでの反応が今ひとつで、
4角で一瞬は動いたけどすぐに疲れてしまった。大型馬だしこの馬場は合っていない
(大型馬はトビが大きく渋った馬場ではバランスを崩しやすい)
しかしどちらも陣営なら誰でもレース前に気づくこと。もうお分かりだろう。
つまりゴルコンダの陣営は、様々な関係者が注目している手前、
表立って危険な話を口にしなかっただけなのだ。

事実、R氏はゴルコンダについて陣営からこんな話を聞いていた
前走は確かに強かった。瞬発力の要求される東京では3着だけど、
洋芝で小回りの札幌に替わると先手を取って楽に大差レコード勝ち。
ただ盛り上がってるのはルメールだけで、現場は案外シビアなのも事実。
前走のようにマイペースで楽逃げできれば強いだろうけど、
こういうタイプは自分のレースに持ち込めないと脆い馬だから。
決め手比べなら同厩のダーリントンホール(3着)のほうが上だろうと


こういった裏ネタ・オフレコ話を陣営から聞き出せるのが現場の本音の強み。
とりわけ“イル話”以上に、人気馬の“イラナイ話”はなかなか表に出てこない。

逆に言えば、そうした情報を入手するだけで人気に左右されず“イル・イラナイ”を
見極めることができる。特にこれからの秋シーズンはG1を始めとして
世間の注目する重賞が目白押し。

少しでも予想が難しいと感じたときは、いつでも頼ってほしい。
きっと会員様が知らなかった陣営のホンネで皆様の馬券収支を大きく改善する
ことができるはず。



本日の予想


中山6R 3歳1勝クラス ダート1800

金曜レポで取り上げたキングスバレイに期待の矢

発馬でトモを滑らせて完全に後手に回ってしまった前走。それまでの好走パターンからすると
万事休すの位置取りだったが、ラストは馬混みをこじ開けるように伸びて2着。
最速の上がりでイメージを一新したとT氏
充実ぶりは本物。もうどんな競馬になっても大丈夫と関係者の自信は深まるばかり。

太りやすい馬だから中1週のローテも問題なし。いずれにしてもこの後は休ませる予定なので、
ここはキッチリ決めておかなきゃいけない一戦と陣営


◎5キングスバレイ

〇2ジュンアサヒダケ
久々の前走時もそれなりに本数はこなしていたが、もともとが500キロ近い大型馬。
馬なり主体だったぶん息が切れたようなレースに見えた。
叩いて中2週の今回は中間に坂路2本の微調整を挟み、ウッドで攻め内容を強化。
格下相手とはいえ、まったく問題にしない走りで変身をアピールしたとT氏。


▲8グリ二ッジシチー
去勢放牧明けで余裕のある体と陣営。コース相性がよく入れ込みが出ないようであれば
足りるレベルとT氏
未勝利勝ちは2番手追走から早め先頭での押し切り、昇級戦の2着は出遅れ最後方からの大外一気と、
位置取りは真逆ながら共通しているのは揉まれずスムーズな競馬だったということ。
少頭数の外枠は好材料。ここ2走は不振も、関係者は2走前は苦手な左回りだったし、
前走は石川が相手が強かったので最初から競馬を教えることに徹したと話していた。
中山でこの相手なら勝てると、かなり強気な様子だった。



☆1ゴールドパッション

△3ローリエテソーロ

△4トレイントレイン

三連複◎〇フォーメーション

馬連
5-2 5-8 2-8

5-1 5-3 5-4


阪神7R 3歳1勝クラス ダート1800


金曜レポで取り上げたシュッドヴァデルに白羽の矢

休み明けの2戦はいずれも道悪の高速決着(2走前はレコード)だったが、
外を回ってしっかり脚を伸ばし、早くも通用のメドを立ててみせた。
前走は小回りの小倉で上がり最速タイ。0秒6差まで詰めて次につながる競馬だった。
叩き3戦目で広い阪神なら面白いと厩舎サイド。いかにも駆け頃だろうとN氏。

◎8シュッドヴァデル

〇6ダノンスプレンダー
現2勝利クラス卒業のBウォーリアと僅差のある競馬。体質の弱さがあり放牧へ
ソエも解消されて大きく良化の気配と陣営。パワー有利の阪神ダートであれば
大型のこの馬にはベストとN氏


▲5カリンカ
先行タイプが少ない今回、展開有利。陣営いわく小倉では輸送の影響も
考慮して軽い稽古が裏目でプラス体重、騎手もちぐはぐな騎乗で凡走
ここは福永で変り身期待とN氏
立て直して雰囲気は悪くないし、今回はメイショウゴテツの後ろくらいにつけて行ければ、
巻き返す可能性はありますよと陣営。現級では力上位だけに、流れさえ向けば反撃も十分。


☆2ノイーヴァ

△1ビップデヴィット

△4メイショウゴテツ

三連複◎〇フォーメーション

馬連
8-6 8-5 5-6

8-2 8-1 8-4


中山7R 3歳1勝クラス 芝2500

内コースで実積十分のエイプリルミスト
馬場が悪い中での3着は及第点と言えると陣営
新潟を放牧に充てて良馬場の内コースで屋根強化 抜けた馬がいないここなら
好勝負とT氏


◎3エイプリルミスト

〇1ピエタフィリアーレ
距離延長で競馬が良くなりしぶといタイプの印象とT氏
持久力勝負になりやすい小頭数であれば昇級であるが通用していいと陣営
情報筋もこの条件だったら昇級でも一発で決めてくれるだろうと期待を高めている。



▲5テイエムバリバリ
放牧明けでここ目標に仕上げてきたと陣営。
メンバーレベルの高い春の対戦レベルからこの相手であれば通用していいとのこと
後は騎手次第

☆2ファントムグレイ

△6ロマンテソーロ

△7カマクラ


三連複◎〇フォーメーション

馬連
3-1 3-5 1-5

3-2 3-6 3-7


中山8R
3歳上1勝クラス ダ1200m


地元となるサトノユニゾンに期待の矢

距離自体は1400mくらいまで大丈夫だが、スタートは滑ってしまって行き脚が付かないので
苦手というサトノユニゾンにとって、芝スタートが1600m戦の東京開催は鬼門。
必然的に、福島、新潟と続いて迎える秋の中山開催が勝負どころとなる。
中山のダート1200mは条件的にベスト。前走後に短期放牧を挟んでリフレッシュさせ、
中山の開幕週を待っていました。負けたら開催後半でもうひと勝負という予定ですが、
このクラスでは安定しているのでいつ勝ってもおかしくありませんと陣営のトーンは高い。


◎8サトノユニゾン


〇12コウギョウブライト
春の中山ダート1200mでは3戦連続2着。とりわけ休み明けで12番人気だった時には
休ませたことで骨瘤が治り、デビュー以来初めてというくらいしっかり調教が出来た。
全くの別馬になっているという勝負話を聞いて高配当的中をお届けしている。
前走は中山で続戦した疲れや福島への輸送も影響したが、何より中山とはレースの流れが違うので
上手く運べなかったというのが敗因。
夏場にジックリ立て直して、予定通りの開幕週勝負。注目必至の1頭だとT氏。


▲2コパノジョウオー
2場開催なのにあえて中山遠征を選択した。コパノリッキーの全妹で軌道に乗ればまだまだ
活躍が期待できそうな馬だとR氏。何より魅力なのが鞍上の森泰斗。
ヤツは追えるのでこの馬にピッタリのイメージだから、1勝クラスでも期待できるんじゃないかとR氏

☆7シゲルスピネル

△9ジェイケイマッチョ

△3ステラストラータ

△10アマデウス

△1アミュリオン

三連複◎〇フォーメーション

馬連
8-12 8-2 12-2

8-7 8-9 8-3 8-10 8-1


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)
※この記事は、2019/9/7 11:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP