的中無料公開中

※この記事は、2019/4/21 11:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね1
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1426

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

04/21(日)
京都7R
4歳以上500万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 4 ミスティック 1:25.5
2 5 5 ダノンコスモス
3 1 1 ダブルミステリー
払戻金
単勝 4 480円 2番人気
複勝 4
5
1
170円
130円
3,460円
2番人気
1番人気
12番人気
枠連 4-5 530円 2番人気
馬連 4-5 560円 2番人気
ワイド 4-5
1-4
1-5
270円
10,700円
7,430円
2番人気
49番人気
45番人気
馬単 4-5 1,240円 4番人気
3連複 1-4-5 28,290円 66番人気
3連単 4-5-1 90,600円 254番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
6着 3 3 マイグランクロア 4.8 2 55.0 牝6 C.ルメール 栗東森秀行 496.0
1着 4 4 ミスティック 4.8 2 55.0 牝4 松山弘平 栗東渡辺薫彦 458.0
2着 5 5 ダノンコスモス 2.3 1 55.0 牝5 川田将雅 栗東高橋康之 460.0
8着 5 6 ラタンドレス 18.7 7 55.0 牝6 松若風馬 栗東山内研二 490.0
4着 6 8 エイシンネメシス 7.3 4 55.0 牝4 武豊 栗東奥村豊 466.0
5着 7 9 サンマルリトリート 11.8 5 55.0 牝4 北村友一 栗東山内研二 518.0
7着 8 12 サンクララ 47.1 10 55.0 牝5 高倉稜 栗東西橋豊治 434.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
19点
1,900円
0円
-1,900円
0.0%
馬/組番:19組
馬連
ながし
馬番
6点
600円
560円
-40円
93.3%
馬/組番:4ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:3ー5
合計購入金額:2,600円   払戻金:560円  
収支:-2,040円   回収率:21.5%
04/21(日)
東京7R
4歳以上500万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 8 モンテグロッソ 2:01.4
2 7 9 ヘブンリーデイズ 11/4
3 5 5 クリノオスマン ハナ
払戻金
単勝 8 240円 1番人気
複勝 8
9
5
150円
200円
2,170円
1番人気
4番人気
12番人気
枠連 6-7 670円 3番人気
馬連 8-9 850円 4番人気
ワイド 8-9
5-8
5-9
410円
4,480円
10,180円
4番人気
32番人気
48番人気
馬単 8-9 1,270円 4番人気
3連複 5-8-9 22,570円 51番人気
3連単 8-9-5 63,960円 170番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
8着 1 1 ゴールデンフィジー 24.2 6 55.0 牝4 岩田康誠 美浦牧光二 432.0
4着 4 4 ラレゾン 4.4 3 55.0 牝5 大野拓弥 美浦高木登 440.0
1着 6 8 モンテグロッソ 2.4 1 57.0 牡4 石橋脩 美浦木村哲也 506.0
2着 7 9 ヘブンリーデイズ 7.0 4 57.0 牡4 戸崎圭太 栗東矢作芳人 444.0
5着 8 11 ライトカラカゼ 3.6 2 57.0 牡4 吉田豊 美浦相沢郁 474.0
10着 8 12 ロマンテソーロ 18.3 5 55.0 牝4 三浦皇成 美浦金成貴史 448.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
14点
1,400円
0円
-1,400円
0.0%
馬/組番:14組
馬連
ながし
馬番
5点
500円
850円
+350円
170.0%
馬/組番:8ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:4ー11
合計購入金額:2,000円   払戻金:850円  
収支:-1,150円   回収率:42.5%
次週の天皇賞春はなにかが起こる

今回はディープインパクトとキングカメハメハの種付け中止に伴う影響について話を
進めていきたいと思います。
キングカメハメハは昨年度の後半から免疫力の低下を理由に種付けを中止。
高齢のため、仮に再開されたとしても以前のような生産頭数は見込めませんが、
これだ!といえる後継種牡馬=ロードカナロアを輩出したことは幸運。
初年度のアーモンドアイとステルヴィオに続き、二年目の産駒からも
サートゥルナーリアというGI馬が誕生した今となっては、
キングカメハメハには無理せずにこのまま種牡馬を引退させても
損失は最低限でおさえられる計算も立っています。

一方のディープインパクトは、筆頭格と呼べるほどの後継種牡馬は不在で、
それなりの水準の産駒を出すにとどまっている状況。
もっともこれから更なる大物も出現する可能性は秘めていますが、
ディープインパクトの孫世代で大物を誕生させようという方向への
シフトチェンジも進められているだけに、ディープインパクト産駒だけではなく、
【ディープインパクトの直仔の種牡馬×良質配合の繁殖牝馬】の中に、
エリートとして扱われる予定の存在がいることだけは覚えておいて損はありません。

とはいえ絶対的な後継種牡馬が誕生していない以上、
キングカメハメハとは違い、多少無理をさせても復帰させないわけにはいかないのが
ディープインパクトの宿命。
年齢が年齢ですので酷使するわけにもいかず、復帰後は全盛期の半分、
年間100頭前後程度に制限するのが妥当なところで、
一回4000万円と言われるディープインパクトの種付けが半減するのは大きな痛手。
またセレクトセールにおける売上減の問題もこれから出てきます。

高額落札馬として注目を集める馬のほとんどは社台系列の上質な繁殖牝馬を母に持つ、
ディープインパクト産駒の牡馬。
種付け総数減により収益減が懸念されるために、セールの売上減問題はさすがに
無視できる金額ではありません。

2020年に生まれる世代が予定よりも大幅に減ったことで懸念される
セレクトセールの売上減というのは今年ではなく数年後の話。

もちろんディープインパクトの高齢化問題は以前から考えられていたリスクであり、
対策として第二の矢、第三の矢の準備はさすがに進められているわけです。

そのうちの一環として、昨今は【ディープインパクト牝馬の価値向上】という動きが
強化されていることは言うまでもありません。

また父ディープインパクトの種牡馬が溢れている状況下。
ちょっとやそっとの成績では種牡馬入りしても、集中的に良質な繁殖牝馬と配合されることが
ないために、決定的なディープインパクトの後継種牡馬が産まれることは難しいわけですが、
ディープインパクト産駒の種牡馬の価値が低下しているわけではありません。

ディープインパクトのDNAを引き継ぐ産駒に対して一部徹底強化されている種牡馬もいますので、
安易にロードカナロアの時代到来と早とちりすることだけはないようにご注意ください。

ディープインパクト産駒の牡馬への需要はまだまだあります。
血統に魅力があれば、GIを勝てなくとも種牡馬入りすることが可能であり、
競走馬を購入する立場である者にとっては、良血馬の本当の魅力は種牡馬入りの可能性。
種牡馬として将来性ある宝物を引き当てるために、先行投資を惜しまないのが、
大きな資本力を持つ現代日本競馬における重鎮個人馬主の面々です。

高額で走らない馬を掴まされているという声も一般の競馬ファンの間では
よく言われているようですが、現役時代に落札金額ほどの賞金を稼がなくとも
それほど問題ないというのが実際のところで、
落札金額については種牡馬入りさえしてしまえば、あとでいくらでも回収可能。

また牝馬は、生産目線から見れば多少成績が悪くても兄姉の成績が良ければ
繁殖入りという手段が取れますし、GIタイトルが1つ2つ加われば産駒の値段も上がります。
ディープインパクト牝馬はあまり話題になっていませんが毎年海外から
いかにもディープインパクト産駒の繁殖牝馬向きというような種牡馬が数頭輸入されており、
ひとたび相性の良い種牡馬を引き当てれば一気に爆発を起こしそうな状況も準備されています。

なお現3歳世代ではダノンファンタジー(父ディープインパクト)が昨年の阪神JFを制し
2歳女王の座についたほか、先日の桜花賞ではグランアレグリア(父ディープインパクト)が勝利。

ちなみにグランアレグリアは早々にオークスではなく
NHKマイルCに向かうことが発表されており、同じディープインパクト産駒で
フラワーC制覇からオークスに向かうコントラチェックとの間で、
『ルメール騎手の使い分け』などという報道も出ているようですが、これは全くの見当違い。
将来的には数億円以上の規模におよぶ生産ビジネスで支配されている業界だけに、
いくらC.ルメール騎手といえども、一騎手の都合にあわせて使い分けを行うなんていう
小規模な範疇でおさまるような話ではないのが競馬産業の裏事情です。

===平成最後の大一番===
次週4月28日(日)発走
「第159回 天皇賞・春(GI平成最後の“特報”あり

==============
ぜひともご注目いただきたいと思います


昨日金レポ馬13人気▲デルマシャンパン 東京7R 2着

昨春以降はリズムを崩してしまっているが、もともと昇級直後には5.5.4着と
500万通用のメドを立てていた馬。今回は小倉で2戦して中6週。
在厩調整でじっくり乗り込まれたのが功を奏し、1週前の坂路で久しぶりの51秒台。
この日のウッドでも弾むフットワークで上々の伸びと、明らかに変化が見られるとT氏。

今日のレポ馬は?

本日の予想


京都7R 4歳上500万 ダート1400
牝馬


金曜レポで取り上げたミスティック
モマれ弱い面があって、ジョッキーがガッツリ出して行ってるぶんだけ終いが甘くなっている。
なので今回は終いを生かす競馬をしてもらうという話だった前走も、結局は同じような競馬で失速。
さすがに渡邊師も怒り心頭でもう鞍上を替えるとクビ。
指示どおりに乗る松山Jでタメる競馬をすれば一変もということで白羽の矢


◎4ミスティック

〇3マイグランクロア
1400ベストであるが坂のあるコースは案外。京都コース変りで体も絞れて屋根は
ルメール 限定戦の京都なら前進期待とN氏

▲5ダノンコスモス
ベスとは正直1200であるが稽古の動きが素軽くなりクラス上位の力から
限定戦であれば追走が楽になり好勝負していいと陣営

☆8エイシンハピネス

△6ラタンドレス

△12サンクララ

△9サンマルストリート

3連複◎〇フォーメーション

馬連
4-3 4-5 3-5

4-8 4-6 4-12 4-9

東京7R 4歳上500万 芝2000


早い上がりを得意とする馬が少なく 人気のライトカラカゼもベストは中山コース
となれば青葉賞4着モンテグロッソに期待の矢

休養明けであるが入念に乗り込んで動きも上々の状況とT氏
素質はゆうに上のクラスのレベルであり2.25.0の時計から早い馬場もプラス
休み明けの今回は精神的にも落ち着いていると陣営


◎8モンテグロッソ

〇4ラレゾン
時計の掛かる馬場では一息。東京1800では上がり33.0の最速を駆使
折り合いの不安もなく2戦前の大野に変り期待

▲11ライトカラカゼ
元々能力はこのクラスのレベルではないと言われていたので、勝ち上がりは時間の問題だ。
ただし、今回に関しては東京よりは中山というタイプなので、中山で3つ使って
勝ち切れなかったのは勿体無かった。使い詰めでテンションも少し上がってきた感じがあると
陣営のトーンがやや落ち気味。



☆1ゴールデンフィジー

△9ヘブンリーデイズ

△12ロマンテソーロ

3連複◎〇フォーメーション

馬連
8-4 8-11 4-11

8-1 8-9 8-12

京都8R 4歳上500万下
芝1800

期待の矢は
リリーモントルー

前走は4番人気で6着。勝ち馬からコンマ5秒差だけに、惜しいレースとも言えず
この数字だけでは、今回積極的に買い辛い馬ではあるが、
実はその前走、この馬の目の前で、落馬があったとN氏。
丁度この馬に勢いがついて、上がってきたところで、ビデオを見返せば、
巻き込まれていても不思議でない状況で、よくぞ池添騎手は上手く回避したと言ってもいいだろう。
現場の報告だと厩舎サイドはもちろん、その池添騎手もまともなら勝ち負けになっていたと
いうのだから、今回は当然、前走の6着といった数字を度外視して巻き返しに期待するべきだろう。

◎8リリーモントルー

〇9インヴィクタ
500万では上位の力を持ちながら、気性面に課題を残すが故、なかなか能力全開と
いかないインヴィクタ。前走を見てもゲート内の駐立が安定しないので、
この中間はしっかりとゲート練習を行い、練習ではしっかり出てくれるので、
後はレースでどうか。稽古で着けたブリンカーも効果があったので、
そのまま実戦でも着けて出走させます。攻め通りなら500万はアッサリだと思うので、
最後まで気持ちを切らすことがなければ直ぐに巻き返せると思いますと厩舎サイド。


▲6ソシアルクラブ
スローの逃げ切りの前回は成果が出ていない阪神での2着は収穫で
前受けできたことは今回の外コースで活きるのではとN氏
一息入れて期待は大きい印象


☆1ムーンザムーン

△7ジンゴイスト

△10フォンス

△12アドマイヤクィーン

3連複◎〇フォーメーション

馬連
8-9 8-6 6-9

8-1 8-7 8-10 8-12

☆福島9R
4歳上500万下 ダ1700m

金曜レポで取り上げたシゲルポインター
佐賀で14戦14勝に対し、中央では(0-0-0-16)。
一見するとレベルの差は歴然という感じだが、前走時から入ったこの厩舎では
中央でもやれそうな感触があるという。
事実、その前走は先団壊滅のハイペースを4角先頭、一旦は抜け出す格好をして0秒5差に
踏ん張ってみせた。展開次第で前進があって驚けないとT氏。

今年デビューの新人で、まだ未勝利なのは小林凌大騎手騎手だけとなった。
騎乗停止等もあり、遅れをとった形になるが、2回目の騎乗となる今回はチャンスありと見ている

◎13シゲルポインター

〇14オーシャンビュー
今年の新人で現9勝の斉藤騎手 今日の成績如何では福島開催リーディングも
ありえる状況。この馬も切れより持久力のタイプ 1200をはさんだことで
勝負所でスピードに乗れるようになり好勝負

▲12リョウランヒーロー
ムラがある馬で騎手もムラが多く、安定味に欠けるが追い込みタイプで
前つぶれの展開では上位にこれる脚は保持。 展開次第で。

☆10ユイノチョッパー

△11オデュッセイア

△6エトワールドパリ

△7オウケンスターダム

△4ウインドオブホープ

3連複◎〇フォーメーション

馬連
13-14 13-12 12-14

13-10 13-11 13-6 13-7 13-4


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)
※この記事は、2019/4/21 11:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP