的中無料公開中

※この記事は、2019/3/9 11:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね1
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1407

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

03/09(土)
中山7R
3歳500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 4 ダイシンインディー 1:53.8
2 7 7 キャメロン 1/2
3 7 8 ポートロイヤル
払戻金
単勝 4 750円 4番人気
複勝 4
7
8
190円
140円
120円
5番人気
2番人気
1番人気
枠連 4-7 720円 4番人気
馬連 4-7 1,810円 8番人気
ワイド 4-7
4-8
7-8
610円
370円
230円
9番人気
3番人気
1番人気
馬単 4-7 3,760円 19番人気
3連複 4-7-8 1,350円 3番人気
3連単 4-7-8 11,550円 41番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
6着 1 1 ゴールドフレーム 9.1 5 56.0 牡3 田辺裕信 美浦新開幸一 472.0
7着 3 3 ポップフランセ 13.2 7 56.0 牡3 岩田康誠 栗東野中賢二 450.0
1着 4 4 ダイシンインディー 7.5 4 56.0 牡3 川田将雅 美浦戸田博文 528.0
4着 5 5 カイザースクルーン 5.8 3 56.0 牡3 津村明秀 美浦相沢郁 486.0
2着 7 7 キャメロン 4.0 2 56.0 牡3 戸崎圭太 栗東今野貞一 490.0
3着 7 8 ポートロイヤル 2.6 1 56.0 牡3 大野拓弥 美浦高柳瑞樹 484.0
5着 8 10 サクララージャン 10.4 6 56.0 牡3 横山典弘 美浦金成貴史 486.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
19点
1,900円
1,350円
-550円
71.1%
馬/組番:19組
馬連
ながし
馬番
6点
600円
1,810円
+1,210円
301.7%
馬/組番:7ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:1ー8
合計購入金額:2,600円   払戻金:3,160円  
収支:+560円   回収率:121.5%
ルメール&デムーロ騎手

今週、来週とルメール騎手が騎乗停止。その間にどの騎手が活躍を見せるのでしょうか?

気になっているのは、ここ最近、騎乗数が減っているデムーロ騎手が土曜日こそ、
5鞍とここ最近そうであるように騎乗数はそれほど多くありませんが、
日曜日は何と全部で11鞍に騎乗。

これはルメール騎手のいない合間にと考えているのか、それともたまたまなのか?
いずれにしてもこれだけ騎乗するのは珍しいだけに日曜日のデムーロ騎手は注目でしょう。

さて、土曜日ですが複勝率ベスト5の厩舎には騎乗がありません。
そんな中、5鞍の騎乗のうち、鮫島厩舎の馬に2頭騎乗します。
デムーロ騎手と鮫島厩舎といえば、多くの方が一昨年のエリザベス女王杯を勝った
モズカッチャンを思いだされることでしょう。

そのモズカッチャンですが、日曜日に金鯱賞に出走も、デムーロ騎手は
ペルシアンナイトに騎乗することから、遂に乗り替わりとなります。
(モズカッチャンはオークス2着時に騎乗していた和田騎手になります)

そんな週に、そのモズカッチャンを管理する鮫島厩舎の馬に2頭騎乗するのですから、
ちょっとこれは気になります。何しろ、今年もこの組み合わせが何度もあったのならともかく、
今年これまでデムーロ騎手は鮫島厩舎に1頭しか騎乗していないのです。

モズカッチャンには乗れない分を他の馬で補填するのでは?
と思うのは考え過ぎでしょうか?
6Rのデクレアラー、10Rのカリビアンゴールドと、共にその成績からチャンスがあると思いますし、
共に他の騎手からの乗り替わりですから、皆様も明日はこの2頭にご注目ください。


本日の予想

中山6R 3歳500万
 芝1200


金曜レポで取り上げたカステヘルミに期待の矢

デビューから6戦、芝の短距離で4着以上。とりわけ昇級初戦の前走は差し追い込みが
ハマる展開の中、5番手からの競馬で崩れず4着。勝ち馬とはタイム差なしだった。
前走は鞍上も試す形であの位置からだったけど、それでも崩れなかったのは大きい。
オーシャンSなんかを見ても、今回はこの馬のスピードが生きる形になるんじゃないかと厩舎サイド。
好位からの押し切りが容易にイメージできるとT氏

◎6カステヘルミ

〇10ヴォイスオブジョイ
中山1200は1-2-0-0の得意の舞台。前回東京戦は前が壁で追い出しが遅れての
僅差の3着。ラフィアンGが3頭出しで内の2頭が先行タイプでこの馬の援護射撃
想定される外車でありペース如何では、好勝負以上とT氏


▲13ナタラディーヴァ

☆9ルマーカーブル

△14キタイ

△4ナーゲルリング

△1スカイズザリミット

爆3ユニバーサルレディ
芝の方が合いそうだという関係者のジャッジで道営から中央に転厩して3戦を消化した
ここまで馬券圏内はないものの、転入初戦はダノンキングリーが勝ったハイレベル戦で5着、
前走も着順こそ11着だがメンバー中2位の上がりを使って0.7差と、通用の気配は見せているとT氏。
今回は関係者の待望だった1200mへの距離短縮。
条件ビンゴのこの舞台で一変とにわかに盛り上がってきたという。今回は要警戒。

押さえ11

馬連
6-10 6-13 10-13

6-9 6-14 6-4 6-3 6-1

三連複◎〇フォーメーション



阪神7R 4歳上500万
ダート1200

期待の矢はソリストサンダー

トモの骨折で3歳時を棒に振ってしまったが、復帰後も4.4着と未だ掲示板を外していない。
そもそも元値はルヴァンスレーヴの2着した3走前。
いよいよ順調さを取り戻した叩き3戦目なら、もう500万で負けることは許されないと判断していい。
陣営もまだ体質に弱さはあるけど、少し間隔があいたのは馬の入れ替えのタイミングだけで、
状態面に何かがあったわけではない。攻めの動きを見てもデキが
かなり良くなっているのは間違いないし、ジョッキーも千二なら大丈夫と。
そこまで言うからには何とかしてもらわないと困っちゃうとのこと。
まともならアッサリの器だろうとN氏。

◎4ソリストサンダー

〇8クリノサンレオ
地元オーナー馬であり休養明けから2戦連続の2着。僅差の競馬が続いているが
好調キープで3戦目でここは、勝負トーンの陣営。

▲12アユツリオヤジ
休養明けで流石にハイペースを追走したことで息が上がり失速は、想定内と陣営。
現級勝利のある馬で叩いて二戦目であからさまの乗り替り。
変わり身に期待とN氏

☆1メイショウキタグニ

△13コウエイアンカ

△5ニシノダンテ

△7ホープフルスター

△9リッカクロフネ


三連複◎〇フォーメーション

馬連
4-8 4-12 12-8

4-1 4-13 4-5 4-7 4-9


中山7R 3歳500万 ダート1800

関西馬遠征となるキャメロンに期待の矢

デビュー戦は中山へ遠征しての2着。前回は逃げて押し切り1.0差の快勝。
今野師いわく先行出来るので逃げにはこだわらないが
自分のリズムで競馬ができれば、昇級でも通用していいと強気の遠征とN氏

◎7キャメロン

〇8ポートロイヤル
ダート厩舎の関東の高柳師。昇級緒戦で目処のたつ走りで3着
勝利した馬は強いが相手なりの競馬が出来る印象とT氏
時計が早くなるとやや不安だが天気は土曜は晴れであり好勝負が期待


▲1ゴールドフレーム
オーナー地元の馬でありダートに転じて直ぐに勝てたことから高評価。
ばてない強みのタイプで状態上昇の中間。昇級であるが通用しておかしくないとT氏


☆3ポップフランセ

爆4ダイシンインディー
3戦目は控える競馬をしたところ、砂を被って嫌がり競馬にならず大敗。
あのような競馬になるぐらいであれば、まだ逃げた方がいいということで、
前走は逃げる予定だったのですが、出遅れてしまいまたも砂を被って6着。
今度もとにかく逃げてどこまでの競馬をすると陣営。
本当は将来を考えるとそういった競馬はしなくないそうですが、
このままではらちが明かないと話していたとT氏。
未勝利で圧勝した中山1800Mなので、逃げることができれば変わる可能性は
あるとの報告が届いている。


△5カイザースクルーン

△10サクララージャン

三連複◎〇フォーメーション

馬連
7-8 7-1 1-8

7-3 7-4 7-5 7-10


中京8R
4歳上500万下 芝1600m

今週のオーナーサイドで取り上げたG1レーシングのタンタグローリアは
6ヶ月ぶりの競馬で新人岩田ジュニア ベストは1800から2000の競馬
1600は久々になる上に開幕週 人気になる分どうか


逆に期待はイルーシヴゴールド

出戻り初戦でも勝負話のあった前走だが、開催が進んで痛みの目立ってきた
芝に脚をとられてしまい勝ち馬から0.5差の4着。
体を減らしていたし、道中も掛かっていました。それでも一列前なら馬券圏内だったでしょう。
食いが良くないので、前走からそう増えた感じはないですが、気配は良いです。
2戦目で更に前進を期待しますと陣営。
ここはビーカーリーと2頭だしの西村厩舎だが、
潜在能力ならこっちと評価は断然だとN氏。


◎11イルーシヴゴールド

〇14レッドイリーゼ
2011年から昨年まで毎年重賞勝ちし、関東リーディング上位常連の手塚厩舎だが、
今年は未だ未勝利。それでもスタッフは、1年の間でも2ヶ月くらい勝てない時はあります。
丁度それが年始から続いただけ。すぐ勝てますと楽観していたが、さすがに3月に入り、
いつまでも未勝利って見栄え悪いとやや焦りが見えてきたとT氏。
土曜日の中山の午前中から有力馬を揃えているが、中京でも計算できる馬がいるとの事で、
その筆頭がこの馬だという。
前走は勝ち馬が強すぎました。中1週ですが稽古を控えめにして調整は上手くいっているので
決めて欲しいですと陣営。

▲6ビーカーリー
小崎騎手騎乗で1人気にならない馬であるが中京コースは得意の実力馬。
ここ目標に京都開催を放牧に費やして仕上がりも太鼓判
あとは末脚勝負なので捌ききれば上位に期待と陣営。

☆10タンタグローリア

△13ファストライフ

△5アングルティール

△1ダンツクレイオー

△7リュニエーブル

三連複◎〇フォーメーション

馬連
11-14 11-6 14-6

11-10 11-13 11-5 11-1 11-7



※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)
※この記事は、2019/3/9 11:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP