的中無料公開中

※この記事は、2019/2/10 10:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね1
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1396

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

02/10(日)
小倉8R
4歳以上500万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 2 3 ゲンパチケンシン 1:09.5
2 1 1 ソフトポジション 11/4
3 4 8 トランプ アタマ
払戻金
単勝 3 860円 6番人気
複勝 3
1
8
300円
230円
2,320円
5番人気
3番人気
15番人気
枠連 1-2 620円 1番人気
馬連 1-3 2,630円 7番人気
ワイド 1-3
3-8
1-8
950円
14,000円
13,960円
7番人気
87番人気
86番人気
馬単 3-1 5,590円 18番人気
3連複 1-3-8 90,450円 221番人気
3連単 3-1-8 427,800円 1099番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
2着 1 1 ソフトポジション 7.1 2 57.0 牡4 川島信二 栗東山内研二 476.0
5着 1 2 マイネルサイルーン 15.5 8 57.0 牡4 丹内祐次 美浦清水英克 454.0
1着 2 3 ゲンパチケンシン 8.6 6 56.0 牡5 川又賢治 栗東加用正 482.0
18着 2 4 サンライズカナロア 3.8 1 57.0 牡4 北村友一 栗東安田隆行 476.0
7着 3 5 マイネルパッセ 29.6 10 57.0 牡6 宮崎北斗 美浦萱野浩二 478.0
11着 3 6 ササノユキオルフェ 10.3 7 57.0 牡4 丸田恭介 美浦大竹正博 508.0
6着 5 10 ギンコイエレジー 7.9 5 52.0 牝4 西村淳也 栗東南井克巳 450.0
8着 7 14 サレンティーナ 7.2 3 57.0 牡5 丸山元気 美浦萩原清 476.0
13着 8 17 クルークヴァール 7.7 4 57.0 牡4 鮫島克駿 栗東浅見秀一 460.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
29点
2,900円
0円
-2,900円
0.0%
馬/組番:29組
馬連
ながし
馬番
8点
800円
0円
-800円
0.0%
馬/組番:10ー**
通常
馬番
1点
100円
2,630円
+2,530円
2,630.0%
馬/組番:1ー3
合計購入金額:3,800円   払戻金:2,630円  
収支:-1,170円   回収率:69.2%
02/10(日)
京都8R
4歳以上1000万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 14 フィールドセンス 1:52.9
2 7 12 レントラー 11/4
3 5 8 スーパーライナー アタマ
払戻金
単勝 14 240円 1番人気
複勝 14
12
8
130円
190円
160円
1番人気
3番人気
2番人気
枠連 7-8 730円 2番人気
馬連 12-14 860円 2番人気
ワイド 12-14
8-14
8-12
370円
290円
640円
2番人気
1番人気
6番人気
馬単 14-12 1,350円 2番人気
3連複 8-12-14 1,080円 1番人気
3連単 14-12-8 4,570円 2番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
13着 1 1 スズカマサル 15.0 5 57.0 牡6 和田竜二 栗東橋田満 450.0
11着 2 2 ウォーターマーズ 30.6 9 57.0 せん5 酒井学 栗東岡田稲男 530.0
5着 4 5 ダンサクドゥーロ 16.1 6 57.0 牡5 小牧太 栗東松永昌博 522.0
3着 5 8 スーパーライナー 4.4 2 57.0 牡6 松若風馬 栗東今野貞一 500.0
6着 6 9 キーフラッシュ 10.2 4 56.0 牡4 岩田康誠 栗東宮徹 498.0
12着 6 10 シュンノカミ 140.6 14 56.0 牡5 坂井瑠星 栗東松元茂樹 504.0
2着 7 12 レントラー 6.5 3 57.0 せん7 川田将雅 栗東松永昌博 462.0
1着 8 14 フィールドセンス 2.4 1 57.0 牡5 福永祐一 栗東千田輝彦 544.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
1,080円
-1,320円
45.0%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
0円
-700円
0.0%
馬/組番:8ー**
通常
馬番
1点
100円
860円
+760円
860.0%
馬/組番:12ー14
合計購入金額:3,200円   払戻金:1,940円  
収支:-1,260円   回収率:60.6%
本日のルメール&デムーロ騎手

ルメール騎手、土曜日は開催中止となった東京での騎乗予定だったので結果はなし。

日曜日も東京での騎乗を予定しており、全部で9鞍に騎乗します。
気が付けば、本日、小倉で騎乗した武豊騎手が4勝の固め打ちで20勝到達一番乗り。
ルメール騎手も負けてはいられません。

複勝率ベスト5の厩舎は2位の藤沢和厩舎に2頭。4Rのラボーナと、
共同通信杯のフォッサマグナです。ラボーナは重賞を2勝して、皐月賞でも3着したコディーノ、
フローラSを勝って、オークスで2着したチェッキーノの下にあたる馬ですが、
ここまで12戦2勝と思ったほどの活躍をみせていません。
特にここ3戦は大敗続きでそれをみるととても手がだせませんが、
今回は去勢手術後の復帰初戦。もともと、この500万条件は一度勝っているように能力は通用しますので
去勢効果があれば通用しても不思議ではありません。

ただ、それで言うとむしろ狙いたいのは1戦1勝の身ながら挑戦する
共同通信杯のフォッサマグナではないでしょうか?
新馬戦が1400Mだったことから、一気の距離延長、さらには一気の相手強化と高い
ハードルが待ち受けていますが、この馬、元々、マイル戦でデビューするところ、
除外されて1400Mを使った経緯があるので、1800Mぐらいなら問題ないと思います。
アドマイヤマーズ、クラージュゲリエといった重賞ウイナーは
当然、目標が先ですし、この馬自身、藤沢和厩舎の3歳馬では先日に京成杯で2着した
ランフォザローゼスよりも素質は上との声もあるようですから、
ルメール騎手なら一発があるかもしれませんよ。

その他では昨日だけでなく、最近ずっとお伝えしている木村厩舎、12Rのミカリーニョにも
注目ですが、8Rのクイックファイアに注目。
馬も前走、2着に10馬身差をつける大圧勝をしましたが、それだけではなく、
中内田厩舎の馬だからこその注目でもあります。
中内田厩舎といえば、ここ2年、46勝、45勝をマークして、リーディング争いにも
顔を出すまでになっており、G1も一昨年にはダノンプレミアム、
昨年はダノンファンタジーで制覇した新進気鋭の厩舎。

この1年、ルメール騎手が中内田厩舎の馬に騎乗した回数が「9回」で、
これまでのトータルは39回の騎乗で勝率20.5%、連対率56.4%、複勝率64.1%。
勝率は少々物足りない感もありますが、連対率と複勝率はルメール騎手のトータルである
連対率33.9%、複勝率45.6%を大きく上回っています。
中内田厩舎が今後、全国リーディング獲得にはルメール騎手が必要と考えて依頼を増やし、
実際にその騎乗が増えれば間違いなく上位に顔を出してくるでしょう。

一方のデムーロ騎手ですが、本日は京都で騎乗して1勝。
その1勝をあげたのが予想記事でお伝えしていた森田厩舎のモズベッロ。
ラブカンプーが大敗した後、森田厩舎としては勝負にならないような馬を依頼するはずもなくと
お伝えしましたが、キッチリと勝利をあげました。


明日ですが6Rのタニノミッションが馬番確定前に取消ため、僅かに4鞍の騎乗。

やはり最大の注目は当然ながら、複勝率ベスト5にて1位タイの友道厩舎、アドマイヤマーズ。
ご存じのように昨年、12月に朝日杯を勝った2歳王者。
ホープフルSがあるようになったので2歳マイル王者の方が正しいですか?

いずれにしてもこれまで4戦4勝は全てマイル戦。そのマイル王が今回は1800Mの
共同通信杯に臨みます。初めての1800Mとなりますが、
その延長は僅かに200M。ただし、その200Mは東京競馬場の200M
。これがどうでるか?ですが、この頭数でスローペースになれば特に問題ないかもしれませんね。

もう1頭注目するならば、角居厩舎のブラックスビーチ。デムーロ騎手といえば角居厩舎の
主戦騎手と言ってよいほど騎乗数が多かったのですが、
一旦、角居厩舎の調教停止に伴い、その角居厩舎の馬を預かった中竹厩舎での騎乗が増え、
実際、下記にあるように成績も良かったため、デムーロ騎手&中竹厩舎は4位。

しかし、ここまで割り切った形になるのか、デムーロ騎手は今年になって1度も
中竹厩舎の馬に乗ることがなく、徐々に角居厩舎での騎乗が再度増えつつある状況にあります。
先ほどお伝えしたように本来は、ブラックスビーチ以外に、もう1頭タニノミッションに騎乗予定でしたが、
馬番確定前に出走を取消。それなので1頭となるブラックスビーチは力が入るところでしょう。
ちなみに今回の東京1800Mと言えばブラックスビーチがスイートピーSを勝った舞台です。


本日の予想

東京は渋馬場が想定ですので ご理解の上お願いします。


京都3R 3歳500万 ダート1800

金曜レポで取り上げたワシントンテソーロに期待の矢

2戦目の東京マイルこそ崩れたが、コーナー4つの競馬に限れば1.5.2着。
京都遠征で強い勝ち馬がいた前走でも3着には4馬身の差をつけてクラス卒業のメドを立てた。
前走は相手が悪かったけど内容は良かった。疲れもなく順調なので、再度同じ舞台ならと厩舎サイド。
岩田Jの連続騎乗で決める算段。
土曜の京都ダートは先行優位であり 期待したい

◎9ワシントンテソーロ

〇6ダイシンインディー
デビュー戦は芝を使って7着。2走目にダートにすると、逃げて2着馬に7馬身差をつける圧勝で
勝ち上がりました。それが評価されて3戦目のプラタナス賞は1番人気に支持されるも
逃げて最後に失速して5着。
そのレースをみた戸田先生は前走、黒竹賞に出走の際に、今後を思えば逃げてどこまで?と
いったレースを続けても進歩がないということで、マーフィー騎手に押さえる競馬を指示したのですが、
はじめて砂を被って、馬が嫌気を出して競馬になりませんでした。
先生も作戦失敗を認めて、マーフィー騎手に謝っていました。
今回はそういうこともあって再び積極策に出るとのこととT氏。
ソエも完全に良くなったようですから、スンナリ先手を奪えば巻き返しがあってもいいと思いますとの
報告が届いている。

▲3ブラックウォーリア

☆7ハギノオムイデアル

△8カフジストーム

△5メスキータ

三連複◎〇フォーメーション

馬連
9-6 9-3 3-6

9-7 9-8 9-5

東京4R 4歳上500万 ダート2100

ラボーナは重賞を2勝して、皐月賞でも3着したコディーノ、
フローラSを勝って、オークスで2着したチェッキーノの下にあたる馬ですが、
ここまで12戦2勝と思ったほどの活躍をみせていません。
特にここ3戦は大敗続きでそれをみるととても手がだせませんが、
今回は去勢手術後の復帰初戦。もともと、この500万条件は一度勝っているように能力は通用しますので
去勢効果があれば通用しても不思議ではありません。

馬場が渋ることで前受けできれば期待で白羽の矢

◎2ラボーナ

▲14オノリシャス
前走は11番人気での9着。そもそも500万に上がってからは一度も好走がなく
今回も人気薄となりそうなオノリシャスだが、その前走は前残りの決着となった中山ダートで
大外から追い込んで5着争いの一線に加わり、上がりもメンバー中最速と見所はシッカリあった。
さらに、体調が良いので久々に続けて使えるが、前走時とは調教の動きがガラっと変わっているという
関係者からのプッシュがとT氏。東京地元金子オーナーの良血馬がココで目覚めそうな
雰囲気を見せている。

〇12ユメノサキ
6ヶ月ぶりの前回、〇に抜擢し小差の4着。先行しての粘りはクラス通用を証明。
当該条件は1-0-1-2と相性十分。渋る馬場はプラスであり好勝負とT氏

☆3ロージズキング

△16グロンフォール

△1サンシロウ

△10リキサンゴルド

△11トモジャヴァリ

三連複◎〇フォーメーション

馬連
2-12 2-14 12-14

2-3 2-16 2-1 2-10 2-11

小倉8R
4歳上500万下 芝1200m


金曜レポで取り上げたギンコイエレジーに白羽の矢

デビューから4戦は芝の千四~千六で先行して強い競馬。その中にはフィリーズR5着も。
そのままポンポン駆け上がるかに思えたが、以降は迷走。直近に至ってはダートへ転戦。
正直、馬体や走り方を考えてもダートはまるで合ってませんでした。
スタミナよりもスピードのあるタイプだし、折り合い面からも芝の短いところだと思いますとは
関係者。初の芝千二で昔の走りが戻るなら。減量起用で大駆けに期待


◎10ギンコイエレジー

〇1ソフトポジション
11番人気だった前走結果はアタマ、クビ、ハナの4着で情報どおりの変わり身で
馬が良くなっていたのも事実。実際、この中間も先週の時点で坂路51秒4
(それまでの自己ベストは53秒2)を楽々とマークし、今週は同厩のOP馬を粉砕。
間違いなく過去最高のデキにあるとR氏。

▲3ゲンパチケンシン
ローカル1200専用機で小倉コースは2着2回の好相性
サンライズが飛ばすようなら内枠で脚をためられるこの枠はプラス

☆5マイネルパッセ

爆6ササノユキオルフェ
この馬と3Rのグラウシュトラールは、ともに今週水曜日に美浦で追い切りをした後に小倉に輸送。
関東馬だと滞在して競馬をするのが一般的だが、この厩舎の場合以前にこの形で
好成績だったこともあり、札幌・函館・小倉でもこの直入の形で臨む事が多いとT氏。
前走は初のダートだったし、レースでも前に馬を置けずに息の入らない厳しい流れ。
芝の1200mは初めてですが、案外合いそうな感じなので、あらためて期待しますと反撃ムード。

△4サンライズカナロア

△2マイネルサイルーン

△14サレンティーナ

△17クルークヴァール

三連複◎〇フォーメーション

馬連
10-1 10-3 1-3

10-5 10-6 10-4 10-2 10-14 10-17

京都8R
4歳上1000万下 ダ1800m

先行有利に拍車の京都ダートであるがフィールドセンスにセイリスペクト
キーフラッシュと先行タイプが多い

となればスーパーライナー

フレッシュな時の方が走るタイプだし、元々、硬くなりやすいので間隔を空けました。
この距離にも少しずつ慣れてきて、前走でクラスにもメドが立ったので、
今回も前走のような競馬ができれば勝ち負けだと思いますという今野師
状態面に関してもこの間は既に硬かったので、その時よりも良くなっていますとのこと。
オーナーが京都の御仁であり白羽の矢

◎8スーパーライナー

〇12レントラー
この2戦はダート替わりで3、4着と結果を出しているレントラー。
富田から川田への鞍上強化は大きな魅力だが、川田が松永昌厩舎の馬に乗るのは
実に約6年ぶり(最後の騎乗は12年12/15のカロッサル)。
以前はテキが激しい追い方が嫌いだったみたいですが、今年の活躍を見て乗せようとなった
みたいです。ユウガが依頼をOKしたのも勝ち負けする馬だからだと思いますとは厩舎スタッフ。
この中間も坂路で好時計を連発しており、状態も申し分ない様子とN氏
二頭出しでダンサクがクラスで頭打ちなのでしぶとさが活きれば上位

▲14フィールドセンス
京都オーナー馬で休養明けの前回は9頭立てでメンバーが楽。
今回は大外枠で同系も絡んできそうな状況。パワーはついたが番手で持ち味が
活きるタイプではないので展開次第

☆2ウォーターマーズ

△9キーフラッシュ

爆5ダンサクドゥーロ
1000万条件で3着が2回ある馬だが、とにかく乗り難しく、厩舎サイドも
小牧騎手じゃないと乗りこなせないと意見が一致しているが
ここ2走、小牧騎手でも大きく敗れている。
現場担当はモタれる面がある馬で、左回りの方がマシなので前走はもう少しやれてもいいと
思っていたんですけど。今回はモタれる馬に効果的とされるジェーンピットという
特殊ハミを着けてみたところ、右回りでもモタれる面がかなりマシになりました。
これなら小牧騎手も安心して乗れるんじゃないかと思います。
ただ、本来は東京を使う予定だったところ、2回続けて除外になったのでここを使うのですが、
右回りだとやはり不安は残ります。力通り走れば、それほど差はないと思うのですがと話している。
今回のこの特殊なハミがどこまで効果があるか?といったところだろう。

△1スズカマサル

△10シュンノカミ

三連複◎〇フォーメーション

馬連
8-12 8-14 12-14

8-2 8-5 8-9 8-1 8-10


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)
※この記事は、2019/2/10 10:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP