的中無料公開中

※この記事は、2019/2/2 11:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね1
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1392

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

02/02(土)
京都7R
4歳以上500万下
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 ナムラキヌ 1:53.4
2 8 10 シンコーメグチャン
3 8 9 クインアマランサス クビ
払戻金
単勝 1 550円 2番人気
複勝 1
10
9
120円
140円
110円
2番人気
4番人気
1番人気
枠連 1-8 220円 1番人気
馬連 1-10 1,950円 6番人気
ワイド 1-10
1-9
9-10
380円
140円
190円
5番人気
1番人気
3番人気
馬単 1-10 3,930円 12番人気
3連複 1-9-10 500円 2番人気
3連単 1-10-9 8,430円 25番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 1 1 ナムラキヌ 5.5 2 54.0 牝4 川田将雅 栗東高橋義忠 482.0
4着 4 4 カリンカ 6.4 3 54.0 牝4 松山弘平 栗東佐々木晶三 430.0
9着 7 7 ロッタラブ 33.0 6 55.0 牝5 和田竜二 栗東加用正 486.0
6着 7 8 ダイシンステルラ 60.9 8 54.0 牝4 川須栄彦 栗東牧田和弥 450.0
3着 8 9 クインアマランサス 1.4 1 55.0 牝5 北村友一 栗東高野友和 470.0
2着 8 10 シンコーメグチャン 8.6 4 54.0 牝4 福永祐一 栗東湯窪幸雄 478.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
9点
900円
500円
-400円
55.6%
馬/組番:9組
馬連
ながし
馬番
5点
500円
0円
-500円
0.0%
馬/組番:9ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:1ー4
合計購入金額:1,500円   払戻金:500円  
収支:-1,000円   回収率:33.3%
02/02(土)
京都8R
4歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 2 2 カムカム 1:26.0
2 8 12 ミッキーマインド ハナ
3 6 8 ハゼル 1/2
払戻金
単勝 2 330円 1番人気
複勝 2
12
8
150円
310円
320円
1番人気
6番人気
7番人気
枠連 2-8 780円 2番人気
馬連 2-12 1,970円 7番人気
ワイド 2-12
2-8
8-12
670円
1,000円
1,690円
7番人気
12番人気
22番人気
馬単 2-12 3,050円 9番人気
3連複 2-8-12 6,550円 26番人気
3連単 2-12-8 29,330円 98番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 2 2 カムカム 3.3 1 57.0 牡5 幸英明 栗東浜田多実雄 474.0
7着 3 3 マッスルマサムネ 7.7 3 57.0 せん4 浜中俊 栗東池添学 494.0
12着 4 5 オオオヤブン 65.0 11 57.0 牡5 酒井学 栗東笹田和秀 480.0
6着 5 7 ブライトエンパイア 3.6 2 57.0 牡4 松山弘平 栗東浅見秀一 448.0
3着 6 8 ハゼル 11.7 7 57.0 牡4 福永祐一 栗東鈴木孝志 506.0
9着 7 11 マルモレイナ 9.1 5 55.0 牝5 田中健 栗東木原一良 460.0
2着 8 12 ミッキーマインド 10.3 6 57.0 牡4 四位洋文 栗東音無秀孝 476.0
4着 8 13 ロードキング 8.0 4 57.0 牡6 鮫島克駿 栗東吉村圭司 490.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
6,550円
+4,150円
272.9%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
1,970円
+1,270円
281.4%
馬/組番:2ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:3ー12
合計購入金額:3,200円   払戻金:8,520円  
収支:+5,320円   回収率:266.3%
東京新聞杯ポイント


過去6年でも…

18年:1人気グレーターロンドン→8着
17年:1人気エアスピネル(単勝1.8倍)→3着
16年:1人気ダッシングブレイズ→競走中止(上位3人気すべて馬券外)
15年:1人気フルーキー→3着
14年:1人気コディーノ→4着
13年:1人気コディーノ→10着
と1人気がすべての年で連対していません。
特に16年は5→6→11人気で3連単【35万3160円】の大波乱に!
09年には3連単【88万8960円】という驚愕の配当も飛び出しています!

人気や直近の成績といった表面上の数字に惑わされないように
東京新聞杯の攻略ポイントはズバリ

・内目の枠
・明け4歳馬

に尽きるでしょう。

先週からスタートした今年の東京開催。2週目ということもあり、
それなりに前に行く馬が有利。また、過去10年で1着馬は10頭中7頭が3・4枠のどちらか!

年齢別では明け4歳馬の活躍が例年目立ちます。
となれば今年の該当馬は…★★★

ご参加希望はここへomowaku.keiba@gmail.com


競馬界における毎年の慣習!
2月末で引退を迎える関係者周辺の動きからは目が離せないシーズンの到来です!

【今年2月で引退を迎える調教師一覧】
<美浦>
伊藤正徳調教師
栗田博憲調教師
柴田政人調教師
谷原義明調教師

<栗東>
沖芳夫調教師
坂口正則調教師
中村均調教師
松元茂樹調教師

重賞ホース、GIタイトルホース馬を育てあげ競馬界に大きく貢献した調教師も
含まれる今年の引退関係者の面々。
実績ある者がターフを去ることとなれば、そこには目には見えない大きな力が働くことは
言うまでもありません!何かが起こる2月競馬!ついに幕開けです!
詳細は次週に


本日の予想

ルメール&デムーロ騎手

現在、リーディングジョッキーの1位は先週で短期免許での騎乗が終了したマーフィー騎手で17勝。
ルメール騎手は11勝と6勝差ですが、もちろん相手がもう日本にいない以上、
そろそろ定位置となる1位を目指してルメール騎手もエンジン全開!ではないでしょうか?

そんなルメール騎手ですが土曜日は東京競馬場で8鞍に騎乗。
重賞もなければメイン戦にも騎乗がないのに東京で騎乗するのは藤沢和厩舎の2頭のため?
それともこの先が楽しみな手塚厩舎、ルヴォワールのため?…なのでしょうか?

複勝率ベスト5の厩舎においてはその藤沢和厩舎の2頭、
6Rのエンシュラウド、9Rのスイープセレリタスに騎乗。
ジュピターズライトは今回がデビュー2戦目となりますが、新馬戦ではルメール騎手自身が乗って
クビ差の2着だった馬。中山から東京になり、距離も2400Mとなりますが、
癖のないタイプでセンスも高そうなので条件替わりを心配することはないでしょう。

またスイープセレリタスは若菜賞に出走。母はあのスイープトウショウですから、
当然、藤沢和厩舎サイドはここを勝ってクラシックに向かいたいとの考えを
持っているでしょう。まだ2月とは言え、1勝馬ですから、トライアル出走を想定しても
できれば2勝目をここであげておきたいでしょうから、ルメール騎手としても力が入るところ。
藤沢和厩舎だけで2勝と言う事も十分にあり得るでしょう。

複勝率3位の木村厩舎にも土曜日に2頭騎乗。木村厩舎については
これまでにお伝えしてきたように昨年の活躍を思えば2週前までに未勝利で、
その要因の1つがルメール騎手の騎乗が1度しかなかったことをあげさせた。
先週は今年2回目となるアーチキングに騎乗して、
絶対に注目とまでお伝えしたものの6着。確かにスローの競馬で上がり勝負となる中、
スタートの出が悪く後ろからの競馬は不利であったにしてもガッカリ。

今週は土曜日に2頭、日曜日に1頭と3頭に騎乗。昨年のように木村厩舎の馬への
騎乗が増えてきたことを思えば
1頭目は5R、未勝利戦のアディクション。デビュー戦は福永騎手の騎乗で勝ち馬からコンマ2秒差の
3着でしたが、厩舎サイドはまだ芯が入っていないと辛口。

もう1頭は12Rのレッドエレノア。こちらは先行して安定した取り口が武器で
これまで相手なりに走っていたことを思えば格上げ初戦のここも期待できそうではありますが、
これも厩舎サイドはこの時期で太目が絞れない。それにこのクラスだと慣れが必要と
トーンは上がらず。そうなると藤沢和厩舎の2頭ほど信頼はできません。

それならば先ほども馬名をあげた10R、手塚厩舎のルヴォワール。
昨年の菊花賞馬、フィエールマンのお姉さんです。
体質の弱さもあって順調に使えず、明け5歳もまだキャリアは5戦。
それでも3勝をマークしており、最も着差を付けられたレースでさえ、紫苑Sのコンマ4秒ですから、
この馬も素質が高いのは確か。今回も昨年10月以来のレースですが、
体質的にここを叩いて次が勝負とはならない馬だけに力を出せるだけの仕上げで
あるのは間違いないでしょう。

一方のデムーロ騎手ですが、こちらは今年ここまで10勝。
ルメール騎手が59鞍の騎乗で11勝に対して、こちらは39鞍の騎乗で10勝ですから、
勝率はデムーロ騎手の方が上。勝率25.6%は今年10回以上の騎乗がある騎手で1位となっています。

明日も京都で5頭と騎乗頭数は多くありませんが、それだけ勝ち負けになる馬だけに騎乗している
可能性は高いと言えるでしょう。複勝率ベスト5の厩舎では1位の友道厩舎、
6Rのアドマイヤポラリスに騎乗。デビュー戦は福永騎手でハナ差の2着でしたが、
今回はデムーロ騎手に乗り替わり。その福永騎手は、これもデビュー戦で2着のマジェスティに騎乗。
実はこの馬、アドマイヤの近藤利一オーナーの奥様である英子さん名義の馬。

つまりオーナーサイドはどちらにどう乗せることもできたはずですが、
5馬身差の2着だったマジェスティではなく、ハナ差で2着のアドマイヤポラリスに福永騎手ではなく、
デムーロ騎手が乗ると言う事はこちらが勝負なのかもしれません。

残りの3頭も前走3着の1R、グレースアンバー、前走2着、9Rのヴェルスパー、
前走5着も重賞戦であった10R、アクアミラビリス、前走6着もこれも東海Sであり、
オープン特別なら十分やれそうな11R、アングライフェンとどれも勝ち負けが期待できそうな馬ばかり。

特に芝1200Mの乙訓特別に出走のヴェルスパーは、日曜日に前走で2着した時と同じ、
東京の1400Mがあるにもかかわらずに、わざわざ関西に遠征。
これはデムーロ騎手を乗せるためと考えられますので、大いに注目するべきだと思います。



中京6R 4歳上500万 ダート1900 牝馬


金曜レポで取り上げたポルカシュネルに期待の矢

2ヶ月ぶりだった前走は正直、ひと叩きした方がいいかという12キロ増。
スタートでも出遅れたことを思えばアタマ、クビ、アタマ差の4着は勝ちに等しい内容だったと
言い切れるとT氏。叩いて中2週。実が入った体にはボリューム感そのままで締まりが出て、
仕掛けての反応も格段に良化。今度は完調だ。

◎9ポルカシュネル

▲11ダンツチョイス
ローカルで稼ぐオーナーサイド。前回はオーナーのワンツー
先行有利の流れで差しており条件的に今回はベストの1900
中1週で極端に体が減らないようなら好勝負と陣営
勝ち切れないですが、差す競馬を覚えてから安定して走れるようになり
中1週続きですが疲れなはないし、乗り役さんも連続になるので、今度は順番と厩舎サイド。

〇1ローズベリル
坂路での追い切りを見ていた高野厩舎の助手がキタトモ(北村友)と、西村で
ジョッキー同士の併せ馬、西村にはやりすぎるなと釘をさしときました。
牝馬でも運動量は豊富だから、最終追いのやり過ぎだけが心配やと話していたが、
結果は52.8-38.3-24.5-12.1を馬なりで計測。

これを見てやればやるだけ動く馬だから、これぐらいでちょうど良かったですとご満悦。
相手のタイキサターン(1600万下)も動く馬だが、これをアオっての併入は立派のひと言とN氏。
ブレのない機敏な走りで気配も絶好。ひと息入れて立て直した効果は大きいものが感じられ、
気性的にも詰めて使うよりはリフレッシュ明けでパフォーマンスが上がるタイプ。
近走は人気を裏切る競馬が続いているが、ココで一変の走りを見せてくれそうだ。
ノーザンFの番頭の押しの西村淳で51キロで変り身十分

☆4フワトロ

△12ナガラエンカ

△8アルセナーレ

△13シェパーズポーズ

△7クリノヴィクトリア

馬連
9-1 9-11 1-11

9-4 9-12 9-8 9-13 9-7

三連複 ◎○フォーメション

京都7R 4歳上500万
ダート1800 牝馬

1月5日の限定戦から5頭が参戦 最先着のシルクRのクイーンアマランサスに期待

明日夜にアーモンドアイのJC祝賀会が開催されるシルク
それゆえ今週使う馬は好勝負が必須。
競馬でまじめに走るので詰めて使えないが脚の不安もなく、順調に仕上がり
体つきも逞しくなり期待大と陣営。

◎9クイーンアマランサス

〇4カリンカ
地元オーナーで前で運べる状況の今回頭数も手ごろで好状態で挑めると佐々木師。
ベストは少し時計が早い馬場。◎以外とは互角とN氏

▲1ナムラキヌ
短期放牧を経て稽古の動きも活気十分と陣営。勝ち切れないが限定戦なら
相手なりの競馬ができるタイプで中央でも通用する力はあるんです。
元々、素質を感じていた馬ですし、昇級初戦は5番人気だったほどですから。
持ち味が生かせられれば十分チャンスはあります。状態もキープできているので、
もうこのクラスでは崩れないと思いますと厩舎サイドの評価は高いとN氏



☆10シンコーメグチャン

△8ダイシンステルラ

△7ロッタラブ

馬連
9-4 9-1 9-10

1-4 9-8 9-7

三連複 ◎○フォーメション

東京7R
4歳上500万下 ダ1400m


NR岡田軍団の今週の星勘定がルーチェソラーレ
長期休養明けの前走が勝ちに等しい2着。昇級戦であれば上々の内容と陣営。
今回はメンバーにも恵まれた印象で、キッチリ勝って欲しいと小笠師
二走ボケがなければ東京コースでも即通用とT氏

◎8ルーチェソラーレ

〇14ジェイケイマッチョ
東京オーナーで挽回
前走は大きく出遅れてしまい中団の外を回る形。前残りの決着になったこともあり
力を出し切れずに終わってしまったという。去勢明け2戦目だった2走前の東京で力は見せており、
今回は得意の東京開催まで待っていたと陣営。
気難しい面があり、同じ騎手が続けて乗っていると言う事を聞かなくなるとのことで
今回は岩田騎手に乗り替わり。この選択はプラスに出そうな気配があるとT氏。

▲13ゼンノタヂカラオ
初ダートだった前走は2.7秒差の14着という大惨敗を喫してしまったが、
関係者は距離が長かったのと、勝ち馬に早めに被される展開が響いた。
それでもダートの走りそのものは悪くなかったし、この距離ならまだ分からないと前向きとT氏。
一度は現級を勝っており、芝でも通用するレースは出来ている中での連続のダート戦ということで、
勝算があってのレース選択と考えていい。

☆5アメリカンツイスト

△3カタナ

△7ハヤブサレジェンド

△4マナツノヨノユメ

△15サンクタリリアス

馬連
8-14 8-13 13-14

8-5 8-3 8-7 8-4 8-15

三連複 ◎○フォーメション

京都8R
4歳上500万下 ダ1400m


期待の矢は復帰後初勝利を用意された幸騎手カムカム

昨年11月の落馬で、右肘開放粉砕骨折で全治6か月の重傷を負い、
一時は現役続行すら危ぶまれた幸騎手。その後の懸命なリハビリにより僅か3か月足らずで
レースに戻ってきた。
今週は土日でいきなり14鞍の手綱を執るが、復帰後初勝利のチャンスがありそうなのが、
500万では安定感抜群のカムカムとN氏。
使える脚が一瞬なので、この馬はペースに関係なく終いに徹した方がいいタイプとのことで、
テン乗りのジョッキーがどう力を出し切るかに注目。

◎2カムカム

〇3マッスルマサムネ
17年10月に未勝利を勝ち上がって以降、前走まで8戦してオール馬券圏外。
ただダ千四に戻した前走でいよいよ復調の兆し。
陣営は出遅れたのが痛かったけど、置かれた中でも最後に伸びたのは収穫。
流れに乗れれば勝負になりそうと手応え十分。
ある程度外目の枠から五分のスタートが切れれば久々に圏内突入があっていい。

▲12ミッキーマインド
今週野田オーナー夫妻有力馬が総数10頭使い
1200では追い込んでも届かなく距離を延ばしての勝負トーンの陣営。
四位騎手と手が合うとテキ。嵌れば警戒の1頭とN氏

☆7ブライトエンパイア

爆8ハゼル

デビュー戦を芝の1400Mで勝ち、2戦目にダートを使われて7着後は芝に戻し、
主に1200Mを使われてきたが勝ち切れず、前走はダートに出走して6着。
R氏から前走、福永騎手にはダートで先手を取る競馬をさせたいと厩舎サイドはオーダーを
出していたのですが、道中に不利があって後ろからの競馬に。
久々でプラス16キロを思えば、マズマズの内容でしたが、厩舎サイドに話を聞くと
福永騎手が1400Mなら勝っても不思議じゃないと話しているそうで、
今回はダートの1400Mを使うとのこと。
叩かれて体が絞れた上で、ポンンと前に行ければ一変があるかもしれないとのこと
人気がなくても注目するべき馬でしょう。

△13ロードキング

△11マルモレイナ

△5オオオヤブン

馬連
2-3 2-12 12-3

2-7 2-8 2-13 2-11 2-5

三連複 ◎○フォーメション


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)
※この記事は、2019/2/2 11:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP