的中無料公開中

※この記事は、2019/1/13 13:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね1
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1383-2

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

01/13(日)
中山11R
ニューイヤーS
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 7 ドーヴァー 1:32.4
2 7 12 キャプテンペリー
3 8 13 ミュゼエイリアン クビ
払戻金
単勝 7 680円 3番人気
複勝 7
12
13
230円
210円
2,580円
3番人気
2番人気
13番人気
枠連 5-7 1,840円 8番人気
馬連 7-12 1,680円 6番人気
ワイド 7-12
7-13
12-13
570円
16,320円
11,890円
5番人気
68番人気
63番人気
馬単 7-12 3,540円 14番人気
3連複 7-12-13 102,910円 154番人気
3連単 7-12-13 478,220円 725番人気
WIN5 1,243,350円 3番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
8着 2 2 ウインファビラス 23.5 8 54.0 牝6 柴田大知 美浦畠山吉宏 480.0
6着 3 3 サーブルオール 2.3 1 56.0 牡6 C.ルメール 美浦萩原清 490.0
11着 3 4 ワンスインナムーン 13.1 6 56.0 牝6 戸崎圭太 美浦斎藤誠 454.0
1着 5 7 ドーヴァー 6.8 3 56.0 牡6 田辺裕信 美浦伊藤圭三 506.0
4着 6 9 テオドール 7.5 4 56.0 せん6 O.マーフィー 美浦国枝栄 548.0
5着 6 10 ハーレムライン 19.6 7 53.0 牝4 柴田善臣 美浦田中清隆 472.0
2着 7 12 キャプテンペリー 5.7 2 56.0 せん6 大野拓弥 美浦岩戸孝樹 504.0
7着 8 14 ストーミーシー 32.7 9 56.0 牡6 杉原誠人 美浦斎藤誠 534.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
0円
-2,400円
0.0%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
1,680円
+980円
240.0%
馬/組番:7ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:3ー12
合計購入金額:3,200円   払戻金:1,680円  
収支:-1,520円   回収率:52.5%
京都10R 新春S
4歳上1600万下 芝1600m

京都コースで好相性の上 ここ数戦1600万にしてはハイレベルの相手
と好勝負のロライマに期待の矢


昨年7月の札幌は直線で前が詰まり、抜け出す事ができず9着に終わったが、
それを除くと、2017年の9月に阪神で3着してから、10戦において馬券圏内である3着を
外していないのだから堅実の一言。
現級の1600万条件でも2度の2着、3度の3着だから、もういつ勝っても不思議でない。
現場担当は折り合いに不安があった馬ですが、それがなくなり安定して走れるようになりました。
詰めの甘いところはありますが、直線が平坦の京都、折り合い面に気を使わないで済むマイル戦、
つまり今回の条件がベストだと思いますので、今後こその気持ちですと昨年1月以来、
約1年ぶりの勝利を期待していた。岩田騎手はテン乗りとなるが、
追わせるタイプの馬だけにむしろ合いそうで楽しみとN氏

◎12ロライマ

〇1サンラモンバレー
放牧を経て馬自体がやる気がなく凡走 使われたことで大幅に
動きが上昇という陣営。京都コースは2戦2勝。
この枠なら期待は出来そうだ


▲6ミリッサ
休養明けの前走は期待を裏切ったが、骨折明けだったし、やっぱりその辺を意識して
攻めの調整ができていなかった面はありますと厩舎サイド。
脚元の不安はないという今回は、フォームがガラっと変わりました。
ここまで変わるのはなかなかありませんと調教に跨った腕利きもデキには自信を持っていたとN氏。
ジェンティルドンナにも乗っていた助手のコメントだけに、ここでガラッと変わる可能性はありそうだ。


☆16メサルティム

△10ドゥーカ

△8ライラックカラー

△7テーオービクトリー

△4ハナズレジェンド


三連複◎〇フォーメーション

馬連
12-1 12-6 1-6

12-16 12-10 12-8 12-7 12-4


中山11R ニューイヤーS
4歳上オープン 芝1600m

期待の矢はドーヴァー

OP入りまでに時間は掛かったが、2歳の頃から常に注目を集めていた素質馬。
準OPの勝ち上がりは東京だったが、一番合うのは中山マイルと関係者は
今回のコース替わりをプラスに捉えていて、控える競馬が安定してきたし、相手なりに堅実なタイプ。
今の雰囲気ならOPでも戦えそうな雰囲気と、関係者は上位争いを見込んでいるとのこと。
上位評価が必要な1頭だとT氏。



◎7ドーヴァー


人気のテオドールであるが去勢されたが今のところ効果は見られず

気性に問題があり、折り合いの不安が常にあることをお伝えてきた。
あの折り合いをつけるには定評のあるルメール騎手ですら、
押さえ込むよりも行かした方がいいとばかりに大逃げをしたことがあるほどである。
結果、逃げたり、追い込んだりと極端な競馬しかできず、しかも重賞でも
ソコソコ走るものの結果がでないことから、去勢手術に踏み切ったようだ。

去勢した後は大きく体を減らす馬が多い中、この馬に関しては極端に減ってはないよう。
体付きは悪くないと思います。ただ、去勢した効果があるかどうかと言えば、
相変わらずキョロキョロして、一言で言えば挙動不審です。
そういった意味ではあまり変わった感じはしません。
もちろんレースに行って変ってくれるかもしれませんが、やはり折り合いがポイントになるでしょう。
マイル戦なら…とは思いますがと話していたとT氏
様子を見ても良いと思うが…。

逆にワンスインナムーン


先週には1200mのカーバンクルSがあったにもかかわらず、
敢えて久々のマイル戦となるニューイヤーSへの出走を選択してきた
昨夏に朱鷺Sを使った際にも同じような話があったが、精神的に参っているので、
距離を延ばして気分良く先行させたいというのが今回の狙いだとT氏。
ココで結果を求めるというよりは、次走以降への布石という感じではあるが、
能力は確かだけに楽逃げとなれば侮れない。


〇12キャプテンペリー
1600万での相手関係からここへ出ても瞬発力は通用とT氏
地元オーナーブリーダーであり時計の掛かる状況はプラス

▲3サーブルオール


☆10ハーレムライン
近3走の成績は15着、10着、10着。それを思えば狙い辛い馬となるが、
中山コースならばまだ見限るのは早い気がする。
中山はアネモネSでの優勝もあり、3、2、1、1、5、10着。
5着は紫苑Sであり、勝ち馬ノームコアが強すぎただけで2着のマウレアとはコンマ5秒差。
10着も前走のターコイズSで勝ち馬のミスパンテールからコンマ4秒差ならそれほど
悲観すべき内容ではない。
今回は牡馬相手になるがオープン特別で53キロなら上位に食い込みがあってもいいとT氏。

△9テオドール

△14ストーミーシー

△2ウインファビュラス


爆4ワンスインナムーン

三連複◎〇フォーメーション


馬連
7-12 7-3 12-3

7-10 7-9 7-14 7-2 7-4



※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)
※この記事は、2019/1/13 13:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP