的中無料公開中

※この記事は、2018/12/15 11:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね1
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1372

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

12/15(土)
中京7R
3歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 16 クリムズンフラッグ 1:25.1
2 4 8 ディサーニング クビ
3 6 11 ゴールドクロス 13/4
払戻金
単勝 16 690円 3番人気
複勝 16
8
11
180円
190円
140円
2番人気
3番人気
1番人気
枠連 4-8 2,620円 12番人気
馬連 8-16 2,210円 6番人気
ワイド 8-16
11-16
8-11
830円
460円
470円
10番人気
2番人気
3番人気
馬単 16-8 4,890円 15番人気
3連複 8-11-16 2,670円 3番人気
3連単 16-8-11 20,880円 49番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
14着 1 1 セトノシャトル 6.0 2 56.0 牡3 松山弘平 栗東鈴木孝志 518.0
5着 2 3 ロトヴィグラス 10.2 6 54.0 牡3 横山武史 美浦高市圭二 470.0
9着 3 5 セイウンアワード 36.8 9 56.0 牡6 川又賢治 美浦杉浦宏昭 540.0
4着 3 6 アイアムジュピター 7.6 4 57.0 牡4 津村明秀 美浦奥平雅士 502.0
2着 4 8 ディサーニング 7.8 5 56.0 牡3 西村太一 美浦加藤征弘 506.0
7着 5 10 メンターモード 11.4 7 57.0 牡4 秋山真一郎 栗東藤岡健一 504.0
3着 6 11 ゴールドクロス 2.8 1 56.0 牡3 丸山元気 美浦小西一男 478.0
1着 8 16 クリムズンフラッグ 6.9 3 56.0 牡3 柴山雄一 美浦青木孝文 524.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
2,670円
+270円
111.3%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
0円
-700円
0.0%
馬/組番:11ー**
通常
馬番
1点
100円
2,210円
+2,110円
2,210.0%
馬/組番:8ー16
合計購入金額:3,200円   払戻金:4,880円  
収支:+1,680円   回収率:152.5%
12/15(土)
中山8R
3歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 15 ショーンガウアー 1:56.1
2 3 6 アルーフクライ 11/2
3 6 12 ダウンザライン 1/2
払戻金
単勝 15 180円 1番人気
複勝 15
6
12
130円
310円
240円
1番人気
7番人気
4番人気
枠連 3-8 280円 1番人気
馬連 6-15 1,640円 5番人気
ワイド 6-15
12-15
6-12
690円
450円
1,520円
9番人気
3番人気
18番人気
馬単 15-6 2,000円 6番人気
3連複 6-12-15 3,360円 9番人気
3連単 15-6-12 12,900円 39番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
9着 3 5 ナスノカンザン 4.1 2 57.0 牡4 内田博幸 美浦小笠倫弘 512.0
2着 3 6 アルーフクライ 14.7 5 57.0 牡4 C.デムーロ 美浦宗像義忠 486.0
8着 4 7 カガスター 11.2 4 56.0 牡3 戸崎圭太 美浦高市圭二 452.0
6着 6 11 クリップスプリンガ 20.5 8 57.0 牡4 嘉藤貴行 美浦岩戸孝樹 448.0
3着 6 12 ダウンザライン 9.3 3 57.0 牡4 横山典弘 美浦小野次郎 476.0
1着 8 15 ショーンガウアー 1.8 1 56.0 牡3 W.ビュイック 美浦木村哲也 508.0
7着 8 16 グラスブルース 15.7 7 56.0 牡4 木幡巧也 美浦牧光二 518.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
19点
1,900円
3,360円
+1,460円
176.8%
馬/組番:19組
馬連
ながし
馬番
6点
600円
1,640円
+1,040円
273.3%
馬/組番:15ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:5ー7
合計購入金額:2,600円   払戻金:5,000円  
収支:+2,400円   回収率:192.3%
G1週に馬主関係者を馬券で接待するような、
確勝級大ヤリ関西馬が多く存在するのは、会員様であれば良くご存知だと思いますが、
馬主関係者がトレセンや競馬場へ足を運ぶ機会が普段よりも多くなる12月は、
高確率&高回収が大きく期待できるヤリ話が毎週のように存在します。
今年も既に早い段階から「●●さん(超大物馬主)が阪神最終週に競馬場へ行くらしいので
馬を用意する」や
有馬記念に大勝負馬を用意して◎◎さん(超大物馬主)を招待するというような話も出ている様子です。

中にはその為に11月は完全に叩き台といった驚きの声まで出ている状況です
(出走時は間違いなく人気薄になるでしょう)。

毎週のように高配当的中をお届けできるものと考えておりますので、
会員の皆様、楽しみにしていてください!!

年末年始も大ヤリで無双です。



本日の予想

ルメール&デムーロ騎手

既に自身最高勝利数となる201勝をマークしているルメール騎手。
今後は2005年に武豊騎手が記録したJRA年間最多勝利数となる212勝にどこまで迫れるか?
といったところですが、それを気にするのは周りばかりなのか、
先週、香港遠征をした他の騎手においては、土曜日に日本で騎乗の上、
日曜日に香港に向かったのに対して土曜日も騎乗なし。
更に、今週も土曜日6鞍、日曜日7鞍と、その騎乗数は、何が何でも武豊騎手の記録を
追い抜きたいといった感じはありません。

それはさておき、土曜においては複勝率ベスト5の厩舎では4位木村厩舎、
中山11Rのフローレスマジック、5位の藤沢和厩舎、中山5Rのサトノフォース、
10Rのシンボリバーグに騎乗します。

フローレスマジックはデビューから3戦手綱を取り、アルテミスSで2着後に
戸崎騎手に鞍上を譲り、その後、再び今年からルメール騎手が騎乗。
ここまで今年6戦ですが、その競馬場は東京、中山、札幌、京都と多岐に渡り、
これは厩舎側もルメール騎手の都合に合わせて馬を遠征している事の証明と言えます。

そんな状況で来ているルメール騎手、木村厩舎の双方ですから、
オークス以来、久々に重賞に挑戦するのですから、手応えを感じてない訳がありません。
好走を期待したいと思います。

一方、デムーロ騎手は現在145勝。もちろんリーディング2位で3位の戸崎騎手に
30勝以上の差をつけていますので、さすがではありますが、昨年の171勝には届きません。
そうなると狙うはG1を含めた重賞と言うことになるとは思いますが、
土曜日、デムーロ騎手はターコイズSの騎乗はありません。

その土曜日は阪神競馬場で8鞍に騎乗。複勝率ベスト5の厩舎での騎乗はありません。
そんな中、注目したいのは2頭騎乗する吉村厩舎の馬。
以前にもお伝えしましたが、この1年で10回にも満たない、騎乗を依頼していない厩舎が
デムーロ騎手に同週に複数の依頼をするのは、最低でもどちらかは間違いなく
勝負になる馬を用意する場合が多いと考えるべきです。

実際、この吉村厩舎、この1年で8回しかデムーロ騎手を乗せていませんが、
そのうち7月14日と8月5日には2頭ずつの騎乗があって、7月14日の際は2頭のうち1頭が3着、
そして8月5日も2頭中1頭が1着と好走しています。
そういった意味では今回、4Rのグリッサード、12Rのジョイフルには注目すべきだと思います。

その他では目についたのが、11Rのアイライン。
デムーロ騎手がアイラインを管理する高橋裕厩舎に騎乗するのは2016年12月以来。
つまり約2年ぶりの騎乗となるのですが、その以前最後に騎乗したのが実はこのアイライン。
当時は6番人気で13着でしたが、近走は充実しており、ここでも勝機十分の成績を残している馬。
デムーロ騎手としてはそういった馬だけに、ここは力が入るはずです。

さらに今週は新たな外国人騎手が短期免許を取得しての参戦。
オイシン・マーフィー騎手。
ロアリングライオンという馬でヨーロッパの主要G1を4勝。
その甲斐もあって、今年のワールドベストジョッキーランキングでは2位に付ける活躍ぶり。
2013年の騎手デビューから、まさに順調そのものという出世街道を歩んでいるとN氏
今回のエージェントは戸崎・内田騎手を担当しているエージェントのようです。
有馬記念はミッキーロケットへの騎乗も決まっていますし、馬はしっかりと集まっていますが
実戦でお手並み拝見というところ
和田騎手とすればクソという気分なんだろうけどね


中京7R 3歳上500万 ダート1400

金曜レポで取り上げたゴールドクロスに期待の矢

夏の北海道では不発に終わったが、立て直して距離を詰めた前走でようやく本来の姿を披露。
厩舎関係者も未勝利は千八で勝ったけど、もともとガーッと行く馬だから距離は短い方がいいみた。
ハナに行かなくても競馬ができたのは収穫だし、叩き2戦目で引き続き千四なら
勝てると思うとキッパリ。

◎11ゴールドクロス

〇16クリムゾンフラッグ
オーナー地元開催ラストで連闘のこの馬。前回はハイペースを追走し
0.5差。一息入れた後の状態でソコソコであれば及第点と陣営。
1400がベストであり、揉まれない外枠もプラスとT氏

▲8ディサーニング
前回陣営はかなり期待されていたが、スタートで出遅れて上がり最速を駆使するも
4着。スタート五分ならこのクラスで通用していいと陣営。
今週複数使いの目だつゴドルフィンだけに警戒

☆1セトノシャトル

△6アイアムジュピター

△3ロトヴィグラス

△10メンターモード

△5セイウンアワード


馬連
11-16 11-8 16-8

11-1 11-6 11-3 11-10 11-5

三連複◎〇フォーメーション


阪神7R 3歳上500万 ダート1400

期待の矢はセカンドエフォート
今週のオーナーサイドで取り上げたシルクR 馬主収穫金ランキングで2位と
躍進であるが3位のキャロットFとは3000万の差 次週にレイデオロが用意されており
今週少しでも賞金を上乗せしたいところでありノーザン傘下のクラブであり傍系の
キャロットFに負けたくないのが本音
5歳で1勝馬であり、正直なんとかしたい素質馬

◎6セカンドエフォート

〇12リスペクタブル
落馬負傷から復帰の和田騎手に合わせてのここ参戦と陣営。
昇級緒戦で休養明けであるが、状態は頗る順調との報告
未勝利当時0.3負けたミトノアミーゴは既にこのクラス卒業
デビューから1-3-0-1と相手形に走れるタイプで1400ベストであり期待大

▲4ボナパルト
脚の不安があり放牧へ。立て直しの効果が出て良い状態と陣営。
阪神コースは相性もよく、終いをいかす競馬なら好勝負とN氏
陣営はここはメンバー的にも立ち回り次第でチャンスはありそうだと色気十分。


☆9コパノピエール

△1メイショウルクール

△14キタノナシラ

△8サイレントアスカ


三連複◎〇フォーメーション

馬連
6-12 6-4 4-12

6-9 6-1 6-14 6-8




中京8R 3歳上500万下
ダート1800

今週明けで厩舎がキャリアハイを記念して慰安旅行というのが寺島厩舎
そんな師が今週期待を寄せているのがハクサンペリー

ハクサンペリーに騎乗の小崎騎手は8月4日で勝って以来、124戦勝ち星がありません。
そんな中、厩舎サイドから、馬はソエも治まったし、デキは近走にないほどいいです。
後は騎手次第です。この馬を未勝利で勝たせているし、前走も4着なので、
どう乗れば良いかは分かっているはず。ただ、惜しいレースが続いても勝てないと、
乗り替わりがあって不思議じゃない世界です。
いくら厩舎側が何とか勝って欲しいと思ってもオーナーはなかなかそう温情だけで
ずっと乗せてはくれませんと話していたとN氏。
小崎騎手にしてみれば、好走では済まず、オーナーの準地元であれば
何とか勝たねばならないでしょうとの報告。

◎4ハクサンペリー

〇2シップーコウライ
今年は度重なるアクシデントでまだ1戦のみ。さすがに休み明けの前走時は陣営も
ひとまず無事に走ってきて次につながればというトーンだったとN氏。
ただし、叩いて中3週で折り返せる今回はビシビシやって一変の気配。
攻め駆けしない馬がこれだけ動けば文句なしとトーンが上がりまくっている。

☆13スズカフューラー

▲10メイショウワザシ
稽古の動きが一変して、今回は大きく変わりそうとの前走。
2番手から追走するも、先手を主張した勝ち馬をハナ差捉えられずに2着惜敗。
3着以下には6馬身差をつけていた。
道中に内に切れ込んだりして、まだ若さがありますが、潜在能力は高いです。
現状は左回りの方が良いので今回も楽しみと引き続きここも期待の様子の陣営。

△6ガッツィーソート

△8スズカマイゲスト

△16マースゴールド

△11ストロボスコープ

馬連
4-2 4-10 2-10

4-13 4-6 4-8 4-16 4-11

三連複◎〇フォーメーション


中山8R
3歳上500万下 ダ1800m

期待の矢はショーンガウアー


今回は再びブリンカーを着けるので勝ち負けですと陣営が強気だった前走
距離が延びて追走が楽になるし、ブリンカーは良くも悪くも効き過ぎていた印象だったのでと、
勝ち上がった時に着用していたブリンカーからチークに馬具を替えて臨んだが、
勝負どころで反応が悪く4着まで。
やはり現状は馬具によるフォローが必要と考えを改め、再びブリンカーを着けて中山戦に向かうとT氏。
集中して走ればこのクラスでも勝ち負け。

◎15ショーンガウアー

〇5ナスノカンザン
前走の新潟では3着だったが、陣営は新潟は不向きなのでここまで待つことにしたとコメント。
距離は1800mがベストで小回り1700mの福島はパスし、東京も適距離のレースがない。
一方の中山では湿ったコンディションで時計が速かった一戦を除けば崩れず走れており、
ここまで待機して仕上げてきたことが活きてきそうだとT氏。
内田騎手もこの馬の乗り方は熟知しており、一度勝っている500万はそろそろ突破といきたい。

▲7カガスター
期待された前回は、余裕のある体で陣営の調整ミス。
1800ダートは1-4-1-1で得意でありコース相性から巻き返し出来るレベルとT氏

☆12ダウンザライン

△11クリップスプリンガ

△6アルーフクライ

△16グラスブルース

馬連
15-5 15-7 5-7

15-12 15-11 15-6 15-16

三連複◎〇フォーメーション



※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)
※この記事は、2018/12/15 11:00 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP