的中無料公開中

※この記事は、2018/11/3 11:10 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね1
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1354

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

11/03(土)
福島7R
3歳以上500万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 7 シェーナ 1:08.7
2 7 14 グランデミノル ハナ
3 8 16 ウラガーノ 21/2
払戻金
単勝 7 530円 2番人気
複勝 7
14
16
210円
340円
290円
2番人気
7番人気
6番人気
枠連 4-7 970円 1番人気
馬連 7-14 4,080円 19番人気
ワイド 7-14
7-16
14-16
1,400円
1,420円
1,150円
18番人気
20番人気
13番人気
馬単 7-14 7,440円 36番人気
3連複 7-14-16 10,450円 37番人気
3連単 7-14-16 62,500円 225番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
13着 1 1 セレナライティア 28.2 10 52.0 牝3 藤田菜七子 美浦新開幸一 446.0
11着 2 4 シャンパンサーベル 6.2 3 52.0 牝6 木幡育也 美浦佐藤吉勝 476.0
7着 3 6 エルフィ 17.6 9 54.0 牝3 黛弘人 美浦宗像義忠 448.0
1着 4 7 シェーナ 5.3 2 54.0 牝3 鮫島克駿 美浦萩原清 462.0
10着 5 10 タイセイアピール 8.3 5 54.0 牝3 吉田隼人 美浦斎藤誠 454.0
14着 6 11 マートルリース 5.1 1 54.0 牝3 津村明秀 美浦相沢郁 444.0
8着 7 13 プリティマックス 8.2 4 53.0 牝4 横山武史 美浦菊川正達 442.0
2着 7 14 グランデミノル 10.3 7 54.0 牝3 丸山元気 栗東本田優 486.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
0円
-2,400円
0.0%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
4,080円
+3,380円
582.9%
馬/組番:14ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:4ー6
合計購入金額:3,200円   払戻金:4,080円  
収支:+880円   回収率:127.5%
11/03(土)
東京7R
3歳以上500万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 7 トーホウフライト 1:37.2
2 6 11 サンチェサピーク 31/2
3 5 9 ミッキーボニータ 11/2
払戻金
単勝 7 310円 2番人気
複勝 7
11
9
130円
140円
780円
1番人気
2番人気
10番人気
枠連 4-6 420円 1番人気
馬連 7-11 400円 1番人気
ワイド 7-11
7-9
9-11
230円
1,780円
2,250円
1番人気
20番人気
24番人気
馬単 7-11 910円 2番人気
3連複 7-9-11 5,100円 17番人気
3連単 7-11-9 15,920円 37番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
9着 1 2 ブロードアリュール 5.1 3 57.0 牡4 C.オドノヒュー 美浦尾関知人 486.0
5着 2 4 ラスティユース 28.4 7 56.0 牡3 田中勝春 美浦松永康利 474.0
12着 3 5 ゲームチェンジャー 34.0 8 56.0 牡3 石川裕紀人 美浦小西一男 502.0
1着 4 7 トーホウフライト 3.1 2 56.0 牡3 蛯名正義 美浦田中清隆 504.0
4着 5 10 ラレータ 13.4 5 57.0 牡4 福永祐一 美浦林徹 470.0
2着 6 11 サンチェサピーク 2.7 1 57.0 牡4 戸崎圭太 美浦加藤征弘 526.0
10着 7 14 ゲンパチマサムネ 120.3 13 57.0 牡4 江田照男 美浦田村康仁 514.0
11着 8 15 キングズミッション 44.4 9 57.0 牡5 大野拓弥 美浦高木登 470.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
0円
-2,400円
0.0%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
0円
-700円
0.0%
馬/組番:2ー**
通常
馬番
1点
100円
400円
+300円
400.0%
馬/組番:7ー11
合計購入金額:3,200円   払戻金:400円  
収支:-2,800円   回収率:12.5%
11/03(土)
京都9R
近江特別
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 4 ジークカイザー 1:45.7
2 5 8 シンギュラリティ ハナ
3 8 14 サトノガーネット
払戻金
単勝 4 580円 3番人気
複勝 4
8
14
170円
140円
180円
3番人気
1番人気
4番人気
枠連 3-5 580円 1番人気
馬連 4-8 880円 2番人気
ワイド 4-8
4-14
8-14
340円
610円
380円
1番人気
5番人気
2番人気
馬単 4-8 2,080円 5番人気
3連複 4-8-14 1,640円 2番人気
3連単 4-8-14 9,550円 12番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
8着 2 3 エルプシャフト 6.1 4 55.0 牡5 C.デムーロ 栗東中竹和也 458.0
1着 3 4 ジークカイザー 5.8 3 56.0 牡5 川田将雅 栗東池江泰寿 480.0
5着 3 5 ジェネラルゴジップ 7.0 5 55.0 牡6 C.ルメール 栗東平田修 474.0
2着 5 8 シンギュラリティ 3.0 1 56.0 牡4 岩田康誠 栗東松田国英 488.0
7着 5 9 ディープウェーブ 80.3 12 54.0 牡8 幸英明 栗東中尾秀正 438.0
9着 6 11 アグネスリバティ 32.0 8 55.0 牡5 高倉稜 栗東宮本博 488.0
6着 7 12 キボウノダイチ 11.0 6 54.0 牡3 藤岡佑介 栗東松元茂樹 504.0
3着 8 14 サトノガーネット 5.2 2 51.0 牝3 酒井学 栗東矢作芳人 432.0
12着 8 15 ショウボート 88.2 13 55.0 牡6 北村友一 栗東石坂正 478.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
29点
2,900円
1,640円
-1,260円
56.6%
馬/組番:29組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
0円
-700円
0.0%
馬/組番:3ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:8ー14
合計購入金額:3,700円   払戻金:1,640円  
収支:-2,060円   回収率:44.3%
異例のJBC京都開催に沸いている今週。

その裏で……その裏舞台・福島の取材は甘くなり、その勝負話は盲点になっている。

そんな中、「周りはどう思っているから知らんけど、
ウチとしてはタダ貰いのつもりで関東に持って行く」と……

その西からの刺客とは!?
★★★★★★★★★★★

秋の福島から
地元○○の牧場が関与する 
地元還元一撃
★★★★★★★★★★★

福島 秋福スペシャル

福島○○が意図的にウマミを高める◎◎席が
根回ししての私腹を肥やす強力一撃オフレコ

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-4828.html

本日中に参加可能です。

今週のルメール&デムーロ騎手

絶好調のルメール騎手。もちろん、その勝ち星も先週までに177勝で、
200勝到達も完全に視野に入る中、重賞戦においては現在、騎乗機会8回連続で連対中。
調べてみると、2016年に戸崎騎手が10回連続で連対を果たしており、
後2戦でタイというところまできています。

今週、日曜日はアルゼンチン共和国杯には騎乗せず、JBCクラシックに騎乗するので、
今週の記録更新はありませんが、明日にはファンタジーSにて、レーヴドカナロアに騎乗します。
ダノンファンタジーが強力なライバルになるでしょうが、もちろんキャリアの浅い2歳戦だけに、
これまでの1、2戦で優劣を完全につけることはできません。

レーヴドカナロアはご存じだと思いますが、兄弟馬には活躍馬がズラリ並ぶ、良血馬。
キャリア1戦も勝って不思議でない馬です。

さて、その他ですが、複勝率ベスト5の厩舎は土曜日騎乗馬がありません。
そんな中、注目したいのが中内田厩舎です。同厩舎の開業は2014年。
今年まだ4年目ですが、着実に毎年勝ち星を伸ばし、今年もここまで39勝はリーディング7位。
新進気鋭の厩舎と言えますが、意外な事にルメール騎手の騎乗はそう多くなく、
この1年で僅かに5回しか騎乗がありません。

それでも複勝率は80%と高く、現在は2、2、1、2着と4連続連対中なのです。
今回騎乗するゼンノサーベイヤーは前走でもルメール騎手が騎乗して5着に負けていますが、
今回は初ブリンカーということですから、それほど人気がない今回は狙ってみたい馬。
シヴァージが強いでしょうが、2、3着なら十分期待してもいいでしょう。

もう1頭は12Rで騎乗のアシャカダイキ。この馬を管理する鈴木伸厩舎にルメール騎手は今年2回目
通算でも12回と騎乗は少ないのですが、複勝率は58.3%。
失礼ながら鈴木伸厩舎自体の複勝率は今年25.6%、通算で21.3%ですから、
それらを大きく上回る数字です。

鈴木伸厩舎は美浦の所属ですが、この1頭だけを関西に遠征させてルメール騎手に
騎乗依頼をしているのですから、勝負気配が感じられます。
1000万条件のダートならこの日曜日には東京で番組があるにも関わらずの遠征。

一方、デムーロ騎手ですが、土曜日は東京で8鞍に騎乗。複勝率ベスト5の厩舎では
4位の高野厩舎で、京王杯2歳Sに出走のアウィルアウェイに騎乗します。
この馬、ここまで2戦2勝の牝馬。他にも2戦2勝の無敗馬で重賞ウイナーのファンタジスト、
アスターペガサスといった牡馬が出走しますが、8頭立てで、瞬発力勝負になれば、
ここ2戦で見せたこの馬の決め手が活きるのではないでしょうか?

デムーロ騎手はようやく先週のスワンSをロードクエストで勝って、
重賞戦の連敗をストップしましたが、天皇賞・秋では1番人気のスワーヴリチャードに
騎乗して不利で出遅れてしまい10着と1番人気を裏切っています。
絶好調のライバル、ルメール騎手が不在のここはキッチリと決めてくれると思います。

他にも注目したい馬が多いのですが、その中でも特に注目はこの1年で
4回と騎乗自体も少ないものの4、16、13、10着と全く不振の藤沢和厩舎におけるキタノインパクト、
それと河内厩舎のタガノボンバーの2頭。

まず藤沢厩舎とデムーロ騎手ですが、この1年どころか、2016年5月の勝利を最後に現在12連敗中。
藤沢和厩舎とデムーロ騎手ならば、この結果を聞いて驚く方もいることでしょう。
完全に藤沢和厩舎はルメール騎手が主体となり、その一方で不振続きのデムーロ騎手。
さすがにそれでも騎乗がある以上は両者共に何とか結果を出したいところでしょう。

河内厩舎は以前にもお伝えしましたが、デムーロ騎手を昨年は僅かに3回しか
騎乗させていなかったのですが、今年は状況が一変しつつあります。
それもそのはず、今年はこれまで7回の騎乗ですが、2勝、2着2回、3着1回で着外は僅かに一度だけ。

デムーロ騎手が結果を出していることが騎乗数の増加に繋がっているのでしょう。
今回騎乗のタガノボンバーは前走が初めての騎乗でしたが2着を確保。
その際と同じ東京の2100Mダートなら今度こそ!となるのではないでしょうか?


門別競馬の北海道2歳優駿で写真判定の誤審が出るとは。。。。
◎ウインターフェルと▲2イグナシオドーロの写真判定でイグナシオドーロがハナ差
勝利していた事実が判明。 既に払い戻しの馬券投票は有効で単式の不的中馬券も
払い戻しするとの発表。 patはともかく場外などで購入された人は処分しているのでは?
これは対応が遅いよな 写真みたら逆側からだとイグナシオドーロが出ているし
ケアレスミスだよ 
単式の不的中にされた馬券の払い戻しは後日だと 賞金は恐らく入れ替えなんだろうけど

ここ最近 岩手 船橋 浦和と問題が多いし いずれも対応が遅いし
ファンのこと考えていない対処でしょ 両陣営もいい迷惑ですよね


本日の予想

福島7R 3歳上500万牝馬
ダート1150

金曜レポで取り上げたグランデミノル

前5戦が4.11着の繰り返し。見事なまでにムラで同じ着順を交互に繰り返しているが、
大敗した2戦はいずれも苦手な道悪馬場。稍重の前走ではしっかり我慢できたあたり、
むしろデキは高いレベルで安定しているともいえるはずだとN氏。
馬場の大外を余裕綽々に駆け抜けて同格を圧倒の稽古。あとは当日の馬場だけ

◎14グランデミノル

〇4シャンパンサーベル
1人気の中山戦ではスタートで後手を踏んでいい位置で競馬が出来なく凡走
今回は一息入れて好気配で狙い通りの秋福に参戦。
減量起用で今回は内枠 なんとかしたい陣営の表れとT氏


▲6エルフィ
前走の札幌戦は、プラス22キロと話通り大幅な馬体増。更には直線で不利もあり7着に終わった。
その後は放牧に出して立て直し。坂路で入念に乗り込んで、今回は仕上がり良好との事とT氏。
札幌ではコースが少なくて調整が難しかったです。美浦に戻ってからはとても順調だし、
500万でも通用する力はあるので、改めて期待しますと陣営。
まだ使え込めない弱さがあるだけに、一戦一戦が勝負で、ココはイキナリ狙い目だとT氏。


☆11マートルリース

△1セレナランディア

△7シェーナ

△10タイセイアピール

△13プリティマックス

馬連
14-4 14-6 6-4

14-11 14-1 14-7 14-10 14-13

三連複◎〇フォーメーション


東京7R
3歳上500万下 ダ1600m

期待の矢は降級馬ブロードアリュール


前走は思わぬ大敗となってしまったが。
陣営はレース前からテンションが上がってしまいムダに消耗してしまっていたと敗因を語っていたが、
他にも普段のレースと比べて反動が酷かったという話もあり、
何にせよ本来のデキでレースに臨めていなかったようだとT氏。
大敗してしまったため、夏は立て直しを主眼に置いてNF天栄でジックリと調整。
しっかり体調は戻っており、帰厩後は厩舎の考え以上に良化が速く、
予定を前倒ししての出走となっている。そもそも500万なら断然の存在だが、
メンコの着用と距離延長で更に期待が高くなるとT氏。

◎2ブロードアリュール

〇7トーホウフライト
蛯名騎手に騎乗馬を優先しているオーナーサイド。少ない支援オーナーだけに
騎手もこの馬では崩れていなく、東京1600hベストの十八番の舞台
スタートに難がある馬であるが中間ゲートの練習を行いスタート五分ならここも
やれると陣営は強気とT氏


▲11サンチェサピーク
1年4ヶ月ぶりの復帰戦となる。
陣営はさすがにこれだけの長期休養明けなので、今回はまだ余裕がある。
それをカバー出来るだけの能力があるのは確かだと、あまり歯切れは良くなかったとT氏。
アッサリ突破となれば今後はますます楽しみだが、アテにはしづらい雰囲気である。

☆10ラレータ

△15キングズミッション

△5ゲームチェンジャー

△14ゲンパチマサムネ

△4ラスティユース

馬連
2-7 2-11 11-7

2-10 2-15 2-5 2-14 2-4

三連複◎〇フォーメーション

東京8R
3歳上500万下牝 ダ1600m


期待の矢はプリンセスノンコ

今回は関東オークス以来の復帰戦となるが、放牧明けだが仕上がりは良いし、
500万の牝馬限定戦、しかも東京のマイルだったら大体勝てると思うと陣営はかなり強気とT氏。
前走は距離が長かったし、1勝馬の立場で挑んだ交流重賞。
逆に言うと、それだけ期待が高かったということだし、今回は負けられないでしょうと、
厩舎に近い関係者も自信を見せていた。この相手ならば確実に決めておきたいところ。
因みにオーナー変更はその後の大人の事情でノンコノユメ同様に吉田オーナーに。

◎2プリンセスノンコ

〇3アポロレイア
東京オーナーのアポロサラブレ 外車がメインのこのクラブでダートでコンスタントに稼ぐ
のが信条。ここ数戦は強い馬相手に揉まれたことで粘りが増しており
単騎逃げに豊という布陣 人気上位が差しタイプなのでペース配分が上手であれば
好勝負であるとT氏

▲6ダイワメモリー
前走は出遅れに加えてスローペースも堪える形となったが、
展開の不利があっても最速の上がりで0.1秒差の5着なら、やはり能力はあるとT氏。
ダートは合っているし、叩いて気配は上向き。あとは位置取りと展開だけなので、
しっかりゲートを出て中団辺りに付けられれば勝ち切れると陣営は強気で、
一発の可能性は警戒しておくべき1頭だろう。

☆7マクルーバ

△1サイモンジルバ

△10グレイスニコ

△8メヌエット

押さえ4

馬連
2-3 2-6 3-6

2-7 2-1 2-10 2-8

三連複◎〇フォーメーション


京都9R 近江特別
3歳上1000万下 芝1800m ハンデ

金曜レポで取り上げたエルプシャフトに期待の矢

通算(3-2-1-6)で掲示板を外したのが1回だけなら普通は立派な戦績だが、
何しろ半姉ブエナビスタのディープインパクト産駒。関係者にとっては1000万で
燻っているのが不満で仕方ないという。立て直して最近では一番のデキ。そろそろ覚醒して
もらわないと困ると今回は意気込みが凄いとN氏。

◎3エルプシャフト

〇8シンギュラリティ

デビュー当時はダート戦を3戦使われて勝てずに芝に切り替えたが、
これまで掲示板を一度も外していない堅実派。
1000万条件も2着2回、3着3回、5着1回と、いつ勝っても不思議ではない状況。
以前にお伝えしたが、トモが甘く京都の下り坂ではついて行けなくなり、
その分、追い込むも届かずで京都は苦手であったが
現場担当はここにきてトモがパンとしたので決め手に磨きがかかってきた。
勝負所での反応も良くなっているので、今なら京都も問題ないはず。
使い込むとテンパってくるので、今回ぐらい間隔があいた方がいいと思うし、
何とかして欲しいですと話しているとN氏。
好メンバーが揃った感がある上にハンデ戦なので、取りこぼしがあっても不思議でないが、
末は確実な馬だけに上位争いは必至だろう。


▲14サトノガーネット
前走は500万を勝った直後、中1週でのG1参戦。3冠馬を相手に10着大敗も
情状酌量の余地はある。自己条件戦の今回は、カイ食いが安定しているし、
前走からすぐに体重も戻りましたとデキは変わらず好調で体が減る状態ではないようだとN氏。
決め手だけならここでも差はありません。前走はG1ということで使いましたが、
本来は外回りでこその馬だととこの条件替わりはプラス。51キロで流れ次第では一発ありそうだ。

☆4ジークカイザー

△15ショウボート

△5ジェネラルゴジップ

△9ディープウェーブ

△12キボウノダイチ

爆11アグネスリバティ
これまでは荻野琢真が騎乗することが多かった。
これはオーナーが彼をお気に入りだったことが要因だ。今回は高倉Jへ乗り替わっているが、
実は、この乗り替わりは、この3戦は全てジョッキーのせいで負けたことが理由
3走前はハイペースで逃げた勝ち馬を追いかけて脚をなくし、2走前は早仕掛け、
そして前走は前残りなのに後手に回ってと。不完全燃焼のレースばかり。
今回は陣営の強い要望で、荻野から高倉へスイッチした経緯とN氏。
放牧に出して立て直したので状態面に不安はありません。まともに走れば1000万は
勝てると思っていますと今回は力が入っている陣営。

馬連
3-8 3-14 14-8

3-4 3-15 3-5 3-11 3-9 3-12

三連複◎〇フォーメーション



※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)
※この記事は、2018/11/3 11:10 に、走らせる側の思惑競馬 令和投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP