的中無料公開中

※この記事は、2017/12/23 10:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね1
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1215

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

12/23(土)
中山7R
3歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 15 オメガドラクロワ 2:43.1
2 8 16 サイドチェンジ ハナ
3 2 4 オーパ
払戻金
単勝 15 290円 1番人気
複勝 15
16
4
140円
150円
650円
1番人気
2番人気
8番人気
枠連 8-8 540円 2番人気
馬連 15-16 600円 1番人気
ワイド 15-16
4-15
4-16
280円
1,660円
2,040円
1番人気
15番人気
21番人気
馬単 15-16 990円 1番人気
3連複 4-15-16 7,220円 19番人気
3連単 15-16-4 21,400円 43番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
14着 1 2 ヒロノワカムシャ 30.8 7 55.0 せん3 江田照男 美浦柴田政人 470.0
11着 2 3 プレツィオーゼ 66.6 13 54.0 せん5 菊沢一樹 美浦武藤善則 440.0
3着 2 4 オーパ 32.4 8 57.0 せん4 西田雄一郎 美浦手塚貴久 506.0
6着 3 6 ラインセイラ 34.5 9 55.0 牝4 武士沢友治 美浦水野貴広 472.0
7着 4 8 ドラゴンイモン 14.9 5 56.0 牡4 木幡初也 美浦小西一男 490.0
9着 5 10 サトノギャラクシー 6.3 3 56.0 牡5 木幡巧也 美浦古賀慎明 552.0
12着 6 11 ビレッジゴールド 37.2 10 57.0 牡4 横山和生 美浦土田稔 482.0
1着 8 15 オメガドラクロワ 2.9 1 55.0 牡3 石橋脩 美浦堀宣行 466.0
2着 8 16 サイドチェンジ 3.8 2 55.0 牡3 勝浦正樹 美浦池上昌弘 504.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:29点
購入金額:2,900円
払戻金 :7,220円
収支  :+4,320円
回収率 :249.0%
馬/組番:29組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :0円
収支  :-700円
回収率 :0.0%
馬/組番:10ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :600円
収支  :+500円
回収率 :600.0%
馬/組番:15ー16
合計購入金額:3,700円   払戻金:7,820円  
収支:+4,120円   回収率:211.4%
12/23(土)
阪神7R
3歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 10 スプマンテ レコード
2 7 13 バリオラージュ 11/4
3 8 17 ナルハヤ 1/2
払戻金
単勝 10 320円 1番人気
複勝 10
13
17
140円
180円
310円
1番人気
3番人気
5番人気
枠連 5-7 520円 1番人気
馬連 10-13 680円 1番人気
ワイド 10-13
10-17
13-17
310円
670円
950円
1番人気
6番人気
8番人気
馬単 10-13 1,240円 1番人気
3連複 10-13-17 2,720円 4番人気
3連単 10-13-17 8,910円 10番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
12着 2 3 レッドコルディス 20.3 7 53.0 牝3 藤岡康太 栗東高橋義忠 480.0
8着 3 5 ローズシュクレ 6.1 3 53.0 牝3 福永祐一 栗東小崎憲 444.0
15着 3 6 オンザロックス 39.7 12 57.0 牡4 H.ボウマン 栗東森秀行 488.0
5着 4 8 ウインカートゥーン 6.9 4 57.0 牡4 C.ルメール 栗東西園正都 500.0
10着 5 9 マーヴェルズ 18.4 6 54.0 牡3 鮫島克駿 栗東牧田和弥 446.0
1着 5 10 スプマンテ 3.2 1 55.0 牡3 川田将雅 栗東池江泰寿 484.0
2着 7 13 バリオラージュ 4.4 2 55.0 牡3 M.デムーロ 栗東角居勝彦 474.0
3着 8 17 ナルハヤ 11.6 5 53.0 牝3 柴田未崎 栗東梅田智之 494.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:24点
購入金額:2,400円
払戻金 :2,720円
収支  :+320円
回収率 :113.3%
馬/組番:24組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :680円
収支  :-20円
回収率 :97.1%
馬/組番:10ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:5ー8
合計購入金額:3,200円   払戻金:3,400円  
収支:+200円   回収率:106.3%
全ての出走馬の枠順が粛々と決定していく中で、あの、
キタサンブラック1枠2番が決した瞬間。
そしてノーザン系の有力馬がなんと外枠に押し込まれたクジの結末

そして第62回有馬記念全ての出走馬の枠順が決定し、
それをご覧いただいた瞬間。
果たしてどこを見ていたのか

ここ数週内の【オフレコファイル】やそして秋GI競走を皮切りに公表が叶った
「生産界のタブー」の中でお伝えしてきたメッセージをどこまでご自身の糧として
受け入れられているか。
さらには毎週のように残された提供レースの結果の中で
露骨なほど明確に発信されるメッセージをどこまで受け入れられているか。

改めて問う。
果たしてどこを見ていたのか
ちなみに答えは1つではない。
決して簡単なミッションでもない以上、現場の本音を見ていて欲しいという
願望半分というお話にしか過ぎない。

ただ一つだけ。

キタサンブラックが絶好の1枠2番を引いたことにより鉄板になったと
いう普通の目線だけは、ご勘弁いただきたい。
もちろんこれはキタサンブラックの走りを否定するものではない。
そうではなく。重要なのはそこじゃないという叫びである。

それでは重要なこととは。
その先にある結論に繋がる全容に関しては、遂に今秋最終章を迎える

1年を締めくくるグランプリ競走が目前に迫っている以上、
イチ競馬ファンであればその1鞍だけに意識が奪われてしまうという心情を
否定するつもりはない。
ただし皆様はオフレコ読者様である。
会員様である以上、多少の誤解を覚悟の上で、ハッキリとわかりやすくお伝えしておきたい。

競馬界に流れる潮流。
社台が企てるミッション。
そして数年単位という長期的視野で進められてきたプロジェクト。

その目標の一つが有馬記念であると考えられている方がいるのであれば、
それは大きな思い違いであることをハッキリとお伝えしておきたい。

そもそもが有馬記念というレースの位置づけ自体に、
『競馬会』としての[ミッション]、そして興行的意味合いが多く含まれることは、
例年お伝えしてきたこと。

その興行としての国家戦略的のアナウンスが、いかにもこの有馬記念こそが
クライマックス.決勝戦のような「勘違い」を引き起こさせ、
その先やその他を見えなくさせる魔力を持つレース。

それこそ年が明け、来年度2018年1月6日(土)には、
有馬記念と同等レベルの競馬会としてのミッションが企てられている
【東西金杯】があるにも関わらず、
僅か13日後というその期間ですら、年を跨ぐという感覚や伝統的な理由だけで
遠い未来と感じさせてしまう魔力を持つ。

だからこそ、決してそのような思考や感覚に陥ることの無いよう、
先週時点から、あえて有馬記念に関するネガティブキャンペーンのようなアナウンスを、
お伝えしてきたことはお分かりいただけていると思う。

暦上、1年の最後を締めくくるレースとして位置づけられてきた『有馬記念』。

端的に申し上げれば、その位置づけや意味合いは特別であっても、
約3400レースというJRA年間総レースの1レースであるという事実を、
決して見失ってはならない。

泣きの1日と言わんばかりに行われる12月28日(木)の2017年中央競馬最終開催。
謎の1日の中で行われる新設2歳GI第34回ホープフルステークス。

もう1度申し上げたい。
果たして、皆様を含め、考えうる最悪のリスクとして
有馬記念の大幅売上減の可能性も秘めるこの12月28日(木)を設けた競馬会の意図は。

そしてその1日に向け、何が画策され、何が行われるのか。
更にはホープフルステークスが新設2歳GIとして行われる意味は。
そして先の2歳GIの結果とどのような関わりを持つのか。

その真実を知りうる諸氏の立場で言うならば、
最大級の計らいを持って、会員様に舞台をご用意しなければならない
という12月28日(木)の2017年度中央競馬最終開催。

何度でも申し上げるが『有馬記念』が最後ではない。
決して気を緩めることなく、馬券購入の準備だけは整えておいていただきたい。

http://omowaku-keiba.jp/blog-entry-4081.html 本日22時〆切


本日の予想

中山7R
3歳上500万下 ダ2500m

金レポの今週のオーナーで取り上げたオーナーが里見氏
サトノギャラクシーに期待の矢


3走前に障害に転向するも結果を出せず、平地に戻した前走で4着に健闘。
古賀慎厩舎のスタッフは障害を走った効果があったかは分かりませんが、
前走はブリンカーを着けたことで動けるようになっていましたという
元々ダートの長丁場では実績を残していた馬で、この条件は去年の12月に2着がある。
障害帰りでも勝ち負けを演じておかしくないところだとT氏。


◎10サトノギャラクシー

〇15オメガドラクロワ
夏の新潟でダートに条件を変えて未勝利を勝ち上がった
今回はそれ以来となる復帰戦だが、仕上がりは良いし、休ませて体が一回り成長。
500万でも勝負になる馬なので初戦から楽しみですと陣営は強気のようだ。
ただ、新潟の2戦がどちらもスピードの出る稍重の馬場だったためか、
軽い馬場なら圏内は外さない自信があるが、今の中山はかなりパワーが要るのでその点
が心配ですねという泣きもポロリとT氏。
そこさえクリアすれば勝ち負けの雰囲気。二頭出しのオーナーサイド
であり警戒

▲16サイドチェンジ
詰めが甘いので中々勝ち切れないが、今回先行タイプが少なく
パワー勝負の中山ダートの長い距離であれば持久力勝負に持ちこめそうで
ここも注意は必要とT氏。

☆8ドラゴンイモン

△2ヒロノワカムシャ

△3プレツィオーゼ

△11ビレッジゴールド

△6ラインセーラ

爆4オーパ
関西の石坂厩舎から手塚厩舎に転厩。今回が4ヶ月ぶりの実戦になるが、
12月3日から長短合わせて計6本の追い切りを消化。
当初は時計平凡で手応えもアップアップだったが、先週の併せ馬を機にモタつきが解消。
西田Jが乗った併せ馬で一応の態勢は整っているとT氏。


馬連
10-15 10-16 15-16

10-8 10-2 10-3 10-6 10-4

三連複◎〇フォーメーション


阪神7R
3歳上500万下 芝2600m外

金曜レポで取り上げたスプマンテに期待の矢

先週の時点で厩舎関係者が有馬週は大攻勢になりますと話していた池江寿厩舎。
有馬記念はサトノクロニクル、ミッキークイーンの2頭出し。
土曜の阪神カップにもミスエルテがスタンバイ。それらを含め2場開催にも関わらず、
土日13頭出しの予定となっている。
その中からスプマンテをピックアップとN氏。

前走は2600m→2200mの距離短縮で9着→2着と巻き返しを見せたが、
距離は長ければ長い方が良いというのが陣営のジャッジ。
2走前の敗因は距離ではなく、当時に厩舎関係者がソエで間が空いたし、
追い切りの動きもまだまだと話していたように、仕上がりの問題。
成績からも典型的な叩き良化タイプ。条件好転のココでもうひと押しに期待がかるという。

なお、このレースには4勝差でリーディングで2位の角居厩舎バリオラージュも
出走を予定しており、差を詰められないという意味でも結果がほしい一戦。

◎10スプマンテ

〇5ローズシュクレ
夏の札幌にてヤリ話をスクープしたお馴染みの馬。
当時、現地の新聞記者が苦し紛れの芝使いと話していたほど、
極々一部だけで知られていた話で、改めて夏の北海道シリーズの情報馬券の
凄まじさを思い知らされる結果だった。
主場替わりの昇級戦となった前走で3着し、改めて芝と長距離に対する適性を証明した後は、
短期放牧を挟んでローカル福島芝2600m戦で勝つ予定を立てていたらしいが、
放牧先で思った以上に疲れが出てしまったとのことで、無理せずココまで待機。
11月末に帰厩してから若干、乗り込みが不足しているようにも見えているが、
小柄な馬で仕上がり早。息はできています。阪神芝2600mはスタミナを活かせる願ってもない
舞台ですからと、厩舎サイドは色気タップリといった様子。
鞍上には2走前に勝たせた福永。一発目から好走を狙っているとN氏

▲8ウインカートゥーン
ハイペースの2400で脚がたまらずに3着である前回。
持久力勝負になりそうな2600なら現級勝利のある馬であり叩き二戦目で
巻き返し十分とN氏

☆13バリオラージュ

△9マーヴェルズ

△3レッドコルディス

△6オンザロックス

△17ナルハヤ

馬連
10-5 10-8 5-8

10-13 10-9 10-3 10-6 10-17


三連複◎〇フォーメーション

中山8R 舞浜特別
3歳上1000万下 ダ1200m


期待の矢はシェアード


前走でも本命公開して的中をお届けした、この条件ではお馴染みのドル箱馬
2走前こそ大出遅れが響いて5着までだったが、とにかく中山ダート1200mでは安定しており、
師走の中山2走目となる今回は陣営もココで何とか決めてしまいたいと強気。
前走にしても勝ち馬が強かっただけで3着以下には決定的な差を付けており、
同じくらい走れば勝ち負け濃厚だろうとT氏。
オーナーはシルク系の御仁でありここは期待大

◎14シェアード

〇9スズカグラーテ
この馬も中山専用機であり、前回◎の期待に応えて勝利。
やや昇級となるので印が薄いが1分11秒台の時計も対応可能であり
早い逃げ馬も少なく陣営としても稼ぎ頭であるこの馬好勝負は十分と見ているとT氏

▲13ポップアップシンガー
ここへ来て成長した身体からかなり相手が手ごわい前回パワー勝負で好成績
騎手もスピードにパワーが加わり太鼓判という。今回も好勝負であろうとT氏

☆2タニセンジャッキー

△7テキスタイルアート

△4ナリノメジャー

△6タッチシタイ

爆15シンフォニア


転厩2戦目で大きく条件を変え、穴の気配を漂わせている今回は要注意とT氏
昆厩舎にいた頃はとにかく夏の札幌でしか走らない馬で、厩舎としても
以前の成績を見ると滞在でしか走らない馬という可能性はあるがと半信半疑ではあるものの、
ウチに来てからも調教の動きは凄くイイし、パワーがあるタイプ。
いかにもダートの短いところは合いそうだし思い切って試してみたいと戸田師
枠も絶好で、相手には押えておきたいところ。

三連複◎〇フォーメーション

馬連
14-9 14-13 13-9

14-2 14-7 14-4 14-6 14-15




阪神8R
3歳上500万下 ダ2000m


期待の矢は地元オーナーのジョースターライト


長欠明けでもビッシリ乗り込んでイキナリからという話もあった前走。
スタッフが実戦勘がどうか 一度使った次が勝負になると思うと控え目な本音を
漏らしていたという裏話があり力量上位で2着はしたが、あの結果はあくまで地力の証明。
それにデキが伴った今回こそ本当の勝負処と語る厩舎スタッフは少なくないとN氏。
何よりも変わったのは息遣い。前走時は少し物足りなかっただけに、
この良化は叩いた効果と見ていいという。長丁場のダート戦は得意の舞台であり、
1000万好走歴も考えれば、ここはキッチリ決めておきたい鞍。
コレは馬券話も盛り上がっている様子。

◎4ジョースターライト

〇10ソリティール
牧場サイドの期待馬ということもあり、これまでもたびたび勝負話が入ってきているこの馬。
ただ、致命的に気が悪い。さすがに500万クラスなら力量上位であり、
今回も大きく崩れることはないだろうが、難しいとはこの馬に乗った
全てのジョッキーが口を揃えること。ミルコ、ルメールにムーアといった豪華なジョッキーを
乗せ続けながら、2勝を挙げるに止まっているあたりが、この馬の本質を物語るとN氏。
ただし、今回は転厩2戦目という強調材料がある。吉田厩舎と牧場が揉めて
この厩舎に転厩することになったのだが、その新厩舎としては何とか吉田厩舎以上の結果を出したい
と意気込む鞍。転厩緒戦で様子見の面もあった前走を使って、
今回は中間の調整方法にも微妙な変化を加えてきている。
その効果が実戦で出るかどうかには注目とN氏

▲9キングサムソン
前回は6人気ながら僅差の2着。ずぶいタイプでこの位の距離がベストと陣営。
京都向きではないので最終週の阪神であれば勝負トーンであるとN氏


☆6メガフレア

△15ヤマカツリーダー

△11セヴィルロアー

馬連
4-10 4-9 9-10

4-6 4-15 4-11

三連複◎〇フォーメーション


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)
※この記事は、2017/12/23 10:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ