的中無料公開中

※この記事は、2017/7/22 13:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね1
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1146-2

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

07/22(土)
中京10R
長久手特別
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 11 ワントゥワン 1:34.0
2 4 6 ドルチャーリオ アタマ
3 2 2 ディープウェーブ 1 3/4
払戻金
単勝 11 250円 1番人気
複勝 11
6
2
130円
270円
610円
1番人気
4番人気
8番人気
枠連 4-7 960円 3番人気
馬連 6-11 1,300円 4番人気
ワイド 6-11
2-11
2-6
580円
1,550円
3,740円
4番人気
15番人気
31番人気
馬単 11-6 1,880円 5番人気
3連複 2-6-11 11,780円 36番人気
3連単 11-6-2 30,320円 92番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
7着 3 4 ラッフォルツァート 61.0 10 55.0 牝5 松若風馬 栗東西園正都 476.0
2着 4 6 ドルチャーリオ 10.6 5 57.0 牡4 松山弘平 栗東池添兼雄 454.0
× 5着 5 7 イモータル 8.6 4 57.0 せん4 武豊 栗東須貝尚介 512.0
4着 5 8 レオナルド 3.1 2 57.0 牡4 福永祐一 栗東藤原英昭 444.0
11着 6 9 ブリクスト 20.5 6 57.0 牡5 浜中俊 栗東吉田直弘 484.0
12着 6 10 ヴェゼール 24.9 7 57.0 牡4 岩崎翼 栗東河内洋 542.0
1着 7 11 ワントゥワン 2.5 1 55.0 牝4 M.デムーロ 栗東藤岡健一 444.0
9着 7 12 バルベーラ 44.3 9 52.0 牝3 国分優作 栗東渡辺薫彦 422.0
6着 8 13 アナザープラネット 6.4 3 57.0 牡4 川田将雅 栗東角居勝彦 478.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:29点
購入金額:2,900円
払戻金 :0円
収支  :-2,900円
回収率 :0.0%
馬/組番:29組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :1,300円
収支  :+600円
回収率 :185.7%
馬/組番:11ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:8ー13
合計購入金額:3,700円   払戻金:1,300円  
収支:-2,400円   回収率:35.1%
07/22(土)
函館12R
駒場特別
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 5 ハヤブサナンデダロ 1:42.6
2 7 9 ドラゴンシュバリエ
3 8 10 ディアドナテロ 1 1/4
払戻金
単勝 5 200円 1番人気
複勝 5
9
10
120円
140円
170円
1番人気
2番人気
4番人気
枠連 5-7 400円 1番人気
馬連 5-9 590円 1番人気
ワイド 5-9
5-10
9-10
270円
350円
510円
2番人気
3番人気
7番人気
馬単 5-9 880円 1番人気
3連複 5-9-10 1,400円 3番人気
3連単 5-9-10 4,060円 4番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
5着 4 4 メイショウバッハ 5.9 3 57.0 牡4 藤岡康太 栗東南井克巳 494.0
1着 5 5 ハヤブサナンデダロ 2.0 1 54.0 牡3 吉田隼人 美浦伊藤圭三 522.0
7着 6 7 エンクエントロス 12.9 6 57.0 牡5 丹内祐次 美浦黒岩陽一 500.0
4着 7 8 プレシャスルージュ 9.5 5 57.0 せん5 北村友一 栗東音無秀孝 474.0
2着 7 9 ドラゴンシュバリエ 4.7 2 57.0 牡4 岩田康誠 栗東角田晃一 508.0
3着 8 10 ディアドナテロ 8.5 4 57.0 牡5 藤岡佑介 美浦池上昌弘 482.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:14点
購入金額:1,400円
払戻金 :1,400円
収支  :0円
回収率 :100.0%
馬/組番:14組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:5点
購入金額:500円
払戻金 :590円
収支  :+90円
回収率 :118.0%
馬/組番:5ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:9ー10
合計購入金額:2,000円   払戻金:1,990円  
収支:-10円   回収率:99.5%
福島9R 三陸特別
3歳上500万下 ダ1700m


金曜レポで取り上げたリアリスト に白羽の矢
500万条件を最低人気で激走して勝った後、1000万条件では1秒1差の8着、
1秒4差の12着、コンマ7秒差の4着と苦戦が続いていたが、
3走前に岩田騎手が騎乗してからアタマ差、クビ差と僅差で連続の2着。
何がそこまで変わったかと言えば、現場担当曰く、力はあるのに、直ぐに気を抜いて
止めてしまうところがあったが、岩田騎手が気を抜かすことなく集中して走らせてくれたとのこと。

気分屋であり本来はアテにできないタイプの馬だが、降級するのを待っての一戦。
他にも降級馬はいるが、1000万条件で3着以内に好走した経験があるのはこの馬のみで、
力は一枚上の存在。あとは気を抜かずに走れるかどうかだが、内田騎手と言えば、
岩田騎手と並び、腕っぷしの強い騎手として知られるだけに、
シッカリと集中して走らせてくれるのではないか?勝ち負けを期待したい。

◎10リアリスト

〇7メイスンスパート
500万では安定した競馬で降級の前回は初の1700に対応
流れてくれる1700ならここも好勝負必定であろうと陣営

▲6ゴールドブラッド
休み明けだった前走の未勝利戦を3馬身差で快勝し、今回は再び休養を挟んで
古馬500万に昇級だが、この馬は鞍上の評価が高いとの話で、初戦から侮れないところがありそう
前走の時も成長を感じたが、今回は更にトモが入ってきて良くなっていると、
休養を挟みつつ大事に使ってきた効果でこの時期になってグングン馬が大人になっていると陣営。
前走の勝ちっぷりと、そこから更に成長しているとなれば、このクラスでも通用の魅力ありとT氏。

☆12ワンパーセント
地元オーナーでここもお抱えの菅原騎手で挑んでくる。
1700は昨年の夏にここで勝利しており状態上昇の二戦目であれば期待


△2アポロナイスジャブ

△3ナンヨーファミユ

△1ララパルーザ

△11グッドラックサマー


馬連
10-7 10-6 6-7

10-12 10-2 10-3 10-1 10-11

三連複◎〇フォーメーション


中京10R 長久手特別
3歳上1000万下 芝1600m



実力的に9ヶ月ぶりのイモータルはやや割引か
期待の矢はワントゥワン


1000万に入れば力が一枚違う存在ではあるが、
まだ本当に良かった頃に比べると一息と厩舎サイドは慎重な見立てであるが
ただ、それでも底の状態だった春よりはだいぶ上向いていると、
ココに来ての上昇度は評価しなければならないレベルにあるようだとN氏。
末脚の威力はオープン、重賞級のモノがあると言われており、
仮に完調ではなくとも今のデキなら1000万は勝てると厩舎サイドから前向きな話も聞こえてきた今回。
鞍上にはミルコ。
前から乗ってもらいたかったというスタッフの声も多い待望の起用。
ミルコとしてもジュエラーの近親で、オーナーと縁のある馬だけにこの騎乗は楽しみにしているようだ。

◎11ワントゥワン

〇8レオナルド
2走前は岩田の進路ヘグリの敗戦であり、そもそも1000万でも楽勝できるレベルの馬。
降級した前走の勝利は当然の話であり、再昇級の形になる今回も、
陣営からは、このクラスでどうのこうの言う馬じゃないと自信を持っていると強気とN氏。
中間の調整も極めて順調に来ており、状態は前走以上という報告
G3くらいなら勝てる馬ですと、鞍上の福永もその素質を絶賛しており、
ココもキッチリ決めて次のステップに進む腹積もりの様子

▲13アナザープラネット
〇に以前に乗っていた川田。重賞で俺が乗った時はユルユルだった。
別馬のようになったタイミングで降ろされるんだからたまらんと、
恨み節を言っているそうだとN氏。今回降級馬となるこの馬で〇を負かしたいという。
パワー勝負の馬場も苦にしないので最終週の馬場ならチャンス
放牧明けであるがミスターSだけに仕上がりは十分という報告


☆9ブリクスト
この馬を管理の吉田直弘調教師は、マスコミの対応が苦手なのかTMの取材には、
ほとんど対応することがないとのこと。その分、厩舎スタッフはフリートークで本音を
聞き出しやすいそうだが、今回この馬に関してスタッフの一人から
このクラスは勝っているし、中京も相性がいいので、勝って当然の馬だけど、
気難しいところがあってスンナリと先行しないとダメ。
ところが、ここ最近はスタートが決まらないんだ。出遅れ癖とは言いたくないけどね。
だから本当はテキに鞍上を替えて欲しくないんだという。

今回はテン乗りの浜中騎手。いいジョッキーだとは思うけど、
やっぱりこの馬の事をよく分かっている人の方がいいと思うんだけどと話していたそうだ。
逆に言えば、スタートが決まれば勝ち負けできる馬だけに、
ここ最近の成績で人気はそれほどないのは馬券を買う側にとっては好都合。
頭から狙うのはどうかと思うけど、馬券に加えておいて損はない。


△12バルべーラ

△6ドルチャーリオ

△4ラッフォルツァート

△10ヴェゼール

押さえ7


馬連
11-8 11-13 13-8

11-9 11-12 11-6 11-4 11-10

三連複◎〇フォーメーション


福島10R いわき特別
3歳1000万 芝1800m


金曜レポで当レースの中から3頭が取り上げられた

中でミッキースワロー
3連勝とクラシック出走を懸けた京都新聞杯は5着だったが、着差はわずか0秒1。
少しハミを噛んだのと、若いジョッキーが勝ち急いだのがあと一歩の詰めを欠いた原因というのが
陣営の見立て。秋に向け、自己条件からの再始動。鞍上にとっても負けたらクビと
なる大事な一戦であり 実の父である菊沢師もなんとか息子に勝利をと熱望

逆転候補はエニグマバリエート

現場担当曰く、適距離に関しては、スタッフでも、また騎手も言うことが異なり、
その結果、定まっていないという。前走は2500Mを使っていたが、今回は一気に
距離短縮の1800M。T氏に言わせれば、ある意味オールマイティーではあるが、結局、
決め手に欠ける馬だけに、どの距離でもソコソコ走る一方で、勝ち切れない馬だと思う。
そういった意味では以前に1800Mで好走をしているが、今回、福島の適性を強調するべき。
500キロ近い馬でトビも大きく、本来小回りの福島向きには思えないが、
実は過去に2回走って1着、2着。テン乗りの大野騎手が上手く立ち回れば勝ち負けになっても
不思議じゃないとT氏

◎8ミッキースワロー

〇10エニグマバリエート

▲1サトノメイサア
前走は東京で適鞍があったにも関わらず、輸送に不安のあるサトノクラウンの帯同馬として
関西へ遠征。陣営は7着に終わった結果にガッカリしたそうで、
現場担当曰くデキが良かっただけに、勝てずともあそこまで負けるとは思わなかった。
とくにこれといった敗因が思い浮かばず、強いて言えば長距離輸送が影響したのかもしれないと
話しているという。元々、実力馬を多く抱える堀厩舎においては、多くを期待されてはいないが、
少なくとも1000万条件は勝てるだけの馬との評価を受けている馬。
輸送が短くなる福島で今一度見直してみたいと陣営


☆9ミッシングリング
前回はかなり相手に恵まれた感は否めないところで時計自体も3歳限定重賞ラジオN賞
よりかなり劣る。同型のウイン、コスモがいるだけに過信は禁物


△4テスタメント

△6ウインマハロ

△7ロードリベラル

馬連
8-10 8-1 1-10

8-9 8-4 8-6 8-7

三連複◎〇フォーメーション


函館11R 函館日刊スポーツ杯
3歳上1600万下 芝1200m

5連対中のタマモブリリアンであるが1000万からの1600万戦を
2着で乗り切れた点からも勢いだけではないのがわかる
特にOPから降級したオデュッセウスに0.2の差の競馬から
今回それ以外の降級馬は1頭だけ
大半が前のTvh賞で負かした相手

定量戦なら◎に期待

◎7タマモブリリアン

〇9モズハツコイ
現級でも上位実績のある馬だが、前走は仕上がり途上の状態。
それでも好位で運び、直線で動くに動けないシーンがありながら3着と力のあるところを見せた。
一度叩いてデキは前走以上、今回は巻き返しを狙っていると陣営。
体が引き締まり、息遣いも良くなり函館コースは2勝を挙げて得意としているし、
今回は本来の力を出せると思いますと反撃態勢。2キロ増がやや不安


▲2スカイパッション
前走は頭を下げたところでスタートを切られてしまい出遅れたが、
最後良く差を詰めて0.3差の7着。
4コーナーで大外を回したロスがあったことを考えれば悪くない内容。
一度使って稽古の動きは良くなっているし、スタートさえ出れば勝負になるでしょう。
道悪も極端に悪くならなければこなせるタイプなので、心配していませんと陣営。
ゲート互角なら大幅に巻き返しは可能とAH氏

☆13ナインテイルズ

△1アドマイヤゴッド

△6ラズールリッキー

△14サザンライツ

△12アルマエルナト

馬連
7-9 7-2 2-9

7-13 7-1 7-6 7-14 7-12

三連複◎〇フォーメーション


中京11R 桶狭間S
3歳上1600万下 ダ1400m


サトノファンタシーとワンダーリーデルの一騎打ちの様相か

ワンダーリーデルはダート1400で4勝
前走は1ハロン距離が長かったために終いで甘さを見せた6着敗退だったが、
騎乗した石川は、このクラスでもやれますと確かな手応えを陣営に伝えていたとのこと。
この厩舎らしく使い込んでもまだ上積みがある状況にあって、今回はベスト距離の1400m使い。
勝ち負けしてくれると思いますと、普段は慎重な発言が多い沖調教師も自信を見せているとN氏。

この馬で3戦3勝。手が合うとともにこの馬に良いイメージしかない鞍上和田騎手も、
左回りでも問題ないタイプだし、上手く乗れば勝ち負けになるとオーナーに自信のほどを
伝えていたという。

一方のサトノファンタシー
これまで馬券圏内を外したことがない超堅実派。体質に弱いところがあって
続けて使えない点はネックだが、それでも秘めるモノは間違いなくオープン級と
誰もが口を揃えること。
順調に使えている今回は、それだけ元気がイイ証拠で、実際、一般取材陣の少ない
先週日曜日に坂路で行われた併せ馬の内容は、この馬の稽古の中で最高のものだったという
報告も入ってきているとN氏。
ミルコも最終追い切りに乗ってデキの良さを確認しており、
準オープン昇級緒戦でも一発目から上位争いに加わってくるであろうムードが漂っている。


◎11ワンダーリーデル

〇2サトノファンタシー

▲12ダノンフェイス
1600万2着があり降級の東京1400では貫禄で勝利
先行タイプで揉まれ弱い点があるので注文はつくが同系のコロマンデル回避は
陣営に取れば歓迎か。

☆15コアレスキング
◎とは前回で0.1先着。左コースは相性がよくこの後新潟では
1800か1200しかないのでベストの条件のここはメイチ

△7ディープミタカ

△10ゴールドスーク


馬連
11-2 11-12 12-2

11-15 11-7 11-10

三連複◎〇フォーメーション



福島11R 白河特別
3歳上1000万下 芝1200m
ハンデ

二頭出しとなる国枝師
中ではこの条件で上位の競馬があるミエノドリーマーに期待の矢

前走はまさに降級馬の貫禄を見せ付けるような楽勝ぶり
今回は再び1000万条件に戻るが、2走前には同条件で4着がありメドは立っている状況。
厩舎でも体がシッカリしてきて本格化の兆しを感じる。春よりもデキは良いと期待は大きく、
54キロのハンデならば連勝まで十分に見据えられる雰囲気。
オーナーサイドもセール後で資金補充は不可欠

◎10ミエノドリーマー

〇9ジャッキー
重賞ファルコンSとニュージーランドTはどちらも大敗に終わったが、
1200mの自己条件からの出直しならば話は違うだろうとT氏。
前走はNHKマイルCを夢見ての一戦だったが、結果的にマイルは長かったようだし、
道悪も合わなかった。この中間はしっかりとリフレッシュさせて仕上がりは良いし、
初戦駆けするタイプなのでこの条件なら勝負になると陣営も強気で臨む一戦。
全く同じローテで復帰するマンカストラップとともに3歳馬に注目とT氏。

▲5マンカストラップ
地元オーナー馬で先行力は非凡と陣営。このレース目標に先週の時点で
ほぼ仕上がりハンデ53ならベストの1200なら好勝負

☆2ダイトウキョウ
現クラス勝利があるがどちらかと言えば、坂のあるコースで決めてを活かすタイプ
ただし外国人騎手と異なりこの騎手構えすぎる嫌いがあり取りこぼすことも想定

△3アペルトゥーラ

△4テンテマリ

△12リバティホール


馬連
10-9 10-5 5-9

10-2 10-3 10-4 10-12

三連複◎〇フォーメーション


函館12R 駒場特別
3歳上1000万下 ダート1700m

金曜レポで取り上げたハヤブサナンデダロに白羽の矢

前走は断然の支持を受けるもスタートでまさかの出遅れ。
前走から2秒近くもパフォーマンスを落として馬券圏内から大きく離れた4着。
逃げ馬が自分の形に持ち込めないと脆いという典型的な負け方と言える。
ただ、これは予定のないところで急遽連闘したことで馬に戸惑いがあり、
一過性の出遅れと見ていとAH氏。
今回はシッカリ間隔をあけて立て直しました。逃げなきゃダメってのが分かったので
今回は何が何でもそういう競馬をしてもらう。まともに走ればこのクラスでも
アッサリがある馬と陣営も巻き返しに力が入る。
オーナー地元最終週であり 降雨で脚抜きが良くなるのはプラス

◎5ハヤブサナンデダロ

〇9ドラゴンシュバリエ
同系の◎との兼ね合い一つであるが渋い馬場で前有利となれば
番手の競馬も出来る上、再度昇級であるが昨夏の4着があるので大きな不安は無し。

▲10ディアドナテロ
裏札で調整されてここ目標に好仕上がり。このクラスでは大きく崩れなし
使い倒している馬より状態はフレッシュ

☆4メイショウバッハ

△7エンクエントロス

△8プレシャスルージュ


馬連
5-9 5-10 9-10

5-4 5-7 5-8

三連複◎〇フォーメーション

中京12R
3歳上500万下 芝1600m

金曜レポートで取り上げたレインボーフラッグに期待の矢

ノドの手術明けを2.4.4.2着。降級の前走も取りこぼしたのは誤算だったが、
スタート出遅れ、久々の千八、渋った馬場。勝ち馬が強かったという点も含め、
情状酌量の余地が十分あったのも事実とN氏。
今回は降級2戦目でベストのマイル戦。厩舎サイドももう負けられんと強気に構えている。
ミルコが乗り難しい馬をどう乗りこなすかにも注目したい一戦。


◎6レインボーフラッグ

〇15パンサーバローズ
前回は東京への輸送で到着後、食事を取られなくなりスタート前に終了と陣営
その上スタートで躓いて完全に度外視出来る内容という。
今回は立て直して輸送の少ない中京 芝になるがデビュー戦では1000万勝利の
ミリッサに小差の2着 弥生賞2着ダービー4着のマイスタイルには先着
素質は500万上位であろうとN氏。時計の掛かる芝なら十分通用

▲12ハムレット
グリーンFの二頭出しである。
3走前は長欠明けで状態が一息。2走前は、阪神の馬房が物凄くウルサイ場所で、
馬が気にして体が減ってしまったという裏事情。
500万昇級後の2戦にはともに明確な敗因があるわけで、まともに走れば
前走くらい走れて当然ということとN氏。
厳しい競馬をしていたことを考えれば、このクラスもすぐに勝てると考えていい
続けて使えるように馬自体は元気一杯で、担当に言わせれば
デキはさらに良くなっていますとのこと。地味な存在ではあるが、
今回は馬券に絡むところまで来て不思議ないムードだとN氏。

☆13セイントバローズ

△5エンヴァール

△3アルパーシャン

△10スマートウェールズ

△4ドラゴンマジック

馬連
6-15 6-12 12-15

6-13 6-5 6-3 6-10 6-4

三連複◎〇フォーメーション


本日は以上です。 明日の重賞なども御座いますので
ご無理のない範囲で御自身の判断の上お楽しみ下さい。

オムモ太郎

※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)
※この記事は、2017/7/22 13:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ