的中無料公開中

※この記事は、2017/4/22 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1107

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

04/22(土)
福島6R
4歳以上500万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 7 レッドアマビリス 1:46.8
2 7 12 デイジーフローラ
3 8 14 スプリングキャロル 2 1/2
払戻金
単勝 7 260円 1番人気
複勝 7
12
14
160円
430円
510円
2番人気
6番人気
8番人気
枠連 4-7 540円 2番人気
馬連 7-12 2,350円 7番人気
ワイド 7-12
7-14
12-14
1,000円
1,530円
4,590円
10番人気
14番人気
46番人気
馬単 7-12 3,110円 7番人気
3連複 7-12-14 17,430円 57番人気
3連単 7-12-14 66,830円 192番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
10着 1 1 シトロプシス 47.6 12 55.0 牝4 柴山雄一 美浦畠山吉宏 470.0
4着 2 2 セータコローナ 8.4 3 55.0 牝4 吉田隼人 栗東池江泰寿 494.0
13着 3 4 メジャーガラメキ 24.1 9 54.0 牝5 小崎綾也 栗東小崎憲 476.0
4 6 ウェイアップハイ 3.0 2 55.0 牝4 戸崎圭太 美浦高橋文雅 450.0
1着 4 7 レッドアマビリス 2.6 1 55.0 牝4 武豊 栗東友道康夫 470.0
6着 6 10 シャンタルエット 16.3 4 55.0 牝5 北村宏司 栗東鈴木孝志 488.0
2着 7 12 デイジーフローラ 18.8 6 55.0 牝4 北村友一 栗東音無秀孝 488.0
7着 7 13 グリシーヌシチー 16.3 4 55.0 牝5 津村明秀 美浦相沢郁 454.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:24点
購入金額:2,400円
払戻金 :0円
収支  :-2,400円
回収率 :0.0%
馬/組番:24組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:6ー12
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :2,350円
収支  :+1,650円
回収率 :335.7%
馬/組番:7ー**
合計購入金額:3,200円   払戻金:2,350円  
収支:-850円   回収率:73.4%
04/22(土)
京都7R
4歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 16 レオナルド 1:34.2
2 2 4 サウンドバーニング 1 3/4
3 7 13 ラグナグ クビ
払戻金
単勝 16 170円 1番人気
複勝 16
4
13
110円
150円
190円
1番人気
2番人気
3番人気
枠連 2-8 520円 2番人気
馬連 4-16 550円 1番人気
ワイド 4-16
13-16
4-13
240円
340円
680円
1番人気
2番人気
7番人気
馬単 16-4 650円 1番人気
3連複 4-13-16 1,430円 1番人気
3連単 16-4-13 3,440円 1番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
13着 1 1 キセキノケイフ 12.3 4 57.0 牡4 松若風馬 栗東杉山晴紀 468.0
8着 1 2 キャノンストーム 26.0 7 57.0 牡4 岩田康誠 栗東笹田和秀 500.0
2着 2 4 サウンドバーニング 4.6 2 57.0 牡5 M.デムーロ 栗東安達昭夫 424.0
5着 4 8 マテラアリオン 37.8 9 57.0 牡4 幸英明 栗東浜田多実雄 480.0
6着 5 9 ナリタエイト 15.5 5 57.0 牡4 池添謙一 栗東松永昌博 466.0
3着 7 13 ラグナグ 10.5 3 55.0 牝4 四位洋文 栗東石橋守 478.0
7着 7 14 アイムウィッシング 17.6 6 55.0 牝4 川田将雅 栗東五十嵐忠男 446.0
1着 8 16 レオナルド 1.7 1 57.0 牡4 福永祐一 栗東藤原英昭 444.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:24点
購入金額:2,400円
払戻金 :1,430円
収支  :-970円
回収率 :59.6%
馬/組番:24組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:9ー13
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :550円
収支  :-150円
回収率 :78.6%
馬/組番:16ー**
合計購入金額:3,200円   払戻金:1,980円  
収支:-1,220円   回収率:61.9%
04/22(土)
東京7R
4歳以上500万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 10 レレマーマ 1:24.2
2 7 13 ダイフク
3 1 1 エグランティエ 1 3/4
払戻金
単勝 10 190円 1番人気
複勝 10
13
1
120円
370円
570円
1番人気
5番人気
8番人気
枠連 5-7 760円 3番人気
馬連 10-13 1,770円 5番人気
ワイド 10-13
1-10
1-13
750円
1,380円
4,930円
6番人気
13番人気
41番人気
馬単 10-13 2,280円 5番人気
3連複 1-10-13 11,520円 33番人気
3連単 10-13-1 28,190円 71番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
9着 2 3 インスタイル 54.3 10 57.0 せん6 柴田大知 美浦池上昌和 498.0
8着 3 5 オーバーウェルム 32.7 7 57.0 牡5 丸田恭介 美浦池上昌和 444.0
4着 4 7 タイセイプレシャス 3.3 2 57.0 せん5 内田博幸 美浦池上昌弘 464.0
6着 5 9 カイマノア 10.4 3 57.0 牡5 石川裕紀人 美浦栗田徹 502.0
1着 5 10 レレマーマ 1.9 1 57.0 牡5 C.ルメール 美浦国枝栄 534.0
7着 6 12 オープンザウェイ 26.1 6 57.0 牡5 和田竜二 美浦田村康仁 468.0
2着 7 13 ダイフク 19.0 5 57.0 牡4 大野拓弥 美浦伊藤正徳 480.0
12着 8 15 ティアップサンダー 11.4 4 57.0 牡5 江田照男 美浦小野次郎 486.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:24点
購入金額:2,400円
払戻金 :0円
収支  :-2,400円
回収率 :0.0%
馬/組番:24組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:7ー12
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :1,770円
収支  :+1,070円
回収率 :252.9%
馬/組番:10ー**
合計購入金額:3,200円   払戻金:1,770円  
収支:-1,430円   回収率:55.3%
今年のG1もすでに5戦が終了。気付いた方もいるかもしれませんが、
諸氏のこれまでの5戦の◎本命馬はいずれも1番人気ではありません。
どう考えても嫌う要素がないと判断せざるを得ない場合を除き、
基本的なスタンスとしては人気馬を可能な限り疑って、割って入る可能性の高い伏兵を狙う
方針を貫いていますのが現場の諸氏

というのも、G1で1番人気になるような馬はマスコミによる過剰な持ち上げ方をされて
人気と実力が割に合わないことが多々あります。
正直言って、わざわざ人気してまでオススメするに値しないことがほとんど。以下をご覧下さい。

<GⅠ1番人気馬の成績>
フェブラリー カフジテイク(3着)
高松宮 レッドファルクス (3着)
桜花賞 ソウルスターリング(3着)
皐月賞 ファンディーナ  (7着)

これらのG1の最終結論を聞いた参加者様ならわかると思いますが、
諸氏はいずれの馬もそこまで評価しませんでした▲が大半
あとから見てもなんでコレが1番人気だったの?と思える馬もいるほどで、
明らかに実力に見合っていないのが分かります。

今後のG1を見通しても人気と実力が見合うのは天皇賞春くらいなもので、
それ以外のG1では実力を正確に反映されることはないでしょう。懲
りずに“作られた人気馬がぶっ飛ぶシーンが目に浮かびます。

これらを忠実に守ってスタンスを崩さねば、大きく負け越すことはありえません。
次週からの天皇賞春からR氏の監修の談合オフレコが解禁されるので
これは是が非でもお見逃しなきよう
某エージェントを経由して某サイトでは1R20000円で販売される予定でいるとか
詳細は月曜日のお知らせをご覧ください。


オフレココラム

先週土曜はサーティグランドで、日曜はサンライズカラマで2勝をゲットした
崎山=義ライン。
先週の競馬を迎えるまで崎山厩舎は今年僅か1勝で、所属の義騎手は0勝。
そんな勝てない、厩舎としてもジョッキーとしても、マイナーと呼ばれても
仕方ない状況のこの2人のコンビが、先週の福島で2勝を挙げた。

しかも、2頭とも勝ち方が圧巻。稽古でもデキの良さが目に付いていたが、
厩舎の仕上げも、騎乗ぶりもまさに快心といえるものだったとN氏。

滅多にお目にかかれないマイナー厩舎の、マイナー騎手の馬券を獲る事もまた
競馬の醍醐味のひとつだが、先週の裏開催福島が今年一番と言ってもイイぐらい
目イチの勝負態勢だったのが一目瞭然の崎山=義ライン。

一流騎手への騎乗依頼の集中や、外人騎手への短期免許の乱発。
騎乗依頼の少ない騎手は、レースに乗りたくても、その機会を与えてもらわなければ、
どんなに腕を磨き精進しても花咲く事はない厳しい世界だが、
こういった騎乗機会の少ないジョッキーの勝負話は必然的に裏舞台で多い。

厩舎にしてもそうだ。厩舎が倒産する事は絶対になかった一昔前はいざしらず、
今は調教師稼業も決してラクではない。メリット制が導入されて以降、
定年の70歳を待たずに廃業を余儀なくされる調教師は結構増えているし、
不振の厩舎は馬が集まらずに空き馬房ができ赤字経営に陥っている。
厩舎間の上下の格差は開く一方だが、厩舎も賞金を稼がなければ飯を喰えない。

こういったマイナー厩舎&ジョッキーが、何としても勝たねばならない時。
それは、華々しいG1が行なわれている表舞台では非常に厳しく、
密かに裏舞台で勝負を懸けるしかない、という現実を忘れてはならないし、
またその時を見逃さずに伝えていくのが我々の使命でもあるというN氏。

今後も金レポで取り上げる馬に大いに注目して頂きたい。


本日の予想

福島6R
4歳上500万下牝 ダ1700m


さて我が愛馬 シトロプシスであるが中1週での福島戦であるが
中々相手が手ごわい 関西馬4頭がいる上に今回は1枠というこの馬に
とれば鬼門の内枠で流石に勝てるとは言えない。

と言う訳で

◎7レッドアマビリス


長期休養明けの2走前で0.3差の4着と好走したので、期待していた前走は
直線で最内に押し込められて出られなくなり、包まれて追えずに完全に脚を余した3着。
外に出していたらというレース。叩かれつつ確実に良くなっているし、今回は武豊騎手。
川又騎手とは違う所を見せつけてくれると陣営も巻き返しに期待している。


〇12デイジーフローラ
小回り1700ベストであり二戦前のレベルから考えても期待は出来るレベル
55キロに変る点がどうかだが馬格があるタイプで然程気にならないだろうとN氏

▲6ウェイアップハイ
二戦前には現1600万と混合戦で0.3の競馬。小回りコースに不安があるが
クラス上位は明らかであろう。

☆1シトロプシス
上がりは極悪馬場なりに使えており叩いて良化は明らかであるが
如何せん相手が強い。せこく乗れれば3着を目指せる

△13グリシーヌシチー

△2セーターコローナ

△10シャンタルエット

△4メジャーガラメキ


馬連
7-12 7-6 6-12

7-1 7-13 7-2 7-10 7-4

三連複◎〇フォーメーション


京都6R 三歳500万 ダート1800


金曜レポで取り上げたマジカルスペルに期待の矢

予想記事提供で的中でお伝えした前走は8ヶ月ぶりでも直線でアッサリ抜け出して楽勝。
その前走時の稽古では大坂杯2着のステファノスをアオっていたぐらい。
動きも全くブランクを感じさず、休ませて馬はグンと成長。素質はかなりのモノだし、
よもや負ける事はないという話だった。
今回は昇級でも十分勝負になると踏んでの中1週使い。
前走でシッカリ仕上げたが、大型馬でまだ上積み十分。
ココもアッサリ通過して鳳雛Sに向かいたいと厩舎。

◎4マジカルスペル

〇6マイネルブロッケン
前回でようやく目処がついたと陣営。遊びながら走る点があるのだが
ダートでは崩れていないのでここも好勝負が出来るであろうと陣営

▲3ゼンノワスレガタミ
元より、芝デビューは単なるお試し、当時から絶対にダートという話もあった馬で、
それを証明する鮮やかな勝ちっぷりだった。
その後、少し間隔が開いてしまったが、先月下旬から山のような乗り込みを消化しており、
休み明けでも仕上がりに問題はないという話。
新コンビとなる福永も1週前に乗って感触を掴んでおり、500万でも足りそうな馬と
関係者に話していたとのこと。まだ底を見せていないだけに、ここ連勝の可能性も十分あるとN氏。

☆11エスケークラウン
以前から厩舎スタッフの間でもベストはダートの短距離と言われ続けているこの馬とN氏
その意味で、少なくともダートに変わるのはイイとは某助手の話。
実は、前走時も当初はダ1800mを使う予定だったそうだが、相手関係を吟味した調教師の判断で
芝1400mに切り替えられていたという裏話。
それを考えればこの条件替わりで本来の力に近いものは見せてくれそうだ。
休み明けだった前走を叩いてデキも着実に上向き。元より、デビュー戦の前に四位が
ココを勝ってステークスもいけるとまで語ったほどの素質馬。当然、まだ見限れない。

△2タガノヴェローナ

△9クリノライメイ

△5サンオークランド


馬連
4-6 4-3 3-6

4-11 4-2 4-9 4-5

三連複◎〇フォーメーション

京都7R
4歳上500万下 芝1600m外


厩舎スタッフがGⅢくらいは楽に獲れる馬と評価する馬であるのがレオナルド
500万なら完全に力が上というもの。前走後、再び間隔は開いてしまったが、
中間の追い切りではさすがの動きを見せており、もう1本あれば完璧だけど、
京都の開幕週に合わせて仕上がりはイイ。500万ならこれくらいの仕上げでも
アッサリ決めてもらわないと困ると、担当T助手も強気な姿勢で構えているとN氏。
レース振りにも自在性があり、どんな流れにも対応できる強みは大きい。
福永も前走に続いての連続騎乗。ココは星勘定の腹積もりで臨むそうだ。
ちなみに、競馬場に入るとイレ込み出す個性があるらしく、
その意味で待たされない7Rっていうのは大きいと担当は話している

◎16レオナルド

〇13ラグナグ
休養前の2戦は10着、17着と大敗が続いたものの、これには訳が…
ノドがもともと悪くて、休養前は特にノド鳴りがひどかった。
だから全力で走っていないと石橋調教師は敗因をこう口にする。

放牧に出してからはノドの手術を行って、その不安を一掃。
今回は休養明けながらこれまでにない状態に仕上がった。
ノドを手術して劇的に馬が変わってきた。稽古でもものすごくいい動きをしているし、
久々だけど休養前に比べて状態は雲泥の差。もともとこのクラスでは2着しているくらいの実力馬、
ノドが良くなった今回は正直、負けられない気持ちだと石橋調教師。
ノド鳴りでの惨敗で人気落ちするようならここは買いだとN氏。

▲9ナリタエイト
休養明けの前回は余裕残しで先行位から伸びきれなくて失速。
今回絞れてきたことで稽古も十分。地元オーナー馬で先行有利の開幕週
だけに注意は必要な1頭であろう

☆2キャノンストーム

△4サウンドバーニング

△8マテラアリオン

△14アイムウィッシング

爆1キセキノケイフ
元が根本厩舎の出身馬。そこで未勝利を勝ちあぐね今回は地方からの転入緒戦。
普通は様子見妥当という結論になってしまうところだが、
これは美浦のT氏が復帰を待っていた馬だという。
何しろ、かつてはとんでもなく走るよ 根本厩舎にいたらいけない馬などなど、
その素質を絶賛する声が方々から挙がっていたほどの好素材。
地方でのドサ回りが功を奏して馬体もパワーアップしているようで、
新厩舎でも稽古の動きなら500万は勝てる馬と好感触を伝える話がされているとN氏
西でも再生工場とその手腕を高く評価されている杉山厩舎なら、このテの馬は決して侮れない。
2~3戦は付き合うくらいの気持ちは必要だが、名前は覚えておいた方がイイ。

馬連
16-13 16-9 13-9

16-2 16-4 16-8 16-1 16-14

三連複◎〇フォーメーション


東京7R
4歳上500万下 ダ1400m


金レポで取り上げたレレマーマ


戸崎、田辺ら美浦のリーディング上位勢が福島に出払っているため、
開幕初日の東京で堂々の中心となりそうなルメール騎手。
騎乗する11頭は全てに勝ち負けのチャンス有り、と言っていいほどの豪華な陣容、
中でもコレは大体大丈夫だろうと関係者が話しているのがレレマーマ。
前走は初の中山ダート1200mと内枠で流れに乗れなかったが、
能力的にはこのクラスでは断然の存在。
長期休養明け3戦目でデキは更に良化。
初距離の1200を使われたが
追走には問題なかったもの追い出してからが伸びず。
東京に戻れば前進あるのみですと
陣営もかなり自信を見せている。

◎10レレマーマ

〇7タイセイプレシャス
典型的なサウスポーで東京開催まで休養させての待望のレース
展開的に追い込みタイプのため左右されるが終いの脚は堅実
行く馬が少ないので騎手の位置取り次第であろう

▲12オープンザウェイ
前走は久々の1200mと極端な高速馬場で全く流れに乗れず、
直線では鞍上も完全に諦めて何もしないまま入線。
そもそも東京開幕を見据えたひと叩きという側面もあった出走で、結果は完全に度外視可能。
東京に舞台を替えて巻き返しを図る。
デキは一度使って良くなっているし、コース替わりも絶対に良い。
この鞍上も以前乗った時の感じが良かったので楽しみですと、
厩舎サイドも今回は色気がありそうなムード。
人気落ちは確実なだけに、しっかりと押さえておきたい1頭だとT氏

☆3インスタイル
岡田オーナー二頭出しでスタート次第では先行出来るタイプで
要警戒である


△5オーバーウェルム

△9カイマノア

△13ダイフク

△15ティアップサンダー

馬連
10-7 10-12 12-7

10-3 10-5 10-9 10-13 10-15


三連複◎〇フォーメーション


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)
※この記事は、2017/4/22 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ