的中無料公開中

※この記事は、2017/3/25 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1095

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

03/25(土)
中京6R
4歳以上500万下
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 7 リヴァイバル 1:25.0
2 3 5 ボクノナオミ 1/2
3 1 2 リリーグランツ 3/4
払戻金
単勝 7 480円 3番人気
複勝 7
5
2
170円
150円
150円
4番人気
2番人気
3番人気
枠連 3-4 740円 2番人気
馬連 5-7 1,140円 5番人気
ワイド 5-7
2-7
2-5
460円
520円
420円
5番人気
6番人気
4番人気
馬単 7-5 2,400円 9番人気
3連複 2-5-7 2,250円 4番人気
3連単 7-5-2 11,250円 21番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 1 2 リリーグランツ 6.5 4 53.0 牝5 木幡初也 美浦矢野英一 446.0
2着 3 5 ボクノナオミ 4.2 2 55.0 牝5 中谷雄太 栗東池添学 486.0
9着 3 6 アキノバレリーナ 13.1 5 52.0 牝4 菊沢一樹 美浦田中剛 488.0
1着 4 7 リヴァイバル 4.8 3 52.0 牝4 荻野極 栗東岡田稲男 474.0
10着 4 8 ルミエールカフェ 38.5 9 55.0 牝4 田中勝春 美浦小島太 494.0
7着 5 9 オールスマイル 2.9 1 55.0 牝4 幸英明 栗東橋口慎介 456.0
13着 6 11 サンマルアリュール 39.0 10 55.0 牝5 秋山真一郎 栗東大橋勇樹 502.0
15着 8 16 セングウ 47.9 11 54.0 牝5 岩崎翼 栗東加藤敬二 476.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:24点
購入金額:2,400円
払戻金 :2,250円
収支  :-150円
回収率 :93.8%
馬/組番:24組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:7ー9
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :0円
収支  :-700円
回収率 :0.0%
馬/組番:2ー**
合計購入金額:3,200円   払戻金:2,250円  
収支:-950円   回収率:70.3%
03/25(土)
阪神6R
3歳500万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 9 メイショウラケーテ 1:24.8
2 8 10 アスターゴールド
3 4 4 ジョーカトゥーラ 1 1/2
払戻金
単勝 9 230円 1番人気
複勝 9
10
4
110円
250円
760円
1番人気
4番人気
8番人気
枠連 8-8 810円 2番人気
馬連 9-10 1,030円 3番人気
ワイド 9-10
4-9
4-10
420円
1,720円
4,230円
3番人気
18番人気
28番人気
馬単 9-10 1,620円 5番人気
3連複 4-9-10 11,420円 26番人気
3連単 9-10-4 36,570円 103番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
4着 1 1 ビックリシタナモー 6.7 3 56.0 牡3 松若風馬 栗東音無秀孝 504.0
6着 5 5 ヴァリーゲイト 11.4 5 56.0 牡3 小牧太 栗東大橋勇樹 470.0
10着 6 6 タイセイブレーク 2.6 2 56.0 牡3 川田将雅 栗東浜田多実雄 510.0
8着 7 7 メイショウオオヅツ 53.5 7 56.0 牡3 松山弘平 栗東河内洋 522.0
5着 7 8 サザンボルケーノ 18.4 6 56.0 牡3 北村友一 栗東加用正 488.0
1着 8 9 メイショウラケーテ 2.3 1 56.0 牡3 池添謙一 栗東松永昌博 462.0
2着 8 10 アスターゴールド 9.6 4 56.0 牡3 田中健 栗東南井克巳 480.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:19点
購入金額:1,900円
払戻金 :0円
収支  :-1,900円
回収率 :0.0%
馬/組番:19組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:6ー10
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:6点
購入金額:600円
払戻金 :1,030円
収支  :+430円
回収率 :171.7%
馬/組番:9ー**
合計購入金額:2,600円   払戻金:1,030円  
収支:-1,570円   回収率:39.6%
03/25(土)
阪神7R
4歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 12 キロハナ 1:47.7
2 7 14 ユウチェンジ
3 3 5 マイネルアトゥー ハナ
払戻金
単勝 12 180円 1番人気
複勝 12
14
5
110円
220円
570円
1番人気
4番人気
8番人気
枠連 6-7 700円 3番人気
馬連 12-14 810円 2番人気
ワイド 12-14
5-12
5-14
410円
1,060円
3,230円
3番人気
10番人気
36番人気
馬単 12-14 1,180円 4番人気
3連複 5-12-14 6,340円 17番人気
3連単 12-14-5 16,070円 39番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
5着 2 3 ブライトボイス 9.3 5 57.0 牡5 北村友一 栗東加用正 510.0
3着 3 5 マイネルアトゥー 44.9 9 57.0 牡4 丹内祐次 栗東吉田直弘 450.0
10着 4 8 ナリタエイト 11.0 6 57.0 牡4 池添謙一 栗東松永昌博 470.0
15着 5 9 トライブキング 23.7 7 57.0 牡4 川島信二 栗東中竹和也 450.0
4着 5 10 アドマイヤスター 8.0 3 57.0 牡5 A.シュタルケ 栗東友道康夫 494.0
1着 6 12 キロハナ 1.8 1 57.0 牡5 川田将雅 栗東池江泰寿 474.0
2着 7 14 ユウチェンジ 7.5 2 54.0 牡4 川又賢治 栗東森秀行 502.0
13着 8 16 トウショウビクター 8.6 4 57.0 牡4 松山弘平 栗東今野貞一 456.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:24点
購入金額:2,400円
払戻金 :6,340円
収支  :+3,940円
回収率 :264.2%
馬/組番:24組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:10ー16
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :810円
収支  :+110円
回収率 :115.7%
馬/組番:12ー**
合計購入金額:3,200円   払戻金:7,150円  
収支:+3,950円   回収率:223.4%
今週末、日本(高松宮記念)、ドバイ(ドバイワールドC・ドバイシーマクラシック・
ドバイターフ)とG1戦が行われることから、一緒に大いに盛り上がりましょう!


香港こそ4レースの発売で日本馬も複数参戦しましたが、
日本の競馬と時間が被ったこともあったことから少々盛り上がりに欠けたかもしれません。

そういった意味では今週のドバイワールドCデーは、
これまでにない程の盛り上がりを見せるのではないでしょうか?
(少々、レース時間は少々夜遅くなりますが、次の日は日曜日です。)

個人的には日本馬が出走しながら、発売とならないレース
(ドバイゴールデンシャヒーン・UAEダービー・ゴドルフィンマイル)があるのは不満に思っていますが、
いずれにしても発売となる「ドバイワールドC」「ドバイシーマクラシック」「ドバイターフ」を含めて、
枠順も決定。

あとは馬券を買われる日本のファンにしてみれば、
日本馬はどの程度の人気になるのだろう?狙っている外国馬の人気は?と
いずれにしても《人気》がどうなるのか気になって仕方のないところではないでしょうか?

もちろんですが、日本の場合は海外のブックメーカーのように長期前売り
(アンティポスト)を行いませんので実際の人気は発売が始まってからでないと分かりませんが、
この《人気》に関連して私の思うところをこの場でお伝えさせていただきます。

一体、日本の競馬ファンは海外のレースをどういった事を考えて馬券を買うのだろうか?

これ、いつも私が思っていることです。

私が思うに1つはとにかく海外の馬のことは分からないけど、日本馬を応援するのから、
当然、馬券も日本馬から買う!、そしてもう1つは海外の馬のことがわからないし、
日本馬との比較もできないので、専門紙やスポーツ紙のTMの印を参考に買う!と
いったことになるのではないでしょうか?

もちろん、そういった考えで馬券を買う方に
それでは駄目と申し上げるつもりはございませんが、
皆様は海外競馬精通のオーナーM氏の監修を参考にできる会員の方。
改めて、以下の事にご注意いただければと思います。

振り返れば昨年の12月。香港では香港国際競走があり、
4つのG1戦がありました。その中の1本、香港スプリント。

覚えていらっしゃいますか?

そうです。日本からビッグアーサー、レッドファルクスの2頭が参戦していました。
このレース、冒頭にも書いたように日本でももちろん発売がありましたが、
これら2頭の単勝オッズは以下のとおり。

ビッグアーサー(単勝260円)
レッドファルクス(単勝520円)

1番人気、3番人気となっていましたが、
実際、レースが行われた香港ではこの2頭どういった人気であったかご存じでしょうか?

ビッグアーサー(単勝700円)
レッドファルクス(単勝1600円)

この差は何か?

一言で言ってしまえば、日本、香港それぞれ、
自国の馬の方が強いと考えて馬券を買った結果だったに違いありません。

で、レース結果はどうであったか?ご存じのとおり、ビッグアーサーは10着、
レッドファルクスは12着に敗退し、香港馬が上位を独占。
ここで私が申し上げたいのは香港馬が強く、日本馬が弱いなどといった話ではありません。

この結果何が起こったかと言えば、香港で1700円であった3連複が日本では3240円。
香港で12830円であった3連単が日本では21770円の配当になったということです。

確かに結果論と言われればそれまでですが、日本を応援したい気持ちをグッとこらえて
各馬を平等にみて馬券を考えることができれば、思わぬ高配当を手に出来る可能性が
大幅にアップするということを皆様にお伝えしたいのです。

それでいうと香港のオッズも香港馬に偏った人気であったかもしれませんが、
日本、香港といった国に関係がなく、平等な目で各馬を分析する欧州をはじめとした
海外のブックメーカーのオッズは少なくとも日本の実際のオッズのように
ビッグアーサーが260円となるようなものではありませんでした。

そういった意味では今回のドバイのレースも、海外ブックメーカーのオッズと
日本の実際のオッズとどの程度の差が生じることになるのか?
その点を大いに注目してください。…

恐らく、まず間違いなくこれまで発売されたレースを見ても、少なくとも1頭、
本来は勝ち負けできるだけの力がありながら、
また海外ブックメーカーでもそれなりの評価を受けているにもかかわらず、
日本のオッズでは不当な評価しか得られず、
結果として高配当をもたらす「穴馬」が出現しています。

先の香港スプリントで言えば、3着となったペニアフォビア。
確かに香港スプリントの直前は不振が続いていましたが、
何を隠そうこの馬は香港スプリントの昨年の優勝馬。
しかも叩き良化型で、一昨年の優勝時には7→3→2→優勝であったことを
把握していれば少なくとも日本の実際のオッズ単勝2580円はつき過ぎであったと言えます。
(香港では1100円)

今回の「ドバイワールドC」「ドバイシーマクラシック」「ドバイターフ」においても、
私が思うに、間違いなくその「穴馬」となるであろう馬が存在します。

その馬が勝つなどとまでは申しませんが、3着にでも入れば、
日本のオッズでは一気に配当が跳ね上がることになるほどの馬達です。

最終的にM氏監修した予想が決定しますが、もちろん、参加される方は的中はもちろんのこと、
一般の競馬ファンでは手も足もでないであろう高配当的中を期待いただければと思います。

ドバイワールドC ドバイシーマクラシック ドバイターフはここで25日夜から公開

http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=4960


本日の予想

中京6R
4歳上500万下牝 ダ1400m

金曜レポで取り上げたのがリリーグランツ
通算(2-4-3-12)うち、実に(2-4-3-8)が左回りのダートという典型的なサウスポー。
休み明けの前走も0秒3差、最後はメンバー最速の上がりを駆使して適性を示している。
昨春が3→1着、昨秋が6→2着と、休み明け2戦目にガラリの実績。
陣営も今度は違うと自信満々という報告。

◎2リーリーグランツ
スタートでモタついてしまい後方の位置取り。直線は内から外に持ち出し、
メンバー中最速の上がりを使い追い込むも5着。
最後の伸びは際立っていただけに勿体無いレース。ひと叩きして反応が良くなったし、
再度芝スタートでも慣れが見込めるので、改めて期待しますと反撃のムードの陣営。

〇9オールスマイル
最内枠だった前走、序盤は距離ロスなく運べたが、直線で狭いところを割ろうして、前が塞がり断念。
進路を切り替えてから鋭く伸びてきて3着。
疲れはなく順調。普通に捌けさえすれば、決め手は一枚上だと思ってるので、
もう何とかしたいですと巻き返しを誓う陣営とN氏

▲7リヴァイバル
地元オーナーとなり今回最終週であれば勝負気配十分。
再度手の合う減量騎手で好勝負だろうとN氏

☆5ボクノナオミ
転厩緒戦で変り身をみせたと陣営。体も絞ぼれており
好調子キープという。コース相性から限定戦なら好勝負であろうとN氏


△16セングウ

△6アキノバレリーナ

△8ルミーエールカフェ

△11サンマルアリュール


馬連
2-9 2-7 7-9

2-5 2-16 2-6 2-8 2-11

三連複◎〇フォーメーション


阪神6R
3歳500万下 ダ1400m

期待の矢は地元で2頭出しのメイショウラケーテ


未勝利勝ちの内容が素晴らしかったことで、厩舎サイドもグンとトーンアップ。
前走時には勝ってドバイに行くという壮大な展望まで持ち上がっていたが。
前走で結果が出なかったことで、夢は夢のまま終わることにはなったが、
それだけの話が出たほどの馬であり、乗っている人間の評価からすれば500万で
ウロウロするような器ではないというのが本音とN氏。
間隔が開いた今回は多少追い不足という面は否定できないものの、
気のイイ馬で、緒戦から走れると思いますと厩舎サイドは前向き。
距離の1400mもスピードのあるタイプだけにプラスに出るという見立て。
試金石の一戦、何とか結果を出したいと意気込んでいる。


◎9メイショウラケーテ

〇6タイセイブレーク
前走から中1週での参戦ながら、中間の気配はすこぶる良好で疲れはありませんと担当。
ゴール前の伸びはジリっぽかったものの、前走の内容からダート適性はやはり高いタイプ
慣れも見込める今回は前走以上にイイ走りが見られそうだとN氏。
もういい加減に決めておきたいと、期待に反して2勝目に手こずっている現状に陣営も
業を煮やしている様子。
前走時に臨場していた助手に言わせれば、前走は乗り役がビビッて乗っていたとのことで、
この鞍上強化も大きな強調材料。

▲10アスターゴールド
オーナーサイドはカフジテイクの応援でドバイ遠征のようだが
地元オーナー馬でかつ管理する南井師も地元であれば要警戒
前回の競馬から距離短縮はプラスであろうとN氏

☆1ビックリシタナモー

△5ヴァリーゲイト

△7メイショウオオヅツ

△8サザンボルケーノ

馬連
9-6 9-10 6-10

9-1 9-5 9-7 9-8

三連複◎〇フォーメーション


阪神7R
4歳上500万下 芝1800m外


金曜レポで取り上げたキロハナに期待の矢

5歳馬ながらここまでのキャリアは5戦。体質が弱く、2度の骨折による長期休養を挟んでいるが、
2戦2勝で挑んだ神戸新聞杯では5番人気に支持されており、関係者も
ゆくゆくはシャイニングレイやベルーフと並ぶところまでいく馬と語るほどの素質を秘めた馬だ。

今回前走から9ヶ月間隔が空いたレース。ただ、牧場でじっくりと調整されたようで、
この中間は栗東坂路で好時計を連発。調教の動きだけでも、
500万下に収まる器では無いことが明確に分かるとN氏。
脚元に不安のあったこの馬が、不良馬場の栗東坂路で、ジョッキー騎乗で一杯に
追われたことそのものに大きな価値がある。この先は1戦1戦が勝負になっていきそうだが、
軌道にさえ乗れば、重賞戦線に顔を出してくる可能性も高い。
500万下は通過点としたいところだろう。

◎12キロハナ

〇10アドマイヤスター
ここ2戦、ともに鞍上が折り合いを意識しすぎるあまり位置取りを悪くしている格好。
いかにも北村友らしい乗り方で、それが終いの伸びに繋がっているとはいえ、
やや消極的な嫌いもあった。それだけに今回、乗り替わってどんな競馬をするかに
注目する関係者は少なくないという。休み明けでも入念に乗り込んで、ここ2週、
格上相手にビッシリ併せ馬を行い態勢は整ったとN氏。
上がりの掛かる阪神は合っているタイプ。良い競馬を見せられますと、
イキナリから色気タップリの陣営。

▲16トウショウビクター
現状藤田衛成個人名義で走らせていることから期待の大きさは十分
母は希代の女傑スイープトウショウ 今野師いわく叩き二戦のここは
変わり身が期待出来ると高評価。

☆14ユウチェンジ
新人騎手で1番槍を挙げた川又騎手。森師が久々の弟子ということで
かなり目を掛けている様子。前回は外に大きく膨れてヘグリそのもの。
今度は癖を掴んでいるので上位争いがノルマ
連続騎乗の恩情に応えたいところで次ぎはない状況とN氏

△9トライブキング

△3ブライトボイス

△5マイネルアトゥー

△8ナリタエイト


馬連
12-10 12-16 16-10

12-14 12-9 12-3 12-5 12-8
三連複◎〇フォーメーション


中山7R
4歳上500万下牝 ダ1800m

金曜レポで取り上げたマイティーハニーに白羽の矢

中間にノドの手術を行い、6ヶ月ぶりの実戦となった前走は、
最後の直線でややジリっぽくなってしまい3着に敗退。
まだ完全には息が出来ていない状態だった印象も否めない。

22日の最終追い切りでは、1度レースを使われての上積みは大きそうだ。
もともと、関係者からは500万ならモノが違うはずという評判を集めていた馬。
このクラスのダート戦では比較的安定した戦績を残しており、
牝馬限定戦を選んできたここも上位争い必至。状態面の上積みが見込めるココは、
久々の勝利に手が届く可能性も極めて高そうだとT氏。

◎14マイティーハニー

▲12コパノビジン
未勝利勝ちをしてから1年5ヶ月も勝ち星から遠ざかっていますが、
牝馬限定のここ4戦は馬券圏内に入るこのクラスの安定株。
前走もメンバー最速の上がりを見せ0秒1の2着しており、500万脱出が見えてきています。

この中間は短期放牧でリフレッシュされ、帰厩後の稽古ではオープン馬のアルタイルと併せ
互角の動きを披露しておりデキは良さそうとT氏。
今回はMデムーロに騎乗依頼したことからも、陣営の勝負度合いが伝わってきます。
右回りだとモタれるところがありますが今の上昇度ならこなしてくれるはずで、
相手関係からもいよいよ勝機が訪れそうとT氏


〇11 リリカルホワイト

昨秋にダート路線に転じてから4、3、3着と安定している
無理をせず一息入れて、この開催で復帰というのは予定通りとT氏。
牧場でもしっかり乗り込んできたし仕上がりは良好。放牧前の充実振りは維持しているし、
このクラスなら勝ち負けと関係者は強気。また上でも通用するくらいの馬だし、
降級前に1つは勝たせないとという話も。

2週連続でしっかりと負荷をかけた追い切りもこなしてきているが、
これは“ここを叩き台にして”という事を一切考えていない証拠とT氏

☆8サンヘレナ

二頭出しで挑んできたオーナーサイド。初の中山コースが懸念材料だった
サンヘレナだが、結果は6着でも中山でも上手く走れていたし、右回りも距離も大丈夫と
陣営は収穫を得ていたという。
前走は混合の上に、追い込み3頭の競馬になって大波乱という特殊な中身のレース。
現級上位の脚力は十分に見せており、コース慣れのさらに見込める同条件2戦目、
さらに牝馬限定戦に替わるとなれば前進は必至。


△15ウェイクアップハニー

△5ハッピーサークル

△6ゴールデンティアラ

△1サクレディーヴァ


押さえ9

馬連
14-12 14-11 11-12

14-8 14-15 14-5 14-6 14-1

三連複◎〇フォーメーション


中京8R
4歳上500万下 ダ1800m


我が出資馬 シトロプシスが急遽出走である。S助手からは
負荷を掛けれないなりに乗り込みは足りているという
当初東京開催から始動の予定も坂路の内容から動きは明らかに前回以上であるが
少々相手が手ごわいここは爆で様子見

注目はストライクショット

何度上位で紹介したか分からないが。それでも当初からダートならこのクラスで
勝ち負けになるとお伝えしていたように、まだ勝ってないけど、
芝で12、8、11、9、6着だった馬がダートになって6、3、2着ともう一歩のところまで来ている。
前走はルメール騎手で2着だったが、その際の勝ち馬は次走、上のクラスでいきなり3着したのだから
相手が悪かっただけ。
ノーザン担当者によれば、現場は優先出走権利を捨ててまでして、
左回りで牝馬限定のこのレースにこだわっている。もちろん勝ちを意識しているのは間違いないという。
以前、中井騎手の仕掛けのタイミングが遅くて負けているので、
今回、菱田騎手が上手く乗りさえすれば勝ち負け必至とのことだった。

因みに気性難の加藤師だが、最近菱田騎手がお気に入りらしく、
今後有力馬への依頼も増えそうだとT氏


◎3ストライクショット

〇11ショウナンサアーダ
ここ二戦限定戦で好勝負。陣営いわくレース後に疲れが残りにくくなり
体質強化が大きいと評価大。切れないがジリジリ伸びるタイプで時計が早いと
ベストの様子で展開次第でチャンス有りとN氏

▲10トリプライト
ダンビュライトの姉になるこの馬。ずぶい面があり追い通しのようなレースがベスト
であり4角手前から流れるこのコースはあいそうだと陣営
乗りなれた騎手に戻り前進期待

☆14コウセイマユヒメ
ダートのローカル開催では堅実な脚で上位に来れるレベル。
小倉開催後も順調な気配で左周りは相性がいい先行潰れなら上位十分とT氏


△6スプリングキャロル

△5バイオレットフィズ

△9ミスズマンボ

爆7シトロプシス

馬連
3-11 3-10 11-10

3-14 3-7 3-6 3-5 3-9

三連複◎〇フォーメーション

※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)
※この記事は、2017/3/25 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ