的中無料公開中

※この記事は、2017/2/18 13:20 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)京都牝馬

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

02/18(土)
京都11R
京都牝馬ステークス(G3)
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 10 レッツゴードンキ 1:22.5
2 7 15 ワンスインナムーン 1 3/4
3 3 6 スナッチマインド アタマ
払戻金
単勝 10 300円 1番人気
複勝 10
15
6
150円
470円
210円
1番人気
8番人気
3番人気
枠連 5-7 800円 1番人気
馬連 10-15 3,070円 12番人気
ワイド 10-15
6-10
6-15
1,070円
480円
1,930円
12番人気
3番人気
20番人気
馬単 10-15 4,500円 17番人気
3連複 6-10-15 6,510円 16番人気
3連単 10-15-6 33,820円 81番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
8着 1 2 アットザシーサイド 4.7 2 54.0 牝4 M.デムーロ 栗東浅見秀一 450.0
16着 2 3 ベルルミエール 50.8 12 54.0 牝6 川島信二 栗東高橋亮 468.0
17着 2 4 アルビアーノ 5.7 3 55.0 牝5 C.ルメール 美浦木村哲也 530.0
3着 3 6 スナッチマインド 7.8 5 54.0 牝6 浜中俊 栗東岡田稲男 466.0
1着 5 10 レッツゴードンキ 3.0 1 55.0 牝5 岩田康誠 栗東梅田智之 502.0
7着 7 13 ナックビーナス 7.5 4 55.0 牝4 横山典弘 美浦杉浦宏昭 518.0
2着 7 15 ワンスインナムーン 19.8 7 54.0 牝4 石橋脩 美浦斎藤誠 438.0
6着 8 18 ウインファビラス 18.6 6 54.0 牝4 松岡正海 美浦畠山吉宏 460.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:24点
購入金額:2,400円
払戻金 :6,510円
収支  :+4,110円
回収率 :271.3%
馬/組番:24組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:10ー13
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :0円
収支  :-700円
回収率 :0.0%
馬/組番:2ー**
合計購入金額:3,200円   払戻金:6,510円  
収支:+3,310円   回収率:203.4%
京都11R

第52回

京都牝馬S

芝 1400m/G3/4歳上/牝馬/国際/別定


昨年から施行条件が変わったこのレース。牝馬同士の一戦ということで、
色気アリの陣営多数。その中から本当に勝ち負けになる馬は最終決断にも注目いただきたい。



中では重賞実積がある馬が過去10年全て馬券圏内という統計から見ても
それなりの実力が不可欠というところ

昨年のターコイズSの際に、本格化著しく、その週で社台が最も期待している馬とまでお伝えした
アットザシーサイド。そんな時に限って、ヨシトミが出遅れるし、上手に乗れず脚を余してしまった。
桜花賞で3着しているけど、ベストは今回の1400M。
デムーロ騎手ならテン乗りでも上手く乗ってくると思うので、補填してもらいたいんだけど、
唯一の心配が雨。牧場担当が現場担当に聞いたところ、昨年のローズSで9着と大きく負けた際、
距離も長かったのもあるけど、下が悪くノメってどうしようもなかったとのこと。
元々、切れ味が武器の馬で今の京都は合っているとは言えないけど、
これで金曜日の雨が残ったりすると割引が必要


一方、ルメールが乗るアルビアーノはまともならこの馬が生産馬では一番強いと思う、
現場担当の報告だと休み明けで太目が残っているとのこと。
当然、大目標は高松宮記念だからそれも仕方なく、押さえまでかという生産サイド



フェブラリーSとW登録、どちらに出走するか迷っていたようにも見えるこの馬だが、
陣営の本音といえば最初からココ一本でしたと、ダート適性自体に不満ないものの、
今回は今後のことを考えて賞金加算が至上命題と陣営。
ゆえに、より勝ちやすい牝馬限定のココを狙っていたドンキ。
ここまでの過程は至極順調。稽古では相変わらず引っ掛かる面を見せているのだが、
この馬らしい。全く問題ありませんと、厩舎に言わせればもうコレはこの馬の個性のようなもの。
体が増えてパワーアップしていると調教師も成長を認めており、
状態面の不安は一切ないと考えていい。それ故砂厚の深い交流ダートで好走出来た所以

桜花賞以来、勝ち星から遠ざかっているとあって、京都オーナーとすれば
大きなチャンスであるココは是が非でも決めたいムード。
無論、それは鞍上岩田にとっても同じこと。


ナックビーナス
差す競馬をマスターした今なら1400Mでも期待と牧場サイド

2、3歳時はスピードに任せる競馬を続けていたけど、ここ3戦をみると、
騎手が逃げ、先行、差しと異なる戦法で競馬を教え込んでいた節がある、
それに応えて上手に競馬ができていた。前走のように溜める競馬で安定した競馬が続けて
できればマイルまでは大丈夫じゃないかなという
少なくとも今回の1400Mで割り引く必要はないと思う。さすがに今回は相手も揃うし、
55キロも初めてなので簡単ではないと思うが、
陣営は先を見据えてここで何とか賞金を加算したいと考えているようだとN氏。




悔しい敗戦に終わった昨年のリベンジを期して、
今年は万全の準備を整えてきたのがスナッチマインド。
昨年といえば、完全に抜け出したところでソラを使ってしまい、
大きく内にモタれる痛恨のロス。
そのスキを上位馬に突かれた結果であり、その手応えからまともなら楽勝していたというのが、
当時の諸氏の一致した見立て。
調教師も菱田は本当にこの馬を上手く乗ってくれないとボヤキが止まらなかった。

その後、自己条件も取りこぼし続けるなど決して満足行く過程は踏めていないのだが、
デキに関してはかなり良くなっているという。
前走が良化途上だったから上積みは大きい。昨年よりも間違いなくイイ状態で臨めると、
担当も自信を見せる好態勢。
乗り難しさは相変わらずでも、今回の鞍上は、それを知り尽くし、
この馬とコンビを組んで(4-5-1-0)と馬券圏内を外したことがない浜中。
アイツに任せれば大丈夫。昨年のようなヘグリはないと、
やれることは全てやって、悲願の重賞制覇に挑む岡田師。


最終決断


◎2アットザシーサイド

〇10レッツゴードンキ




▲13ナックビーナス

☆6スナッチマインド


△15ワンスインナムーン

△4アルビアーノ

△3ベルルミエール


爆18ウインファビラス

馬体も成長を続けている。この馬に関して、陣営が言い続けている評価。
阪神JF2着の後、火が消えたかのような惨敗続き。
その成績だけ見ると完成の早いタイプで、もう終わってしまったと見られても仕方ないのだが
実際は相手関係や距離の問題で結果が出なかっただけというのが陣営のジャッジ。

前走3着でようやくその見立てがある程度証明できたことに大満足。
今度は重賞で結果を出したいと、中間はかなり意欲的な話を関係者にしていた陣営。
その言葉通り、2週続けて長めを乗る、今までにない負荷の掛かった調整を消化。
関西遠征を控えてなお、これだけやれるのだから、相当具合がイイと見て良さそうだとT氏。

今の京都の馬場は間違いなくこの馬向き。少し噛むところがあるから、
1400mの距離も合うと、条件にも不満はないと見ているようで、
ココは本気で一発狙っているようだ。




馬連
2-10 2-13 13-10

2-6 2-18 2-15 2-4 2-3


三連複◎〇フォーメーション


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)
※この記事は、2017/2/18 13:20 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ