的中無料公開中

※この記事は、2016/11/26 13:20 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月7日 〜 2016年12月6日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
地方競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
地方競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1043-3

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

11/26(土)
京都11R
ラジオN杯京都2歳S (G3)
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 3 カデナ 2:02.6
2 8 9 ヴァナヘイム 1 1/4
3 8 10 ベストアプローチ 1 1/4
払戻金
単勝 3 380円 3番人気
複勝 3
9
10
150円
130円
220円
3番人気
1番人気
4番人気
枠連 3-8 490円 2番人気
馬単 3-9 1,360円 5番人気
馬連 3-9 670円 2番人気
ワイド 3-9
3-10
9-10
270円
790円
760円
2番人気
12番人気
11番人気
WIN5
3連複 3-9-10 2,360円 7番人気
3連単 3-9-10 7,450円 12番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
8着 2 2 ダノンディスタンス 10.8 4 55.0 牡2 C.ルメール 栗東佐々木晶三 526.0
1着 3 3 カデナ 3.8 3 55.0 牡2 福永祐一 栗東中竹和也 460.0
5着 4 4 ソーグリッタリング 14.6 7 55.0 牡2 M.デムーロ 栗東池江泰寿 480.0
4着 5 5 ワンダープチュック 47.5 8 55.0 牡2 武豊 栗東河内洋 478.0
10着 7 7 アダムバローズ 10.8 4 55.0 牡2 藤岡康太 栗東角田晃一 504.0
6着 7 8 プラチナヴォイス 3.4 2 55.0 牡2 和田竜二 栗東鮫島一歩 508.0
2着 8 9 ヴァナヘイム 3.0 1 55.0 牡2 A.シュタルケ 栗東角居勝彦 474.0
3着 8 10 ベストアプローチ 12.4 6 55.0 牡2 川田将雅 栗東藤原英昭 472.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:13点
購入金額:1,300円
払戻金 :2,360円
収支  :+1,060円
回収率 :181.5%
馬/組番:13組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:8ー10
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :670円
収支  :-30円
回収率 :95.7%
馬/組番:9ー**
合計購入金額:2,100円   払戻金:3,030円  
収支:+930円   回収率:144.3%
京都11R ラジオNIKKEI杯京都2歳S
芝2000m  G3 2歳OP


重賞格付けになってからは、OP特別だった頃よりも空き家感が強まっているこのレース。
能力馬にとってみれば朝日杯やホープフルS、もしくは1週前に行われる東スポ杯に使う傾向が
顕著で、次点評価の馬が集まる重賞として根付いてしまいそうな気配が漂っています。
京都内回りの2000mと言う条件も、牡馬の一流どころで見ればダービーが大目標な訳で、
わざわざ2歳のこの時期にトリッキーな条件を使う必要も無いということなのかもしれません。

また、近年は社台ノーザンが2歳時に有力馬どうしをバッティングさせない
ローテーションを組む傾向がより顕著になってきており、
5年連続でノーザンF生産馬が勝利しております。


本年のノーザンF生産馬は2頭。

・ダノンディスタンス
・ヴァナヘイム

今年も、この2頭には要注目が必要なのは間違いなく、
ルメール、シュタルケ、両騎手がノーザンFより、どのような指示が出ているのか?
そこにこのレースの「ツボ」があると言っておきましょう。

中では金レポで乗り替りをレポートしたヴァナヘイム
サンデーRのクラブ馬であり今年の3歳春秋とサンデーRとすれば精彩を欠いた節があり
今年G1では勝利がないクラブ

8分程度の仕上げでも勝てると踏んでいた前走でしたが
陣営サイドはまさか負けるとは思わなかった・・・というのが本音。
思った以上に相手が走ったのもありますが、こちらも8分程度の出来でした。
この時期ですから100%の仕上げというのは無くとも、前走よりも前進している事は確かですと
語ってくれた陣営。
ただし、血統、厩舎、生産者、オーナーともに派手であり、
能力以上に人気が先行するタイプである事も事実。

デビュー2戦目、休み明けという条件を考えれば十分健闘と言えるだろうと諸氏。
今回は叩き2戦目の上積みもあり、中間も入念に追われ状態も向上。
更に磨きが掛かった末脚が期待できそうだという。
勝つこと、あるいは2着までに入って賞金の上積みをすることが課せられた最低限の仕事。
これまでを思えば、今後も日本での騎乗機会があると思われるシュタルケ騎手。
今回、代打ならがらきっちりと仕事をするかどうかが今後の騎乗馬にも影響を与える気がします

対するダノンディスタンス

祖母トゥザヴィクトリーのルーラーシップ産駒、落札価格は約6000万円。
億単位の値をつける馬も多いが、父ルーラーシップということを考えればなかなかで
同時に上場されていたルーラーシップ産駒当歳馬の中では2番目に高額。

その実態は超が付くほどのズブさを誇る馬。とにかくズブかったため
どうにかしようとデビュー前に16本も乗り込んだほどだが、その甲斐あってどうにか直線で
末脚を伸ばし差し切り勝ちを収めることが出来た。
新馬戦だというのに鞭をビシビシ入れられていたが、
それでようやく動き出したほどのズブさはある意味ただものではない印象

ひと叩きしたお陰かこの中間は幾分ズブさがマシになっているそうで、
追い切りでも動きが良化。中2週で使うのも、デビュー前にビッシリ乗り込んだ効果で
上昇著しい
ルメール騎手がこの馬をどう乗りこなすかにも注目が集まるところだが、
動かすことが出来ればしっかり動く馬であることは間違いないだろうとN氏


唯一のOP馬となるのがプラチナヴォイス
エンパイアメーカー産駒の割りに、気性面で悪いところがあまり無い馬。
1歳の時にはエンパイアメーカーを買い戻しに来ていたアメリカの生産者が、
このエンパイアメーカー産駒は非常に良い馬だ。アメリカに連れて帰りたいから売ってくれと
言っていたという話があると諸氏。生産者はそれを断ってセリに上場。
エンパイアメーカー産駒では高額の2400万以上での取引というのも、頷ける。
血統、生産者、オーナー、厩舎、ともに地味な印象があるが、侮れない一頭であろう


地元京都のオーナーの前田氏の期待馬カデナ

前走は前が詰まってしまった負けで不完全燃焼。評価としては勝ちに等しいと思っていますと陣営
福永君が少々消極的なレースをした事も有ったのも事実ですが。
ただし、中間も順調に来ていますし、一戦毎に折り合い面に心境が出ています。
ここもペース次第とはなりますが、上位争いには加われると思っていますと語ってくれた中竹師。

そして
ベストアプローチ
新馬戦3着だったアオイテソーロとコンマ2秒差の新馬勝ち。
そのアオイテソーロ自身7分程度のデキだった新馬を叩いて上昇していると聞いていた
次走の未勝利戦で4着。そのアオイテソーロが4着に負けた未勝利戦で勝利した
ハローユニコーンが、その前走負けたのがガンサリュート。
そのガンサリュートに楽勝したのがカデナ。こういった図式を見ると、
一度使ってどの程度上昇してきたのかという点がこの馬の評価に影響してくる。
藤原厩舎が新馬では大体何割」程度の仕上げで使う厩舎なのかという事を知っていれば、
評価は簡単なのではないだろうか?


最終決断

◎9ヴァナへイム


〇10ベストアプローチ


▲8プラチナヴォイス

☆3カデナ

△7アダムスバローズ
今回は後方から行きたいタイプが多いため、場合によっては再び押し出される格好になるだろうが、
既に同条件のレースを逃げ切った実績は心強い。状況に応じたレースぶりで、
最善の着順を狙ってくれそうだ。

△4ソーグリッタリング

△5ワンダープチュック
前走・萩Sでは道中番手にいた馬がそのまま抜け出した格好だったが、
2着は後方から上がり最速の脚を使った馬で、内容としてはこの馬が苦手とする
超スローの瞬発力勝負そのもの。今回は別路線から逃げて勝てる馬が参戦してくる上、
直線の短い内回りコースに替わり、先行力と粘り込みが活きる展開になれば、
上位争いも十分視野に入るだろう。


爆2ダノンディスタンス



馬連
9-10 9-8 8-10

9-3 9-7 9-2 9-4 9-5


三連複
◎〇フォーメーション



本日は以上です。

明日のG1などがございますのでご無理のない範囲で御自身の判断の上
お楽しみ下さい。

オムモ太郎※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)
※この記事は、2016/11/26 13:20 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ