的中無料公開中

※この記事は、2016/11/19 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月11日 〜 2016年12月10日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
地方競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
地方競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1040

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

11/19(土)
東京7R
3歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 6 アポロナイスジャブ 1:35.2
2 4 8 ヨクエロマンボ クビ
3 2 3 カンタオール 1 1/4
払戻金
単勝 6 720円 3番人気
複勝 6
8
3
200円
190円
330円
3番人気
2番人気
7番人気
枠連 3-4 1,590円 6番人気
馬単 6-8 4,020円 12番人気
馬連 6-8 1,740円 6番人気
ワイド 6-8
3-6
3-8
710円
1,170円
1,690円
5番人気
14番人気
19番人気
WIN5
3連複 3-6-8 6,790円 22番人気
3連単 6-8-3 33,250円 98番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
4着 1 1 ムーンレンジャー 9.5 5 57.0 牡4 柴田善臣 美浦本間忍 530.0
× 3着 2 3 カンタオール 16.6 7 56.0 せん3 内田博幸 美浦栗田徹 462.0
16着 2 4 ステイリッチ 23.7 8 57.0 牡4 C.ルメール 美浦加藤征弘 552.0
1着 3 6 アポロナイスジャブ 7.2 3 56.0 牡3 吉田豊 美浦堀井雅広 434.0
2着 4 8 ヨクエロマンボ 5.0 2 56.0 せん3 蛯名正義 美浦藤原辰雄 448.0
5着 5 10 ポルトドレーヴ 14.0 6 56.0 牡3 戸崎圭太 美浦古賀慎明 460.0
8着 7 13 ラインフェルス 2.5 1 57.0 牡4 R.ムーア 美浦斎藤誠 490.0
15着 8 15 チェストケゴールド 55.2 11 56.0 牡3 大野拓弥 美浦高木登 480.0
9着 8 16 チェストケリリー 7.7 4 54.0 牝3 M.バルザローナ 美浦武井亮 498.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:29点
購入金額:2,900円
払戻金 :6,790円
収支  :+3,890円
回収率 :234.1%
馬/組番:29組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:13ー16
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :1,740円
収支  :+1,040円
回収率 :248.6%
馬/組番:8ー**
合計購入金額:3,700円   払戻金:8,530円  
収支:+4,830円   回収率:230.5%
11/19(土)
京都8R
3歳以上1000万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 7 ロードヴァンドール 2:00.2
2 6 6 ソールインパクト 1 1/2
3 5 5 リッチーリッチー 1/2
払戻金
単勝 7 300円 2番人気
複勝 7
6
5
130円
120円
150円
2番人気
1番人気
4番人気
枠連 6-7 370円 1番人気
馬単 7-6 920円 2番人気
馬連 6-7 410円 1番人気
ワイド 6-7
5-7
5-6
190円
310円
320円
1番人気
4番人気
5番人気
WIN5
3連複 5-6-7 790円 2番人気
3連単 7-6-5 3,140円 5番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
7着 3 3 サンライズクロンヌ 4.7 3 55.0 牡3 M.デムーロ 栗東河内洋 488.0
3着 5 5 リッチーリッチー 7.3 4 55.0 牡3 A.シュタルケ 栗東友道康夫 518.0
2着 6 6 ソールインパクト 2.7 1 57.0 牡4 福永祐一 美浦戸田博文 490.0
1着 7 7 ロードヴァンドール 3.0 2 55.0 牡3 太宰啓介 栗東昆貢 500.0
5着 8 8 ステイキングダム 9.8 5 55.0 牡3 和田竜二 栗東吉村圭司 418.0
6着 8 9 リッジマン 43.8 8 55.0 牡3 松若風馬 栗東庄野靖志 444.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:10点
購入金額:1,000円
払戻金 :790円
収支  :-210円
回収率 :79.0%
馬/組番:10組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:3ー7
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:5点
購入金額:500円
払戻金 :410円
収支  :-90円
回収率 :82.0%
馬/組番:6ー**
合計購入金額:1,600円   払戻金:1,200円  
収支:-400円   回収率:75.0%
2016年も先週(11/13)までで、
『関西馬』が、関東馬よりも【312頭】も多く勝ち星を挙げており、
複勝圏内まで広げると『関西馬』が関東馬よりも【990頭】も多く馬券に絡んでいます。


重賞競走で括るとその数字は“より顕著”で、関東馬43勝に対し『関西馬77勝』と、
関西馬が“約2倍”の勝ち星を挙げています。
(エリザベス女王杯、武蔵野Sも関西馬が掲示板を独占)


この事からも『勝負になる関西馬』『大ヤリ態勢にある関西馬』から馬券を買うのが
“的中馬券をゲットし儲ける手っ取り早い方法”である事がお分かり頂けると思います。
今後も引き続き、現場の本音の関西情報を、是非、有効にご活用ください!!

ドリームジャーニー、オルフェーヴル兄弟と言えば、競馬界を席巻した
父ステイゴールド×母父メジロマックィーンの黄金配合。

特にオルフェーヴルが3冠馬に輝いた翌年、
同じ父ステイゴールド×母父メジロマックィーンのゴールドシップが皐月賞を制したあたりから、
生産界ではメジロマックィーンの牝馬が重宝され、一度は乗馬クラブに引き取られた
メジロマックィーンの牝馬が繁殖入りしたのは有名な話。

昨年2月にステイゴールドが亡くなったため、今後新たな黄金配合は誕生することは
なくなったものの、昨年夏より頭数こそ少ないながらもステイゴールドの後を継ぐ
ドリームジャーニーの産駒がデビューすると高い勝ち上がり率を記録。

これにより2017年にデビューを控える全弟オルフェーヴル産駒へ向けた生産関係者の
期待が高まる一方で、中小生産者と大手生産者の格差がますます拡がる危険性を含んでいるという。

2016年はオルフェーヴルが600万円、ドリームジャーニーでも150万円の種付料が
設定されており、中小生産者がすんなりと手が出せる金額とは言い難い。
更に今後産駒の活躍次第では上昇する可能性もある。

そこで密かに中小生産者から視線を集めているのがドリームジャーニー、
オルフェーヴルを兄に持つ黄金配合リヤンドファミユ。
兄の代用としての声が上がっている。

現在6歳のリヤンドファミユはデビュー2戦目の未勝利戦を勝ち上がると、
続く若駒Sも勝利してオープンに昇格したものの若駒S後に骨折が発覚し長期休養、
復帰後は思うような結果を残すことができず現在4勝。偉大な兄の影は見えていない。

現状のリヤンドファミユの戦績であれば、引退後は乗馬クラブに引き取られるケースだが、
先述のドリームジャーニー産駒の勝ち上がり率、オルフェーヴル産駒に対する期待感が
僅かとは言え種牡馬入りの可能性を見出したと言ってもいい。

もちろんこのような声が挙がっているのは陣営サイドの耳に入っており、
2頭の兄でGIレースを計9勝した想い入れもあって少しでも戦績を残したいと力が入っている様子。

実はリヤンドファミユ陣営は障害レースへの路線変更を試みていた。
西谷騎手が付きっ切りで調教を付けたのだが、肝心のリヤンドファミユが飛越を拒否するなど、
難しい面を見せたことで事故に繋がる障害では難しいとの判断から障害入りを諦め再び平地へ。

結果的にトモがしっかりしてけっぱりが強くなって行きっぷりも良くなったと陣営サイドは
障害練習を積んだ効果を感じているようで今週も動いたし、あとは気持ち次第とのこと。

気まぐれっぷりに関係者も頭を悩ましながらも、気持ちが入った5走前で快勝したように
そのポテンシャルは確か。自らの未来を掴むためリヤンドファミユが
京都11RアンドロメダSでどのようなレースをするかに注目して欲しいとN氏



本日の予想


福島7R 3歳上500万下牝 芝1200m

金曜レポ等で兼ねてから言われている岩田騎手 土曜は福島で騎乗

これまでに福島で騎乗したのは06年、12年の七夕賞当日、そして今春。僅か3日間のみと、
最も縁遠い競馬場と言っても過言ではないほどだ(全場重賞制覇も残すは福島のみ)。

今年は3月に一時的に調教拠点を美浦に移したり、オーナー関係者と揉めて
某週刊誌にレース後コメントを話さなくなったり、○○厩舎とケンカ別れしたりと、
一般ファンから見えるところ、見えないところで何かと話題になった同騎手だが、
気付いてみれば先週終了時点で62勝。
06年にJRAに移籍してからこれまで、負傷療養期間があった10年を除けば
常に年間100勝を達成してきたが、この数字から今年は厳しいと言わざるを得ない状況
(勝率10%、連対率20%、複勝率30%を下回っているのもJRA移籍後初めて)。

しかし、そこにきてこの福島遠征。若手騎手限定戦の8R以外全てで騎乗し、
その中身を見てもなかなかのラインナップ。
重賞やオープン特別の番組が組まれているわけでもないのだから、
当然、勝ち星を量産するための福島遠征ということである

今回の遠征の理由として関係者の間で話題になっているのは、
京都9Rもちの木賞に出走するジェニシスをクビになったショックからだとかと栗東では
話題の中心

そんな傷心の岩田騎手の星勘定はこれ

◎9タンギモウジア

好メンバーが揃っていた昨秋のききょうSで差のない3着。その後に骨折が判明し、
約9ヶ月の休養と橋口親子の転厩を挟みながらも、緒戦でいきなり4着と力を見せた。
ところが、近2走に関しては3着続きと能力を考えれば不本意な結果が続いている。
これに対して陣営は休養を明けてから使う度に硬さが出てしまいました。
一旦間隔を空けたことでガラッと良くなってくれました。
今回は勝負の遠征ですと、これまで以上の手応えを掴んでいるという。
相手関係が手薄なローカルの牝馬限定戦、鞍上には勝利実績もある岩田騎手。
緒戦から狙い撃つしかないだろうとN氏。

少なくとも太よりは乗れる


〇2ヤマカツサファイヤ
久々だったが、外枠からジワっと先行してハナに立ち、マイペースに持ち込み
最後まで渋太く粘って3着と好走した前走。
体は増えて休ませてパワーアップした印象。一度使って良くなったし、距離は短い方が良いタイプ。
今回もスムーズに先行して自分の形で競馬ができれば、勝ち負けになると思いますと陣営。


▲12ウィズアットレース
行って何処までの馬が、ココ最近は思い通りのレースができずに惨敗を繰り返していたが、
番手での競馬になってしまった前走は、インでじっと我慢して、渋太く伸びるという進境を見せた
レース振りで3着に食い込んだ。
好位でも競馬が出来たのは収穫。中1週ですがデキは相変わらず良いしので
今回も楽しみですと陣営。


☆7プエルトプリンセサ
休養明けで上がりの勝負になり大外から脚は使えており1200のコースに変る
今回叩き二戦目で気配上昇とT氏
減量起用で限定戦なら好勝負と陣営

△5ゼットフリー

△8グリーンバシリスク

△6ラトゥール

△13トキワ


馬連
9-2 9-12 12-2

9-7 9-5 9-8 9-6 9-13


三連複◎〇フォーメーション


東京7R
3歳上500万下 ダ1600m

金曜レポで取り上げたのがヨクエロマンボとチェストケリーに期待の矢

◎8ヨクエロマンボ
前目につけようと出して行くと、馬が掛かって行ってしまうところがあるので、
現状はシッカリ脚を溜めて直線勝負に徹した方がイイと陣営。
前走がその競馬でメンバー最速の上がりで3着。速い上がりをよく詰めていたし、
1分36秒台で走破した先着2頭の粘りを褒めるべき。

この馬の能力を存分に発揮できる唯一の舞台が直線が長い東京コース。
今回の組み合わせなら前走だけ走ればアッサリ勝ってイイはず。
ここを逃すと東京開催は2月までないので是非ともここで決めてほしい。
前走上手く乗った蛯名の連続騎乗だし、コレは大いに期待とかなり力が入っている厩舎。

〇13ラインフェルス
現級では完全に力上位ながら、決め切れないレースが続くラインフェルス。
前走は相手関係を見て新潟に回ったが、コーナー4つのコースも展開も合わず3着。
その後は陣営もやはりこの馬は東京でこそと思い直し、今年最後の東京戦となる
ココに目標を定め調整。鞍上もムーアを確保し、ココで何としても勝ち切っておきたいと
秋の一連のレースの中でも最も強い意気込みで臨んでいるとT氏。
オーナー地元で二頭出しで稼ぎたいこところ

▲16チェストケリー
ココ2戦が惜しい競馬続きだが、今回は距離を延ばして変わり身を狙っているらしい
陣営いわくスタート良く飛び出したのですが、道中追走に余力がありませんでした。
乗り役さんの進言もあり距離を延ばしてみますという。
鞍上も今回はバルザローナ騎手。変わる要素十分なだけに、今一度見直したいとT氏。
これまでは好位で運んだ分最後のひと伸びを欠いており、休養前は実績の無いマイルだが、
今なら良い方に出る可能性も。一発を期待したいタイプ。


☆6アポロナイスジャブ
中1週で東京勝負のオーナー陣営。ここ二戦でクラス卒業に目処が立ち
状態も変らずに来ており、展開次第で好勝負必須の1頭とT氏

△10ポルトドレーヴ

△1ムーンレンジャー

△15チェストケゴールド

△4ステイリッチ


押さえ3 
何しろ3歳でセン馬にしたぐらいだから、とにかく気が悪く、多少、
以前よりはマシになったものの揉まれたり、砂を被った際は大いに不安。


馬連
8-13 8-16 13-16

8-6 8-10 8-1 8-15 8-4 (8-3)


三連複◎〇フォーメーション

京都8R
3歳上1000万下 芝2000m内


少頭数であるが好メンバー揃いである。

白羽の矢はゴールデンコンビの戸田厩舎のソールインパクト。
全3勝のうち2勝を挙げている福永騎手が前走後にコーナーが4つあるコースが合っていると
再認識していたことからも、今回の舞台は好条件と言ってもいいとN氏。
春先には500万下、1000万下を連勝して、降級後も勝ち切れないながら力上位であることを
証明。厩舎の今週一番はこの馬。勝負の遠征ですと、厩舎関係者もプッシュしているとT氏。
極端な瞬発力勝負になりにくいことが関係しており、今回は少頭数ながら前々で運びたい、
早め早めに動きたい、というメンバーが揃っており
地力が問われる流れになればしめたもの。堅実に好勝負を演じてくれるとN氏。


◎6ソールインパクト


〇3サンライズクロンヌ
最終レースのプレミオテーラーも含めて1000万の2頭は勝てると星勘定している河内師。
中でもこの馬に対する期待はかなり大きいらしく、上まで行ける馬。
よっぽどスローにならなければ問題なく勝てるだろうと、強気な話を諸氏にしていたそうだ。
休み明けを叩いてガス抜き完了でグンと良くなりましたとは担当。
そのデキの良さが自信の裏付けであることは言うまでもなく、
N氏に言わせれば来る時の河内厩舎のトーンですとのこと。
鞍上は引き続きミルコ。実は別馬の依頼もあったそうだが、
本人たっての希望で今回も乗ることになった経緯から期待

▲7ロードヴァンドール
前走が勝ちに等しい競馬、今回はもう何とかして欲しいと陣営。
太宰ももっと強気に乗ってもいいし、4角で後ろ離すくらいの感じとは陣営は示唆
ただ、雨はアカンとは陣営。馬場次第ではある。


☆5リッチーリッチー
休養明けだが、体は出来ていると陣営。イキナリ勝ち負けって助手もトーン高い話しをこぼしていたと
N氏。道悪は歓迎のクチで雨が残れば残るほど信頼度は上がるという。
デビューから掲示板は外していないタイプでしぶとい競馬で要警戒

△8ステイキングダム

△9リッジマン


馬連
3-6 6-7 3-7
6-5 6-8 6-9


三連複◎〇フォーメーション


東京9R 伊勢佐木特別
3歳上1000万下 ダ2100m ハンデ


金曜レポで取り上げた シャンクタラー
渋馬場になりそうで好都合

どうしても芝だと、切れ負けするよ、と何度も生産サイドの担当者もテキに刷り込んできた。
ようやく、初ダートを使うことになった今回、前走ミルコで3着も、初ダートであれば
そんなに人気にはならないだろう。馬券を買うなら、初物買いのここはおもしろいとT氏
3歳牝馬にしては、完成度も高いし、東京のダート2100Mはスタートからダートだが、
苦にしないはずとのこと。
春まではクラシックを目指したいと言われていた厩舎の期待馬で、
勝ち切れないレースが続いたが、この条件で改めて本領発揮という可能性は十分。

◎14シャクンタラー

〇6クールエイジア
このコースで現級勝ちのあるクールエイジア。追い込み一手の脚質のため展開に
左右される面はあるが、休養前の成績からこのクラスでは力量上位。
厩舎筋からも休み明けだけど具合はイイですと初戦から勝負になりそうな話が入っており、
上位争いに加わってきそうな雰囲気であり、渋い馬場で2勝から逆転十分


▲9サハラファイター
東スポ杯に参戦のオーナー馬に合わせての参戦経緯。
ここ二戦はかなりハイレベルのレース。二戦前の勝ち馬は1600万も勝利するレベル
でありデビュー以来崩れ無しから要注意

☆15アバオアクー
本質パワータイプの追い込みタイプで渋馬場では0-0-0-4と成果がないのが不安
ただし〇とはタイム差なしの競馬があり1キロ今回有利な点は評価シタイが。。

△1キネオフォルツァ

△11ロードボアソルテ

△13リキサンダイオー

△16マイネルビクトリー


馬連
14-6 14-9 6-9

14-15 14-1 14-11 14-13 14-16

三連複◎〇フォーメーション

※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)
※この記事は、2016/11/19 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ