レジまぐストア
的中無料公開中

※この記事は、2016/11/5 13:10 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月4日 〜 2016年12月3日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
地方競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
地方競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)1034-3

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

11/05(土)
東京12R
3歳以上1000万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 ウインユニファイド 2:12.3
2 4 6 アバオアクー
3 6 9 フレンドミラクル クビ
払戻金
単勝 1 350円 2番人気
複勝 1
6
9
160円
290円
480円
2番人気
5番人気
8番人気
枠連 1-4 1,760円 9番人気
馬単 1-6 2,890円 9番人気
馬連 1-6 2,000円 7番人気
ワイド 1-6
1-9
6-9
730円
1,510円
3,460円
9番人気
13番人気
33番人気
WIN5
3連複 1-6-9 13,610円 44番人気
3連単 1-6-9 55,490円 172番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 1 1 ウインユニファイド 3.5 2 57.0 牡4 柴田大知 栗東飯田雄三 516.0
11着 3 3 ドラゴンズタイム 13.2 5 57.0 牡5 吉田豊 美浦高橋文雅 430.0
2着 4 6 アバオアクー 11.6 4 57.0 牡4 大野拓弥 美浦新開幸一 508.0
3着 6 9 フレンドミラクル 29.5 8 52.0 牡3 菊沢一樹 美浦南田美知雄 462.0
4着 6 10 グランセブルス 19.5 7 55.0 牡3 森秀行 栗東 474.0
10着 7 11 オーサムレジェンド 2.4 1 57.0 牡4 戸崎圭太 栗東藤原英昭 498.0
6着 8 13 シャイニービーム 49.2 11 56.0 牡4 石川裕紀人 栗東福島信晴 442.0
9着 8 14 テイエムコンドル 17.7 6 57.0 牡5 柴田善臣 美浦石栗龍彦 464.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:24点
購入金額:2,400円
払戻金 :13,610円
収支  :+11,210円
回収率 :567.1%
馬/組番:24組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:10ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:6ー11
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :2,000円
収支  :+1,300円
回収率 :285.7%
馬/組番:1ー**
合計購入金額:3,300円   払戻金:15,610円  
収支:+12,310円   回収率:473.0%
東京12R
3歳上1000万下 ダ2100m


金曜レポで取り上げたアバオアクー
叩いて2戦でいたが直線で前が壁壁で殆ど追えない状況でゴール
陣営とすれば不完全燃焼 外を回していればいい勝負になれたという。
騎手サイドもヘグリを反省しており今度はちゃんと操縦してくれるだろうとリベンジ態勢とT氏

ただし強力関西馬3頭遠征で▲までの評価


◎1ウインユニファイド
前走は的中に貢献したウインユニファイド。前走は昇級戦かつ初の東京遠征と一見厳しい条件だったが、
広い東京コースはこの馬に合いそうだし、力を付けているのでこのクラスでもヒケは取らないはずと
いう陣営の見立て通りに好走。今回はコース適性を見込んで再度の東京遠征となるが、
引き続き状態はいいし、体が締まって調教の動きが鋭くなったと状態は上向きの様子とN氏。
引き続き上位争いが期待できそう。


〇11オーサムレジェンド
東京コースでの勝利はないが休養前に1600万で4着の実積から力上位
G1馬のローマンレジェンドの下にあたりそれなりの競馬は出来るとN氏
休養明けの今回は馬券的には狙いどころ

▲6アバオアクー

☆10グランセルブス
東京遠征の森厩舎。11Rよりここが期待大であろう。
前走のレパードSでは11着と大敗してしまったが、2走前には交流の兵庫Chで
ケイティブレイブ、ゴールドドリームに次ぐ3着に走った実績馬。
自己条件ならば休み明け、初の古馬相手でも侮れないところ。
前走は少し太目だったし、速い流れを追いかけて苦しくなってと敗因はハッキリしており、
ズブいところがあるので東京の2100mは良さそうと狙っての東京遠征の陣営。
岩手の山本聡哉騎手の豪腕で追い込んでくるシーンを期待。


△3ドラゴンスタイム

△14テイエムコンドル

△13シャイニービーム

△9フレンドミラクル


馬連
1-11 1-6 11-6

1-10 10-11 1-3 1-14 1-13 1-9


三連複
◎〇フォーメーション



京都12R
3歳上1000万下 ダ1200m


前回当時に当初は翌週の新潟ダ1200mを使う予定だったところ、
テキの思いつきで急遽出走に踏み切ったという裏話があった前走のティップトップ

相手を見てだろうけど、1400mはどうなんだと、厩舎スタッフの間でも否定的な意見が
多かったという背景。それを考えれば3着は上出来とも言えるが、
やっぱり最初の目標通りの新潟なら勝っていたと、納得行かない者も少なくなかった
レース後の様子だったと言えるN氏。
今回は前走後の予定通り、1200mのこのレースに出走。
この距離なら違うし、前走を使った上積みは大きいと、叩き良化型の千田厩舎らしく、
変わり身は大きいという話。前走以上の走りが見られそうだ。

◎12ティップトップ

〇10アレット
これまでの成績が示す通りの叩き良化型であり、休み明けの前走は厩舎サイドも
まずはひと叩きと、試走に徹していたという。その状態で差し馬殺到の流れを
前受けして踏ん張った6着は評価に値するものとN氏。
一度叩いた効果で型通り良化、今度は違いますと担当も豪語する上積みを武器に挑む今回。
このクラスはいつでも勝てる力がある。今回はチャンスでしょうと強気。
多少相手が揃った感はあるが、持ち前の先行力が活きる馬場なら押し切りの可能性十分


▲11サーティグランド
近4戦で上がり最速を駆使。前回も◎の期待に応えて500万勝利。
騎乗停止処分の主戦義騎手が乗れない今回2キロ増になるが
追える騎手に変るのはプラスでしょうとN氏
〇やゴルゴバローズが先行して流れは早くなりそうで昇級緒戦ではあるが要警戒の1頭


☆1エンドレスシャイン
今週のオーナーで取り上げた岡田オーナー馬。
インで砂を被りながらも前回では捌いて差してこれた点は収穫と陣営
今回も1枠であるが流れがあれば京都コースで勝利もあるので
要注意であろうとN氏


△15ゴルゴバローズ

△2リリーヴィクトリー

△4メイショウユメゴゼ

△5タガノヴィッター

押さえ3


馬連
12-10 12-11 11-10

12-1 12-15 12-2 12-4 12-5

三連複
◎〇フォーメーション




京都11R
第21回
ファンタジーS
芝 1400m/G3/2歳/牝馬/国際/馬齢


金曜レポートでも取り上げた
超良血ミスエルテのレース振りを観察するためのようなレースになりそうだろうと諸氏
父フランケルに母父プリピットという血を背景にしたミスエルテが
日本でどのようなレース振りを披露してくれるかと思っていましたが、
もうどうしようもないくらいの楽勝でしたというのが現場の本音。

相手関係には特に強い馬が居るような新馬戦ではありませんでしたが、
この馬のスケール感を計るには十分の内容であり、
池江陣営も、川田騎手も、来年のクラシックを見据えてどのように教育を施していこうかと
いう数段上のレベルの体制を敷いて、このレースに臨むと考えているようだとN氏。

その課題の内容に触れておくと
トモが勝ち過ぎているのでバランスは悪いけど、それでも徐々にできあがってきた。
今はやり過ぎないように注意しながら乗っていますという。
今まで一杯に追ったことがないので、そうなってどうなるかは全くの未知ですが、
多分今回でも目一杯に追えばぶっちぎることになると思います。
それが果たして阪神JFに向けていいことなのか悪いことなのかと陣営。
ソウルスターリング相手で馬なりのまま勝つのは不可能だろうし、
いずれは教えていかないといけないので、今回のレースで試すのか、
阪神JFまでの中間で教えていくのか、どのぐらいの程度で追えばいいのか、
本当にうれしい悩みですというもの。

将来的にはGIを勝てる器であることは確かですが、
今回のレースの鍵は一杯に追ってないという事実をどう捉えるのか?
という点がレースの鍵。

対抗できるポテンシャルという意味では、
正直このメンバーには相手がいないというのが本音。

ブラックオニキスやヤマカツグレースが2・3番人気になりそうですが、
京都競馬場での瞬発力勝負に向いているタイプと聞かれれば決して向いているとは言えません
それ故この2・3人気にスキはあるのか?そして、他の陣営もミスエルテの能力は
見抜いているでしょうから2着狙いに徹し賞金加算を目論む戦略の陣営を見抜く事が、
おいしい馬券取得に対しての馬券の鍵になります。


とそうなるとこの二頭に注目したいところ


ドロウアカード G1レーシングのクラブ馬で敢えてサンデーRのあの馬がいるのに
出してきたのも姉ソルヴェイグの活躍があればこそ 京都1400では好成績
でフィリーズレヴュー、函館SSとクラブに初のG2を齎せた
賞金加算は狙いたい第三のクラブ事情があり

7月中京のデビュー戦こそ2着に好走したものの、後方からの競馬を試した未勝利戦では大惨敗。
ひと息入れた阪神芝1600mの未勝利戦で逃げたところ、別馬のような走りで見事逃げ切ってみせた。
ちなみに前走の未勝利戦は重馬場で、時計的にはそこまで良いというほどではなかったが、
当時負かした中から既に4頭もの勝ち馬が出ている。
6番人気という気楽な立場での逃げ切りではあったが、4コーナーあたりから被せにこられる
厳しい展開だったことを思うとなかなか良い勝ち方とN氏。
今回は先行か好位を狙っていくとのことだが、逃げて勝った前走の実績から、
ハナに立つことも可能な立場。更に今週からBコースに替わること、
前を狙いたい馬の中では最内の2番枠も味方になりそうだ。


次いでディアドラ

ローカルで未勝利勝ち、しかも落ち目の橋田厩舎とあっては盲点になりそう、
実はこの馬、デビュー時からミルコの評価がエラく高かった馬で、
今回の依頼もふたつ返事で受けたという話
(別のお手馬を来週のデイリー杯2歳Sに回してもらったという話もある)。
名手が才能を感じているという点は見逃せない。

また、馬自身の良化も著しい。戦前に聞いていた通り10キロ体が増えていた前走だったが、
これも付くべきところに肉が付いた理想的な馬体増。
加えて追ってからの反応も鋭くなっており、急速に成長していると見て間違いないとN氏。
その前走時から厩務員が腕利きに替わっており、それも成長に拍車を掛けた要因
戦績的には格下でも成長力はヒケを取らない。アッと言わせる可能性十分。
同時にそれは、開業以来最大の危機的状況と言われている名門厩舎を助ける走りでもあり

兵庫オーナーの期待馬であればここは勝負気配濃厚


最終決断


◎1ミスエルテ

〇2ドロウアカード

☆10ディアドラ


△4モンロー
ダートでの勝ち上がりではあるが、手っ取り早く勝たせておきたいという狙いがあってのもので
相手が軽くなるレースを選択しただけという背景とR氏。
陣営は芝向きだと思っていると話しており、前走の結果だけでダート馬と判断するのは早計。
この中間も順調に乗り込まれており、さすがに重賞ともなると楽じゃありませんが、
どこまでやれるか楽しみもありますと、陣営からは満更でもないムードが漂っている。
秋山もデビュー戦で乗った時からこの馬の素質を認めており、
さすがに勝ち負けはどうかも、1頭を除いて横一線のメンバー構成。
好枠を引けたことも含めて、粘り込みがあっても驚けない


△11ヤマカツグレース
ゲートが下手なのはもう仕方ないとして、前回より仕上げましたという担当の言葉。
切れの要求される京都より、理想は阪神のような力のいる馬場のようだが、
このくらいの頭数ならそれをカバーできそうという厩舎サイドの見立て。
乗り役も今回が2戦目とあれば、少しは工夫はしてくるはず。
ミスエルテには一目置いているようだが、それでも前走より買えるトーンの話。



▲8ブラックオニキス
牡馬相手の札幌2歳S2着。額面だけでも十分評価できる成果だが、
その裏事情を知れば余計に価値は高くなる。
当初は使う予定がなかったところ、担当が、どうしても北海道に残りたいって、
無理矢理使うように仕向けたんだという裏話。
そんな背景があるだけに、当然、勝負度合いは並以下。
無事に回ってきてくれればイイという程度のトーンだったのである。
それがフタを開ければ勝ち馬は別格ながら3着以下を封じる好内容。
これだけ頑張れたのは大きいと、能力だけで来た前走を高く評価

あとは京都の軽い馬場に対応できるかどうか、
ハナズゴールの後継馬として期待していると、厩舎の看板馬として活躍した名牝を引き合いに
出すほどの素材。厩舎としても、重賞獲りのチャンス、当然、力は入っている


△6メイショウカリン


馬連
1-2 1-8 1-10

1-4 1-6 1-11


三連複
◎フォーメーション


本日は以上です。 明日も御座いますので無理のない範囲で
御自身の判断の上お楽しみ下さい。

オムモ太郎

※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)
※この記事は、2016/11/5 13:10 に、走らせる側の思惑競馬投資術(PC・SP版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
ページの先頭へ