的中無料公開中

※この記事は、2018/3/4 9:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解(メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね7
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』「中山11R・弥生賞」の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

03/04(日)
中山11R
報知杯弥生賞(G2)
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 9 ダノンプレミアム 2:01.0
2 7 8 ワグネリアン 11/2
3 3 3 ジャンダルム 1/2
払戻金
単勝 9 180円 1番人気
複勝 9
8
3
110円
110円
140円
1番人気
2番人気
4番人気
枠連 7-8 270円 1番人気
馬連 8-9 300円 1番人気
ワイド 8-9
3-9
3-8
150円
230円
320円
1番人気
3番人気
6番人気
馬単 9-8 450円 1番人気
3連複 3-8-9 500円 2番人気
3連単 9-8-3 1,320円 3番人気
WIN5 321,200円 1番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 3 3 ジャンダルム 8.0 4 56.0 牡3 武豊 栗東池江泰寿 484.0
2着 7 8 ワグネリアン 3.6 2 56.0 牡3 福永祐一 栗東友道康夫 450.0
1着 8 9 ダノンプレミアム 1.8 1 56.0 牡3 川田将雅 栗東中内田充正 498.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:6,000円
払戻金 :30,000円
収支  :+24,000円
回収率 :500.0%
馬/組番:3ー8ー9
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,200円
払戻金 :0円
収支  :-1,200円
回収率 :0.0%
馬/組番:3ー9ー10
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:800円
払戻金 :0円
収支  :-800円
回収率 :0.0%
馬/組番:3ー8ー10
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:2,000円
払戻金 :0円
収支  :-2,000円
回収率 :0.0%
馬/組番:8ー9ー10
合計購入金額:10,000円   払戻金:30,000円  
収支:+20,000円   回収率:300.0%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【中山11R】弥生賞 G2(芝2000m)
仮柵:Aコース2週目(野芝約6ー8cm、洋芝10cmー14cm)

《このレースで求められる適性:速力+バラ+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:サンリヴァル
 想定番手馬:ダノンプレミアム


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 オブセッション   S S 3  7  6  6
 02 アラウン      C F 9  6  8  9
◎03 ジャンダルム    S S 2  2  4  4
 04 リビーリング    S B 5  5  2  5
 05 ヘヴィータンク   E F 10 ―  ―  ―
 06 アサクサスポット  C C 8  4  5  3
 07 トラストケンシン  C B 7  9  3  2
▲08 ワグネリアン    S S 4  8  7  8
○09 ダノンプレミアム  S S 1  1  9  7
△10 サンリヴァル    A B 6  3  1  1


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[弥生賞 レースLAP傾向]中山芝2000m

平均勝ちタイム 2.01.94
レース1F平均 12.19

前半35.97ー中盤50.50ー上がり35.47
前半1000m:61.71ー後半1000m:60.23(前後半差:1.48秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――――〓〓〓 12.51 ―――――――――― 2000m
            ↓
―――――――――― 11.20 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1800m
            ↓
―――――――――〓 12.26 ―――――――――― 1600m
            ↓
――――〓〓〓〓〓〓 12.79 ―――――――――― 1400m
            ↓
――〓〓〓〓〓〓〓〓 12.96 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.54 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 12.22 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 12.00 〓〓――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.49 〓〓〓〓〓〓〓―――  400m
            ↓
―――――――――― 11.98 〓〓――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃2ー先13ー差11ー追1

   1着:逃1ー先5ー差3ー追0
   2着:逃1ー先5ー差2ー追1
   3着:逃0ー先3ー差6ー追0


[レースのポイント]
 →→ 中盤が12秒台後半まで緩んで、分かりやすい中だるみ型のスローからの上がり勝負
 →→ 短い直線で一気にトップスピードまで加速できる瞬発力勝負


+++++++++++++++


年末に中山芝2000mで行われているホープフルSがG1に昇格したことで、今回の弥生賞を含めて皐月賞へ続く同一コースのG1、G2が3つ揃うことになりました。
弥生賞は皐月賞と同じコースで行われるレースですが、レースラップのバランスは大きく違っていて、弥生賞は中盤区間が緩むスローがデフォルト。
昨年は超スローを予測し◎マイスタイルの逃げ粘りを狙って成功しましたが、マイスタイルは弥生賞の好走馬のほとんどが持っていた「芝1600m戦連対実績」と「芝1800m以上で4着以下に負けたことがない」という共通点を保持していました。
今年この2つのポイントに該当するのがダノンプレミアムとジャンダルム。
この2頭を重視するレースとなりそうです。


◎ジャンダルム
スローから上がりの瞬発力勝負で、新馬とデイリー杯を連勝。
前走のホープフルSは距離延長を不安視されていましたが、ハイペースを早めにまくるという強い内容で2着。
違ったペースと距離で結果を出し対応幅の広さを見せているあたり、今回の相手でもヒケをとらないとみている。
クラシックで活躍する馬のほとんどがマイラー血統でも中距離以上のタイプになってしまう池江厩舎だからこそ、母ビリーヴの血統でも距離に対応する成長を見せているのだと思います。


◯ダノンプレミアム
無敗で2歳王者となりましたが、その内容は強烈。
トップスピードの速さとそのスピードを持続させる能力は桁違いです。
ただ、マイルを先行して強いといういかにも距離延長で取りこぼしそうなタイプである点を考慮し、スロー必至の傾向を持つこのレースではレース運びが難しいケースもあり得るとみています。

▲ワグネリアン
桁違いの上がりで新馬、野路菊Sを連勝。
スローで脚が溜まればとんでもない上がりを使えるというのがこの馬の武器ですが、締まった流れになった前走の東スポ杯2歳Sでもキッチリ勝ちきったのは収穫。
昨年のカデナのような乗り方で上位に差し届くので、(カデナと)同じ福永騎手なら期待しても良いと思います。


以下、スロー実績があり、速い流れになった前走でも見せ場十分だったサンリヴァルにも警戒。
そして人気サイドのオブセッションは、レース後半のスピードが乗るまでに時間の掛かるタイプで中山の今回は割り引き。
トライアル戦も直線の長いコースに替わるダービー路線で期待したいと思います。

最後に、このレースがデビュー戦となるヘヴィータンクですが、重賞はどれだけ大差負けしてもタイムオーバーによる出走停止のルールがなく、また陣営への着賞金が10着までもらえるので、そのあたりを狙っての出走だと思います。
仮に新馬戦に出ても大差負けするような馬だと、(新馬戦では)タイムオーバーの対象になってしまいますので。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【3連複】《4点》
◎3 ー ◯9 ー ▲8(60%)
◎3 ー ◯9 ー △10(12%)
◎3 ー ▲8 ー △10(8%)
◯9 ー ▲8 ー △10(20%)


*****************************

夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解
※この記事は、2018/3/4 9:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解(メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ