的中無料公開中

※この記事は、2017/12/28 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解(メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね7
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』12月28日(木)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

12/28(木)
中山11R
ホープフルステークス(G1)
単勝 3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 7 タイムフライヤー 2:01.4
2 8 15 ジャンダルム 11/4
3 7 13 ステイフーリッシュ クビ
払戻金
単勝 7 420円 1番人気
複勝 7
15
13
160円
230円
490円
1番人気
5番人気
8番人気
枠連 4-8 1,130円 5番人気
馬連 7-15 1,440円 4番人気
ワイド 7-15
7-13
13-15
570円
1,400円
2,840円
4番人気
16番人気
32番人気
馬単 7-15 2,960円 9番人気
3連複 7-13-15 10,920円 34番人気
3連単 7-15-13 52,380円 154番人気
WIN5 3,988,490円 1番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 4 7 タイムフライヤー 4.2 1 55.0 牡2 C.デムーロ 栗東松田国英 456.0
12着 4 8 シャルルマーニュ 27.9 9 55.0 牡2 戸崎圭太 栗東清水久詞 478.0
6着 5 10 ルーカス 5.3 2 55.0 牡2 M.デムーロ 美浦堀宣行 490.0

予想買い目の収支
単勝
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:3,500円
払戻金 :14,700円
収支  :+11,200円
回収率 :420.0%
馬/組番:7
ワイド
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,500円
払戻金 :0円
収支  :-1,500円
回収率 :0.0%
馬/組番:7ー8
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:26点
購入金額:2,600円
払戻金 :10,920円
収支  :+8,320円
回収率 :420.0%
馬/組番:26組
買い方 :軸2頭ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:200円
払戻金 :0円
収支  :-200円
回収率 :0.0%
馬/組番:7ー8ー**
買い方 :軸2頭ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:200円
払戻金 :0円
収支  :-200円
回収率 :0.0%
馬/組番:7ー10ー**
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:500円
払戻金 :0円
収支  :-500円
回収率 :0.0%
馬/組番:7ー8
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,500円
払戻金 :0円
収支  :-1,500円
回収率 :0.0%
馬/組番:7ー10
合計購入金額:10,000円   払戻金:25,620円  
収支:+15,620円   回収率:256.2%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【中山11R】ホープフルS G1(芝2000m)
仮柵:Aコース5週目(野芝約6ー8cm、洋芝10cmー14cm)

《このレースで求められる適性:速力+バラ+変速》

 想定ペース:ハイ
 想定逃げ馬:ジュンヴァルロ
 想定番手馬:トーセンクリーガー


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 リュヌルージュ   B C 13 11 17 8
 02 トーセンクリーガー D D 17 4  6  7
△03 ウォーターパルフェ C C 16 5  3  2
 04 ロードアクシス   B C 15 2  16 11
△05 トライン      A B 7  6  10 9
△06 マイハートビート  C B 12 12 5  6
◎07 タイムフライヤー  S A 2  10 9  13
○08 シャルルマーニュ  S A 6  3  4  4
 09 サンリヴァル    A B 5  14 12 14
▲10 ルーカス      S S 3  9  13 10
△11 フラットレー    S S 11 13 11 1
 12 ジュンヴァルロ   B S 4  1  1  3
△13 ステイフーリッシュ C C 10 15 15 12
 14 ワークアンドラブ  C C 9  16 14 17
△15 ジャンダルム    S S 1  8  8  15
 16 シャフトオブライト B C 14 7  2  5
△17 ナスノシンフォニー A C 8  17 7  16


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[ホープフルS レースLAP傾向]中山芝2000m

平均勝ちタイム 2.01.69
レース1F平均 12.17


前半35.88ー中盤49.92ー上がり35.89
前半1000m:61.05ー後半1000m:60.64(前後半差:0.41秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――――――〓〓 12.44 ―――――――――― 2000m
            ↓
―――――――――― 11.19 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1800m
            ↓
―――――――――〓 12.25 ―――――――――― 1600m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.59 ―――――――――― 1400m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.58 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 12.24 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.51 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 12.14 〓―――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.64 〓〓〓〓〓〓――――  400m
            ↓
―――――――――― 12.11 〓―――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃0ー先15ー差12ー追3

   1着:逃0ー先7ー差3ー追0
   2着:逃0ー先6ー差3ー追1
   3着:逃0ー先2ー差6ー追2


[レースのポイント]
 →→ 前後半差の小さいややスロー寄りの平均ラップで、上がりがかかる点が特徴的
 →→ 逃げ追込の極端な位置取りは不利で、前走上がり3位以内馬が計16連対で複勝率32.4%と優秀


+++++++++++++++


2017年の中央競馬ラストは、今年よりG1に昇格した2歳戦のホープフルS。
昨年の勝ち馬レイデオロが日本ダービーを勝ち、一昨年の2着馬ロードクエストがNHKマイルCを勝つなど、重賞となった過去3年だけを見ても着実に翌春のG!戦線へ向けて大事なステップレースとしての位置づけを確保しつつあります。

重賞化されて以降の平均区間ラップは、前半36.13ー中盤49.61ー上がり35.93で、全体の走破タイムは2分1秒台で安定しています。
ラップのバランスは平均ラップで上がりのかかる決着となっていますが、このレースで上がり1−5位だった馬が(2ー2ー3ー9)で複勝率43.8%と好成績。
上がりはかかるが上がり順位上位の馬が馬券になっていることから、スローの上がり勝負ではなく、平均または速めのペースで上がり順位上位のラップをマークした経験のある馬を重視したいレースです。


◎タイムフライヤー
初の2000m戦だった前走(京都2歳S)では、スローの上がり勝負のなか勝ち馬の目標となってしまい、切れ負けする形で2着。
うってかわって2走前の萩Sでは雨の影響が大きかった道悪のハイペースで、後方から上がり最速で差し切って圧勝。
この2戦から判断できるのは、スローの切れ勝負では分が悪いが、平均以上に速い持続ラップなら上がり上位の脚をマークすることができる、持続系の上がり勝負に強い馬ということ。
今回走るレースのラップ傾向は後者で、適性は間違いなく高そうです。
能力面でも、過去に道悪の京都芝1800m外回りの2歳戦で1分50秒を切った馬は、サクラメガワンダー、フサイチリシャール、キズナらがいて、2、3歳限定の重賞なら既に勝ち負けできるレベルに達しています。


◯シャルルマーニュ
前走の東スポ杯2歳Sは前半800m通過46.5秒、1000m通過58.5秒のハイペースを3番手から踏ん張りました。
血統背景から今回も上位人気になりそうなルーカスよりは厳しいレース内容だったことから、レベルの高い決着となった東京スポーツ杯2歳S組で上位に評価したいのはこちらの馬の方です。


▲ルーカス
モーリスの全弟ということでデビュー前からかなり注目を集めていた馬。
前走は前述のように前が止まる厳しい流れで、展開が向いたという側面はありますが、2戦続けて中盤と上がり区間で上位の区間ラップをマークしての連続好走はやはり評価できる材料です。
2000mへの距離延長も、全兄モーリス自身が2000mも対応していたうえに、この馬自身のラップが中盤と上がりでメンバー中上位をマークする、というものだけに問題なく対応できるとみています。
あとは、物議を醸している追い切りでの放馬。
回避濃厚と見られていたところを一転して出走してきたわけですが、放馬の調教映像を見る限り大きな影響があるようには見えなかったので、出走してくる以上は走れる状態にあると判断しました。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【単勝】《1点》
◎7(35%)


【馬連】《2点》
◎7 ー ◯8(5%)
◎7 ー ▲10(15%)


【ワイド】《1点》
◎7 ー ◯8(15%)


【3連複】
フォーメーション《26点》
◎7 ー ◯8,▲10,△5,15 ー ◯8,▲10,△3,5,6,11,13,15,17(26%)

2頭軸流し《2点》
◎7,◯8(軸)ー ▲10,△15(2%)

2頭軸流し《2点》
◎7,▲10(軸)ー △5,15(2%)


*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解
※この記事は、2017/12/28 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解(メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ