的中無料公開中

※この記事は、2017/11/26 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解(メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね7
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』11月26日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

11/26(日)
東京11R
ジャパンカップ(GI)
ワイド 3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 シュヴァルグラン 2:23.7
2 1 2 レイデオロ 1 1/4
3 2 4 キタサンブラック クビ
払戻金
単勝 1 1,330円 5番人気
複勝 1
2
4
190円
140円
120円
4番人気
2番人気
1番人気
枠連 1-1 1,780円 6番人気
馬連 1-2 1,770円 7番人気
ワイド 1-2
1-4
2-4
460円
350円
230円
5番人気
3番人気
1番人気
馬単 1-2 5,250円 19番人気
3連複 1-2-4 1,300円 2番人気
3連単 1-2-4 13,340円 36番人気
WIN5 2,632,820円 5番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 1 1 シュヴァルグラン 13.3 5 57.0 牡5 H.ボウマン 栗東友道康夫 470.0
2着 1 2 レイデオロ 3.8 2 55.0 牡3 C.ルメール 美浦藤沢和雄 484.0
11着 7 13 シャケトラ 48.2 7 57.0 牡4 福永祐一 栗東角居勝彦 524.0

予想買い目の収支
ワイド
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:2,500円
払戻金 :11,500円
収支  :+9,000円
回収率 :460.0%
馬/組番:1ー2
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:2,500円
払戻金 :0円
収支  :-2,500円
回収率 :0.0%
馬/組番:2ー13
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,500円
払戻金 :0円
収支  :-1,500円
回収率 :0.0%
馬/組番:2ー11
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:12点
購入金額:1,200円
払戻金 :1,300円
収支  :+100円
回収率 :108.3%
馬/組番:12組
3連単
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:12点
購入金額:1,200円
払戻金 :0円
収支  :-1,200円
回収率 :0.0%
馬/組番:12組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:800円
払戻金 :14,160円
収支  :+13,360円
回収率 :1,770.0%
馬/組番:1ー2
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:300円
払戻金 :0円
収支  :-300円
回収率 :0.0%
馬/組番:2ー13
合計購入金額:10,000円   払戻金:26,960円  
収支:+16,960円   回収率:269.6%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【東京11R】ジャパンカップ G1(芝2400m)
仮柵:Cコース2週目(野芝約10ー12cm、洋芝12cmー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:ギニョール
 想定番手馬:ソウルスターリング


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
○01 シュヴァルグラン  A S 2  2  9  6
◎02 レイデオロ     S S 7  8  5  1
△03 ギニョール     ― ― 10 ―  ―  ―
△04 キタサンブラック  A B 3  3  8  12
 05 サウンズオブアース A C 9  5  1  5
 06 イキートス     ― ― 11 14 6  2
 07 ディサイファ    C E 17 4  11 10
△08 ソウルスターリング A S 14 1  4  4
 09 レインボーライン  A A 8  13 12 11
 10 ブームタイム    ― ― 15 ―  ―  ―
△11 マカヒキ      B S 6  12 3  3
 12 サトノクラウン   S S 1  7  2  8
▲13 シャケトラ     S A 4  6  10 14
 14 アイダホ      A ― 12 ―  ―  ―
 15 ワンアンドオンリー B E 16 11 14 13
 16 ヤマカツエース   A A 5  10 7  9
 17 ラストインパクト  S A 13 9  13 7


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[ジャパンカップ レースLAP傾向]東京芝2400m

平均勝ちタイム 2.24.45
レース1F平均 12.04


前半36.21ー中盤73.57ー上がり34.67
前半1000m:60.66ー後半1000m:58.82(前後半差:1.84秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――〓〓〓〓〓〓〓〓 12.84 ―――――――――― 2400m
            ↓
―――――――――― 11.19 〓〓〓〓〓〓〓〓―― 2200m
            ↓
――――――――〓〓 12.18 ―――――――――― 2000m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.31 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――〓 12.14 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.46 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.51 ―――――――――― 1200m
            ↓
――――――――〓〓 12.17 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.98 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.38 〓〓〓〓〓〓――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.36 〓〓〓〓〓〓――――  400m
            ↓
―――――――――― 11.93 〓―――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先10ー差15ー追4

   1着:逃1ー先3ー差6ー追0
   2着:逃0ー先3ー差5ー追2
   3着:逃0ー先4ー差4ー追2


[レースのポイント]
 →→ 前後半差が2秒近い後傾ラップになるスローの上がり勝負
 →→ 逃げ追込を除く上がり上位馬のレース
 →→ 残り600mを先頭から0.2ー0.9秒で通過した馬の内、上がり1-4位が複勝率87.5%、複回収率308%


+++++++++++++++


日本ダービー、オークスと並び、東京芝2400mというチャンピオン決定戦コースで行われるジャパンカップ。
このレースの過去10年ラップ傾向は、前半36.21ー中盤36.91ー36.66ー上がり34.67。
スタートしてから中盤区間を含めほとんど緩みのないラップで推移し、上がり3ハロン区間に入る前からややロングスパート気味にラップが上がっていくというのが特徴です。
脚質別3着内着度数で見ると、逃1ー先10ー差15ー追4となっていて、ほぼ逃げ追込を除く上がり上位馬のレース。
特に注目できるのが、残り600m地点を先頭から0.2ー0.9秒で通過した馬のうち、上がり1ー4位だった馬が複勝率87.5%、複回収率308%と、圧倒的な成績を残しています。


◎レイデオロ
デビューからすべて上がり2位以内かまたは33秒台の上がりを使っている馬。
ダービーでは超スローの流れを向正面で動いてマクリきるというレース運びを見せたため、上がり順位自体は8位でしたが、自身の上がりラップは33.8秒と速いラップをゴールまで持続させて世代の頂点に立ちました。
スピードの持続力と速い上がりをマークできる力を再度証明したのが前走の神戸新聞杯。
昨年の神戸新聞杯勝ち馬サトノダイヤモンドとラップのバランス自体は似ていましたが、今年のレイデオロのほうが中盤区間で約1秒速く、スピードの持続性能では3歳時のサトノダイヤモンドを上回っている可能性が高いと言えます。
そのサトノダイヤモンドは3歳暮れの有馬記念でキタサンブラックら古馬勢を負かした、とあれば、レイデオロが初の古馬挑戦となるこの大舞台でいきなり戴冠というシーンは十分に考えられます。


◯シュヴァルグラン
昨年のジャパンカップ3着で、東京中長距離実績も十分。
ただ3000m超えの距離なら古馬でもトップクラスと言えるのですが、今回のような距離ではどうしても上がりのスピードでは負けてしまう馬。
そういうタイプだけに、オーストラリア騎手の典型例(早めに動いて脚を使い切る)といえるボウマン騎手への乗り替わりは楽しみです。


▲シャケトラ
近3走は苦手の馬場、距離だっただけでまだ底を見せていないというのがこの馬の武器。
連続好走中の上がりラップがいずれも遅めなので、適性的には次の有馬記念か?という気もしますが。
今回の人気落ちは妙味ありの局面だと思うので、一発狙いで買っておきたいと思います。

人気のキタサンは近2走のレース内容が、以前のこの馬のものと変わってきている点が気がかりでもあり押さえ評価。
外国馬は先行力があり左回りでは粘りが増すギニョールを警戒しておきたいと思います。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《2点》
◎2 ー ◯1(8%)
◎2 ー ▲13(3%)


【ワイド】《3点》
◎2 ー ◯1(25%)
◎2 ー ▲13(15%)
◎2 ー △11(25%)


【3連複】
フォーメーション《12点》
◎2 ー ◯1,▲13,△11 ー ▲13,△3,4,8,11(12%)


【3連単】
フォーメーション《12点》
◎2 → ◯1,▲13,△4 → ▲13,△1,4,8,11(12%)


*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解
※この記事は、2017/11/26 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解(メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ