的中無料公開中

※この記事は、2016/12/25 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解(メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

お礼7
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』12月25日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

12/25(日)
中山10R
有馬記念 (G1)
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 11 サトノダイヤモンド 2:32.6
2 1 1 キタサンブラック クビ
3 1 2 ゴールドアクター 1/2
払戻金
単勝 11 260円 1番人気
複勝 11
1
2
120円
120円
200円
1番人気
2番人気
4番人気
枠連 1-6 330円 1番人気
馬連 1-11 440円 1番人気
ワイド 1-11
2-11
1-2
200円
450円
420円
1番人気
5番人気
4番人気
馬単 11-1 770円 1番人気
3連複 1-2-11 1,050円 2番人気
3連単 11-1-2 3,940円 3番人気
WIN5 783,040円 1番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 1 2 ゴールドアクター 7.9 3 57.0 牡5 吉田隼人 美浦中川公成 498.0
1着 6 11 サトノダイヤモンド 2.6 1 55.0 牡3 C.ルメール 栗東池江泰寿 502.0
6着 7 14 シュヴァルグラン 16.2 5 57.0 牡4 福永祐一 栗東友道康夫 484.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:13点
購入金額:5,200円
払戻金 :4,200円
収支  :-1,000円
回収率 :80.8%
馬/組番:13組
3連単
買い方 :ボックス
指定方式:馬番
組合わせ:24点
購入金額:4,800円
払戻金 :0円
収支  :-4,800円
回収率 :0.0%
馬/組番:24組
合計購入金額:10,000円   払戻金:4,200円  
収支:-5,800円   回収率:42.0%
みなさんメリークリスマス。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【中山10R】有馬記念 G1(芝2500m)
仮柵:Aコース4週目(野芝約6ー8cm、洋芝約10cmー14cm)


《このレースで求められる適性:速力+バラ+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:マルターズアポジー
 想定番手馬:キタサンブラック


印   馬名        騎 調 速力
△01 キタサンブラック  A D 4
◎02 ゴールドアクター  A B 1
 03 ムスカテール    C S 15
 04 ヤマカツエース   A B 13
 05 サムソンズプライド C E 18
△06 サウンズオブアース S C 5
 07 マルターズアポジー E C 17
 08 ミッキークイーン  S S 7
 09 ヒットザターゲット A F 16
△10 アドマイヤデウス  A F 14
▲11 サトノダイヤモンド S S 3
 12 サトノノブレス   A S 9
 13 デニムアンドルビー B S 10
○14 シュヴァルグラン  S S 2
 15 アルバート     S S 8
△16 マリアライト    C A 6


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[有馬記念 レースLAP傾向]中山芝2500m

平均勝ちタイム 2.32.81
レース1F平均 12.22(追走区間1F平均 12.29)


前半36.13ー中盤81.17ー上がり35.51(前後半差:1.90秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――――――――  6.93 ―――――――――― 2500m
            ↓
―――――――――― 11.42 〓〓〓〓〓〓〓〓―― 2400m
            ↓
―――――――――― 11.85 〓〓〓――――――― 2200m
            ↓
―――――――――― 11.90 〓〓〓――――――― 2000m
            ↓
――――――――〓〓 12.36 ―――――――――― 1800m
            ↓
―〓〓〓〓〓〓〓〓〓 13.12 ―――――――――― 1600m
            ↓
―〓〓〓〓〓〓〓〓〓 13.05 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.53 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 11.96 〓〓―――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 12.18 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.92 〓〓〓―――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.49 〓〓〓〓〓〓〓―――  400m
            ↓
―――――――――― 12.10 〓―――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃2ー先13ー差12ー追3《後半1000mロングスパートラップ:極端な脚質は不利》

   1着:逃1ー先5ー差4ー追0
   2着:逃0ー先4ー差5ー追1
   3着:逃1ー先4ー差3ー追2


[レースのポイント]
 →→ 前半と中盤は開催年によってバラつきあり、後半1000mのロングスパートは例年共通
 →→ 1ハロン12秒を切るくらいのスピードを長く持続できるタイプに向いたレース


+++++++++++++++


ファン投票1位のキタサンブラックが枠順公開抽選で、今年4度目となる1枠1番を引き当てたことで、例年以上に「展開とペース」に話題が集中しています。
前走のジャパンカップでは2003年のタップダンスシチー以来となる逃げ切りで、名実ともに現役ナンバーワンの座を示した形となりましたが、前半3ハロン37.2秒、1000m通過61.7秒という超スローのラップを演出した鞍上の作戦勝ちだった点は見逃せません。

今年の有馬記念のポイントは、マルターズアポジーとサムソンズプライドの参戦。
特にマルターズアポジーは、1600mのレースでも押さえながら逃げるのが難しいほど気性が前向きなタイプで、1周目のスタンド前までは前半3ハロン35秒台の速いラップで流れることが想定されます。
その後は2500mという距離自体が長すぎるので、2コーナーから向正面では押さえ込めるだけ押さえ込んで、中盤が緩んだラップが想定されますが、そうなると2番手グループ追走のキタサンブラックが早めにスパートして、後続の切れる脚を使う馬に有利にならないロングスパート上がりを仕掛けてくる可能性が高いでしょう。
前半のラップこそは違っても、レース後半は昨年と似た残り800mに11秒台の区間が3つ入るラップ。
具体的にはラスト800mが46秒台後半、600mが35秒台という、コーナーで加速しつつスピードの持続力を問われる決着になりそうです。


◎ゴールドアクター
昨年の有馬記念勝ち馬。
中山芝コース(4−1−0−1)という無類のコース巧者で、スローで上がりのキレの問われた前走の4着からの巻き返しは十分。
3000m以上のレースを除けば、レースの上がり35秒台のレースでは(4−1−0−0)と上がりのかかるレースで自身の上がり順位が上位というパターンに特化した馬。
キタサンをマークできるイン2番手の絶好ポジションを取れる枠順も味方に連覇を期待したいと思います。


◯シュヴァルグラン
スローからロングスパート上がりになるレースに高い適性を持つ馬で、この馬もレースの上がりが35秒台のレースでは(1−3−3−0)と複勝圏はパーフェクト。
今年はG1、G2路線を走ってきましたが、唯一崩れたと言える宝塚記念は、道悪のハイペースだったレース。
同じグランプリコースでも、良馬場でスロー寄りの流れならば持ち味を十分に発揮できるとみています。


▲サトノダイヤモンド
デビューから前走まで、様々なコースで違った流れのレースを走りながらまだ大崩れを見せたことのない、次世代のエース候補。
同世代間ではこのレース不出走のマカヒキと並んで抜けた力を持つ馬で、対応できるペースの汎用性を考えるとマカヒキより安定して走れるのはコチラの馬かも。
上がりのかかった皐月賞で3着に負けたように、フットワークの大きい馬なのでコーナーでの加速が求められる中山は適性面からはピッタリとはいえないコースです。
それでも上位に来てしまうくらいの能力差があると見ていますので、負けるとしたらどのくらいの僅差の負けに抑えることができるかにも注目。


キタサンブラックは1枠1番が今回は仇になりそうな出走メンバーと枠順になりました。
中山では2度負けていて、勝ったレースも着差がわずかの辛勝だったことも考えると、ゴール前に坂のある中山は得意ではないのでは?
上がりの差で差されて負ける可能性はかなり高いと思いますが、あとは何頭に差されるか…今年の相手関係では3着に残るのも結構厳しいように思います。

穴ならアドマイヤデウス。
昨年は7着もわずか0秒3差で、2走前はキタサンとタイム差なしの接戦。
ジャパンカップを使わずに、昨年より余裕のあるローテなら一発大駆けのチャンス有りでしょう。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【3連複】
フォーメーション《13点》
◎2,◯14 ー ◯14,▲11 ー ▲11,△1,6,10,16(52%)


【3連単】
ボックス《24点》
◎2,◯14,▲11,△6(48%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解
※この記事は、2016/12/25 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解(メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ