的中無料公開中

※この記事は、2016/5/22 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解(メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

お礼5
詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月9日 〜 2016年12月8日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』 5月22日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

05/22(日)
東京11R
優駿牝馬(GI)(第77回オークス)
3連複 3連単
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 2 3 シンハライト 2:25.0
2 7 13 チェッキーノ クビ
3 7 14 ビッシュ 1/2
払戻金
単勝 3 200円 1番人気
複勝 3
13
14
110円
130円
320円
1番人気
2番人気
5番人気
枠連 2-7 300円 1番人気
馬単 3-13 650円 1番人気
馬連 3-13 420円 1番人気
ワイド 3-13
3-14
13-14
200円
660円
910円
1番人気
4番人気
10番人気
WIN5 2,082,440円 1番人気
3連複 3-13-14 2,070円 4番人気
3連単 3-13-14 5,790円 6番人気
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【東京11R】優駿牝馬(オークス)G1(牝・芝2400m)
仮柵:Bコース2週目(野芝約8ー10cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 調 速力
 01 フロムマイハート  B B 9
 02 アウェイク     C B 13
◎03 シンハライト    A B 1
△04 アットザシーサイド S C 3
△05 ペプチドサプル   B C 14
△06 アドマイヤリード  A A 4
 07 ゲッカコウ     B F 16
 08 デンコウアンジュ  S D 8
 09 ウインファビラス  C F 17
 10 ダンツペンダント  C B 11
★11 エンジェルフェイス S S 12
◯12 フロンテアクイーン B A 6
△13 チェッキーノ    S S 2
△14 ビッシュ      S B 7
▲15 レッドアヴァンセ  A A 5
 16 ジェラシー     A C 15
 17 ロッテンマイヤー  B D 10
 18 ダイワドレッサー  C B 18


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で



[優駿牝馬(オークス) レースLAP傾向]東京芝2400m

平均勝ちタイム 2.25.36
レース1F平均 12.11(追走区間1F平均 12.16)


前半35.43ー中盤36.88ー37.63ー上がり35.43(前後半差:0.74秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――〓〓〓〓〓 12.55 ―――――――――― 2400m
            ↓
―――――――――― 10.95 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 2200m
            ↓
―――――――――― 11.93 〓〓―――――――― 2000m
            ↓
――――――――〓〓 12.26 ―――――――――― 1800m
            ↓
――――――――〓〓 12.26 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.36 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.63 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.55 ―――――――――― 1000m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.45 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.79 〓〓〓―――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.59 〓〓〓〓〓―――――  400m
            ↓
―――――――――― 12.05 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先2ー差18ー追3《中だるみスロー:上がり瞬発勝負》

   1着:逃0ー先0ー差6ー追2
   2着:逃1ー先1ー差5ー追1
   3着:逃0ー先1ー差7ー追0



◎シンハライト
桜花賞馬、桜花賞1番人気馬が不在となった今年のオークス。
過去20年で桜花賞馬がオークスに出走しなかったのは、2002年、05年、07年の3回だけです。

02年は桜花賞馬アローキャリー不在で、勝ったのはフラワーC1着→桜花賞6着から巻き返したスマイルトゥモロー。
07年は桜花賞馬ダイワスカーレット不在で、桜花賞4着のローブデコルテが勝利。
今年は05年のパターンに近く、桜花賞馬ラインクラフトがNHKマイルCを勝ちオークスへは出走せず、桜花賞でタイム差なしの2着だったシーザリオが勝利。
この年のラインクラフトが、今年のライバル2頭(ジュエラー、メジャーエンブレム)と似た要素を持っていて、シーザリオは桜花賞でほぼ勝ちに等しい2着だったということからも、今年は人気でもこの馬が勝つパターンと考えて良いでしょう。

タイム、ラップ面では、桜花賞時にも取り上げましたが、この馬がG1を勝てる器であることは、年明けの紅梅S(京都芝1400m外)ですでに証明されています。
紅梅Sでマークした1.21.5というタイムは、過去の紅梅Sで最速となるタイム。
冬の京都開催は春や秋に比べて速いタイムが出にくいなかでマークしたこのタイムは、名牝クラスの活躍を予感させるには十分な材料。
過去に紅梅Sで差す競馬をして1分22秒を切ってくるレベルのタイムで勝った馬は、スイープトウショウ、スティルインラブ。
オークスは3、4コーナーで大きくラップが緩んでホームストレートで一気に急加速するラップが求められやすく、これまでにそういったレースで好成績を上げ続けているこの馬が、第77代オークス馬に最もふさわしいと言えるのではないでしょうか。



◯フロンテアクイーン
結局は毎年桜花賞組が中心となるレースですが、今年はイレギュラーで桜花賞1、4着馬が不在。
となると別路線組が馬券に絡んでくるというのがこれまでのパターンで、今年はレース史上初めて2分を切るタイムで決着したフローラS組には要注目です。
ただ、勝ち馬のチェッキーノではなく、距離延長でパフォーマンスを上げそうなフロンテアクイーンを抜擢。

フローラSの好タイムをアシストしたのは、まぎれもなく前半1000mを59秒台で逃げたクィーンズベスト。
差しが効く馬場だったこともあり、このペースでは逃げ先行勢はかなり苦しい競馬になって当然という流れでした。
そのクィーンズベストは昨日のカーネーションCを勝ちましたが、フローラS組で前に行って潰れた馬はスローになれば巻き返せるということを証明してくれているように思います。
フロンテアクイーンは、上位入線馬の中で唯一好位追走から3着争いに食い込む粘りを見せての惜しい4着。
当時ほどの差し有利馬場ではなく、また距離延長のスローという追走が楽になる状況が揃う今回は一発大駆けの期待が高まります。



▲レッドアヴァンセ
チューリップ賞、桜花賞の敗退で一気に人気がなくなりました。
主戦の武豊騎手が乗らない(ラニで米国遠征中)というのも、人気を落とす要因になっているのかもしれません。
この馬はマイル路線で頭角を表しましたが、追走ラップをみるとマイルでは距離が短いのでは?というようなタイプ。
そしてチューリップ賞当時に14kgも減らした馬体が戻らなかったというのも影響しているように思います。

今回は距離延長でこの馬本来の追走ラップで脚が溜まるレースになる可能性が大。
そして輸送があるとは言っても、木曜時点の馬体重が440kg台に戻っているのは、復調したとも考えられます。
鞍上は「テン乗り(乗り替わり)の鬼」田辺騎手。かなり人気の盲点になっているのではないでしょうか。



★エンジェルフェイス
東京芝2400mが合うというタイプでもないのは、姉たちを見れば(レディアルバローザ、キャトルフィーユ)分かりますが。
今年のフラワーCは、例年と比べると中盤区間が36.9秒とさほど緩まず、一定以上のスピード持続力が問われたレースでした。
前に行く馬が少ない組み合わせのスロー戦ですから、ポジショニングで上がりのキレの無さをカバーしつつ粘り込みを図るといったところでしょう。
それを考えるとルメール騎手より福永騎手の方が合っていたと思いますが、まぁ押さえ評価くらいには考えておきたいと思います。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《4点》
◎3 ー ◯12(15%)
◎3 ー ▲15(15%)
◎3 ー ★11(16%)
◎3 ー △14(12%)


【3連複】
フォーメーション《22点》
◎3 ー ◯12,▲15,★11,△14 ー ▲15,★11,△4,5,6,13,14(22%)


【3連単】
1着1頭軸流し《20点》
◎3(軸)→ ◯12,▲15,★11,△13,14(20%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解
※この記事は、2016/5/22 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解(メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ