レジまぐストア
的中無料公開中

※この記事は、2016/2/28 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解(メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

お礼5
詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月4日 〜 2016年12月3日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』#697

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

02/28(日)
中山11R
第90回 中山記念(GII)
みなさんおはようございます。
夏目メルマガ『レギュラー』です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【中山11R】中山記念 G2(芝1800m)
仮柵:Aコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝約10ー14cm)


印   馬名        騎 厩 速力順位
 01 サトノギャラント  B A 7
◎02 リアルスティール  S B 8
△03 ロゴタイプ     A F 9
 04 マイネルラクリマ  C C 10
 05 フルーキー     S S 2
 06 イスラボニータ   A C 3
 07 ラストインパクト  A S 1
 08 レッドレイヴン   C A 6
◯09 ドゥラメンテ    S S 4
▲10 アンビシャス    S A 5
 11 カオスモス     A C 11


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で




[中山記念 レースLAP傾向]中山芝1800m

平均勝ちタイム 1.48.50
レース1F平均 12.06(追走区間1F平均 11.88)


前半36.74ー中盤35.56ー上がり36.20(前後半差:0.48秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――〓〓〓〓〓〓〓〓 12.91 ―――――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.83 〓〓〓――――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 12.00 〓――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――― 11.91 〓〓―――――――― 1200m
            ↓
―――――――――― 11.68 〓〓〓〓―――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.97 〓―――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 12.05 〓―――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.75 〓〓〓―――――――  400m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.40 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃5ー先14ー差6ー追5《平均持続ペース:先行好位有利》

   1着:逃2ー先5ー差3ー追0
   2着:逃2ー先4ー差1ー追3
   3着:逃1ー先5ー差2ー追2



今年はドゥラメンテの復帰戦、そして3世代の皐月賞馬が顔を揃えた中山記念。

ということでまずは、同じ中山コースですし、3世代の皐月賞の比較から順列をつけていきましょう。


 2013年 ロゴタイプ
  タイム 1.58.0  前半58.0ー後半60.0

 2014年 イスラボニータ
  タイム 1.59.6  前半60.2ー後半59.4

 2015年 ドゥラメンテ
  タイム 1.58.2  前半59.2ー後半59.0


タイムが最も速かった2013年は、前後半差2.0秒の前傾ラップで、ラップの強度を考えると先に動いて2着だったエピファネイアの方が強い内容。
エピファネイアはその後ダービー、菊花賞を連対し、古馬になってからはハイペースのジャパンカップを勝つなど能力の裏付けあり。

2014年のイスラボニータは、タイム、ラップともにこの3年の比較では平凡。
この年の皐月賞上位は、スローの有馬記念で2着のトゥザワールドなど、いまひとつ。

そして2015年は、タイムでは2013年にわずか及ばないものの、前後半がともに59秒台という平均持続ラップになり、かなりのハイレベル決着。
その後の日本ダービーがレコードになったことからも、世代レベルは最も高いと評価できる。



次に、4歳3頭が1ー3着した共同通信杯。
このレースも前年勝ち馬のイスラボニータと比較しておきましょう。


 2014年 イスラボニータ
  タイム 1.48.1  前半49.3ー後半45.9

 2015年 リアルスティール
  タイム 1.47.1  前半47.4ー後半47.1


この比較では一目瞭然、タイムだけでなく、ラップのバランスもスローのイスラボニータに対して、持続ラップの2015年で差は明らかです。


イスラボニータとアンビシャスは、昨年秋の毎日王冠、天皇賞秋で対戦し、どちらもイスラボニータが先着していますが、脚を余して大外一気や逆にかかりまくって暴走気味といったメチャクチャなレースをしたアンビシャスに対して、スムーズに走って差が僅かだったイスラボニータということを考えると、3歳春の時点でアンビシャスよりさらに2馬身は前にいたドゥラメンテ、リアルスティールの2頭は、まずイスラボニータには負けないと考えて良いと思います。

あとはロゴタイプをどうするかというところですが、皐月賞以来勝ち星がなく、その皐月賞も実は2着馬のほうが強い内容だったことを考えると押さえ評価が妥当かと。

というわけで、今年の中山記念は4歳馬3頭の勝負。
直接対決だった共同通信杯では、かかって位置取りを下げてまた盛り返してくるという負けて強しの2着ドゥラメンテ、そこからさらに1馬身差があったアンビシャスですが、1800mという距離とコーナーでの加減速が適性として必須の中山芝1800m実績からリアルスティールを最上位評価に。

そして、ドゥラメンテは骨折休養明けでいつもの外厩「ノーザンしがらき」ではなく、北海道の「ノーザンファーム」から早めの帰厩でトレセンで仕上げるという調整過程の違いがやはり不安。
さらにドゥラメンテは、他の2頭が斤量55kgに対して、57kgと2kg重い斤量を背負うという点を考慮すると、逆転される可能性も十分に考えられる状況。

アンビシャスは、福島芝1800mで重賞を楽勝しているように、コーナーへの適性が重要な中山芝1800mということを考えると、2番手評価でもOK。
ドゥラメンテは皐月賞での斜行があったように、コーナーでの挙動には不安があるのも事実。


まとめると

◎リアルスティール
1800m向き、中山実績、斤量差恵まれ。

◯ドゥラメンテ
能力最上位も中山適性、斤量差で付け入る隙あり

▲アンビシャス
3歳春時点の差は、コーナリング適性、斤量差で埋まる可能性


馬券は絞りに絞ればこの3連複1点。
ただ、ドゥラメンテの3着付けに配当妙味があるので、そこにも張っておきたいと思っています。


=========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《1点》
◎2 ー ▲10(15%)


【3連複】《1点》
◎2 ー ◯9 ー ▲10(37%)


【3連単】
フォーメーション《6点》
◎2,◯9,▲10 → ◎2,◯9,▲10 → △3(18%)

フォーメーション《2点》
◎2,▲10 → ◎2,▲10 → ◯9(30%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解
※この記事は、2016/2/28 10:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『レギュラー』  重賞・メインレース限定最終見解(メルマガ 月額324円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
ページの先頭へ