的中無料公開中

※この記事は、2019/11/24 12:00 に、競馬データぶろぐ。(PC版)(メルマガ 月額5,500円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね22 コメント1
件名:

JC4(買い目、◎○について)

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

11/24(日)
東京11R
ジャパンカップ(G1)
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 5 スワーヴリチャード 2:25.9
2 1 1 カレンブーケドール 3/4
3 2 2 ワグネリアン 11/2
払戻金
単勝 5 510円 3番人気
複勝 5
1
2
180円
280円
170円
3番人気
5番人気
2番人気
枠連 1-3 2,050円 10番人気
馬連 1-5 2,900円 10番人気
ワイド 1-5
2-5
1-2
880円
490円
700円
9番人気
3番人気
7番人気
馬単 5-1 4,810円 17番人気
3連複 1-2-5 2,900円 7番人気
3連単 5-1-2 19,850円 48番人気
WIN5 736,250円 3番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
2着 1 1 カレンブーケドール 10.5 5 53.0 牝3 津村明秀 美浦国枝栄 466.0
1着 3 5 スワーヴリチャード 5.1 3 57.0 牡5 O.マーフィー 栗東庄野靖志 516.0
5着 4 6 ユーキャンスマイル 6.2 4 57.0 牡4 岩田康誠 栗東友道康夫 488.0

予想買い目の収支
馬連
通常
馬番
1点
1,100円
0円
-1,100円
0.0%
馬/組番:5ー6
通常
馬番
1点
1,100円
0円
-1,100円
0.0%
馬/組番:1ー6
通常
馬番
1点
800円
23,200円
+22,400円
2,900.0%
馬/組番:1ー5
合計購入金額:3,000円   払戻金:23,200円  
収支:+20,200円   回収率:773.3%
JC4

<買い目>
馬連
5-6(11点分)
1-6(11点分)
1-5(8点分)

計30点

◎スワーヴリチャード
○ユーキャンスマイル
▲カレンブーケドール


1、2番人気ワグネリアン、レイデオロを無印にした上、
印3頭に絞ったので無理せず馬連BOX。

カッコ内は資金配分。
(例えば11点分とは1点100円なら1100円という意味、つまり×11)

的中すれば回収率700%付近の大勝、
では詳しい説明に入っていこうと思う。


JCは「前走休み明けで人気より走らなかった馬」に注目、
ここに照準を合わせている可能性が高い。

余力の観点からも世間の想像以上に大きなアドバンテージ、
それは数字にもはっきりと表れている。

これは事前検証でお伝えした通りだが、
改めて記載しておくと、

前走国内のG2以上で人気を下回る着順、
そして今回「叩き2戦目」の馬。

12番人気以下という極端な人気薄を除くと、
過去6年で(3-2-2-5)

勝率25%、連対率42%、3着内率58%、
単勝回収率202%、複勝回収率222%。


そしてここからが今回の本題、
実は上記データには「続き」があるのだ。

JCは「外国人ジョッキー騎乗の日本馬」が強いが、
(データの詳細は事前検証を参照)

上記データの該当馬に「外国人ジョッキー」が騎乗すると、
(3-2-2-1)

勝率38%、連対率63%、3着内率88%、
単勝回収率303%、複勝回収率333%。

該当馬8頭中6頭が「4番人気以下」だったにもかかわらず、
8頭中7頭が「馬券圏内」で残りの1頭も人気以上の走りで4着。

つまり凡走した馬は皆無、
単複を機械的に買い続けるだけでも資金は3倍以上。

18年3着スワーヴリチャード

17年1着シュヴァルグラン(5番人気)

16年2着サウンズオブアース(5番人気)

15年2着ラストインパクト(7番人気)

14年1着エピファネイア(4番人気)

13年1着ジェンティルドンナ
13年3着トーセンジョーダン(11番人気)


前走人気を下回ったということで、
今回は人気を落としていた馬が多かったわけだが、

世間の評価とは「逆転現象」が起きている。
(前走人気で凡走、今回人気落ちで激走)

前走は「今回に向けての叩き台」だった「余力たっぷりの実力馬」に、
名手(外国人ジョッキー)が騎乗するという状況なので、

3着内率88%という強烈な数字が出現するのも頷ける。
(外国人を乗せてくるということはメイチ勝負の裏付けでもある)

それで人気が落ちているのだから、
これほどおいしいシチュエーションはないだろう。

まさにJCの「穴馬発掘データ」
回収率が単複共に300%オーバーは普通じゃない。


今年の出走馬の中で、
前走G2以上で人気を下回る着順、そして今回叩き2戦目は、

エタリオウ
スワーヴリチャード
マカヒキ
ルックトゥワイス
レイデオロ
ワグネリアン

この中で「外国人ジョッキー」が騎乗するのは、
スワーヴリチャード、ルックトゥワイス、レイデオロ。

つまりこの3頭が3着内率88%を誇る超強力データに該当、
データ的に全滅は考えづらい。


◎はスワーヴリチャード。

この馬は血統も完璧、
なぜなら当レースの特注血統は「トニービン」だから。

3代内にトニービンを持った馬は、
過去10年で(1-4-6-24)

人気に制限をつけずに3着内率30%超えは優秀。
(しかも該当馬の半数が二桁人気だった)

半数以上が掲示板に載っているように「人気以上の着順」は当たり前、
複勝回収率は130%を超えている。

15年のジャングルクルーズ(17番人気4着)が馬券に絡んでいたら、
回収率はもっと強烈な数字になっていた。

18年2着キセキ(4番人気)
18年3着スワーヴリチャード

17年1着シュヴァルグラン(5番人気)

16年3着シュヴァルグラン(6番人気)

15年3着ラブリーデイ

14年2着ジャスタウェイ(3番人気)

13年3着トーセンジョーダン(11番人気)

12年3着ルーラーシップ

11年2着トーセンジョーダン(6番人気)
11年3着ジャガーメイル(14番人気)

09年2着オウケンブルースリ


毎年のように伏兵が好走、
二桁人気(しかも単勝万馬券)が2頭も馬券になっているのは凄い。

15年ジャングルクルーズも人気を大きく上回る走りを披露。
(単勝166倍のブービー人気ながら4着)

G1どころかOP特別でも連対できないジャングルクルーズの善戦は、
まさに「トニービン」のなせる業だろう。

単勝万馬券がこれほど激走を連発しているのは驚き、
JCはトニービン抜きには語れないレース。

そして何と言ってもトニービン持ちは、
8年連続で馬券に絡んでいるという点も見逃せない。

昨年はアーモンドアイ以外の掲示板4頭がトニービン持ち。
(4、2、5、8番人気で2~5着を独占)

つまりトニービン持ちから軸を選ぶことがJC攻略の近道、
的中がグッと近づくことになる。

しかもトニービン持ちは「伏兵の立場」であることが多く、
人気の面でもおいしいのだから言うことなし。


8年連続で続いているデータ、
普通に考えれば今年も継続する可能性は高い。

17年はトニービン持ちが2頭しかいなかった上に、
内1頭は勝負にならないワンアンドオンリー。

よって自動的にシュヴァルグラン◎となったわけだが、
(結果は単勝13倍でキタサンブラック、レイデオロ撃破)

今年はトニービン持ちが大挙6頭出走、
こういう時は基本的に上位人気~中穴ゾーンを買えば大体正解。

ジャガーメイルやトーセンジョーダンのように、
トニービン持ちはとんでもない人気薄の激走が期待できる一方で、

上位人気~中穴ゾーンの信頼度は極めて高く、
かつてはハーツクライ、ドリームパスポート、オウケンブルースリらが連対。

近年は以前にも増して抜群の安定感を誇っており、
トニービン持ちが6番人気以内だと過去8年で(1-3-4-3)

3着内率は70%を超えている。
(単勝回収率120%、複勝回収率168%)

馬券にならなかった3頭も4、5着なので掲示板率は100%、
13年4着アドマイヤラクティは勝ち馬から僅か0.1差。

14年のハープスターは落馬寸前の不利がなければ、
おそらく馬券になっていただろう。


前述の通り今年はトニービン持ちが6頭、
前売りオッズを参考にして人気順に列挙すると、

スワーヴリチャード
ムイトオブリガード
シュヴァルグラン
ダンビュライト
タイセイトレイル
ウインテンダネス

この中でスワーヴリチャードは6番人気以内必至、
ムイトオブリガードは6、7番人気付近で境界線上。


ここからは相手について。

事前検証でお伝えした通り、
JCは「長距離G1実績馬」が強いレース。

芝3000M超G1・4着以内経験馬が、
東京開催の過去20回中19回で馬券に絡んでいる。

これだけ長らく続いているデータなので、
普通に考えれば今年も継続する可能性は高い。

今年の該当馬はユーキャンスマイル、エタリオウ、シュヴァルグラン、
この3頭の中に激走馬が潜んでいるはず。


○はユーキャンスマイル。

この馬自身の観点からも上積み大、
秋天は無印としたが延長得意血統なので今回は買いの一手。

母ムードインディゴも伯母チャペルコンサートもG1で穴をあけたが、
(前者は秋華賞8番人気2着、後者はオークス12番人気2着)

共に「延長ローテ」での激走。
(チャペルコンサートはマーメイドSも延長ローテで6番人気3着)

一方で「短縮ローテ」では散々たる成績、
チャペルコンサートは短縮ローテでの重賞成績が(0-0-0-4)

ムードインディゴも短縮ローテの重賞成績は(0-0-0-8)
この馬は重賞に限定しなくても短縮ローテだと(0-0-0-10)


ユーキャンスマイルも血統通りの延長巧者、
延長ローテでダイヤモンドS圧勝、菊花賞10番人気3着。

同じ長距離戦でも「短縮ローテ」で挑んだ春天は3番人気で1.5差5着に完敗。
(もちろん無印としたが)

つまり前々走の新潟記念は相当に価値の高い内容、
1000M以上の大幅短縮ローテで勝ち切ったのだから。

文字通り「充実の4歳秋」
世間の想像以上に強くなっていることは明らか。

前走秋天は上がり最速で4着、
延長のオプションがなくてもG1で好走できるまでに成長。

そして今回は待望の延長ローテ、
成長を加味すればデビュー以来最高のパフォーマンスが期待できる。

ちなみに延長ローテ時の通算成績は(2-0-1-1)
人気を下回ったことはない。

未勝利とダイヤモンドS圧勝、菊花賞10番人気3着、
唯一の馬券圏外だった京都新聞杯も13番人気ながら0.4差6着。


祖母リープフォージョイはイタリア3歳牝馬・古牝馬チャンピオン、
近親にテレグラフHなどニュージーランドでG1を3勝したキングズチャペル。

母ムードインディゴは府中牝馬S7番人気1着、秋華賞8番人気2着、
伯母チャペルコンサートはオークス12番人気2着。

成長力と意外性が特徴の一族、
G1馬相手に一泡吹かせるとしたら今回。

配合からも今はどんどん強くなっている時期。
(キングカメハメハ×ダンスインザダークと言えば晩成のラブリーデイ)


10分後にもう一部発行。
(▲と危険馬などの詳しい説明)



keibadetablog@yahoo.co.jp
競馬データぶろぐ。(PC版)
※この記事は、2019/11/24 12:00 に、競馬データぶろぐ。(PC版)(メルマガ 月額5,500円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP