的中無料公開中

※この記事は、2018/9/9 12:00 に、競馬データぶろぐ。(PC版)(メルマガ 月額5,400円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね18 コメント1
件名:

京成杯AH4(買い目、絞り込み)

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

09/09(日)
中山11R
京成杯オータムハンデ(G3)
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 10 ミッキーグローリー 1:32.4
2 8 14 ワントゥワン 3/4
3 2 2 ロジクライ 3/4
払戻金
単勝 10 330円 1番人気
複勝 10
14
2
140円
180円
130円
2番人気
3番人気
1番人気
枠連 6-8 830円 2番人気
馬連 10-14 1,180円 3番人気
ワイド 10-14
2-10
2-14
460円
280円
470円
3番人気
1番人気
4番人気
馬単 10-14 1,740円 3番人気
3連複 2-10-14 1,280円 1番人気
3連単 10-14-2 5,960円 5番人気
WIN5 361,120円 1番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
8着 5 9 ヤングマンパワー 17.6 7 57.0 牡6 石橋脩 美浦手塚貴久 530.0
1着 6 10 ミッキーグローリー 3.3 1 55.0 牡5 C.ルメール 美浦国枝栄 550.0
10着 7 12 ウインガニオン 42.0 11 57.0 牡6 津村明秀 栗東西園正都 492.0
2着 8 14 ワントゥワン 6.4 3 53.0 牝5 戸崎圭太 栗東藤岡健一 446.0

予想買い目の収支
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,000円
払戻金 :11,800円
収支  :+10,800円
回収率 :1,180.0%
馬/組番:10ー14
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:400円
払戻金 :0円
収支  :-400円
回収率 :0.0%
馬/組番:9ー10
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:300円
払戻金 :0円
収支  :-300円
回収率 :0.0%
馬/組番:9ー14
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:10ー12
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:12ー14
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:9ー12
合計購入金額:2,000円   払戻金:11,800円  
収支:+9,800円   回収率:590.0%
京成杯AH4

<買い目>
馬連
10-14(10点分)
9-10(4点分)
9-14(3点分)

10-12(1点分)
12-14(1点分)
9-12(1点分)

計20点

◎ミッキーグローリー
○ワントゥワン
▲ヤングマンパワー
☆ウインガニオン


人気薄2頭を含む4頭に絞ったので、
無理せずBOX勝負の結論。

カッコ内は資金配分。
(10点分とは1点100円なら1000円という意味、つまり×10)

回収率700%付近を狙った買い目。
(MAXで1000%を大きくオーバー)

昨日の段階では印3頭の予定だったが、
ウインガニオンが想定以上の人気薄なので一枚押さえておく。
(馬連は全て万券なので資金の15%を投入するだけで十分)

では詳しい説明に入っていこうと思う。


事前検証で紹介した3つの重要ファクター、
牝馬、重ハンデ、そして天栄馬。

いずれもシンプルなデータだが機能性は抜群、
好走率、回収率共に優秀で期待値は相当高くなっている。

あとは「3歳馬」の好走率も高い。
(今年は出走なしなので、詳細データは割愛させていただくが)

この4つ(牝馬、3歳馬、重ハンデ、天栄馬)だけで、
当レースは攻略できると言っても過言ではない。

牝馬…A
3歳馬…B
重ハンデ馬…C
天栄馬…D

こう表記して歴代好走馬を振り返ってみる。
(14年新潟開催は除く、中山開催の過去6回)

17年1着グランシルク(D)
17年2着ガリバルディ(C)
17年3着ダノンリバティ(該当せず)

16年1着ロードクエスト(B)
16年2着カフェブリリアント(A)
16年3着ダノンプラチナ(C)

15年1着フラアンジェリコ(D)
15年2着エキストラエンド(C)
15年3着ヤングマンパワー(BD)

13年1着エクセラントカーヴ(A)
13年2着ダノンシャーク(C)
13年3着ゴットフリート(BD)

12年1着レオアクティブ(B)
12年2着スマイルジャック(C)
12年3着スピリタス(該当せず)

11年1着フィフスペトル(C)
11年2着アプリコットフィズ(A)
11年3着レインボーペガサス(C)


過去6回の3着内馬18頭中16頭がA~Dのいずれかに該当、
連対馬に限ると12頭全馬がA~Dのいずれかに該当。

ということで今年もA~D重視、
軸さえ間違わなければ的中できる可能性が高い。

少なくとも馬連、馬単レベルなら6年連続で網羅。
(1~3着独占も4回)

今年の出走馬の中でA~Dに該当しているのは、
(A…牝馬、B…3歳馬、C…重ハンデ馬、D…天栄馬)

ヤングマンパワー(CD)
ミッキーグローリー(D)
ウインガニオン(C)
ワントゥワン(A)


そして当レースで忘れてはならないのが「差し有利」
これは近年のトレンド。

路盤改修後の過去3年は完全に差し馬有利だが、
実はその少し前からすでに差し馬優勢のレースになっていた。

ちょうどサマーマイルシリーズが始まった頃から見られる現象、
それだけ激戦になりやすくなったということだろう。

最初のコーナーを5番手以内で通過した馬は、
中山で行われた過去6回で(0-0-1-33)

開幕週だが前に行った馬が全く残れないレース、
13年に天栄育成の3歳馬ゴットフリートが唯一3着に粘っただけ。

路盤改修で差し有利に拍車がかかっており、
スピードタイプの逃げ、先行馬は止まるのが定番。

15年のアルビアーノが典型例、
直線半ばまで粘るも最後は後続に飲まれている。

NHKマイルCで2着に粘った実力馬だが、
ここでは1番人気を裏切った。

昨年も2、3、4番人気の逃げ、先行馬が揃って凡走。
(マルターズアポジー、ボンセルヴィーソ、ブラックスピネル。もちろん全馬無印)


今年も前に行きたい馬が揃った上に、
サマー王者のタイトルが懸かっている馬が5頭も存在。

例年同様「差し馬が台頭する流れ」になる可能性大、
土曜の結果を見る限りは末脚が効く馬場でもある。

最初のコーナーを5番手以内で通過しそうな馬は、
(枠順やテンの速さ、陣営の作戦などを考慮)

内枠に入ったミュゼエイリアン、ロジクライ、ショウナンアンセム、
そして外の逃げ馬ウインガニオン、ベステンダンク。

ウインガニオン以外は消しでいいだろう。
(A~Dにも該当しないので)

ウインガニオンも本来であれば買えないが、
ここまで人気がないのであれば無理に消すこともない。

C(重ハンデ)は大穴の宝庫なのだから。
(特に近3年中2年で11番人気が連対)


10分後にもう一部発行。
(重い印3頭の詳しい説明)



keibadetablog@yahoo.co.jp
競馬データぶろぐ。(PC版)
※この記事は、2018/9/9 12:00 に、競馬データぶろぐ。(PC版)(メルマガ 月額5,400円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ