的中無料公開中

※この記事は、2018/4/8 12:00 に、競馬データぶろぐ。(PC版)(メルマガ 月額5,400円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね18 コメント1
件名:

桜花賞4(買い目)

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

04/08(日)
阪神11R
桜花賞(G1)
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 13 アーモンドアイ 1:33.1
2 1 1 ラッキーライラック 13/4
3 5 9 リリーノーブル 1/2
払戻金
単勝 13 390円 2番人気
複勝 13
1
9
140円
110円
140円
2番人気
1番人気
3番人気
枠連 1-7 380円 1番人気
馬連 1-13 480円 1番人気
ワイド 1-13
9-13
1-9
230円
430円
230円
1番人気
4番人気
2番人気
馬単 13-1 990円 3番人気
3連複 1-9-13 830円 1番人気
3連単 13-1-9 3,780円 4番人気
WIN5 4,614,100円 2番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
2着 1 1 ラッキーライラック 1.8 1 55.0 牝3 石橋脩 栗東松永幹夫 488.0
4着 4 7 トーセンブレス 42.1 8 55.0 牝3 柴田善臣 美浦加藤征弘 456.0
16着 6 11 コーディエライト 341.0 17 55.0 牝3 和田竜二 栗東佐々木晶三 462.0
1着 7 13 アーモンドアイ 3.9 2 55.0 牝3 C.ルメール 美浦国枝栄 462.0

予想買い目の収支
ワイド
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:500円
払戻金 :0円
収支  :-500円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー7
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:300円
払戻金 :0円
収支  :-300円
回収率 :0.0%
馬/組番:7ー13
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー11
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:11ー13
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:1,000円
払戻金 :4,800円
収支  :+3,800円
回収率 :480.0%
馬/組番:1ー13
合計購入金額:2,000円   払戻金:4,800円  
収支:+2,800円   回収率:240.0%
桜花賞4

<買い目>
馬連
1-13(10点分)

ワイド
1-7(5点分)
7-13(3点分)
1-11(1点分)
11-13(1点分)

計20点

◎アーモンドアイ
○ラッキーライラック
▲トーセンブレス
☆コーディエライト


能力的にはアーモンドアイ、ラッキーライラックの「2強」
まずはこの2頭の馬連(5倍強)に資金の半分を投入。

◎○のワンツーだけで回収率300%付近。
(10点分とは1点100円なら1000円という意味、つまり×10)

人気薄の▲☆はワイドで購入。
(◎から▲☆、○から▲☆へ)

◎○のワンツーで▲トーセンブレスが3着に突っ込んでくれば、
回収率は1000%に肉薄。

◎○のワンツーで☆コーディエライトが逃げ残れば、
回収率は1500%を大きく超える。

今年の桜花賞は意外にも一撃が狙えるレース。
(今年に限ったことではないが)


2強の序列は適性上位でアーモンドアイ◎。
(脚質、枠順なども有利)

そして今年の桜花賞の肝は、
残りの「1枠」に何が入ってくるかということだろう。

その候補がトーセンブレス、コーディエライト、
前者は8番人気、後者はシンガリ人気。

データ的には「2強」にトーセンブレスを加えた「3頭立て」
紛れがなければこの3頭で決まるはず。

とは言ってもそこは「春の3歳牝馬レース」
思わぬ馬の激走も視野に入れて「特大の穴馬」を忍ばせてある。


一昨年の桜花賞では単勝248倍のアドマイヤリードに☆、
そして4角最後方から5着、ゴール前の伸びは一番だった。

3着に届いていれば回収率3000%オーバー。
(単勝1倍台メジャーエンブレムの評価を下げて、◎○のワンツーだったので)

今年も「桜花賞ならではの超大穴」が存在、
それがコーディエライト。

全く人気はないがチャンスあり。
(もちろん大敗の可能性もあるが)


桜花賞は過去30年遡っても、
3番人気以内が1~3着を独占したことは一度もない。

完全に3強と言われた16年でさえ、
(オッズ的には1強+2強。ちなみに4番人気で単勝20倍以上)

メジャーエンブレムが馬券圏外。
(単勝1.5倍の断然人気だったが)

3頭で3連複2倍を示していた07年も1頭が「馬券圏外」
(ダイワスカーレット、ウオッカは好走したがアストンマーチャンが凡走)

つまり桜花賞で1~3番人気の3連複、3連単を買うのは、
究極のハイリスクローリターン。

オッズが一番安いのにもかかわらず、
30年間で一度も発生していない組み合わせ。

今年は1、2番人気を重視して馬券を組んでいるので、
3番人気リリーノーブルは自動的に無印。

仮にリリーノーブルが来るとすれば、
ラッキーライラックかアーモンドアイが消えることになる。


そもそもリリーノーブルはこのデータ抜きに考えても危うい場面。
(理由は出走全馬の見解を参照)

直線の長いコースでは勝負付けが済んでいる。
(G1でチャンスがあるとすれば内回りの秋華賞だろう)

2強に比べて「牝系」も心許ない。

アーモンドアイはベストインショウの一族、
ラッキーライラックはマイビューパーズの一族。

文字通り「世界的名門ファミリー」
当たり前だが大舞台(G1)に強い。

一方でリリーノーブルは近親にG2、G3好走馬は多いのだが、
G1になると出番なしというのが定番のファミリー。

2強に比べると明らかに「底力」で劣っており、
(2強の牝系が凄すぎるという側面もあるが)

2歳G1ならまだしもクラシック本番となると、
底力不足を露呈する可能性が高いと見る。


10分後、20分後に一部ずつ発行。
(印4頭の詳しい説明。無印の馬についても説明)



keibadetablog@yahoo.co.jp
競馬データぶろぐ。(PC版)
※この記事は、2018/4/8 12:00 に、競馬データぶろぐ。(PC版)(メルマガ 月額5,400円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ