的中無料公開中

※この記事は、2018/2/25 12:20 に、競馬データぶろぐ。(PC版)(メルマガ 月額5,400円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね18 コメント1
件名:

中山記念3(買い目、◎○について)

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

02/25(日)
中山11R
中山記念(G2)
ワイド
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 5 ウインブライト 1:47.6
2 8 10 アエロリット クビ
3 7 8 マルターズアポジー アタマ
払戻金
単勝 5 530円 2番人気
複勝 5
10
8
190円
270円
460円
2番人気
5番人気
7番人気
枠連 5-8 1,880円 7番人気
馬連 5-10 1,980円 9番人気
ワイド 5-10
5-8
8-10
730円
1,380円
1,710円
8番人気
17番人気
21番人気
馬単 5-10 3,830円 14番人気
3連複 5-8-10 8,640円 32番人気
3連単 5-10-8 41,500円 143番人気
WIN5 4,714,650円 2番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
5着 4 4 ペルシアンナイト 2.1 1 57.0 牡4 M.デムーロ 栗東池江泰寿 482.0
1着 5 5 ウインブライト 5.3 2 56.0 牡4 松岡正海 美浦畠山吉宏 474.0
3着 7 8 マルターズアポジー 14.1 6 56.0 牡6 柴田善臣 美浦堀井雅広 528.0

予想買い目の収支
ワイド
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:600円
払戻金 :0円
収支  :-600円
回収率 :0.0%
馬/組番:4ー8
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:400円
払戻金 :5,520円
収支  :+5,120円
回収率 :1,380.0%
馬/組番:5ー8
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:700円
払戻金 :0円
収支  :-700円
回収率 :0.0%
馬/組番:4ー5
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:200円
払戻金 :0円
収支  :-200円
回収率 :0.0%
馬/組番:4ー8
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:5ー8
合計購入金額:2,000円   払戻金:5,520円  
収支:+3,520円   回収率:276.0%
中山記念3

<買い目>
馬連
4-5(7点分)
4-8(2点分)
5-8(1点分)

ワイド
4-8(6点分)
5-8(4点分)

計20点

◎ペルシアンナイト
○マルターズアポジー
▲ウインブライト


3頭に絞ったので馬連はタテ目も押さえてBOX、
ワイドは人気薄の○から◎▲へ。

資金配分に強弱をつけている。
(7点分とは1点100円なら700円という意味、つまり×7)

人気どころではサクラアンプルール、アエロリット、ヴィブロスを無印、
少頭数だがMAXで回収率600%超えが狙える買い目。

では説明に入っていこうと思う。


事前検証で紹介した3つの重要ファクター、
どれも好走率、回収率共に相当優秀。

A…国内の芝2000MのG1好走経験馬
B…延長ローテ(単勝30倍未満)
C…外国人ジョッキー騎乗馬

このようにA~Cと表記して、
過去4年の3着内馬を改めて振り返ってみると、

17年1着ネオリアリズム(BC)
17年2着サクラアンプルール(該当せず)
17年3着ロゴタイプ(AB)

16年1着ドゥラメンテ(AC)
16年2着アンビシャス(C)
16年3着リアルスティール(A)

15年1着ヌーヴォレコルト(A)
15年2着ロゴタイプ(ABC)
15年3着ステファノス(BC)

14年1着ジャスタウェイ(A)
14年2着アルキメデス(該当せず)
14年3着ロゴタイプ(AC)


過去4年の3着内馬12頭中10頭が、
A~Cのいずれかに該当していた。
(内6頭が2つ以上に該当)

A~Cに該当せずに馬券になったのは2頭のみ。
(14年2着アルキメデス、17年2着サクラアンプルール)

まずはA~C重視が定石のレース、
今年はA~Cに該当している馬が3頭。

ペルシアンナイト(ABC)
ヴィブロス(A)
マルターズアポジー(B)


毎年必ず2つ以上に該当している馬が馬券絡み、
3年連続で連対まで来ている。
(現在2連覇中)

今年は3つ全てに該当している馬が登場、
それが◎ペルシアンナイト。

3つ全てに該当していた馬は、
過去の中山記念に僅か1頭しか出走していない。

その1頭とは15年のロゴタイプ、
もちろん同馬に◎を打っている。

結果はヌーヴォレコルト(岩田)に内をすくわれたものの、
横綱相撲で勝ちに等しいクビ差2着。


ペルシアンナイトは3つの重要ファクターに該当しているだけでなく、
この馬自身の観点からも今回は買い。

典型的な馬力血統で中山は歓迎。
(祖母ニキーヤはゴールドアリュールやゴールスキーらを輩出した名繁殖牝馬)

近親のディアマイダーリンはフラワーC(中山芝1800M)で好走。
(ハナ差3着。ちなみに鞍上はデムーロ)

そして再三お伝えしている通り、
ハービンジャー産駒は前走で短い距離を経験している方が能力を発揮しやすい。

その証拠に「延長ローテ」での重賞回収率は単複共に100%を超えている。
(単勝50倍以上は除く)

昨年も(2-5-2-10)で3着内率47%、
1番人気0頭で半数が馬券に絡んでいるのは立派。

単勝回収率236%、複勝回収率173%、
馬券になった9頭中8頭が「4番人気以下」と伏兵が激走連発。

秋華賞で回収率795%を達成できたのは、
上記データを重視したからと言っても過言ではない。

ペルシアンナイトを皐月賞で高評価したのも、
延長ローテで能力全開が見込めたからである。

ダービーは延長ローテでも凡走したが、
ダービーはローテ云々の前に適性外だったので参考外。
(もちろん無印としたが)


今年の重賞では3頭の「延長ハービンジャー」が出走、
1頭も馬券になっていない。

しかし3頭中2頭は見どころ十分、
延長ローテがプラスに働いていたことは間違いない。

愛知杯のギモーヴ(7番人気)は直線で挟まれてしまったが、
スムーズなら2、3着はあった手応え。

共同通信杯のカフジバンガードは7番人気ながら掲示板、
3着馬とはハナ、クビ差だった。

そして今回はハービンジャー産駒の真打ち登場、
「延長有利レース」に「得意の延長で出走」となれば素直に買うべきだろう。


ペルシアンナイトを疑ってかかるのは「短縮ローテ」の時、
もしくは「東京」を使ってきた場合。

父系(ハービンジャー)は「短縮苦手」で、
牝系(リラクタントゲスト一族)が東京苦手なのだ。

詳細データはペルシアンナイトが出走してきた時にお伝えするが、
今回は「短縮」でも「東京」でもないので信頼度は高い。

ちなみに人気を裏切った富士Sはダブルパンチだった。
(短縮ローテで東京。しかも800Mの大幅短縮)


皐月賞掲示板組が今年の重賞で結果を出しているのも追い風、
先月のAJCCはダンビュライト(皐月賞3着)が優勝。

今月の京都記念は皐月賞1、4、5着馬が上位独占。
(クリンチャー、アルアイン、レイデオロ)

皐月賞1、3、4、5着馬が今季初戦で好発進、
となれば2着馬ペルシアンナイトに期待するのは自然の流れ。
(しかも今回は皐月賞と同じ中山内回り)

3歳の身でマイルCSを勝ったことからも、
この馬は相当な活躍が見込める。

3歳でマイルCSを勝ったのは同馬を含めて4頭のみ、
他3頭はサッカーボーイ、タイキシャトル、アグネスデジタルと凄い面々。

しかも3歳馬の斤量が増量されてからはペルシアンナイトが初めての優勝。
(01年を境に55キロ→56キロ)


○はマルターズアポジー。

延長ローテなので「B」に該当、
Bは3着内率50%を超える強力データ。

10年以上の集計期間でこの数字は相当優秀、
それだけ「延長ローテ」が有利だということ。

複勝回収率は160%に達しているが、
(詳細データは事前検証を参照)

数字が安定しやすい複勝回収率がこれだけ高いということは、
それだけ頻繁に人気薄が馬券になっているということ。

延長ローテで特に狙えるのは「前に行く馬」
驚異的な数字を叩き出している。


延長ローテの馬(単勝30倍未満)が「3角2番手以内」で通過すると、
05年以降(4-3-2-2)

勝率36%、連対率64%、3着内率82%、
単勝回収率284%、複勝回収率238%。

なんと11頭中9頭が「馬券圏内」
馬券にならなかったのは2頭のみ。

回収率は単複共に200%オーバー、
まさに「買いの一手」と言えるデータ。

17年1着ネオリアリズム(3番人気)
17年3着ロゴタイプ(7番人気)

15年2着ロゴタイプ

13年3着シルポート(8番人気)

12年2着シルポート(7番人気)

09年1着カンパニー

08年1着カンパニー

06年1着バランスオブゲーム(6番人気)
06年2着ダイワメジャー


昨年は「G1級のディープ産駒の差し馬」が人気になったが、
(アンビシャス、リアルスティール、ヴィブロス)

上記データの該当馬ネオリアリズムが番手から押し切り、
人気薄ロゴタイプも3着に粘り込んだ。

ロゴタイプやシルポートなど「延長の逃げ馬」が穴をあけるのが定番、
古くはバランスオブゲームが6番人気ながら5馬身ぶっちぎり。

今年はマルターズアポジーが確実に該当する。
(デビュー以来ハナを譲ったことはない)

この馬はロゴタイプやシルポート同様「父ノーザンダンサー系」
馬力タイプの逃げ馬で中山記念は合う。

ちなみに上記データに該当しながら凡走した2頭は6年以上前、
つまり近5年に限るとパーフェクト継続中。

2、3、7、8番人気で4頭連続好走中、
マルターズアポジーも伏兵なので「絶好の狙い目」


父ゴスホークケンは中山でG1勝ち、
さらに母父ボールドルーラー系、そしてロベルト5×4。

中山で強調できる血が詰まった配合。
(路盤改修後の中山芝重賞は特にロベルトの血が有効)

最近で最もボールドルーラーらしさ満載の馬と言えば皐月賞馬ロゴタイプだろう。
(中山では10戦中8戦で馬券圏内)

つまりマルターズアポジーはロゴタイプと共通点が多い配合の逃げ馬なのだ。
(2頭共に父ノーザンダンサー系、そして母父か母母父がボールドルーラー系)

となればマルターズアポジーも「中山の鬼」である可能性大、
2走前の京成杯AHはそれが垣間見えた一戦。

4着とはいえ「負けて強し」の内容だった。
(差し、追い込み決着の中で唯一粘る)


そもそもこの馬は「伏兵の立場」の時に買う馬。
(京成杯AHは2番人気でマークが厳しかった)

近10走を振り返ってみると、
G1以外で「3番人気以下」だと(5-0-0-0)

勝率100%、単勝回収率1172%、
3番人気以下に限定したデータで勝率100%は凄いの一言。

しかも内3勝は重賞、
4、7、7番人気で逃げ切り勝ち。


まとめると今回は当レースで有利な「延長ローテ」
しかも近5年は3角2番手以内だとパーフェクト継続中。

さらに「中山は鬼」と言える血統背景だが、
それが世間にバレていない。

極めつけはこの馬自身が5戦5勝を誇る「G1以外の3番人気以下」
これでもかと言うほど買い材料が揃っている。

内枠なら文句なしだったが、
(1~3枠時の成績は驚異的。詳細データは出走全馬の見解を参照)

10頭立ての8番ゲートなら問題なし、
スピードで圧倒するシーンを期待。


10分後にもう一部発行。
(▲、無印の人気馬について)



keibadetablog@yahoo.co.jp
競馬データぶろぐ。(PC版)
※この記事は、2018/2/25 12:20 に、競馬データぶろぐ。(PC版)(メルマガ 月額5,400円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ