的中無料公開中

※この記事は、2017/10/15 12:00 に、競馬データぶろぐ。(PC版)(メルマガ 月額5,400円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね17 コメント1
件名:

秋華賞4(買い目、◎について)

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

10/15(日)
京都11R
秋華賞(G1)
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 14 ディアドラ 2:00.2
2 4 7 リスグラシュー 1 1/4
3 2 4 モズカッチャン ハナ
払戻金
単勝 14 630円 3番人気
複勝 14
7
4
220円
190円
270円
3番人気
2番人気
5番人気
枠連 4-7 1,100円 4番人気
馬連 7-14 1,510円 3番人気
ワイド 7-14
4-14
4-7
570円
790円
750円
2番人気
7番人気
5番人気
馬単 14-7 2,900円 6番人気
3連複 4-7-14 3,180円 5番人気
3連単 14-7-4 14,760円 15番人気
WIN5 211,240円 3番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
7着 1 1 アエロリット 3.6 1 55.0 牝3 横山典弘 美浦菊沢隆徳 486.0
3着 2 4 モズカッチャン 8.6 5 55.0 牝3 M.デムーロ 栗東鮫島一歩 478.0
2着 4 7 リスグラシュー 7.0 4 55.0 牝3 武豊 栗東矢作芳人 438.0
1着 7 14 ディアドラ 6.3 3 55.0 牝3 C.ルメール 栗東橋田満 490.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:500円
払戻金 :0円
収支  :-500円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー4ー14
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:500円
払戻金 :15,900円
収支  :+15,400円
回収率 :3,180.0%
馬/組番:4ー7ー14
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:500円
払戻金 :0円
収支  :-500円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー7ー14
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:500円
払戻金 :0円
収支  :-500円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー4ー7
合計購入金額:2,000円   払戻金:15,900円  
収支:+13,900円   回収率:795.0%
秋華賞4

<買い目>
3連複
1-4-14(5点分)
4-7-14(5点分)
1-7-14(5点分)
1-4-7(5点分)

計20点

◎ディアドラ
○モズカッチャン
▲アエロリット
☆リスグラシュー


久々に印4頭で勝負、馬券は3連複のみ、
3連複勝負で4頭に絞ったので無理せずBOX。
(5点分とは1点100円なら500円という意味、つまり×5)

一番安いところでも回収率は約500%、
あとは700~800%なので十分と判断。

当初はいつもの馬連2~3点、3連複1点を予定していたが、
今回は上位拮抗の結論で自分としては変則的な買い目となった。

ポイントはファンディーナ、ラビットラン無印、
そしてモズカッチャン以上の人気薄は買わないということ。

では説明に入っていく。


事前検証でお伝えした通り、
当レースは大型馬(480キロ以上)の成績が優秀なレース。

3着内率は30%オーバー、
複勝回収率も200%を超えているが、

このデータに「人気」を加えることによって、
信頼できる馬が明らかとなる。

480キロ以上の馬が「5番人気以内」に支持されると、
06年以降(6-2-2-1)

勝率55%、連対率73%、3着内率91%、
単勝回収率183%、複勝回収率191%。

該当馬11頭中6頭が優勝、
なんと11頭中10頭が馬券になっている。

残りの1頭も僅差の4着、
つまり凡走した馬は1頭もいない。

「馬体重」と「人気」というシンプルな絞り込みだが凄いデータ、
10年以上の集計データで3着内率90%超えはなかなかない。

昨年もこのデータを紹介してパールコードを◎に抜擢。
(単勝13倍ながら連対)


今年の出走馬の中で、
480キロ以上が予想される馬は、

ポールヴァンドル(前走528キロ)
ファンディーナ(前走526キロ)
アエロリット(前走496キロ)
ディアドラ(前走478キロ)

ディアドラは調教後の馬体重が496キロなので、
480キロ以上は確実か。

モズカッチャンは当落線上。
(前走482キロ、調教後484キロ)

上記5頭の中で「5番人気以内」の馬は、
アエロリット、ファンディーナ、ディアドラ。

好走率(3着内率90%超)を考えると、
少なくとも3頭中2頭は馬券になる可能性が高い。


というわけで◎はディアドラ。

血統的に2000Mがベスト、
ここはG1奪取の大きなチャンス。

ハービンジャー産駒のコース別成績を見てみると、
勝利数トップ3は全て「コーナー4回の2000M」
(京都芝2000M、小倉芝2000M、中山芝2000M)

そしてハービンジャー産駒は芝重賞では17連対しているが、
内10連対が2000Mという偏った成績。

芝2000M重賞での回収率は単複共に100%オーバー、
今年も大活躍している。

皐月賞ではペルシアンナイトが2着、
フローラSはモズカッチャン、ヤマカツグレースのワンツー。

そして小倉記念ではサンマルティンが負けて強しのハナ差2着、
紫苑Sではディアドラが着差以上の強さで快勝。

芝2000M重賞でハービンジャー産駒を見かけたら基本的に「買い」
(苦手の短縮でなければ)


昨年の勝ち馬ヴィブロスと血統的な共通点が多い点も強み。
(SS、マキャベリアン、ヌレイエフ、ヘイロークロス)

最も強調できるのは「母母父マキャベリアン」
メルマガ創刊当初からお伝えしている「2000Mの最強血統」

マキャベリアンは世界的大種牡馬だが、
(代表産駒はストリートクライ、アルムタワケルなど)

日本での代表産駒はグラスボンバー、
福島記念1着など「2000M重賞」で5度も馬券になっている。

日本では母父としての注目度が高く、
代表例は何と言っても2000M(6-0-0-0)のヴィクトワールピサ。

未勝利~皐月賞まで2000Mで破竹の5連勝、
4歳時にはドバイWC制覇の快挙を成し遂げている。

ヴィクトワールピサ産駒も父同様に2000Mが得意、
芝で最も勝ち星が多い距離は2000M。

まさに「マキャベリアン」の2000M適性、
前記ストリートクライやアルムタワケルもドバイWCを勝っている。

ちなみにヴィクトワールピサの半兄スウィフトカレントも、
サマー2000シリーズ王者で秋天ではダイワメジャーの2着。


秋華賞では「母父マキャベリアン」のヴィルシーナが、
ジェンティルドンナを追い詰めた。
(桜花賞、オークス、ローズSは完敗、秋華賞では一転ハナ差2着)

そして昨年の秋華賞はマキャベリアンの独壇場、
マキャベリアンの血を持つ馬は3頭出走していたが◎○▲は素直にこの3頭。

結果は1、2、4着、
あと一歩で馬券圏内を独占するところだったのである。

ヴィブロスをディープ4頭の中で最上位評価としたのは、
ヴィルシーナの妹(つまり母父マキャベリアン)だったことも理由の1つ。

◎は配当妙味を考えてヴィクトワールピサ産駒パールコードとしたが、
(つまり父母父マキャベリアン)

血統はヴィブロスがメンバー中NO.1とお伝えした。
(この2頭のワンツーで馬連35倍)


具体的な数字も紹介しておくと、
よりマキャベリアンが2000Mで能力全開ということがわかる。

3代内にマキャベリアン自身を持った馬(単勝万馬券は除く)の、
芝2000Mの複勝回収率は100%を超えている。

母数が700以上と非常に大きいにもかかわらず、
数字が安定しやすい複勝回収率100%オーバーは価値が高い。

マキャベリアンの血が2000Mで効いていることを証明したデータ、
これは覚えておいて損はない。
(メルマガ創刊当初からお伝えしているが今後も有効なはず)


父ハービンジャー、母系にマキャベリアンを持つディアドラ、
まさに2000Mがベストの配合。

近2走はそれを証明、
前走紫苑Sでは外枠から横綱相撲。

前々走は初の2000Mで高いパフォーマンスを披露、
準OPからの降級馬ラヴィエベールとの一騎打ちを制した。

3歳牝馬の身でラヴィエベールに勝つのは容易ではない。
(3着には3馬身半差。しかもディアドラ自身が苦手のローテで)

ハービンジャーは鈍足なので基本的に「短縮」が苦手、
つまり前々走「400Mの短縮」で勝ち切った点は想像以上に価値が高い。

小倉記念でハービンジャー産駒サンマルティンに重い印を打った理由の1つは、
前走「400Mの短縮」で勝ち切っていたから。

400M以上の大幅短縮で、
上級条件(1000万クラス以上)を勝ったハービンジャー産駒は4頭しかいないのだ。

その内の1頭がディアドラ、
この観点からも同馬の能力は相当高いと見ていい。

サンマルティンは小倉記念で改めて能力の高さを見せつけたが、
ディラドラも2000Mでは全く底を見せていない。


紫苑Sで◎を打った際にもお伝えしたが、
最後の一冠(秋華賞)は2000Mなので大チャンス。

春は桜花賞6着→オークス4着、
2000Mではない距離でも善戦。

血統通りなら今回はさらに着順を上げてくる可能性が高く、
しかも成長力十分の配合とくれば◎を打たない理由はない。

春は完成途上、今はどんどん強くなっている時期。
(ソニンク牝系については出走全馬の見解を参照)

雨が降れば降るほど信頼度は増す。
(いとこのロジユニヴァースは不良のダービー圧勝)

今回はルメールに乗り替わるが、
ルメールは京都芝2000Mの鬼。

特に今年は(3-4-2-1)
馬券にならなかったのは1回しかない。

同じ馬で数字を稼いでいるわけではないところが凄い。
(延べ9頭に騎乗して8頭を好走させている)


エピファネイアやリオンディーズに続く、
母父スペシャルウィークのG1馬誕生なるか注目。

そして昨年のヴィブロスに続く、
マキャベリアン持ちの秋華賞連覇も懸かっている。

近年の京都芝重賞で、
マキャベリアン持ちの人気馬が崩れていない点も強調材料。

15年以降の京都芝重賞で、
4番人気以内のマキャベリアン持ち(3代内)は(2-5-3-1)

11頭中10頭が馬券になっている。
(残りの1頭もクビ差4着)

3着内率91%、複勝回収率181%、
同じ馬が数字を稼いでいるわけではないので価値が高いデータ。

述べ7頭で11回出走して、
7頭全馬1回は馬券になっているのは凄い。

しかも距離不問。
(1200、1400、1600、2000、2400、3200Mで好走)

京都芝重賞でマキャベリアンのスピードが効いているのは明らか。
(高速京都はスピードの血が重要)

ディアドラは全く距離が合わないファンタジーSでも好走。
(さすがに差し遅れたが)

4番人気以内ではないので上記データ外だが、
昨年のシンザン記念で◎を打ったロジクライも母父マキャベリアン。
(結果は8番人気ながら優勝)


10分後、20分後に一部ずつ発行。
(○▲☆や無印の人気馬の詳細について)



keibadetablog@yahoo.co.jp
競馬データぶろぐ。(PC版)
※この記事は、2017/10/15 12:00 に、競馬データぶろぐ。(PC版)(メルマガ 月額5,400円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ