的中無料公開中

※この記事は、2020/5/10 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,500円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね26 コメント2
件名:

NHKマイルC4(買い目、絞り込み、◎○について※◎は人気薄)

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

05/10(日)
東京11R
NHKマイルカップ(G1)
ワイド
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 11 ラウダシオン 1:32.5
2 2 3 レシステンシア 11/2
3 3 6 ギルデッドミラー 3/4
払戻金
単勝 11 2,960円 9番人気
複勝 11
3
6
810円
180円
440円
10番人気
1番人気
6番人気
枠連 2-6 3,020円 14番人気
馬連 3-11 4,200円 15番人気
ワイド 3-11
6-11
3-6
1,570円
6,240円
1,230円
18番人気
59番人気
11番人気
馬単 11-3 11,900円 41番人気
3連複 3-6-11 19,620円 69番人気
3連単 11-3-6 152,750円 460番人気
WIN5 16,857,800円 9番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
2着 2 3 レシステンシア 3.0 1 55.0 牝3 C.ルメール 栗東松下武士 476.0
3着 3 6 ギルデッドミラー 19.0 6 55.0 牝3 福永祐一 栗東松永幹夫 468.0
14着 4 8 サクセッション 12.0 5 57.0 牡3 横山典弘 美浦国枝栄 514.0

予想買い目の収支
ワイド
通常
馬番
1点
1,000円
0円
-1,000円
0.0%
馬/組番:3ー8
通常
馬番
1点
700円
8,610円
+7,910円
1,230.0%
馬/組番:3ー6
通常
馬番
1点
500円
0円
-500円
0.0%
馬/組番:6ー8
馬連
通常
馬番
1点
400円
0円
-400円
0.0%
馬/組番:3ー8
通常
馬番
1点
300円
0円
-300円
0.0%
馬/組番:3ー6
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:6ー8
合計購入金額:3,000円   払戻金:8,610円  
収支:+5,610円   回収率:287.0%
NHKマイルC4

<買い目>
馬連
3-8(4点分)
3-6(3点分)
6-8(1点分)

ワイド
3-8(10点分)
3-6(7点分)
6-8(5点分)

計30点

◎サクセッション
○レシステンシア
▲ギルデッドミラー


フルゲート18頭→3頭に絞ったので無理せずBOX、
内2頭は伏兵なので配当妙味十分。

カッコ内は資金配分。
(例えば10点分とは1点100円なら1000円という意味、つまり×10)

ワイド1本でも回収率300%以上、馬連とのダブル的中なら600%以上、
トリプル的中(馬連、ワイド2本)なら1000%に達する。

5戦5連対の2番人気タイセイビジョンをはじめ、
3戦全勝の3番人気サトノインプレッサ、4番人気ルフトシュトロームはまとめて無印。

では詳しい説明に入っていこうと思う。


事前検証で紹介した3つの有効データ、
人気のG1組、前走惜敗、短縮。

いずれもシンプルなデータだが機能性抜群、
好走率、回収率共に優秀、ベタ買いでも大幅プラスになるほど期待値が高い。

A…前走G1で今回3番人気以内
B…前走「0.2差以内」に負けていた馬
C…短縮ローテ

3つの有効データをA~Cと表記して歴代好走馬を振り返ってみる。
(過去5年の3着内馬15頭)

19年1着アドマイヤマーズ(AC)
19年2着ケイデンスコール(BC)
19年3着カテドラル(B)

18年1着ケイアイノーテック(B)
18年2着ギベオン(C)
18年3着レッドヴェイロン(B)

17年1着アエロリット(AB)
17年2着リエノテソーロ(B)
17年3着ボンセルヴィーソ(B)

16年1着メジャーエンブレム(A)
16年2着ロードクエスト(AC)
16年3着レインボーライン(B)

15年1着クラリティスカイ(AC)
15年2着アルビアーノ(C)
15年3着ミュゼスルタン(C)


A~Cの該当馬は合わせても毎年少ない、
にもかかわらず過去5年の3着内馬15頭全馬がA~Cのいずれかに該当。

さすがは高い好走率を誇るデータ。
(特にAは連対率71%、Bは3着内率47%)

16年12番人気3着レインボーライン、
17年13番人気2着リエノテソーロ&6番人気3着ボンセルヴィーソをはじめ、

18年6番人気1着ケイアイノーテック&9番人気3着レッドヴェイロン、
19年14番人気2着ケイデンスコール&7番人気3着カテドラルなど、

人気薄で馬券に絡んだ面々も、
例外なくA~Cのいずれかに該当していた。


ここまで完璧に機能しているのであれば、
今年も素直に該当馬を買うのが定石だろう。

例外馬に印を回すのは(買うのは)効率が悪すぎ、
何せ過去5年で例外は1頭も出ていないのだから。

例えば一昨年は該当していなかったタワーオブロンドンが1番人気で12着に惨敗、
今年はA~Cのいずれかに該当している馬が以下の7頭。

レシステンシア(AB)
ウイングレイテスト(B)
ラウダシオン(B)
サクセッション(C)
サトノインプレッサ(C)
ストーンリッジ(C)
ラインベック(C)


◎はサクセッション。

Cに該当で好走条件クリア。
(つまり短縮ローテ)

サクセッション自身も距離短縮歓迎、
さらに近2走から成長著しい。

新馬、アスター賞を連勝した頃は物足りない内容だったが、
(実際に3戦目のデイリー杯は2番人気に支持されるも無印)

前々走のジュニアCは好時計で圧勝、
一流マイラーの片鱗を見せた一戦。

前走スプリングSは☆に相応しい走りで回収率795%に貢献してくれたが、
◎や▲には完敗だったように1800Mは長い。

それでも1、2着は中距離のG1好走馬。
(ガロアクリークは次走皐月賞3着、ヴェルトライゼンデはホープフルS2着)

距離不向きの中でこの2頭に続いたのは高い能力の証、
しかも早めに動いて最後まで脚を使った点は収穫。

NHKマイルCは「短縮有利レース」なので、
スプリングSを使ったのは陣営のファインプレー。

今回に向けての「試走」としては完璧、
末脚炸裂のお膳立ては整っている。

乗り替わりもプラス、
鞍上横山典は「ミスターNHKマイル」

当レースが新設された96年以降、
単勝50倍以上を除くと(3-5-2-6)

3着内率63%、単勝回収率127%、複勝回収率225%、
1番人気0頭で16頭中10頭を好走させている。


血統的に東京マイルはベスト、
父キングカメハメハはNHKマイルC圧勝、母父ディクタットは安田記念で6番人気2着。

全兄クルーガーは17年富士Sで11番人気3着、
半年ぶりの実戦だったにもかかわらずイスラボニータと僅差。

ドイツ牝系は東京のビッグレースで輝くというのが昔からの傾向、
古くはJCを勝ったランド、最近ではオークス馬ソウルスターリング。

その他ではブエナビスタが秋天、JC、オークス、Vマイル優勝、
エイシンフラッシュはダービー、秋天優勝。

サクセッションはエイシンフラッシュを彷彿させる血統背景。
(共に父キングマンボ系、母父か母母父がズルムー系)

ちなみに母母父ズルムーの母はテスコボーイの半妹、
クルーガーが富士Sで大穴をあけたのも納得。

テスコボーイは東京マイル重賞伝統の好走血統、
NHKマイルCでもテスコボーイが度々炸裂している。

ジョーカプチーノが10番人気1着、
クラレント、レッドヴェイロン兄弟が15番人気3着、9番人気3着など。


○はレシステンシア。

ABダブル該当で好走条件クリア。
(つまり人気のG1組、前走惜敗)

血統的にも合っているレース、
ダイワメジャー産駒は単勝30倍以上を除くと(3-0-2-4)

勝率33%、3着内率56%、
単勝回収率114%、複勝回収率178%。

サドラーズウェルズを持ったダイワメジャー産駒に限ると、
(2-0-0-0)

メジャーエンブレム、アドマイヤマーズ共に快勝、
レシステンシアもサドラー持ちのダイワメジャー産駒。


スピードの持続力で他馬を圧倒するところはメジャーエンブレムと瓜二つ、
スローに落としていいことはないタイプ。

メジャーエンブレムはルメール騎乗で2枠から逃げ切り勝ち、
今回もルメールは同じような競馬をするだけ。

母マラコスタムブラダも能力全開時は他馬を圧倒するタイプだった。
(アルゼンチンのG1ヒルベルトレレナ大賞を4馬身差の大楽勝)

南米牝系が春開催の東京芝に強いことも強調材料、
16年ダービーではマカヒキ、サトノダイヤモンドのワンツー。

サトノダイヤモンドの半妹リナーテは昨年の京王杯SCで6番人気2着、
翌週のオークスではカレンブーケドールが12番人気2着。

18年のフローラではサトノワルキューレが最後方追走から差し切り勝ち、
目黒記念ではノーブルマーズが10番人気ながら連対。

青葉賞では10年にペルーサが4馬身差の大楽勝、
15年にタンタアレグリアが4番人気で連対。

古くはディアデラノビアがフローラS1着→オークス3着、
ダノンゴーゴーがNHKマイルCで14番人気3着。


10分後にもう一部発行。
(人気薄の▲や危険な人気馬について)



keibadetablog@yahoo.co.jp
競馬データぶろぐ。(モバイル版)
※この記事は、2020/5/10 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,500円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP