的中無料公開中

※この記事は、2020/4/18 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,500円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね26 コメント2
件名:

アーリントンC4(買い目、絞り込み)

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

04/18(土)
阪神11R
アーリントンカップ(G3)
ワイド
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 6 タイセイビジョン 1:34.3
2 7 10 ギルデッドミラー
3 7 9 プリンスリターン クビ
払戻金
単勝 6 300円 1番人気
複勝 6
10
9
140円
180円
170円
1番人気
4番人気
3番人気
枠連 5-7 420円 1番人気
馬連 6-10 1,160円 4番人気
ワイド 6-10
6-9
9-10
440円
390円
720円
4番人気
2番人気
9番人気
馬単 6-10 1,750円 3番人気
3連複 6-9-10 2,320円 5番人気
3連単 6-10-9 8,210円 4番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 5 6 タイセイビジョン 3.0 1 56.0 牡3 石橋脩 栗東西村真幸 474.0
3着 7 9 プリンスリターン 7.1 5 56.0 牡3 原田和真 栗東加用正 450.0

予想買い目の収支
ワイド
通常
馬番
1点
2,000円
7,800円
+5,800円
390.0%
馬/組番:6ー9
馬連
通常
馬番
1点
1,000円
0円
-1,000円
0.0%
馬/組番:6ー9
合計購入金額:3,000円   払戻金:7,800円  
収支:+4,800円   回収率:260.0%
アーリントンC4

<買い目>
馬連
6-9(10点分)

ワイド
6-9(20点分)

計30点

◎タイセイビジョン
○プリンスリターン


◎○の馬連、ワイド勝負、
ワイド的中で回収率300%、ダブル的中で回収率600%オーバー。

カッコ内は資金配分。
(例えば10点分とは1点100円なら1000円という意味、つまり×10)

では詳しい説明に入っていこうと思う。


事前検証で紹介した3つの有効データ、
重賞組、グレイソヴリン、ゆとりあるローテ。

いずれもシンプルなデータだが好走率、回収率共に優秀、
単複ベタ買いでもプラスになるほど。

A…前走重賞で一桁着順
B…4代内にグレイソヴリン直系種牡馬
C…中6週以上

3つの有効データをA~Cと表記して歴代好走馬を振り返ってみる。
(過去10年の3着内馬30頭)

19年1着イベリス(A)
19年2着カテドラル(BC)
19年3着トオヤリトセイト(BC)

18年1着タワーオブロンドン(AC)
18年2着パクスアメリカーナ(C)
18年3着レッドヴェイロン(該当せず)

17年1着ペルシアンナイト(AC)
17年2着レッドアンシェル(AC)
17年3着ディバインコード(BC)

16年1着レインボーライン(AC)
16年2着ダンツプリウス(C)
16年3着ロワアブソリュー(A)

15年1着ヤングマンパワー(C)
15年2着アルマワイオリ(AC)
15年3着マテンロウハピネス(B)

14年1着ミッキーアイル(AC)
14年2着タガノグランパ(該当せず)
14年3着フェルメッツァ(B)

13年1着コパノリチャード(B)
13年2着カオスモス(AC)
13着3着レッドアリオン(AC)

12年1着ジャスタウェイ(AB)
12年2着オリービン(AC)
12年3着アルキメデス(A)

11年1着ノーザンリバー(該当せず)
11年2着キョウエイバサラ(B)
11年3着テイエムオオタカ(B)

10年1着コスモセンサー(AC)
10年2着ザタイキ(B)
10年3着レト(AC)


過去10年の3着内馬30頭中27頭がA~Cのいずれかに該当。
(内15頭がダブル該当)

A~Cのいずれにも該当せずに馬券に絡んだのは3頭のみ、
近5年に限ると18年3着レッドヴェイロンのみ。

15年は9、5、7番人気の順に入線して3単32万馬券、
昨年は12、7、11番人気の順に入線して3単136万馬券。

荒れることも珍しくないレースだが、
人気薄で馬券に絡んだ馬たちもA~Cのいずれかに該当していた。
(昨年の2、3着馬はダブル該当)

まずはA~C重視が定石のレース、
今年の出走馬の中でA~Cのいずれかに該当している馬は、

タイセイビジョン(ABC)
プリンスリターン(AC)
トリプルエース(A)
グランレイ(B)
ジュンライトボルト(B)
デュードヴァン(C)

リインフォースは中6週以上だが、
単勝50倍以上なのでCに該当せず。


さらに昨年もお伝えしたが近年のアーリントンCは、
ノーザンFしがらきで育成(調整)されてきた馬が強い。

具体的にはしがらき帰り「初戦」か「2戦目」の馬、
特に上位人気~中穴ゾーンの好走率が抜群に高い。

7番人気以内に支持されると、
過去6年で(2-2-3-6)

3着内率54%、複勝回収率186%、
半数以上が馬券に絡んでいる。

19年2着カテドラル(7番人気)

18年3着レッドヴェイロン(4番人気)

17年2着レッドアンシェル(6番人気)

16年1着レインボーライン(4番人気)
16年3着ロワアブソリュー(7番人気)

14年1着ミッキーアイル
14年3着フェルメッツァ(6番人気)


15年は該当馬なし、
つまり不発に終わった年は1回もない。

14年と16年はワンスリー、
そして毎年必ず「4番人気以下の該当馬」が激走。

A~Cのいずれにも該当せずに馬券に絡んだのは、
過去5年で18年3着レッドヴェイロンのみだが、

この馬は「しがらき帰り初戦」
しがらきという要素も当レース攻略に欠かせない。

今年の出走馬の中で、
しがらき帰り「初戦」か「2戦目」という馬は、

ギルデッドミラー(しがらき帰り初戦)
ジュンライトボルト(しがらき帰り初戦)
タイセイビジョン(しがらき帰り初戦)
チュウワノキセキ(しがらき帰り初戦)
ボンオムトゥック(しがらき帰り2戦目)


好走条件(A~C)をクリアしている上に、
しがらき帰り初戦か2戦目という馬は、

タイセイビジョン
ジュンライトボルト

ただしジュンライトボルトは7番人気以内ではなく、
しがらきデータをクリアできず。


10分後にもう一部発行。
(◎○の説明と消去データを紹介)



keibadetablog@yahoo.co.jp
競馬データぶろぐ。(モバイル版)
※この記事は、2020/4/18 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,500円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP