的中無料公開中

※この記事は、2020/3/7 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,500円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね26 コメント2
件名:

オーシャンS4(買い目、絞り込み、◎について)

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

03/07(土)
中山11R
夕刊フジオーシャンS(G3)
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 2 ダノンスマッシュ 1:07.4
2 5 10 ナックビーナス 11/2
3 1 1 タワーオブロンドン
払戻金
単勝 2 200円 1番人気
複勝 2
10
1
110円
120円
110円
1番人気
3番人気
2番人気
枠連 1-5 330円 2番人気
馬連 2-10 570円 2番人気
ワイド 2-10
1-2
1-10
190円
140円
230円
2番人気
1番人気
3番人気
馬単 2-10 860円 3番人気
3連複 1-2-10 370円 1番人気
3連単 2-10-1 1,990円 3番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 1 1 タワーオブロンドン 2.5 2 58.0 牡5 C.ルメール 美浦藤沢和雄 520.0
1着 1 2 ダノンスマッシュ 2.0 1 56.0 牡5 川田将雅 栗東安田隆行 478.0
5着 3 6 キングハート 39.0 6 56.0 牡7 北村宏司 美浦星野忍 506.0
2着 5 10 ナックビーナス 5.4 3 54.0 牝7 横山典弘 美浦杉浦宏昭 534.0

予想買い目の収支
馬連
通常
馬番
1点
1,500円
8,550円
+7,050円
570.0%
馬/組番:2ー10
通常
馬番
1点
1,200円
0円
-1,200円
0.0%
馬/組番:1ー10
通常
馬番
1点
300円
0円
-300円
0.0%
馬/組番:6ー10
合計購入金額:3,000円   払戻金:8,550円  
収支:+5,550円   回収率:285.0%
オーシャンS4

<買い目>
馬連
2-10(15点分)
1-10(12点分)
6-10(3点分)

計30点

◎ナックビーナス
○タワーオブロンドン
▲ダノンスマッシュ
☆キングハート


ナックビーナス軸の馬連勝負、
相手は素直に2強、穴はキングハート。

カッコ内は資金配分。
(例えば15点分とは1点100円なら1500円という意味、つまり×15)

的中すれば回収率400%付近、
では詳しい説明に入っていこうと思う。


事前検証で紹介した3つの有効データ、
先行経験、大型馬、SS×ネイティヴダンサー。

いずれもシンプルなデータだが機能性は高く、
好走率、回収率共に優秀。

A…前走「4~8枠」から「4角5番手以内」
B…前走496キロ以上
C…SS系×ネイティヴダンサー系(逆配合含む)

3つの有効データをA~Cと表記して歴代好走馬を振り返ってみる。
(過去10年の3着内馬30頭)

19年1着モズスーパーフレア(A)
19年2着ナックビーナス(AB)
19年3着ダイメイフジ(BC)

18年1着キングハート(ABC)
18年2着ナックビーナス(AB)
18年3着ダイメイフジ(ABC)

17年1着メラグラーナ(AB)
17年2着ナックビーナス(AB)
17年3着クリスマス(A)

16年1着エイシンブルズアイ(A)
16年2着ハクサンムーン(A)
16年3着スノードラゴン(B)

15年1着サクラゴスペル(A)
15年2着ハクサンムーン(A)
15年3着ベステゲシェンク(C)

14年1着スマートオリオン(AB)
14年2着スノードラゴン(B)
14年3着レッドスパーダ(AB)

13年1着サクラゴスペル(A)
13年2着ダッシャーゴーゴー(AB)
13年3着ツルマルレオン(BC)

12年1着ワンカラット(B)
12年2着グランプリエンゼル(C)
12年3着ベイリングボーイ(C)

11年1着ダッシャーゴーゴー(B)
11年2着キンシャサノキセキ(AB)
11年3着レッドスパーダ(AB)

10年1着キンシャサノキセキ(B)
10年2着エーシンエフダンズ(B)
10年3着シンボリグラン(B)


過去10年の3着内馬30頭全馬がA~Cのいずれかに該当、
例外好走馬は1頭も出ていない。

これだけ長らく完璧に機能しているのであれば、
今年も素直に該当馬を買うのが定石。

7番人気以下で馬券に絡んだ馬は過去10年で延べ11頭、
それらの穴をあけた面々も例外なくA~Cのいずれかに該当していた。

今年の出走馬の中で、
A~Cのいずれかに該当している馬は、

ナックビーナス(AB)
キングハート(BC)
カッパツハッチ(A)
ハウメア(A)
タワーオブロンドン(B)
ダイメイプリンセス(B)
レジーナフォルテ(B)
グランドボヌール(C)

エンゲルヘン、クールティアラ、ナインテイルズ、ナリタスターワンは先行経験馬だが、
単勝50倍以上なのでAに該当せず。

グランドボヌールも単勝50倍以上なのでAに該当しないが、
ネイティヴダンサー系×SSなのでCに該当(Cは人気に制限なし)。


最も信頼度が高いのはABダブル該当馬。
(前走4~8枠から4角5番手以内、前走496キロ以上)

単勝50倍以上を除くと、
過去7年で(3-4-2-3)

勝率25%、連対率58%、3着内率75%、
単勝回収率350%、複勝回収率226%。

近3年に限ると(2-3-1-0)
6頭全馬が馬券絡み、パーフェクト継続中。

19年2着ナックビーナス

18年1着キングハート(10番人気)
18年2着ナックビーナス
18年3着ダイメイフジ

17年1着メラグラーナ
17年2着ナックビーナス


17年は該当馬2頭がそのままワンツー、
18年は該当馬3頭がそのまま1~3着で3単13万馬券。

19年は該当馬1頭がピンポイントで2着、
そして今年も該当馬がナックビーナス1頭。

というわけで自動的に◎はナックビーナス、
データ的には信頼の軸。

これで内枠なら言うことなしだったが、
(国内の芝1400M以下で一桁馬番だと16戦中14戦で馬券圏内)

10番ゲートなら許容範囲、
そもそも典型的なパワー血統で中山は鬼。

中山1200Mでは枠順不問で芝、ダート問わず12戦11連対、
オーシャンSでは昨年12番ゲート、一昨年13番ゲートから連対。


10分後にもう一部発行。
(相手と無印の説明)



keibadetablog@yahoo.co.jp
競馬データぶろぐ。(モバイル版)
※この記事は、2020/3/7 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,500円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP