的中無料公開中

※この記事は、2019/12/28 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,500円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね26 コメント2
件名:

ホープフルS4(買い目、伏兵の◎と不動の○について)

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

12/28(土)
中山11R
ホープフルステークス(G1)
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 2 2 コントレイル 2:01.4
2 4 5 ヴェルトライゼンデ 11/2
3 5 7 ワーケア
払戻金
単勝 2 200円 1番人気
複勝 2
5
7
110円
140円
110円
1番人気
3番人気
2番人気
枠連 2-4 770円 2番人気
馬連 2-5 810円 2番人気
ワイド 2-5
2-7
5-7
300円
170円
270円
3番人気
1番人気
2番人気
馬単 2-5 1,170円 3番人気
3連複 2-5-7 580円 1番人気
3連単 2-5-7 2,760円 3番人気
WIN5 39,440円 1番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 2 2 コントレイル 2.0 1 55.0 牡2 福永祐一 栗東矢作芳人 462.0
2着 4 5 ヴェルトライゼンデ 6.9 3 55.0 牡2 O.マーフィー 栗東池江泰寿 492.0
3着 5 7 ワーケア 3.7 2 55.0 牡2 C.ルメール 美浦手塚貴久 492.0

予想買い目の収支
3連複
通常
馬番
1点
1,000円
5,800円
+4,800円
580.0%
馬/組番:2ー5ー7
馬連
通常
馬番
1点
1,000円
0円
-1,000円
0.0%
馬/組番:5ー7
通常
馬番
1点
1,000円
8,100円
+7,100円
810.0%
馬/組番:2ー5
合計購入金額:3,000円   払戻金:13,900円  
収支:+10,900円   回収率:463.3%
ホープフルS4

<買い目>
馬連
5-7(10点分)
2-5(10点分)

3連複
2-5-7(10点分)

計30点

◎ヴェルトライゼンデ
○ワーケア
▲コントレイル


ヴェルトライゼンデ軸の馬連と3連複、
相手は能力上位の2頭のみ。

カッコ内は資金配分。
(例えば10点分とは1点100円なら1000円という意味、つまり×10)

1つでも的中すれば回収率300%付近、
ダブル的中なら回収率600%付近。

能力的にコントレイル、ワーケアの2強に異論はないが、
ここは敢えてヴェルトライゼンデを狙いたい。

レーステーマに合っている上に、
血統、調教師面からも合っている舞台。

適性の高さで食い込める可能性は十分、
例年と同じアプローチ、データ的にホープフルSの◎に相応しい馬。

コントレイルは前走から条件悪化でどこまでパフォーマンスを落とすかが鍵、
多少のダウンならアッサリのシーンも十分、化け物候補。

ワーケアは買い材料が満載、適性面でもコントレイルより上と見て、
こちらを○評価、信頼度はかなり高いだろう。

◎○は当レース向きのスタミナとパワーを兼備した2頭、
一方でコントレイルは典型的なスピード配合。

人気どころではオーソリティ、ブラックホールを無印、
では詳しい説明に入っていこうと思う。


当レースは社台グループ生産馬の成績が優秀。
(ノーザンF、社台F、白老Fなど)

詳細データは事前検証に記載した通り、
二桁人気を除くと3着内率は40%を超えている。

しかも現在11連勝中となれば、
今年も社台グループの中から勝ち馬が出る可能性が高いと見るのが妥当。

データ的に非社台が勝つ可能性は低いレース、
11年間で0勝なので例外に懸けるのは効率が悪すぎる。

そして近年は社台の中でもノーザンFが圧倒、
特に重賞昇格後は「ノーザンF系の一口クラブ」が5連覇中。

14年1着シャイニングレイ(キャロットF)
15年1着ハートレー(サンデーR)
16年1着レイデオロ(キャロットF)
17年1着タイムフライヤー(サンデーR)
18年1着サートゥルナーリア(キャロットF)

キャロットFが3勝、サンデーRが2勝、
示し合わせたかのように交互に勝っている。

ノーザンFのための重賞(G1)昇格と言っても過言ではないか。
(JRAとは持ちつ持たれつの関係)


さらに細かく見てみると、
交互に勝っているのは関係者(ノーザンF)の思惑通りと言える。

以下はサンデーRとキャロットFの出走数と着順。
(重賞昇格後の14年以降)

<14年>
サンデーR…0頭
キャロットF…1頭(1着)

<15年>
サンデーR…3頭(1着、3着、4着)
キャロットF…0頭

<16年>
サンデーR…0頭
キャロットF…2頭(1着、3着)

<17年>
サンデーR…1頭(1着)
キャロットF…1頭(着外)

<18年>
サンデーR…0頭
キャロットF…1頭(1着)


14年、16年、18年はキャロットFに取らせて、
15年、17年はサンデーRに取らせたのは一目瞭然。

14年は1頭出走のキャロットFがピンポイントで優勝。
(サンデーRは出走なし)

15年は逆にキャロットFの出走なし、
そしてサンデーRが3頭出走。

この年はロードクエスト(非社台)が単勝1倍台に支持されたが、
サンデーRが1、3、4着で断然人気ロードクエストは2着に敗れた。

16年はお約束のようにサンデーRの出走なし、
そしてキャロットFが2頭出走して1着、3着。

17年はサンデーRとキャロットFが1頭ずつ出走したが、
1番人気はサンデーRのタイムフライヤー。

サンデーRが勝つ番(年)だったので、
タイムフライヤーの優勝は必然か。

そして昨年は1頭出走のキャロットFがピンポイントで優勝。
(サンデーRは出走なし)

昨年もこの傾向(データ)を紹介してサートゥルナーリア◎。
(1着固定の3単勝負で的中)


難しいこと考えなくても、
サンデーRとキャロットFを素直に買えばいい。

無駄撃ちはしてこない(出走数は少ない)ので「選ぶ手間」は最小限、
重賞昇格後(14年以降)の成績は以下の通り。

サンデーR(2-0-1-1)
キャロットF(3-0-1-1)

サンデーRは勝率50%、3着内率75%、
キャロットFは勝率60%、3着内率80%。

サンデーRは単勝回収率290%、複勝回収率115%、
キャロットFは単勝回収率156%、複勝回収率118%。

積極的に頭から狙える数字、
まさに「ノーザンF系の一口クラブ」のためのレース。

複数出しの場合は3連系の「2頭軸」が有効。
(1着、3着というパターンが多いので)


キャロットF→サンデーR→キャロットF→サンデーR→キャロットFと来たので、
今年はキャロットFが遠慮して「サンデーRが勝つ番」

実際にサンデーRは1頭、キャロットFは0頭、
というわけで◎は自動的にサンデーRのヴェルトライゼンデ。

超強力と言っていい相手関係だが傾向的にはこの馬、
事前検証で紹介した3つの有効データにも全て該当。

ちなみに「トリプル該当馬」は重賞昇格後の過去5年で2頭のみ、
共に人気を大きく上回る走りを見せている。

ステイフーリッシュ8番人気3着、ブラックバゴ9番人気3着、
ヴェルトライゼンデは馬自身の観点からも買いの一手。

父ドリームジャーニーは中山芝G1を2勝。
(朝日杯FS、有馬記念)

産駒も父同様に中山が得意、
日経賞7番人気2着ミライヘノツバサがドリームジャーニー産駒らしい中山巧者。

先週日曜の中山9Rノエル賞でもドリームジャーニー産駒が人気薄で好走。
(7番人気ジョブックコメン3着)

特に中山芝2000M以上の成績が抜群、
3着内率47%、複勝回収率は130%に達している。


ヴェルトライゼンデは父系だけでなく、
牝系も中山実績があるのだから中山は合う可能性大。

2頭の半兄ワールドエース、ワールドプレミアは中山芝G1で好走。
(前者は皐月賞2着、後者は先週の有馬記念3着)

これは母母父ビーマイゲストが効いている印象、
3代内にビーマイゲストを持った馬は中山芝重賞での複勝回収率が100%超え。

出走数は100回を超えているので価値の高いデータ、
代表例はアドマイヤフジ、アドマイヤデウスなどのアドマイヤラピス一族。

さらに厳冬期の中山芝はドイツ血統馬に向く条件、
近年の主な重賞激走例(4番人気以下で馬券圏内)を列挙しておくと、

有馬記念ではエイシンフラッシュ7番人気2着、オーシャンブルー10番人気2着、
今年はワールドプレミア4番人気3着。

京成杯ではケルフロイデ7番人気2着、
今年はドイツの名馬ノヴェリスト産駒ラストドラフトが4番人気で優勝。


さらに池江厩舎は中山芝2000Mが得意、
特に重賞で一桁人気だと14年以降(6-3-2-7)

勝率33%、連対率50%、3着内率61%、
単勝回収率312%、複勝回収率156%、

同じ馬で数字を稼いでいるわけではなく、
勝ち馬6頭が別の馬というのが凄いところ。

オーシャンブルー、トゥザワールド、ラブリーデイ、ベルーフ、プロフェット、
一昨年の皐月賞はアルアイン、ペルシアンナイトのワンツーで馬単207倍。

勝ち馬6頭中4頭が「4番人気以下」
さすがは池江厩舎としか言いようがない。

今年の皐月賞ではクラージュゲリエが14番人気(単勝万馬券)で掲示板。
(二桁人気なので上記データ外だが)


○はワーケア。

事前検証で紹介した3つの有効データの内の2つに該当。
(ノーザンF生産、前走1着)

ハーツクライ産駒は一昨年にタイムフライヤーが勝っている上、
先週の有馬記念でハーツクライ産駒リスグラシューが圧勝したのもいい流れ。

さらに現2歳世代はハーツクライ産駒の当たり年、
素質馬が揃いに揃っている。

今年のハーツクライ産駒の2歳芝OP、重賞成績は(6-1-1-2)
馬券圏外に敗れた2頭も4着。

サリオスがサウジアラビアRC、朝日杯FS連勝、
マイラプソディが野路菊S、京都2歳S連勝。

ウーマンズハートが新潟2歳S優勝、
クラヴァシュドールがサウジアラビアRC2着、阪神JF3着。

ちなみに上記データから「牡馬」だけを抽出すると、
(5-0-0-0)

いくら何でも5戦全勝は凄いの一言、
今回のワーケアも人気だが逆らえない。

朝日杯FSを圧勝したサリオスと血統構成が酷似。
(母系にデインヒル、ニニスキを併せ持つハーツクライ産駒)

ワンアンドオンリーとも共通点が多い配合。
(母系にカーリアン、ダンチヒ、ミスプロを併せ持つハーツクライ産駒)

ワンアンドオンリーはラジオNIKKEI杯2歳Sを7番人気で優勝。
(ホープフルSと同じ内回り2000M、直線急坂の2歳重賞)


ワーケアは牝系もかなりの良血で相手強化は望むところ。
(牝系の詳細は出走全馬の見解を参照)

母チェリーコレクトはイタリア2冠牝馬、
叔母に昨年の凱旋門賞でエネイブルを追い詰めたシーオブクラス。

レースセンスがいいので中山替わりは問題なし、
むしろ欧州牝系出身なので開催最終週の中山芝は合うだろう。

ちなみに半姉ダノングレースは全4勝中3勝が小回りコース、
中山でも勝ち鞍あり、唯一の重賞好走も福島。


この馬は調教師面も魅力、
2歳戦が得意な厩舎でここはいかにも狙ってきた印象。

アルフレード、アジアエクスプレス、アイムユアーズ、アユサンなど、
手塚厩舎は早い時期に強いのだ。

2歳芝重賞成績は二桁人気を除くと、
11年以降(4-8-2-5)

勝率21%、連対率63%、3着内率74%、
単勝回収率203%、複勝回収率231%。

同じ馬だけで数字を稼いでいるわけではないので価値の高いデータ、
それだけ手塚厩舎が早い時期の重賞を得意にしているということ。

延べ16頭を出走させて12頭が馬券絡み。
(二桁人気は除く。ほとんど連対まで来る)

9年連続で2歳芝重賞の好走馬を出しているのは凄いの一言、
今年は阪神JFでマルターズディオサが6番人気2着。

ホープフルSは15年にハートレーが3番人気で優勝、
16年は8番人気マイネルスフェーンが2着。


10分後にもう一部発行。
(▲や危険な人気馬について)



keibadetablog@yahoo.co.jp
競馬データぶろぐ。(モバイル版)
※この記事は、2019/12/28 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,500円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP