的中無料公開中

※この記事は、2019/12/21 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,500円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね26 コメント2
件名:

阪神C4(買い目、絞り込み、◎について)

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

12/21(土)
阪神11R
阪神カップ(G2)
ワイド 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 5 グランアレグリア 1:19.4
2 5 10 フィアーノロマーノ
3 3 6 メイショウショウブ アタマ
払戻金
単勝 5 210円 1番人気
複勝 5
10
6
140円
220円
670円
1番人気
3番人気
10番人気
枠連 3-5 960円 3番人気
馬連 5-10 1,050円 2番人気
ワイド 5-10
5-6
6-10
490円
1,950円
3,330円
2番人気
20番人気
36番人気
馬単 5-10 1,400円 3番人気
3連複 5-6-10 12,060円 36番人気
3連単 5-10-6 35,220円 95番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
4着 1 2 レッツゴードンキ 15.6 5 55.0 牝7 岩田康誠 栗東梅田智之 504.0
1着 3 5 グランアレグリア 2.1 1 54.0 牝3 C.ルメール 美浦藤沢和雄 474.0
3着 3 6 メイショウショウブ 46.0 10 54.0 牝3 松山弘平 栗東池添兼雄 492.0
2着 5 10 フィアーノロマーノ 6.3 3 57.0 牡5 C.スミヨン 栗東高野友和 548.0
10着 6 12 ロジクライ 24.1 7 57.0 牡6 横山典弘 栗東須貝尚介 524.0
8着 8 17 スマートオーディン 11.3 4 57.0 牡6 武豊 栗東池江泰寿 508.0

予想買い目の収支
ワイド
通常
馬番
1点
400円
13,320円
+12,920円
3,330.0%
馬/組番:6ー10
馬連
通常
馬番
1点
1,400円
14,700円
+13,300円
1,050.0%
馬/組番:5ー10
通常
馬番
1点
500円
0円
-500円
0.0%
馬/組番:10ー17
通常
馬番
1点
300円
0円
-300円
0.0%
馬/組番:2ー10
通常
馬番
1点
300円
0円
-300円
0.0%
馬/組番:10ー12
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:6ー10
合計購入金額:3,000円   払戻金:28,020円  
収支:+25,020円   回収率:934.0%
阪神C4

<買い目>
馬連
5-10(14点分)
10-17(5点分)
2-10(3点分)
10-12(3点分)
6-10(1点分)

ワイド
6-10(4点分)

計30点

◎フィアーノロマーノ
○グランアレグリア
▲スマートオーディン
☆メイショウショウブ
△レッツゴードンキ
△ロジクライ


フィアーノロマーノ軸の馬連勝負、
全く人気がない☆メイショウショウブへはワイドも購入。

カッコ内は資金配分。
(例えば14点分とは1点100円なら1400円という意味、つまり×14)

的中すれば最低でも回収率500%以上、
ダブル的中なら回収率1000%オーバー。

人気のマイスタイルは好走条件をクリアできていないので無印、
では詳しい説明に入っていこうと思う。


事前検証で紹介した3つの有効データ、
当コースの重賞好走、外国人ジョッキー、スピード型のSS系。

いずれもシンプルなデータだが機能性は抜群、
この3つだけで当レースは的中できると言っても過言ではない。

A…阪神芝1400M重賞の好走経験馬
B…外国人ジョッキー騎乗馬
C…父がスピード型のSS系種牡馬

こう表記して歴代好走馬を振り返ってみる。
(過去8年の3着内馬24頭)

18年1着ダイアナヘイロー(A)
18年2着ミスターメロディ(B)
18年3着スターオブペルシャ(C)

17年1着イスラボニータ(ABC)
17年2着ダンスディレクター(A)
17年3着サングレーザー(該当せず)

16年1着シュウジ(C)
16年2着イスラボニータ(BC)
16年3着フィエロ(B)

15年1着ロサギガンティア(BC)
15年2着ダンスディレクター(該当せず)
15年3着ビッグアーサー(該当せず)

14年1着リアルインパクト(AB)
14年2着コパノリチャード(AC)
14年3着ダイワマッジョーレ(BC)

13年1着リアルインパクト(B)
13年2着ガルボ(A)
13年3着クラレント(該当せず)

12年1着サンカルロ(A)
12年2着ガルボ(A)
12年3着ファイナルフォーム(B)

11年1着サンカルロ(A)
11年2着グランプリボス(B)
11年3着フラガラッハ(AC)


過去8年の3着内馬24頭中20頭がA~Cのいずれかに該当、
連対馬に限ると16頭中15頭がA~Cのいずれかに該当。

つまり軸さえ間違わなければ、
A~Cを重視するだけで少なくとも馬連は的中できる可能性が高い。

阪神Cは荒れるレースとして有名だが、
実はシンプルな分析で取れるレースなのだ。

今年の出走馬の中で、
A~Cのいずれかに該当している馬は、

シュウジ(AC)
スマートオーディン(AC)
レッツゴードンキ(A)
ロジクライ(A)
ノーワン(A)
グランアレグリア(B)
フィアーノロマーノ(B)
ショウナンライズ(C)
メイショウショウブ(C)


この中でシュウジ、ノーワン、ショウナンライズは単勝40倍以上が濃厚、
これは連対が厳しいゾーン。

阪神CはG2の中でも特に格式が高いレースとあって、
極端な人気薄の連対は期待薄なのだ。

当レースが創設された06年以降、
単勝40倍以上は(0-0-3-79)

過去13年で連対率0%、頑張って3着まで、
というわけで馬連勝負の今回は無印とする。


ここからは印各馬についての説明。

阪神Cは外国人ジョッキー騎乗馬が昔からやたらと走るレース、
外国人を買わないと当たらないレースと言っても過言ではない。

人気に制限を付けない状態で3着内率40%オーバー、
回収率は単複共に150%を超えている。

該当馬は過去12年で33頭と少ないが、
(1年平均3頭未満)

12年中11年で馬券になっている。
(現在10年連続)


さらに当レースは昔から短縮ローテが優勢、
よって「短縮馬」に「外国人」が騎乗すると鬼に金棒。

短縮ローテかつ外国人ジョッキー騎乗馬の成績は、
過去9年で(4-2-4-6)

勝率25%、連対率38%、3着内率63%、
単勝回収率236%、複勝回収率300%。

1番人気が1頭しかいなかったことを考えると驚異的な数字、
さらに上記データを「位置取り別」で分類すると、

4角10番手以内(4-2-4-0)
4角11番手以下(0-0-0-6)

4角11番手以下だと全滅だが、
4角10番手以内だと10頭全馬が馬券圏内。

文字通り「鉄板データ」が出現、
短縮馬に外国人が乗って後ろ過ぎなければまず来る。

17年1着イスラボニータ

16年2着イスラボニータ
16年3着フィエロ(5番人気)

14年1着リアルインパクト(8番人気)
14年3着ダイワマッジョーレ(5番人気)

13年1着リアルインパクト(8番人気)

12年3着ファイナルフォーム

11年2着グランプリボス(5番人気)

10年1着キンシャサノキセキ
10年3着マイネルフォーグ(15番人気)


今年の出走馬の中で、
外国人ジョッキーが騎乗する馬は、

グランアレグリア(ルメール)
フィアーノロマーノ(スミヨン)

この2頭は「短縮ローテ」
しかも2頭共に「4角10番手以内」は濃厚。

つまり2頭共に3着内率100%の鉄板データに該当、
素直に◎○とする。


◎はフィアーノロマーノ。

ファストネットロック産駒は阪神芝1400Mが得意、
二桁人気を除くと(4-2-2-3)

勝率36%、連対率55%、3着内率73%、
単勝回収率240%、複勝回収率131%。

ブラヴィッシモは重賞初挑戦だった16年の阪急杯で僅差の3着、
フィアーノロマーノも昨年(4走前)のファイナルSを快勝。

今回はその時以来の阪神芝1400M、
しかも当時と同じ12月開催。

冬場に調子を上げるタイプで、
特に12~1月は(3-0-0-0)

3走前のダービー卿CTは自信の◎だったように、
南半球産の遅生まれで今が充実期。

近2走(G1)は買えなかったが、
ベストの舞台、得意の季節、鞍上強化で巻き返し濃厚。

しかも4角10番手以内で通過すれば、
3着内率100%データにも該当する。


展開もフィアーノロマーノ向きの流れになる可能性大なのだから、
ここは迷わず◎の場面だろう。

阪神Cは短距離重賞らしく「前傾ラップ」が定番だが、
(後半より前半の方が速いレース)

今年も逃げ、先行タイプが揃ったので、
十中八九「前傾ラップ」の淀みない流れになるだろう。

ファストネットロック産駒はハイペースを前受けして粘り込むレース質が得意。
(逆に瞬発力勝負は苦手)

フィアーノロマーノはファストネットロック産駒らしさ満載のタイプ、
これまでの戦歴を振り返ってみると、

前傾ラップ戦(4-0-0-0)
後傾ラップ戦(2-0-0-7)

後傾ラップだと9戦2勝と凡走することの方が多いが、
前傾ラップだと4戦無敗。

勝率100%、単勝回収率630%、
前傾ラップが見込める時は全力買い。

今回はただでさえ前傾ラップになりやすいレース質に加えて、
前に行きたい馬が揃っている。

まさにフィアーノロマーノ向き、
ダービー卿CTの再現が期待できる状況、近2走からの上積みは大きい。

近2走はG1、しかも苦手の後傾ラップ戦、
今回は相手弱化、しかも得意の前傾ラップ必至。


ダービー卿CTは同馬の真骨頂、
前半3ハロン33秒台のハイペースの中を先行して押し切り。

最初のコーナーを5番手以内で通過した5頭中4頭は、
16頭立ての13~16着に沈んだ中、

フィアーノロマーノだけが好走、
残るどころか押し切ってしまったのだから恐れ入る。

しかも差してきた2~4着は強い面々、
2着プリモシーンは次走Vマイル2着。

3着マイスタイルはその後函館記念1着、スワンS3着、マイルCS4着、
4着ダイアトニックはその後スワンS1着。


10分後にもう一部発行。
(相手の説明)



keibadetablog@yahoo.co.jp
競馬データぶろぐ。(モバイル版)
※この記事は、2019/12/21 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,500円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP