的中無料公開中

※この記事は、2018/2/12 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,400円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね21 コメント2
件名:

クイーンC4(買い目、◎について)

いいね1

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

02/12(月)
東京11R
デイリー杯クイーンC(G3)
ワイド
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 6 テトラドラクマ 1:33.7
2 1 2 フィニフティ 3/4
3 5 9 アルーシャ 13/4
払戻金
単勝 6 560円 3番人気
複勝 6
2
9
220円
360円
430円
2番人気
5番人気
7番人気
枠連 1-3 2,150円 9番人気
馬連 2-6 4,010円 14番人気
ワイド 2-6
6-9
2-9
1,320円
1,450円
2,230円
14番人気
15番人気
23番人気
馬単 6-2 6,420円 24番人気
3連複 2-6-9 15,560円 49番人気
3連単 6-2-9 71,150円 206番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
15着 1 1 ナラトゥリス 27.9 8 54.0 牝3 菱田裕二 美浦加藤征弘 448.0
2着 1 2 フィニフティ 11.8 5 54.0 牝3 川田将雅 栗東藤原英昭 426.0
1着 3 6 テトラドラクマ 5.6 3 54.0 牝3 田辺裕信 美浦小西一男 462.0
13着 4 7 キャッチミーアップ 196.6 14 54.0 牝3 柴田大知 栗東河内洋 430.0
5着 5 10 マウレア 2.4 1 54.0 牝3 戸崎圭太 美浦手塚貴久 446.0
12着 7 13 ツヅミモン 5.1 2 54.0 牝3 M.デムーロ 栗東藤岡健一 532.0

予想買い目の収支
ワイド
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:800円
払戻金 :0円
収支  :-800円
回収率 :0.0%
馬/組番:2ー10
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:500円
払戻金 :0円
収支  :-500円
回収率 :0.0%
馬/組番:2ー13
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:400円
払戻金 :5,280円
収支  :+4,880円
回収率 :1,320.0%
馬/組番:2ー6
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:200円
払戻金 :0円
収支  :-200円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー2
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:2ー7
合計購入金額:2,000円   払戻金:5,280円  
収支:+3,280円   回収率:264.0%
クイーンC4

<買い目>
ワイド
2-10(8点分)
2-13(5点分)
2-6(4点分)
1-2(2点分)
2-7(1点分)

計20点

◎フィニフティ
○マウレア
▲ツヅミモン
☆テトラドラクマ
△ナラトゥリス
注キャッチミーアップ


6番人気の伏兵フィニフティを軸に、
相手5頭のワイドで勝負。

どこが来ても回収率300%付近になるように資金配分。
(8点分とは1点100円なら800円という意味、つまり×8)

ダブル的中なら回収率500%超え、
大穴はナラトゥリス、キャッチミーアップ。

キャッチミーアップが来れば大勝確定、
では説明に入っていこうと思う。


当レースの特注配合「父SS系×母父ノーザンダンサー系」
(逆配合を含む)

該当馬は過去5年で24頭と手頃だが、
近5年中4年で1~3着独占という圧巻の成績。

3着内率50%を超えている。
(単勝50倍以上は除く。データの詳細は事前検証を参照)

特注配合を重視するだけで取れるレース、
そう言っても過言ではないほど毎年完璧に機能している。

今年の出走馬の中で、
父SS系×母父ノーザンダンサー系(逆配合を含む)は、

フィニフティ
マウレア
モデレイト
ライレローズ

この中で単勝50倍未満はフィニフティ、マウレアの2頭。
(モデレイトは境界線上)

素直にこの2頭が◎○、
好走率(3着内率50%超)を考えると共倒れはないはず。

傾向通り(データ通り)なら、
どちらも馬券になる可能性も十分。

というわけで軸は2択、
枠順と人気を考慮するとフィニフティが◎に相応しい。


1~6番ゲートに入った特注配合馬(二桁人気を除く)が、
4角10番手以内で通過すると過去5年で(2-2-2-0)

3着内率100%、複勝回収率215%、
パーフェクトデータが出現する。

1番人気は1頭しかいなかったが、
6頭全馬が馬券になっているのは凄い。

17年3着フローレスマジック
16年1着メジャーエンブレム
16年2着フロンテアクイーン(7番人気)
16年3着ロッテンマイヤー(6番人気)
15年1着キャットコイン
13年2着スイートサルサ

今年はフィニフティが上記パーフェクトデータに該当する可能性大。
(あとは4角10番手以内で通過するだけ)

前走は3番手を追走しており、
枠順を考えると後方の位置取りになることはないだろう。


この馬はパーフェクトデータに該当しているだけでなく、
他にも買い材料満載。

まずは母父クロフネだが、
近2年のクイーンCは「クロフネ祭り」となっている。

父か母父クロフネは(1-1-1-1)
3着内率75%、複勝回収率167%。

一昨年はロッテンマイヤー1頭のみの出走、
そして同馬が6番人気ながら3着。

昨年は3頭が出走して2頭のワンツー。
(アドマイヤミヤビ1着、アエロリット5番人気2着)

クロフネ持ちで馬券にならなかったのは、
単勝41倍のモリトシラユリのみ。

今年は父か母父クロフネがフィニフティ1頭。
(キャリア1戦の関西馬というのはロッテンマイヤーと同じ)


さらに母父クロフネだけでなく、
この馬は父ディープインパクトも魅力。

今開催の東京芝重賞で、
1、2枠に入ったディープ産駒は(0-2-0-0)

連対率100%、複勝回収率275%、
先週の東京新聞杯では5番人気サトノアレスが2着。

昨日の共同通信杯では3番人気サトノソルタスが2着、
内のディープ産駒が走りやすい馬場。

今回はディープ産駒が5頭出走しているが、
内枠をゲットしたのはフィニフティのみ。

キャリア1戦というのもサトノソルタスと同じだが、
これも大きな強調材料。


サトノソルタスを高評価した時にもお伝えしたように、
今年の3歳芝重賞はキャリア1戦馬が大活躍。

単勝20倍未満だと(1-2-2-2)

3着内率71%、複勝回収率217%、
圧巻の数字を叩き出している。

5レースで該当馬7頭と少ないが、
5レース全てで馬券になっている。

フェアリーSはレッドベルローズが7番人気3着、
シンザン記念ではツヅミモンが7番人気2着。

京成杯はイェッツトが6番人気3着、
先週のきさらぎ賞ではサトノフェイバーが4番人気で優勝。

ちなみにキャリア1戦馬によるきさらぎ賞優勝は史上初、
まさに今年ならではの現象。

そして昨日の共同通信杯ではサトノソルタスが2着。

クイーンCはキャリア1戦馬が3頭、
フィニフティ、ロフティフレーズ、アトムアストレア。

この中で単勝20倍未満はフィニフティ、
つまりこの馬が3着内率70%を超える「キャリア1戦データ」に該当する。


牝系からも東京替わりは大歓迎。

全兄ステファノスは唯一の重賞勝利が東京マイルの富士S、
秋天でも2年連続で馬券になるほどの東京巧者。

芝、ダートの違いはあるが、
祖母ゴールドティアラも東京マイルのG1(フェブラリーS)で連対。

近親のモズカッチャンは昨年東京で大穴連発。
(フローラS12番人気1着、オークス6番人気2着)

モズカッチャンがフローラS、オークス共に1枠だった点も、
フィニフティにとって追い風。


川田に乗り替わっての藤原英厩舎の東京遠征、
賞金加算しようという陣営の本気度が見え隠れしている。

川田ー藤原英ラインの好走率は極めて高く、
特に昨年4月以降(4-7-1-2)

3着内率86%、
単勝回収率150%、複勝回収率152%。

14頭中12頭が「馬券圏内」
内11頭が連対まで来ているという凄い成績。

回収率は単複共に150%オーバー、
このコンビを見かけたら「買いの一手」なのだ。

昨年の大阪杯では7番人気ステファノスに◎を打ったが、
(結果はキタサンブラックと僅差の2着)

前述の通りフィニフティはステファノスの全弟、
まさに激走を予感させる乗り替わり。

ちなみに川田ー藤原英ラインは現在6頭連続で好走中、
しかも6頭全馬が「別の馬」というのは驚異的。

どこまで連続好走が続くか注目。


このように今回のフィニフティは、
これでもかと言うほど様々な「強烈データ」に該当している。

3着内率100%を誇る「内枠&特注配合」
3着内率75%を誇る「クロフネ」

連対率100%を誇る「内枠ディープ」
3着内率71%を誇る「キャリア1戦馬」

そして3着内率86%を誇る「川田ー藤原英ライン」
(しかも6頭連続で好走中)

牝系からも東京替わりは大歓迎、
ここまで買い材料が揃いながら人気は一息。

◎を打たない理由なし。

この馬は「ノーザンF」で「内枠」というのも強調材料。
(理由は次回のメルマガ参照)


10分後にもう一部発行。
(相手について)



keibadetablog@yahoo.co.jp
競馬データぶろぐ。(モバイル版)
※この記事は、2018/2/12 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,400円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ