的中無料公開中

※この記事は、2018/1/28 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,400円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね21 コメント2
件名:

シルクロードS4(買い目、◎と超人気薄の○について)

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

01/28(日)
京都11R
シルクロードS(G3)
ワイド
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 ファインニードル 1:08.3
2 4 7 セイウンコウセイ
3 2 4 フミノムーン クビ
払戻金
単勝 1 770円 4番人気
複勝 1
7
4
330円
370円
1,740円
5番人気
6番人気
15番人気
枠連 1-4 490円 1番人気
馬連 1-7 3,200円 8番人気
ワイド 1-7
1-4
4-7
1,270円
6,630円
9,410円
8番人気
71番人気
85番人気
馬単 1-7 5,830円 16番人気
3連複 1-4-7 54,280円 183番人気
3連単 1-7-4 237,290円 818番人気
WIN5 1,747,840円 4番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 1 1 ファインニードル 7.7 4 57.0 牡5 川田将雅 栗東高橋義忠 488.0
3着 2 4 フミノムーン 92.6 15 55.0 牡6 国分優作 栗東西浦勝一 458.0
14着 3 5 アットザシーサイド 19.4 8 53.0 牝5 四位洋文 栗東浅見秀一 446.0
7着 3 6 セカンドテーブル 16.5 7 56.0 牡6 水口優也 栗東崎山博樹 482.0
2着 4 7 セイウンコウセイ 9.9 5 58.0 牡5 松田大作 美浦上原博之 504.0

予想買い目の収支
ワイド
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:700円
払戻金 :8,890円
収支  :+8,190円
回収率 :1,270.0%
馬/組番:1ー7
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:600円
払戻金 :0円
収支  :-600円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー6
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:500円
払戻金 :0円
収支  :-500円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー5
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:200円
払戻金 :13,260円
収支  :+13,060円
回収率 :6,630.0%
馬/組番:1ー4
合計購入金額:2,000円   払戻金:22,150円  
収支:+20,150円   回収率:1,107.5%
シルクロードS4

<買い目>
ワイド
1-7(7点分)
1-6(6点分)
1-5(5点分)
1-4(2点分)

計20点

◎ファインニードル
○フミノムーン
▲セイウンコウセイ
☆セカンドテーブル
注アットザシーサイド


ファインニードルを軸に、
人気薄4頭へのワイド勝負。

どこが来ても回収率500%付近になるように資金配分。
(7点分とは1点100円なら700円という意味、つまり×7)

ダブル的中なら回収率1000%超えの可能性も十分、
人気馬を軒並み消しているのでワイドでも十分に大勝できる。

1番人気アレスバローズ、2番人気ダイアナヘイロー、
4番人気ナックビーナス、5番人気カラクレナイを無印。

そしてシルクロードSは人気薄の激走が定番、
毎年のように「二桁人気」が突っ込んでくる。

16年3着ワキノブレイブ(11番人気)
15年3着セイコーライコウ(12番人気)
14年3着リトルゲルダ(13番人気)
13年3着メイショウデイム(11番人気)
12年3着ケンブリッジエル(16番人気)

自分は上記5頭中3頭を拾えているが、
(ワキノブレイブ、セイコーライコウ、ケンブリッジエル)

今年の大穴は15番人気フミノムーン、
この馬を含めて今回はアドマイヤムーンに注目している。


これまで何度かお伝えしているように、
アドマイヤムーン産駒を重賞で買うなら4歳時なのだが、

京都芝1200Mは最も得意にしているコースの1つ。
(単勝50倍以上を除くと単複回収率は100%に達している)

しかも今回のアドマイヤムーン産駒3頭は買い材料満載なので、
5歳以上でも重い印を打っている。

京都金杯でブラックムーンがデータを破壊した点も追い風。
(5歳以上のアドマイヤムーン産駒の重賞初勝利)


アドマイヤムーンはエンドスウィープ産駒だが、
(エンドスウィープ、フォーティナイナー、ミスプロというサイアーライン)

エンドスウィープは日本の短距離界で急激に勢力を拡大中、
スプリント路線では欠かせない血になっている。

芝1200MのG1は「エンドスウィープ系」が3連覇中。
(スプリンターズSはレッドファルクスが連覇。高松宮記念はセイウンコウセイ)

昨年のスプリンターズSで穴をあけたワンスインナムーンも「エンドスウィープ系」
(つまり昨年のスプリンターズSはエンドスウィープ系のワンスリー)

フォーティナイナー系という括りで見ると、
シルクロードSなどで激走したセカンドテーブルも該当。

セカンドテーブルやラインスピリットは特大配当を演出しており、
(前者はCBC賞で13番人気2着。後者は北九州記念で15番人気3着)

今回に限らず今後もスプリント重賞では、
エンドスウィープ系(フォーティナイナー系)に注目して損はないだろう。

ちなみに今回は◎○▲☆がフォーティナイナー系、
上位独占の可能性も十分。

ミスプロ系の中でもフォーティナイナー系重視、
では詳しい説明に入っていこうと思う。


事前検証でお伝えした通り、
当レースは血統傾向と枠順傾向が明確。

父か母父ミスプロ系がとにかく走るレース、
そして明らかに内枠が優勢。

つまり当レースで重い印を打つべきは、
ミスプロの血を持った内枠馬。

「父か母父ミスプロ系」で「1~4枠」をもらった馬は、
過去5年で(3-2-3-14)

3着内率36%、複勝回収率177%、
期待値は非常に高くなっている。

16年1着ダンスディレクター
16年3着ワキノブレイブ(11番人気)

15年1着アンバルブライベン
15年2着サドンストーム

14年2着レディオブオペラ
14年3着リトルゲルダ(13番人気)

13年1着ドリームバレンチノ
13年3着メイショウデイム(11番人気)


昨年以外は2頭ずつ「馬券圏内」
二桁人気が3頭も馬券に絡んでいるのは凄い。

昨年は該当馬が人気薄1頭だった上に、
(クビ、ハナ差の5着と善戦したが)

異例の少頭数だったのでデータが機能しなかったのも仕方ない。
(過去10年で16頭立て以上にならなかったのは昨年のみ)

とは言っても機能しなかったのは枠順データだけで、
父ミスプロ系が1~3着独占と血統データは完璧に機能した。

今年もミスプロ重視、
そして今年は例年通りの多頭数なので内枠重視。

データ通りなら「内枠のミスプロ」から、
2頭が馬券に絡むことになるはず。


さらに上記データから「単勝7倍未満」だけを抽出すると、
(3-2-0-2)

7頭中5頭が連対と信頼度はかなり高く、
14年以降に限ると(2-2-0-0)

連対率100%データが出現、
当レースはここから◎を選ぶのが定石。

というわけで◎はファインニードル、
内枠のミスプロ系で単勝7倍未満。
(7倍以上になる可能性ありだが許容範囲)

16頭立て以上の年に限ると、
4年連続で「1、2枠」から勝ち馬が出ている点も魅力。


間隔をあけると走らない傾向にある馬だが、
3走前の北九州記念は2ヶ月ぶりでまずまずの走り。
(進路が開かず、ほとんど追えない状況で0.2差5着)

厳冬期のG3では明らかに能力上位、
現在のタフな馬場も合うタイプ。

ミルリーフ、ヴェイグリーノーブル、ニジンスキー、シャーペンアップなど、
母系には欧州の名血がズラリと並ぶ。

さらにアドマイヤムーン×ナスルーラ系と言えば、
ハクサンムーンやセイウンコウセイと同じ。

母ニードルクラフトは欧州のマイル重賞戦線で活躍、
近親に英愛2000ギニーを制したチロル。

まだまだ上が目指せる好配合。
(個人的にはシャーペンアップ5×4も興味深い)


パワータイプのスプリンターで、
レーステーマ(内枠のミスプロ)にも合致しているとなれば、

素直に信頼していい場面、
血統的にも内枠歓迎なので凡走は考えづらい。

セントウルSは内枠から快勝したが、
今回は当時よりもさらにいい枠。

アドマイヤムーン産駒が芝1200Mの重賞で、
内枠(1~3枠)をゲットした時はまず崩れない。

15年以降(1-2-2-1)
3着内率83%、複勝回収率235%。

ハクサンムーンがオーシャンSで2年連続連対、
一昨年の京阪杯ではフミノムーンが6番人気3着。

昨年の高松宮記念ではセイウンコウセイが5番人気で優勝、
スプリンターズSではワンスインナムーンが7番人気3着。

人気に関係なく抜群の安定感、
スプリント重賞で内枠のアドマイヤムーン産駒は「買いの一手」なのだ。


というわけで○はフミノムーン、
この馬も「内枠のアドマイヤムーン産駒」

つまりシルクロードSのレーステーマにも合致。
(内枠のミスプロ系)

父だけでなく母父、母母父までミスプロ系、
まさに「ザ・ミスプロ」

多頭数競馬では買いづらい馬だが、
(理由は出走全馬の見解を参照)

ここまで人気がないのであれば狙い目十分、
大穴をあける可能性は十分にある。

この馬は血統通りに内枠得意、
「内枠有利レース」に「内枠巧者」が人気薄とくれば狙わない手はない。

一昨年の京阪杯では1枠から6番人気3着、
3歳時のマーガレットSでも1枠から圧勝。


4走前は半年ぶりの実戦で勝ち切っているように、
休み明けも歓迎のタイプ。

母父サンダーガルチは反動が出やすい血統、
フミノムーンは血統に忠実な馬。

馬券圏内に好走した直後の成績は(0-0-2-6)
1番人気も3回あったが連対なし。

一方で馬券圏外だった直後の成績は(5-0-0-7)
勝率42%、単勝回収率224%という優秀な成績。

今回は「前走大敗」で「休み明け」
フミノムーンにとって最も走れる状況だと言っていい。

4走前に勝った時と同じ状況。
(この時も前走二桁着順で休み明け)


短縮ローテが有利とは言えないレースだが、
この馬に関しては短縮歓迎。

父アドマイヤムーンは「短縮向き」の種牡馬、
特に買いのパターンは「芝1200M以下への短縮」

芝1200M以下でアドマイヤムーン産駒が短縮ローテで挑んだ場合、
単勝20倍未満に支持されると半数が馬券になる。

複勝回収率も100%オーバー、
出走数は150以上と非常に大きいので価値の高いデータ。

ファインニードルがタイレコードをマークした水無月Sや、
(ビリーヴやサンアディユと同タイムで走破)

セイウンコウセイが快進撃の発端となった淀短距離Sなども、
短縮ローテのオプションがあった。

今回のフミノムーンは単勝20倍未満ではないが、
得意のローテであることは間違いない。

スプリンターズSで人気薄ワンスインナムーンに○を打った時と似た状況。
(内枠&短縮はアドマイヤムーン産駒の大好物)


血統を見なくても短縮が合うタイプ。
(乗り難しくて引っ掛かるので)

前走スワンS(久々の1400M)は無謀な挑戦だったが、
今回は短縮になるので結果的にスワンSを使ったのは正解。

内枠、短縮、休み明けの3点セットで大穴をあける下地は十分、
同馬にとってはこれ以上ない条件。

レーステーマ(内枠のミスプロ)にも合致している上に、
重賞の流れも合うので今回はチャンス。

古馬になってから芝1200Mの重賞は2回しか出走していないが、
2回共に「人気以上の走り」

6走前の京阪杯は6番人気3着、
3走前のキーンランドCは11番人気4着。

今回も人気以上に走る可能性大、
あとは馬券圏内まで届くかどうかだけ。


10分後にもう一部発行。
(▲以下と無印の人気馬について)



keibadetablog@yahoo.co.jp
競馬データぶろぐ。(モバイル版)
※この記事は、2018/1/28 12:00 に、競馬データぶろぐ。(モバイル版)(メルマガ 月額5,400円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ