的中無料公開中

※この記事は、2016/6/26 10:00 に、夏目メルマガ「プレミアム」購読者限定のラップ予想コンテンツ完全パック(メルマガ 月額7,980円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

夏目耕四郎メルマガ 『プレミアム』6月26日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

06/26(日)
東京10R
清里特別
3連複 3連単 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 10 グラスエトワール 1:24.1
2 7 14 アナザーバージョン 3/4
3 7 13 シュウギン
払戻金
単勝 10 610円 3番人気
複勝 10
14
13
190円
120円
1,160円
3番人気
1番人気
13番人気
枠連 5-7 590円 2番人気
馬単 10-14 1,650円 4番人気
馬連 10-14 710円 1番人気
ワイド 10-14
10-13
13-14
320円
7,190円
2,890円
2番人気
58番人気
30番人気
WIN5 4,719,980円 3番人気
3連複 10-13-14 17,390円 49番人気
3連単 10-14-13 72,850円 227番人気
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【阪神11R】宝塚記念 G1(芝2200m)
仮柵:Bコース2週目(野芝約10ー12cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 調 速力
 01 フェイムゲーム   B E 15
◎02 アンビシャス    A B 2
◯03 キタサンブラック  A C 6
 04 ワンアンドオンリー A S 13
 05 シュヴァルグラン  S B 8
 06 ラストインパクト  S S 3
△07 ラブリーデイ    S B 1
▲08 ステファノス    S A 4
△09 ドゥラメンテ    A S 9
 10 カレンミロティック S S 5
 11 トーホウジャッカル C E 16
 12 サトノノブレス   A B 11
 13 タッチングスピーチ S B 10
 14 ヒットザターゲット B F 17
△15 サトノクラウン   A S 7
 16 マリアライト    B D 12
 17 ヤマカツエース   A B 14


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++


[宝塚記念 レースLAP傾向]阪神芝2200m

平均勝ちタイム 2.12.29
レース1F平均 12.03(追走区間1F平均 12.03)


前半34.76ー中盤61.86ー上がり35.67(前後半差:0.39秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――――〓〓〓〓 12.39 ―――――――――― 2200m
            ↓
―――――――――― 11.01 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 2000m
            ↓
―――――――――― 11.36 〓〓〓〓〓〓―――― 1800m
            ↓
――――〓〓〓〓〓〓 12.57 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.46 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.33 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.34 ―――――――――― 1000m
            ↓
――――――――〓〓 12.16 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.67 〓〓〓―――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.79 〓―――――――――  400m
            ↓
――――――――〓〓 12.21 ――――――――――  200m



※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先12ー差7ー追4《前3F高速→中盤以降徐々に加速:先行好位差し有利》

   1着:逃0ー先4ー差3ー追1
   2着:逃0ー先6ー差0ー追2
   3着:逃1ー先2ー差4ー追1


+++++++++++++++



宝塚記念は阪神芝内回りコースで行われる唯一のG1であるとともに、2200mという距離でみても他のG1は京都のエリザベス女王杯とこのレースだけという、かなり特殊な舞台設定で行われるレース。
阪神芝内回りコースの最大の特徴は、1、2コーナーと3、4コーナーでカーブの半径や形状が大きく違っているという点にあります。
古くからの競馬ファンの方ならご存知だと思いますが、内回りコースしか無かった旧来からの阪神コースは通称「おにぎり型コース」と呼ばれ、1、2コーナーを頂点、3、4コーナーを底辺とした、三角形を横に寝かせたようなコースレイアウトになっています。
この特殊なコース形状がラップに及ぼす影響は大きく、三角形の底辺にあたる3、4コーナーでペースアップし、ロングスパートの持続力勝負になりやすいというのが最大の特徴。
宝塚記念の過去のラップ傾向でみても、残り1000mないしは800mから11秒台のラップになるケースが多く、上がりのキレよりは一旦加速するとなかなかスピードが落ちないという「持続する脚」が重要です。



◎アンビシャス
近年、前哨戦である鳴尾記念上位好走馬(1−4着)が4年連続で宝塚記念で3着内に好走していますが、これは同じ阪神芝内回りの重賞であることが大いに影響しています。
そして近年では出走例がなく盲点になっていますが、同じく内回りコース重賞の産経大阪杯好走馬も、宝塚記念では過去10年で(2-1−3−5)と好成績。
今年の産経大阪杯は前半スローだったものの後半1000mは58.2秒、800mは45.7秒と超ハイレベルなロングスパートラップのレースでした。

アンビシャスは、このレースで脚質転換を試み、持続力では現役No.1のキタサンブラックを競り負かしただけでなく、同様にロングスパート勝負となった中山記念でもドゥラメンテを差しきる寸前まで追い詰める差し脚を繰り出しています。
3歳時にも共同通信杯、毎日杯、毎日王冠、天皇賞秋と、直線の長いコースで負け、逆にラジオNIKKEI賞(福島芝1800m)、中山記念(中山芝1800m)、産経大阪杯(阪神芝2000m)と、小回りで持続力勝負のコースで好成績しているように、本来は宝塚記念のようなコースの方が高いパフォーマンスを出せる馬。
未だG1未勝利で最強4歳馬世代の「第三の男」というポジションではありますが、そういったクラシックや古馬王道路線のレースから適性がズレた馬が勝つのが宝塚記念というレース。
昨年はゲートで大アクシデントがあったゴールドシップでレースにほとんど参加できなかった名手・横山典さんの、本気騎乗を期待しています。



◯キタサンブラック
母系にバクシンオーの血があるだとか、父ブラックタイドでスケールがだとか言われながら、気づいてみればG1を2勝し明け4歳世代の筆頭格に並ぶ存在に。
僕がこの馬を最初に予想でも取り上げたスプリングSの時点で書きましたが、この馬の長所は道中のラップがどうであろうと、レース後半でほとんど脚が鈍らないというところにあります。
その反面瞬発力には欠けるので、極端な高速上がり勝負には弱いのですが、この馬は器用に脚(スピード)を小出しに使うこともできるので、超スローから上がりの瞬発力勝負という形に持ち込ませないというレース巧者の側面が強いタイプです。
今回もカレンミロティックとの先行争い濃厚ですが、競ってまで逃げなきゃレースにならないタイプでもなく、またもやこの馬の得意のパターンを作ることは比較的容易かと。
同じ4歳勢では、中盤ラップも速かった中山記念組の2頭にはやや劣るという評価をしていますが、3着までに残る可能性という観点ではかなりの高確率で粘り込むだろうと思います。
単勝系の馬券はオススメしませんが、複勝系の馬券の相手にはオススメしたい1頭です。



▲ステファノス
前述した近年の好走トレンド、今年の鳴尾記念組から狙えるのはこの馬でしょう。
前哨戦から本番で一変してくる仕上げでもうおなじみの藤原英厩舎。
開幕週で内有利の馬場、流れを中団から外を伸びてタイム差なしの2着は、前哨戦の負け方としては理想的だったと思います。
ただこの馬は、ロングスパートの上がり勝負は合っているものの、前走でも伸び始めるのが遅れているように、内回りコースというのはそれほどプラス材料ではないと思います。
やはりベストは外回りか直線の長いコースでしょう。



△ドゥラメンテ
能力上位で前出の中山記念を考えても、ロングスパートのこのレースで大きくパフォーマンスを下げるとは思えない馬。
それでもこの評価にしたのは、ほとんど前例がないドバイからの直行というローテと、右回りコースでのコーナリングの不得手さ加減がひどいという点です。
皐月賞、中山記念ともにレースVTRをみれば分かりますが、4コーナーをまともに曲がれていません。
それでも直線での弾け方が尋常じゃないので、何の問題もない可能性もありますが、中山よりコーナーが鋭角で、よりコーナリングの操縦性が重要となる阪神内回りコース。
そして宝塚記念としては珍しい17頭立てという多頭数の競馬。
皐月賞も中山記念もフルゲート割れの頭数だったために、右回りのコーナリングが不得手でも何とかなりましたが、今回も同じようにクリアできるかどうかは分かりません。
近親のエアグルーヴやルーラーシップが好走しているレースなので、馬場自体は合うと思いますが、単勝1番人気に確実に応えられるコースではないと思いますので、相手の1頭までという評価にしました。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【単勝】《1点》
◎2(30%)


【馬連】《1点》
◎2 ー ◯3(10%)


【3連複】
フォーメーション《6点》
◎2 ー ◯3,△9 ー ▲8,△7,15(30%)


【3連単】
ボックス《6点》
◎2,◯3,△9(30%)


*****************************


【東京9R】稲城特別(芝2400m)
仮柵:Dコース2週目(野芝約10ー12cm、洋芝約12ー16cm)


印   馬名        騎 調 速力
◎01 コルコバード    C A 2
◯02 コスモプロテア   C F 8
 03 レオニーズ     C C 3
△04 エフティスパークル C B 4
 05 ドルチェレガート  D F 7
 06 ラスベガスシチー  D F 6
▲07 マイネルカレッツァ B E 1
 08 サクラプリズム   D F 9
△09 デバイスドライバー C E 5


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++



◎コルコバード
超スロー必至の2400m戦。
キャリア4戦全てで上がり2位以内をマークの上がりと、3歳牝馬のため斤量51kgでここはまず勝ち負け。



◯コスモプロテア
結局500万下を勝ちあぐねてクラス再編成に突入。
しかし毎回自身の上がりは速く、この相手関係なら上位の脚。
間を空けて立て直して、3歳馬のため斤量3kg減を活かして食い込みを。



▲マイネルカレッツァ
今回唯一の降級組で、単騎逃げで楽なペース運びが濃厚。
しかし現級勝ちが5月だったように、クラス編成末期の弱い相手関係の中で勝ち上がったという点はマイナス。
活きの良い3歳勢の上がりの脚を封じ込める逃げが打てるかどうかに注目。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《2点》
◎1 ー ◯2(7%)
◎1 ー ▲7(45%)


【3連単】
フォーメーション《18点》
◎1,▲7 → ◎1,◯2,▲7,△4 → ◎1,◯2,▲7,△4,9(36%)

フォーメーション《12点》
◎1,▲7 → ◎1,◯2,▲7,△4 → ◎1,◯2,▲7,△4(12%)


*****************************


【東京10R】清里特別(ダ1400m)


印   馬名        騎 調 速力
 01 スティンライクビー B C 1
 02 メジャータイフーン C A 15
 03 スリラーインマニラ C D 4
 04 タニセンジャッキー C F 9
 05 ウインヴォイジャー B E 10
△06 ハリケーンリリー  D A 13
△07 デピュティプライム C C 6
 08 オーネットサクセス D F 14
△09 ノーブルサンズ   D C 7
◎10 グラスエトワール  C C 2
▲11 ドナリサ      D C 8
△12 ブルーミーフラワー D F 12
★13 シュウギン     E C 11
◯14 アナザーバージョン C D 3
 15 サニーデイズ    E C 5
△16 オーシャンビュー  D F 16


※上記簡易馬柱の見方、残り詳細データ・各馬のラップパターングラフ入り馬柱完全版は「夏目スコープ & 数式サラブレッド《本日号》」( http://www.e-shinbun.net/natsumescope/?idgt=6 )にてご覧ください

 また、全国のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス)のマルチコピー機から出力できる「e-プリントサービス」でも取り扱い中ですので、お近くのコンビニでもご利用いただけます。詳細はe-プリントサービスHP( http://www.e-shinbun.net/cp/saleslistdetail?gamble_code=62 )で


+++++++++++++++



◎グラスエトワール
スティンライクビー、スリラーインマニラが内枠に入り、前半からダート1200mの流れでレースラップが推移していきそうなメンバー構成。
土曜日メインの夏至S(◎が1着しました)と似た流れで、脚質を問わず速い上がりを使える馬狙いが良さそう。
この馬は今回2頭しかいない降級組で、東京ダ1400mを1分24秒台走破が複数回ある馬。
ポジションを取りに行くスピードがあるぶん、上がりは36秒台までという馬ですが、全体の走破時計が速いなかで36秒台の上がりが出せればこの相手なら勝ち負け。



◯アナザーバージョン
現級で4、2、3、3、2着と崩れなく走っていてクラス編成後ながらして関係が楽な今回はいかにも勝ち頃。
しかし詰めの甘さが解消できるかどうかというと話は別で、馬券の扱いは慎重にならざるを得ません。
1分24秒台での走破、上がり36秒台という◎と同じ水準をらくらくクリアしている馬なので、3着以内という意味ではかなり買いやすい馬ですが。



▲ドナリサ
減量騎手だったとはいえ、4、5走前のこのコースでの好走は評価しておきたいところ。
その後今年に入ってからの2戦が今ひとつなのが斤量のせいなのか、順調に使えていないからなのかは微妙な判断。
とりあえず現級での実績のわりに人気がなさすぎるので、穴としては狙っておきたい1頭。



★シュウギン
現級ではまだ最高で4着ですが、その4着したレースが今回の◎から0.1秒差という好内容のレース。
しかも今回と同じコースで1分24秒台走破のおまけ付き。
かなり人気がない1頭なので、一発候補として押さえておきたいと思います。



==========

[推奨買い目と参考資金配分]


【馬連】《1点》
◎10 ー ◯14(25%)


【3連複】
2頭軸流し《7点》
◎10,◯14(軸) ー ▲11,★13,△6,7,9,12,16(35%)


【3連単】
フォーメーション《10点》
◎10,◯14 → ◎10,◯14 → ▲11,★13△6,7,12(30%)

フォーメーション《10点》
◎10,◯14 → ▲11,★13△6,7,12 → ◎10,◯14(10%)


*****************************
【読者の皆様へのお願い】
当メルマガの複製、転載、内容の二次使用は法律により堅く禁じられています
webへの転載や内容の公開などは、ご遠慮いただくようお願い申し上げます
皆様のご理解のほどよろしくお願いいたします
*****************************
夏目メルマガ「プレミアム」購読者限定のラップ予想コンテンツ完全パック
※この記事は、2016/6/26 10:00 に、夏目メルマガ「プレミアム」購読者限定のラップ予想コンテンツ完全パック(メルマガ 月額7,980円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ